新型エスクード 燃費まとめ!

エスクード

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型エスクードの燃費情報が公開されています。

こちらでは新型エスクードの燃費に関するデータをご紹介します。


スポンサーリンク

新型エスクードの燃費

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクードの走行性能が話題となっています。新型エスクードが「コンパクトクロスオーバーSUV」ということで走るところを選ぶことなく力強いということが魅力ですよね。

クロスオーバーとは、ひと言で表すと「ジャンルを越えて融合する様式」といった意味になるのですが、新型エスクードについては「乗用車としての街乗り」や「山など自然の中での路面が悪いところも走れる」という2つの顔を持っているというイメージみたいです。

また、新型エスクードは女性でも取り回しが良くて運転がしやすく、最小回転半径が5.2Mというコンパクトな動きをするので、長距離などのドライブでは交代で運転することが出来るので良いですね。

そんな新型エスクードを楽しもうとすると「出来るだけ支出を避けたい」と、家計を心配する人は考えますよね。では、その支出の心配あれこれを気になる燃費や装備といっしょに見ていきましょう。

低燃費で経済的

オフロード&オンロード

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクードは、走りを1.6L 直列4気筒エンジン(最高出力117ps/最大トルク151Nm)に、マニュアルモード付パドルシフトを備える新開発の6速ATを組み合わせることによって力強さと操作性の快適さを生み出しています。

さらに、新型エスクードには、エンジンやATなどを統合的にコントロール出来る「ドライブモードセレクト」という機能があるのが特徴的です。

これは、ドライバーの意思で自由に選ぶことが出来るドライビングモードであり、スズキの独自技術で四輪制御システムなのです。

6速AT

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

  • 低速域 ➡ 優れた発進加速・登坂性能を実現
  • 高速域 ➡ 静粛性と燃費性能を向上させる

変速比幅が大きく、1速~6速とスポーティーな走りを楽しめることも嬉しいですね。もちろん、マニュアル感覚で操作できるパドルシフトなので操縦安定性があるところも頼りになりそうです。

特徴といえば、今度の新型エスクードには「ALL GRIP」により、低燃費な走りとスムーズな環境にも配慮した家計に優しいことで注目されているというわけです。

エンジンのサイズは小さくなったものの、よりパフォーマンスの高いモデルになったことで人気が高いともいえますね。また、数字で見る燃費としては下記のようになります。

エンジンと燃費

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

  • 燃料消費率(km/L)➡ 16.8

4気筒エンジンに燃焼効率を追求した直噴化技術を採用しているため、燃料をシリンダー内に直接噴射することでの消費燃料を抑えているのですね。また、混合気を冷却するので異常燃焼を抑制する効果まで高めることが出来たのです。

このように燃焼性や動力性能が優れているだけではなく、燃費も先代とはあまり変化がないままに前席センターアームなどが追加もされており、スピーカーの数などを含めた「装備を充実させている」ことを考えると、全体的には思ったよりも経済的だと見て良さそうです。


スポンサーリンク

安全性と先進技術

ミリ波レーダー照射

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

経済的なだけでは車を選ぶことは出来ないですよね。新型エスクードは、前後輪への最適なトルク配分とハンドル操舵トルクアシストによって運転操作をアシストしてくれます。

それでも横滑りやスリップといったヒヤッとすることが起こってしまった場合には、ESP(R)が作動をして走行安定性を確保してくれるといったような安全性を高める技術を搭載しているため、安心して走りを楽しむことが出来ます。

新型エスクードはESP(R)搭載車

エマージェンシーストップシグナル&車両走行安定

引用:http://www.suzuki.co.jp/ 

コーナーなどで横滑りを抑制するスタビリティコントロールのことであり、車両走行安定補助システムという機能の名前ですね。

  1. 駆動輪の空転を抑制
  2. 急ブレーキ時にタイヤのロックを抑えるABSを制御
  3. 走りをコンピューターで監視
  4. エンジンのブレーキを制御し車両の安定走行に貢献

こういったメリットがあるのがESP(R)だったんです。路面を選ばない走りを見せてくれるとはいっても、女性にとっては少し怖い感じがするのではと心配していましたが、これがある新型エスクードだからこそ楽しめるんですね。

予防安全技術

サスペンションとディスクブレーキ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクード専用の制御技術としては、スリップした前後2輪(対角輪)にブレーキを掛けることで空転していない車輪に多くのトルクを伝達するので、優れた脱出性能を発揮するということがあります。

  • アイドリングストップシステム
  • 4輪ディスクブレーキ
  • レーダーブレーキサポートⅡ搭載車
  • アダプティブクルーズコントロール
  • 4WD車にはヒルディセントコントロールを標準装備

新型エスクードは、このように「走る」だけではなく、「安全」に配慮したコンパクトクロスオーバーSUVなのですね。


スポンサーリンク

新型エスクードの納車はどのくらいかかる?

水しぶき1

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクードを契約したら、そわそわと気になるのが納車の時期ですね。そこで、実際に契約して新型エスクードの納車待ちを経験した人たちの声を聞いてきました。

  • 5~6ヵ月
  • 2ヶ月程度と説明された
  • 2ヶ月ほどとディーラーで言われた
  • 最短で2週間だった
  • 1ヶ月だった
  • 2~3ヶ月だった
  • 6ヶ月は覚悟した方が良い

こうしてみると、声にある納期には大きな開きがあることが分かります。すると、いったい納期はいつなんだという声も聞こえて来そうですね。

最小回転半径 5.2M

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

実は、新型エスクードは欧州での影響を受けることがあるようです。そういう意味で、発売直後には、在庫が国内にあったこともあり「即納」に近い納期の人もいたようです。

ただ、今現在ではディーラーが販売見込みの台数を輸入しているだけなので、受注生産ということもあるわけですね。そうはいっても、現在では落ち着いてきたので、約2ヶ月が目安ということでしょうか。詳細については、担当のディーラーに確認をした方がよさそうです。

また、SUVでありながら、コンパクトクロスオーバーのため最小回転半径が5.2Mと想像していたより小回りが効くので女性でもハンドリングを楽しめるところがさらに良いですよね。


スポンサーリンク

新型エスクードの燃費まとめ

アトランティス ターコイズ パールメタリック ブラック2トーンルーフ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

では、今日の新型エスクード燃費まとめです。

  • 新型エスクードの燃料消費率(km/L)は1.4Lターボエンジンタイプで16.8となっている
  • 動力性能が優れており前席センターアームなどが追加もされて「装備が充実している」ことを考えると全体的には思ったよりも経済的
  • マニュアル感覚で操作できるパドルシフトなので操縦安定性がある
  • スポーティーな走りも街乗りも出来る2つの顔を持つ
  • スズキはスリップした前後2輪(対角輪)にブレーキを掛けて空転していない車輪に多くのトルクを伝達し、優れた脱出性能を発揮する技術を開発している

今日は、燃費について考えてみました。新型エスクードでも他の車でも「燃費」「維持費」は真剣に考えてしまう項目ですよね。性能が良くても、毎日リアルな生活をしているため「遊ぶ」ということを怖がってしまう体質を持っている人は多いかもしれないですね。

この新型エスクードだと、遊びも通勤も家族サービスも叶えてくれそうです。希少価値がある本物の代表が新型エスクードでもあります。今日も元気に楽しいドライブを安全にしてくださいね。

エスクード の値引きの方法については、

「新型エスクード 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にエスクード を購入して下さい。

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク