N-BOX(Nボックス) 納車ブログまとめ!【初代・2016年】

20150122-20102332-carview-007-8-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型N-BOX(Nボックス)の納車情報が各ブログで公開されています。

こちらではN-BOX(Nボックス)の納車に関するブログのデータをまとめています。

ホンダから発売されている軽自動車規格のミニバンタイプの「N-BOX(Nボックス)」は、発売以来好調を維持し、2015年年間新車販売台数が18万台を超え、首位の座を獲得しています。


スポンサーリンク

ホンダ N-BOX(Nボックス)とは

「N-BOX(Nボックス)」には、ベースモデルの「N-BOX(Nボックス)」をはじめ、「N-BOX(Nボックス)カスタム」、新しい可能性をプラスするというコンセプトの「N-BOX(Nボックス)+(プラス)」、「N-BOX(Nボックス)+(プラス)カスタム」、遊び心にあふれた「N-BOX(Nボックス)/(スラッシュ)」のシリーズ化された派生車種を持ち、ボディカラーもノーマルスタイルと2トーンスタイルがあり、車種及びボディカラー選びにはかなり苦労しそうです。

パワーユニットは、0.66L直列3気筒DOHCエンジンを横置きに配置し、ノーマルタイプとターボ仕様があり、2WD(FF)と4WDの2種類の駆動方式となっています。

全車CVT仕様となっており、アイドリングストップ機構などにより、JC08モード燃費25.6km/L(N-BOX(Nボックス)・2WD・CVT)の低燃費を実現しています。
今回マイナーチェンジが行われ、エクステリアデザインやインテリアの変更が行われました。

特に「N-BOX(Nボックス)」には、「N-BOX(Nボックス)/」に装備されていたスライド機能を加えた「チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート(5:5分割式、4段リクライニッグ付)と「コンビニフック付シートバックテーブル」がメーカーオプション装備となり、紫外線約99%カット及び赤外線軽減する「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」とリアドアに「ロールサンシェイド」が、廉価タイプ「G」以外に標準装備されました。

また、ボディカラーに2種追加され、2トーンスタイルには2種類のルーフ色が追加されました。

価格
N-BOX(Nボックス)
1,198,000円
~1,659,400円

N-BOX(Nボックス)カスタム
1,400,000円
~1,859,400円

N-BOX(Nボックス)+
1,340,000円
~1,729,400円

N-BOX(Nボックス)+カスタム
1,540,000円
~1,929,400円

N-BOX(Nボックス)/
1,320,000円
~1,815,000円

→ 新型N-BOX(Nボックス)購入で数十万円を損しないための方法

N-BOX(Nボックス)は、平成32年度燃費基準をクリアすることにより、エコカー減税の対象車種となっており、4WDターボ車を除いて、自動車取得税60%軽減、自動車重量税50%軽減、軽自動車税25%軽減の減税措置を受けることができます。


スポンサーリンク

N-BOX(Nボックス) 気になる納期は「1か月待ち」?

今回マイナーチェンジを実施した「N-BOX(Nボックス)」納期はどのようになっているでしょうか。皆さんの情報を見てみますと、【およそ1か月】といったところが大半でした。

N-BOX(Nボックス) 納期について

N-BOX(Nボックス)を購入した場合、最短でいつごろ届くのか、納期についての情報をお伝えします。

車の納期は、以前は遅くとも1か月もすれば納車もしくは即納車してもらっていましたが、今では2か月、3か月は一般的になりつつありますよね。

今回はデザイン、カラーなどのバリエーションが増えたため納期が遅れる原因とのことだったのですが・・安心してください。

N-BOX(Nボックス)に関しては、在庫数にもよりますが、約1か月で納車されるという言う話です。在庫があれば即納車が可能とのことです。

まだまだ在庫はあるとのことですよ。

実は人気車ですので納期がかかるだろうなと思って知り合いのディーラーに電話で確認したところ、「在庫の状況にもよりますがすぐ納車できます」といっていました。

2017年の秋にフルモデルチェンジを控えているN-BOX(Nボックス)ですので、フルモデルチェンジ直後はこれまで以上に納期が伸びることが予想されます。

モデル末期の性能が安定して納期も早いN-BOX(Nボックス)を選択するのか、フルモデルチェンジを待つか、難しいところですが、おすすめはモデル末期のいまです。

自動車は、発売後に細かな修正を行い、時にはリコールに対応するなど、品質を向上させていきます。

どのメーカー、どの車種でも、新型の最初の生産分は一番問題が多いと言われていて、逆にモデル末期は成熟していると言われています。

N-BOX(Nボックス)は、今まさに成熟した車種なので、一番のお買い得と言ってもよいかもしれません。

お買い得のタイミングだとわかったら、次はいくら値引きしてもらえるかが気になると思います。

新型N-BOX(Nボックス)の値引きの方法については、

「新型N-BOX(Nボックス) 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ、購入の参考にしてください。

→ 新型N-BOX(Nボックス)を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

軽自動車の自動車税の話

軽自動車の自動車税は2015年4月から10,800円に値上がりしました。普通車と比べればまだまだお得ではありますが、3月に購入する人と4月に購入する人で差額が出るということになれば、4月納車は損をするだけです。

2017年秋にフルモデルチェンジが予定さているN-BOX(Nボックス)ですから、現時点(2017年春)では、3月に購入しようと思っても、来年になりますので、フルモデルチェンジ後しか新車では購入できません。

となれば、値引きなども併せて考えると、夏の盆明けぐらいが一番の買い時と言えるでしょう。


スポンサーリンク

納車時期・口コミ情報

次はいろいろな口コミ情報がありますので紹介します。

Aさん

うちは昨日(2月5日)に無事納車となりました。契約したのが昨年の12月4日だったので、ジャスト2か月でした。

本当は1月最終週の納車も可能と言われたんですが、さほど急いでなかったし、ディーラーさんもなかなか多忙そうだったので、バタバタとしたくなかったんであえて1週遅らせました。

契約当初は2月中旬~末までには大丈夫だと思いますという話だったんですが、発売直後に現車を見に行ったら、前日にナンバーが取得できたというんで、初試乗で乗っちゃいました。

で、そこで予定が当初より早まりそうだということでこのようになった次第です。

でも現時点で契約してもやはりGW前までにどうにか間に合うかといった感じだそうです。ご参考までに。

→ 新型N-BOX(Nボックス)はかなり自然な運転感覚に視界で良好な操縦安定性

Bさん

1月21日にノーマルG・Lパッケージ4WDを注文しました。納車予定は2月4日現在では4月上旬といわれています。ディーラーの営業さんは、「FFを先に製造しているので・・・」と言っていました。でも実際は早くなって3月末には来るんじゃないですかね。

Cさん

ノーマル、1月15日に成約し3月上旬の納車予定です。1月30日に連絡ありましたが、納期予定に変更はありません。色はパールホワイトです。

→ 新型N-BOX(Nボックス) のエコカー減税他自動車税などを詳しく紹介します

Dさん

試乗して気に入ってしまい、衝動買いしました。ノーマルタイプを1月22日に契約し、その時はどちらも納期が3月20日ころといわれました。

今日になって、ディーラーから納期が2月下旬になったと電話がありました。3週間くらいは早くなっているようです。

あまり早くなったので、どうしたのかと尋ねたところ、情報通り、増産を開始したといっていました。仕様により、異なるとは思いますが、今から注文されても間に合うかもしれませんね。


スポンサーリンク

結論

広い室内空間と走りの確かさで、「N-BOX(Nボックス)」は、同じクラスのトールワゴン車の中では、一番の人気車種となっています。

また、契約から納車までのフォローもしっかりしているようです。納車予定の短縮や延長にも、きめ細かく対応して、顧客満足度が上位となっているようです。

「N-BOX(Nボックス)」は、納期約1か月となっています。ただし、オプション設定などで変動はするようなので、購入先の担当の方と、いつも連絡が取れるようにしておくことが大切でしょう。

「N-BOX(Nボックス)」は、どのタイプの車種を選んでも後悔することはないほど、よくできた車だと思います。おすすめの一台です。ぜひ、試乗などで実感してみてください。

→ 新型N-BOX(Nボックス)グレード別価格と装備を紹介

気になる納期は約1ヵ月。少しでも早く注文しないことには、納期そのものが決まりません。

とはいっても、値引き交渉などはディーラーのいいなりになりたくないという気持ちもあると思います。

新型N-BOX(Nボックス)の値引きの方法を

「新型N-BOX(Nボックス) 値引き術!」で詳しく解説していますので、賢く購入する参考にしていただければと思います。

→ 新型N-BOX(Nボックス) の記事をまとめてチェック!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう