N-BOX(Nボックス) 値引き術!【初代・2016年】

20150122-20102332-carview-045-8-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型N-BOX(Nボックス)の値引きについて情報をまとめました。

2016年の新型N-BOX(Nボックス)はどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

ライバルを寄せ付けない驚異のパッケージングを持つトールワゴンタイプの軽自動車の代表格『N-BOX(Nボックス)』

フルモデルチェンジも予定されていますが、今でも大人気で、販売台数は常に上位をキープしています。


スポンサーリンク

はじめに

前回のマイナーチェンジでは、発売以降初めてのエクステリアデザインの刷新とともに、注目すべきは後席がチップアップ&ダイブダウン機構に「N-BOX Slash(Nボックススラッシュ)」で採用された「5:5分割スライドリアシート」を新採用されたことです。(タイプ別メーカーオプション)

そのおかげで従来の一体型でスライド機構のないリアシートでは不可能だったシートアレンジが可能となりました。

後席の片側だけ格納し3座3名乗車にすることで、L字の荷室になり、後席を前方にスライド(前後最大190mm)することで、より大きなものの収納が可能となりました。

荷室の奥行きは従来型が395mm固定だったものが、後席のスライド位置によって345~535mmの範囲でアレンジができるのは、利便性の向上にほかなりません。

また、荷室開口部地上高は多少高くなるものの、それでも驚異的な低さで、大きな荷物や犬などのペットの乗降が容易になりました。

動力性能は変わっていませんが、NAモデルとターボモデルが用意され、特にターボモデルは走行性能の余裕と快適さが程よくバランスが取れている上、装備も充実。

NAモデルより10万円高となっていますが、実質的にはターボエンジン分の支払額が数万円高で、かなりお買い得なモデルです。

ホンダN-BOX(Nボックス)の購入をお考えの方に、値引きする時の交渉術を紹介します。

スポンサーリンク

ホンダN-BOX(Nボックス)値引き交渉マニュアル

N-BOX(Nボックス)を安く買うには?

N-BOX(Nボックス)を限界まで値引きして、さらに下取り車を極限まで高く売って、Nボックスを底値で買う方法を紹介します。これを実践するのとしないのとでは、数十万円から損することになります。

簡単なのでぜひ実践しましょう。

N-BOX(Nボックス)の値引き額と値引き額目標

ディーラーに行く前に、まずはN-BOX(Nボックス)の値引き相場を調べましょう。

nbox_souba

引用:http://kakaku.com/kuruma/nebiki/K0000319117/

N-BOX(Nボックス)値引き額

値引きは本体価格から0円~25万円、オプション価格から5万円~15万円となっています。

購入する地域や、時期、タイミング、グレードなどによって、値引き額は変化しまので、それを踏まえたうえで参考にして頂きたいと思います。

N-BOX(Nボックス)の値引き額目標

上記の価格を踏まえたうえで、N-BOX(Nボックス)の値引き額の目標設定をしましょう。

車両本体価格からの値引きと、オプションからの値引きを合計した実例値引き額です。

オプション・付属品が高額になれば、オプション・付属品からの値引き額が多くなり、値引き額合計額も多くなります。

N-BOX(Nボックス)の車両本体価格は119万円~180万円です。

もちろん、上位グレードの方が価格が高い分、値引きを期待来ます。

もうひとつ留意しておきたいのは、すでに2017年秋にフルモデルチェンジが発表されている、ということです。

モデル末期でも人気のあるN-BOX(Nボックス)ですから、他車種のように生産終了間近の大幅値引きは期待できないかもしれませんが、それでも大きなチャンスであることは間違いありません。

さらに、オプションから20~30%の値引きは引きは可能です。

たとえば、オプションを20万円分付けたら、そこから4~6万円引きを目指します。

上記を踏まえて、編集部独自で目標設定をするなら、以下のようになります。

本体価格:15万円

オプション(約20万円分):6万円

目標値引き額合計:21万円

下取り車があるなら

下取り車がある場合は、その下取り車を少しでも高く売ることができれば、それだけN-BOX(Nボックス)を安く買えるということになります。

しかし、ディーラーの査定のみだと、最初にディーラー規定のさて額を提示されて、後々値引き交渉が煮詰まってきたら「これ以上値引きが厳しいので、下取り車で調整します。」などと言ってくることが多いのです。

これはディーラーのテクニックですが、それを逆手にとって、上手に交渉を進めましょう。

賢く安くN-BOX(Nボックス)を買う方法を、

→ 新型N-BOX(Nボックス) を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

値引きに適した交渉時期

一般的に値引きが大きくなる時期は、「1月~3月の年度末決算期」、「6月~7月のボーナス時期」、「8月お盆明け~9月の中間決算期」、「12月のボーナス・年末商戦」などになります。

この中で特に値引きが大きくなるのが決算期です。決算期にはディーラーでもキャンペーンを展開して、お客さんを呼び込もうとします。

この時期は特別な値引きも珍しくありません。もちろんボーナス商戦もキャンペーンなどを展開して、値引きを引き出しやすい時期になります。

競合車の設定

ダイハツ タント

スズキ スペーシア
新車の値引き交渉では、競合車を立てて「Nボックスか、どれにするか迷っている」状況で契約直前まで交渉した方が、値引きを引き出しやすくなります。

N-BOX(Nボックス)の競合車は、ダイハツ タント、スズキ スペーシア、日産 デイズルークス、ミツビシ eKスペースなどの背高軽自動車です。

またディーラーを経営する法人が異なれば、ホンダディーラー同士の競合も可能です。同地域のホンダ同士の競合に加えて、隣県のホンダとも競合させましょう。

いろいろな競合車やNボックスのホンダディーラーをリストアップして、各ディーラーを訪問してみましょう。多くのディーラーと商談することにより、「値引きしてでも売りたいという」ディーラーや営業マンに出会う確率が上がります。

ディーラー交渉

初回の交渉では具体的な値引き額について触れる必要はありません。「値引きは頑張ってくれますよね」などと言って相手の出方を見てみましょう。

まずは、試乗して取り回しを確認し、実車を見て収納の使い勝手や荷室の広さなど、気になるところを自分の目で確認しましょう。

二回目の商談から具体的な値引き交渉を始めます。競合車の値引き額で、どこか一つでも好条件が出れば、それをもとに、限界付近の値引き額を引き出すことが大切です。

といっても難しい駆け引きや特別な話術は必要ありません。「どれにするか迷っている、出来るだけ安く買いたい」この二点だけを伝えればいいのです。

交渉のポイント

・出来るだけ多くのディーラーと商談する。

・その車種が本命かどうか初めは伏せておく。

・予算を聞かれても、初めは具体的な金額は言わない。

・下取り車があれば査定してもらう。

・競合車の条件をもとに、Nボックスへの値引き額を引き出す。
・値引きの条件をもとに各ディーラーとの競合を繰り返す。

・値引き額と下取り額はきちんと分けて交渉する。

・Nボックス同士の競合は交渉終盤に持ちかける。

・ディーラーオプションは20%前後の値引きを目指す。
・ハンコを押す前(契約直前)が一番わがままを聞いてくれる。

・数万円程度の用品無料サービスなら最後にとおりやすい。

・車庫証明や納車費用のカット、端数切捨てなどは最後に要求。

・ローンを組むなら金利の引き下げも要求できる。(場合によっては数パーセントの引き下げも可能)

・一部でもローンを組んだ方が値引き額は大きくなりやすい。

・任意保険の加入・切り替えを検討しているなら、新車購入時にそのディーラーで加入すれば、値引きの上乗せを迫ることができる。

更にもう一手

上記の交渉のポイントで進めれば、ディーラーから引き出せる最大限の値引きに達すると思います。

しかし、下取り車がある場合は、さらにもう一手使うことができます。

その方法は、

→ 新型N-BOX(Nボックス) を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。


スポンサーリンク

まとめとして

フルモデルチェンジを控えた「N-BOX(Nボックス)」は、走行性能の確かさとその室内空間の広さ、モデルの多様さと多彩なカラーバリエーションなどによって、モデル末期にも関わらず、常に販売台数上位をキープしている大人気車種です。

その人気車を、出来るだけ安く購入するためには、

○事前に値引き額やライバル車の動向をしっかり調べておく

○下取りがある場合は、「新型N-BOX(Nボックス) を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?を参考に

○ディーラーなどの担当者と信頼関係を築いておく

○競合車も値引き交渉をしておく

○何度も納得するまで交渉する

といったことが大切なことです。

堅実なフルモデルチェンジが予想されるN-BOX(Nボックス)です。

ある意味フルモデルチェンジ直前の今が「買い」と言えるかもしれませんので、気になる方は今のうちにしっかりチェックしましょう。

→ 新型N-BOX(Nボックス) を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

→ 新型N-BOX(Nボックス) の記事をまとめてチェック!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう