N-BOX(Nボックス) 車中泊アイテム!【初代・2016年】

www

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型N-BOX(Nボックス)の車中泊の快適さが注目されています。

こちらでは新型N-BOX(Nボックス)の車中泊の様子と主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

 


スポンサーリンク

N-BOX(Nボックス)とは

激戦区、軽スーパーハイトワゴンを制しているのはホンダのN-BOX(Nボックス)です。

2017年秋にはフルモデルチェンジの予定もあり、モデル末期となっていますが、売れ行きが下がる気配がないほどの人気車種です。

まずはN-BOX(Nボックス)の特徴について見ていきましょう。


スポンサーリンク

ホンダN-BOX(Nボックス)・N-BOX(Nボックス)+のポイント

ホンダ N-BOX(Nボックス)は、高級セダンアコードやミニヴァンのベストセラーオデッセイなど、多様な自動車を展開している本田技研工業が生産するトールワゴンタイプの軽自動車です。

2011年に初登場して以来、順調に売り上げを伸ばし、2015年にはついに、年間販売台数が18万台超えとなり、軽四輪新車販売台数で首位の座を獲得しました。

そして、1度のマイナーチェンジへて、2017年秋にフルモデルチェンジを予定しています。

N-BOX(Nボックス)のポイントは次の項目となります。

エクステリア・インテリア

○エクステリアデザインは、マイナーチェンジ前のベースモデルはより親しみやすく、上質に、カスタムモデルはより重厚感のあるデザインが取り入れられています。

○「N-BOX(Nボックス)カスタム」及び「N-BOX(Nボックス)+カスタム」のターボ車のインテリアに、合皮コンビシートが採用。

○カスタムモデルのターボ車に、LEDポジションランプとLEDフォグランプを標準装備。

ユーティリティ

○スライド機能を加えた「チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート(5:5分割、4段リクライニング付)」と、「コンビニフック付シートバックテーブル」がN-BOX(Nボックス)にメーカーセットオプションとして設定。

○最廉価版「C・G」タイプ以外に、「360度スーパーUVカット・IRカットガラス」、リアドアに「ロールサンシェイド」が標準装備。

○ドアロックに連動してドアミラーを自動格納する「オートリトラミラー」をメーカーオプションで設定。カスタムでは標準装備。

燃費

○アイドリングストップ機構の採用などにより、JC08モード燃費が25.6km/ℓに改善。

ボディカラー

○「プレミアムピンク・パール」「プレミアムベルベットパープル・パール」が追加。

○2トーンカラースタイルに、ブラウンルーフとシルバールーフが追加。

前回のマイナーチェンジから、「N-BOX(Nボックス)/」に装備されていた、スライドリアシートが、メーカーオプションとはなりますが、「N-BOX(Nボックス)」および「N-BOX(Nボックス)+」にも装備されるようになりました。

使い勝手の向上といった実用面での装備の充実が図られたことは、幅広いユーザーへのアピール度が一段に増加したといってもいいのではないでしょうか。

この項で展開する、カーライフの楽しみ方(いわゆる車中泊もその一つ)の幅が広がったといえるでしょう。

 

 


スポンサーリンク

車中泊入門

ここでは、車中泊のあれこれを学んでいくことで、カーライフの楽しみ方をお伝えしようと思います。

車中泊入門

高速道路やバイパスが発達して、スキー場に早くいくことができるようになりました。

そのため朝まで車で寝たいとか、希望の宿が取れない、宿泊費を抑えてその分スキーに行く回数を増やしたいとか、理由は様々です。

キャンピングカーでなくとも車中泊は可能です。

まずは断熱

よくエンジンを掛けっぱなしにしている人はいますが、車中泊の達人になるには、駐車場でエンジンを止めることがマナーです。エンジンを掛けっぱなしでは、燃料費が掛かります。

何時間も車のエンジンをアイドリング状態にするのは、車によくないし周囲の迷惑にもなります。

走行中や現地について車内の温度を上げておいて、その温度を保つようにする必要があります。

寒い空気を車内に入れないようにするには空気を利用した断熱を行いましょう。

1.段ボールを窓の大きさに切ってはめ込む。
2.ホームセンターのクルマ用断熱グッズを利用する。
3.キャンプ用の銀マットを窓のサイズより若干大きめに切ってはめ込む。
4.運転席と後席の間にカーテンを張る。

布団・寝袋の利用

こたつ用布団と座布団を敷く。シートがフラットにならない場合は座布団等で調整する。

寝袋には封筒型と人形型の2タイプがあります。封筒型は広げると布団になりますので便利です。

人形型の寝袋に入って、封筒型を広げて布団のように使うのもいいと思います。

食事・入浴
スキー場に近くに温泉施設があれば、食事と入浴の両方が可能です。

12V用の湯沸し器があればお湯を沸かすことができます。そのためには出発前に魔法瓶にお湯を入れていくといいでしょう。

お湯の補充は、温泉施設やサービスエリアでも調達できますので、車内ではガスコンロなどは安全のため使わないようにしましょう。

車のバッテリーは使わない

冬はバッテリーの能力が落ちます。バッテリー上がりを防ぐためにもエンジンが掛かっていないときには電装品は使わないようにしましょう。寝る前には必ずキーを抜きましょう。

AMラジオ
ラジオがあると天気予報が聞くことができ交通情報が確認できます。

LEDライト

電池式の蛍光灯もありますが消費電力が大きいので、LEDタイプのライトがおすすめです。夏場は昔からある電球型の方が虫がよりにくいようです。

車内の電球をLEDに変えておくとバッテリーの節約になります。

インバーター
12V→100V変換機。車内で100Vの製品が使えるようになりますが、本来バッテリーで動作する製品に使用するようにしましょう。

なお、この内容は「冬」が中心となっていますが、基本は同じなので、夏でも役に立つと思います。

これから車中泊を考えている方への参考になるかと思いますので一度訪ねてみてください。

 


スポンサーリンク

N-BOX(Nボックス)での車中泊は快適!

今回のN-BOX(Nボックス)のマイナーチェンジの目玉は、何といってもメーカーオプションとはなりますが、後部座席に「チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート(5:5分割、4段リクライニング付)が装備されたことです。

広さを十分に生かした設計となっていて、大柄の人でも長時間のドライブが快適になったことです。

車中泊で一番大事なポイントは「体を休めて寝ることができるかどうか」となります。

その点、N-BOX(Nボックス)の広さとシートアレンジによって十分その空間を確保することができます。ただし、キャンプ用マットは必ず準備しましょう。

また、エアマットもデコボコを消して快適な寝心地を確保できるので特におすすめです。

なお、ホンダではN-BOX(Nボックス)専用の「お泊りパッケージ」が用意されています。

インテリアソフトシェルフ
 

プライバシーシェイド
 

リアカーテン
・インテリアソフトシェルフ(ユーティリティフック付、許容荷重10kg):スペースの邪魔になりがちなバッグや衣類などを置くことができ、広々快適に寝ることができます。

・プライバシーシェイド(フロントウィンドウ・運転席、助手席ドアウィンドウ用、小窓付):遮光性に優れた素材を使用し、吸盤とホックを利用して容易に脱着ができます。外の様子が確認できる小窓は」、換気にも役立ちます。

・リアカーテン(リアドア、リアクオーター、テールゲート部のセット/グレー):外からのプライバシーを守り、視線が気にならず、着替えなどにも役立ちます。

この他に、ウィンドウメッシュ・ACコンセント、テールゲートカーテンなどが用意されています。

N-BOX(Nボックス)は、軽自動車ながら同クラスの他車と比べても圧倒的な広さを誇っています。
外形寸法は「全長3395mm×全幅1475mm×全高1800mm」で、軽自動車の大きさの規格「全長3400mm以下×全幅1480mm以下×全高2000mm以下」に対して、限界まで広げられていることが分かります。

この大きさなら、車中泊はもちろんゆったりとした旅が楽しめると思います。

N-TRUCKとN-CAMP

 

上の写真は、千葉・幕張メッセで開催された「ジャパンキャンピングカー2015」で本田技研工業は、「N-BOX(Nボックス)」のコンセプトカー「N-TRUCK」及び、それに索引可能なキャンピングトレーラーです。

このコンセプトカーはホンダが軽自動車での“遊び”をさらに広げるために製作されたとのこと。ベースとなった「N-BOX(Nボックス)」の全長を500mm短くし、車体後部を荷台に改造、その中には取り外し可能なクーラーボックスが設置されています。

また、キャンピングトレーラーは、索引免許がなくても連結して運転することができます。

その内部には上質なリビング空間が広がり、室内上段にはベッドを展開することが可能となっています。

今のところ、実際に販売されるかどうかは全くの不明ながら、こんなクルマがあってもいいと思います。

小さいながらも車中泊が楽しめるN-BOX(Nボックス)。

できれば最安値で購入したいと考えている方も多いと思います。

新型N-BOX(Nボックス)の値引きの方法については、「新型N-BOX(Nボックス) 値引き術!」で詳しく解説していますので、

ぜひ参考にしてください。

新型N-BOX(Nボックス)のおススメ動画

→ 新型N-BOX(Nボックス) を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

→ 新型N-BOX(Nボックス) の記事をまとめてチェック!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう