新型スイフトスポーツ 色・カラー紹介!人気カラーは?

swiftsport_5

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型スイフトスポーツの色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型スイフトスポーツの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

話題の新型スイフトスポーツ。予想通り、納車待ちが3ヶ月から4ヶ月という大変な人気になっています。

スイフト・スポーツといえば、やはりイエロー色がメインカラー。ジムカーナ、ラリー、ダートトライアル(ダートラ)ではやはりチャンピオンイエローが目立つことになるでしょう!


スポンサーリンク

カラーリングは6色

チャンピオンイエロー4

新型スイフト・スポーツのメインカラー、チャンピオンイエロー4。

全幅が1,735mmと従来よりも40mmのワイド化され、より存在感が増したこともあり、このイエロー色も走っている姿と停車時の姿で”映え感”を意識した色になっています。

FotoFlexer_Photo

引用:https://response.jp/imgs/thumb_h2/1222539.jpg

バーニングレッドパールメタリック:+21,600円

FotoFlexer_Photo

引用:https://content.icarcdn.com/styles/article_cover/s3/field/article/cover/2017/2018_suzuki_swift_sport_cover.jpg?itok=Vk-Cb8lz

img03

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/styling/

スピーディーブルーメタリック

全国のディーラーで試乗車としておかれている場合、このスピーディブルーメタリックに出会えます。ブルー色はボディが”小さく見える”のは、スイフト・スポーツだけではないようです。

FotoFlexer_Photo

引用:http://picture1.goo-net.com/7000201172/30171009/J/70002011723017100900200.jpg

ピュアホワイトパール:+21600円

デミオとスイフトの大きな違い、それは営業車・社用車として使われるケースが多いか少ないかでしょう。

ホワイト色のスイフト自体がそう多くないため、スイフト・スポーツのホワイトも少ないと言われています。

FotoFlexer_Photo

引用:http://picture1.goo-net.com/7000602212/30171013/J/70006022123017101300200.jpg

img01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/safety/

プレミアムシルバーメタリック:+21,600円

img04

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/styling/

スーパーブラックパール

FotoFlexer_Photo

引用:http://img01.hamazo.tv/usr/k/a/w/kawasakaauto/IMG_2170_1.JPG

シルバー、ブラックはイエローに次ぐ人気色。アルミホイールが非常に似合うカラーリングです。

17インチアルミホイールには、16インチと同等の重さにする工夫があるなど、軽量化は目に見えないところまで徹底しています。

タイヤは《195/45R17》、これはZC33S型スイフトスポーツ、NHP10型アクア、ZC32S型スイフトスポーツ(旧型)が該当しますが、インチアップ、インチダウンはディーラーでよく相談して行う方が良さそうです。


スポンサーリンク

インテリアも見てみよう

コックピットの比較、まずは、2枚の画像を比べて行きます。

スイフトのコックピット

img01-1

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/interior/?data=b

スイフト・スポーツのコックピット

img01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/interior/

ブラック基調なのは共通ですが、赤を取り入れているのがスイスポ。この赤は、シートやステアリングの縫い目などにも入っており、所有感が高まるはず。

また、ステアリングの下半分が艶のあるピアノブラックになっているのもスイフト・スポーツの特徴です。


スポンサーリンク

オッドアイが面白い、2つのメーター

オッドアイ?それって何?

下の画像を見て下さい。左右の目の色が違う猫ですが、こうした突然遺伝子が原因のオッドアイは、他の動物やヒトにも見られます。

対面する人を不可思議な感覚に呼び込む、このオッドアイ。これをスピードメーターとタコメーターで表現したのが、新型スイフト・スポーツ。

FotoFlexer_Photo

引用:http://photohito.com/uploads/photo3/user2559/bad7fb089a19eb79f0d771f278f2d42b/bad7fb089a19eb79f0d771f278f2d42b_l.jpg

FotoFlexer_Photo

引用:http://cobby.jp/wp-content/uploads/2017/08/170816_swiftsports-modelchange-13.jpg

左がタコメーター、右がスピードメーターですが、まるでアナログウォッチのレトログラード・ムーブメントのような格好、カッコいいですね。

スズキではむしろ《クロノグラフ時計》を模したようですが、真ん中のインジケーターの部分を加えると、レトログラード調にも見えるところが面白いのではないでしょうか。

新型スイフトスポーツの値引きの方法については、

「新型スイフトスポーツ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にスイフトスポーツを購入して下さい。


スポンサーリンク

コンプリートカーなら、こんなかっこいい車両も

モンスタースポーツ……といえば、有名なプロショップ。スイスポと共にラリーやダートラ、ジムカーナで戦って来たドライバー御用達のチューニングメーカーです。

アクションデジカメのGoProの総代理店でも知られており、また全国にスズキ車をメイン販売するディーラーも運営。スイスポファンには心強いパートナーと言えるでしょう。

スイスポの場合、ボディ剛性やエンジンは素のままで十分レースに対応できるクラスに仕上がっているのもうれしいところ。

もちろんラリーの場合は、マフラーからブレーキホースまで完全に競技車仕様にしなければなりませんが、それでもリーズナブルにレース車が出来るのもこういったプロショップの存在が大きいのです。

ストリート仕様だけの場合も、よりかっこよく走りたい方は、モンスター・スポーツで車両ごと購入するのもいいでしょう。

引用:http://monster-sport.com/completecar/swift_zc33s/img/new01.jpg

2トーンカラーのスイフトもある(ただし、海外)

スイフトスポーツは、スイフトよりも全幅が広い3ナンバー仕様。ですが、全幅1,695mmに”抑えて”いるのは日本国内仕様のみで、北米を除く全世界では発売されているスイフトは全幅1,735mmです。

つまり、オーバーフェンダーになっていないナローボディが国内仕様のスイフト。海外仕様のスイフトは全幅だけをみればスイスポと同じ……となるのです。

ここでは、既に販売されているスイフトの海外モデルで、日本にないカラーをご紹介しましょう。

台湾モデル

台湾でもスイフトは人気車種。インドとハンガリーに続く生産地であって、日本にはないカラーリングが楽しめます。

FotoFlexer_Photo

引用:http://www.taiwansuzuki.com.tw/cars.php?cid=7

FotoFlexer_Photo

引用:http://www.taiwansuzuki.com.tw/cars.php?cid=7

スイフト・スポーツのエクステリア、インテリアのカラーリングについてご紹介しました。

歴代のスイフトよりもかなりアグレッシブなデザイン、カラーリングが採用されているスイスポ。ぜひ実車で確認してみたいですね!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう