輸入車(外車)のクーペ比較!おすすめ人気ランキング【2017年度版】

クーペ_BMW4

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



セダンよりもオシャレで、SUVよりもかっこいいボディといえば、クーペを差し置いてあり得ません。

日本で売れる輸入車の中で、最もドレッシーなクーペを比較してみました。SUVやワンボックスに飽きた方にお勧めな一台を探してはいかがでしょうか?

de

引用:http://flagpedia.asia/data/flags/big/de.png


スポンサーリンク

BMW 2 Coupe

503万円〜683万円

FotoFlexer_Photo

引用:https://clubmini.jp/wp-content/uploads/2015/12/PHOTO0081.jpg

日本でもっとも売れている輸入クーペは、BMW2シリーズクーペ。

・全長4,440mm × 全幅1,775mm
・エンジン
:2L/184ps
:3L/340ps

このクラスは、2台目か3代目として購入される方がほとんど。となると、完全に趣味クルマとなるためスペックもスポーツクーペの方が人気が高くなるわけです。

ドイツ車でクーペを買うなら、やはりBMW……というのは、多少固さがある足回りでも、スピードを取る方が多いということ。納得。


スポンサーリンク

Mercedes-Benz C Coupe

504万円〜708万円

FotoFlexer_Photo

引用:https://amd.c.yimg.jp/amd/20151110-20102666-carview-001-1-view.jpg

メルセデス・ベンツCクラスは美しい小型セダンが人気ですが、現在はさらにコンパクトなCLAが追加されてスマッシュヒットとなっています。

CLAは別名「4ドアクーペ」ですが、クーペフォルムの美しさはやはり2ドアになだらかなCピラーを纏う伝統のスタイルでしょう。

ボディサイズとエンジンは

・全長:4,705mm
・全幅:1,810mm
・エンジン:1.6L(C180)〜2.0L(C300)

メルセデスにしては、エンジンスペックはおとなしく、C180は馬力は156ps、トルクは25.5kgf。スポーツクーペではないのがCクラスの特徴で、希少性が高いことを喜ぶ方のためのクルマといえます。


スポンサーリンク

BMW 4 Coupe

580万円〜840万円

FotoFlexer_Photo

引用:http://kakaku.com/item/K0000579580/images/page=ka_3/

BMWのクーペは2、4、6、i8、Mシリーズと7台ものクーペを用意しているサービスの良さ。もちろん趣向性の高いクルマですが、この4シリーズだけでも10グレード、3エンジンと商品選びが楽しいクルマです。

ボディサイズは意外に小ぶりですが、エンジンはさすがにメルセデスとは比較にならないスパルタンぶり。内装のサドルタンも人気色となっていて、ランフラットタイヤもゴツゴツ感に嫌みなし…

色気ムンムンを味わいたいなら、このクーペで決まりでしょう。

・全長:4,670mm × 全幅:1,825mm
・エンジン
:[420i]2L-184ps/5,000rpm
:[430i]2L-252ps/5,200rpm
:[440i]3L-326ps/5,500rpm

Audi TT Coupe

471万円〜591万円

FotoFlexer_Photo

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/725/658/02.jpg

メルセデス、BMWとセダンベースからクーペを設計したクルマと違い、クーペ専用ボディを作り続けて来たのが、アウディTTクーペ。初代が1998年デビューであり、かれこれ20年で3世代目が走っている希有なクーペです。

クーペとロードスターの2グレードが必ずお目見えしており、全長こそ4,180mmとBセグメントですが、全幅は1,830mmもあるマッチョなクルマです(これでも、10mmずつ寸詰まりしたが……)。

アウディといえば、強力な4WDのクワトロシステム搭載が決め手ですが、TTももちろんラインナップしています。エンジンは1.8Lと2L。

注意点は、これでアウトレットモールには行ってはいけない、ということ。車幅とドア幅をよく考えて、出かける場所を決めましょう。

06d7fee2a09a246678dcd91d1973a19c_s

引用:http://senkokugoshochi.com/wp-content/uploads/2016/12/06d7fee2a09a246678dcd91d1973a19c_s.jpg

CADILLAC ATS Coupe

580万円〜595万円

FotoFlexer_Photo

引用:https://image.e-nenpi.com/article_images/201603/272267/1031008.jpg

フォードが去り、クライスラーが去ってしまったアメリカンブランド。そこは、大統領専用車ビーストを製造するキャデラックだけあって、日本の道路事情を心得たクーペがしっかり販売されています。

全幅が1,845mmと広いものの、全長は4,680mmとカローラ並み。エンジンは2L直4でターボチャージャー付きの272馬力と申し分なし。8速ATのFRですから、ゆったり乗るにも好都合のキャデラックは、ピニンファリーナのデザインがきちんと踏襲されていて、安定感のあるボディは美しい存在。

FotoFlexer_Photo

引用:https://hips.hearstapps.com/amv-prod-cad-assets.s3.amazonaws.com/images/14q3/612022/2015-cadillac-ats-36-test-review-car-and-driver-photo-632188-s-original.jpg

左ハンドルなのが、やはりアメリカ仕様である証しですが、アメ車=V8という神話はとうの昔に壊れていて、残るべくキャディはしっかりダウンサイジングされた品のいいクーペを作っていた、というわけです。

ドイツ車にばかり目を奪われていてはもったいない。ボトムグレードのプレミアムから用意されている日本仕様は至れり尽くせりの装備で、大容量のトランクを見ればこれで何でもこなすことも可能。

FotoFlexer_Photo

引用:http://blog-imgs-27-origin.fc2.com/h/a/i/hairhira/080729uk.jpg

JAGUAR F Coupe

794万円〜1,797万円

FotoFlexer_Photo

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/2222472/001_o.jpg

ジャガー、あるいはジャグアーと呼ぶ往年の英国ファンは、クーペこそジャガーのアイデンティティではないか、と思うはず。

ロングノーズのジャガーは長年世界の羨望を集めており、007のボンドカー、アストンマーチンもやはり英国車の美しいクーペフォルムを踏襲していたのは確かです。

全長4,480mmに対して、全幅がなんと1,925mmは日本では非常に走りにくいボディスペックで、グレードも300PS・380PS・400PS、そして最上級は5,000ccの575PS……これまたスポーツマインドを遥かに超えたマシンがあるところをみると、ランドローバーとの結婚は良かったらしい、と思うほかはありません。

FotoFlexer_Photo

引用:http://jaguar.gi/Images/FTYPE_17MY_BDE_COUPE_HEADER_desktop_1366x650_tcm91-221823_desktop_1366x650.jpg?v=2

日本で購入できるクーペは欧米車がほとんど。ここに記載しなかったのはイタリアのアルファロメオ、マセラティ、英国のアストンマーチン、といった欧州車だけです。

クーペほど美しい形のクルマはなく、ドア2枚でバックドアはトランク式で4座があっても後席は荷物を乗せるスペース、それでいて幅広でスポーツ車両かゆったりと走るプレステージカーという佇まいです。

ですが、レクサスがクーペLCをラインナップの最後に発売したように、メーカーにとってクーペはブランドのイメージリーダーです。機能だけでは計れない価値観で買うクルマ、気に入れば即買いしていただきたいと思います。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう