価格の安い輸入車(外車)のクーペを比較!おすすめ人気ランキング【2017年度版】

クーペ_TT

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



人気の輸入車といえば、ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、スウェーデン、アメリカ……欧米のメーカーに加え、国産メーカーの海外工場生産車も増えています。

その中で、クーペといえば車種は限られますが、リーズナブルな車を特集していきます。

尚、”安い”輸入車の定義は500万円代まで…ということでまとめています。


スポンサーリンク

Audi TT Coupe:471万円〜591万円

アウディTTクーペは1998年に1stモデルが誕生して以来、3世代目のロングタームモデルとして人気のクルマです。

全長4,180 mm / 全幅1,830mm / 全高1,380mmと非常にコンパクトながらワイド幅があり、1.8L 180馬力と2L 230馬力のターボチャージャー付きエンジンをセレクト可能。

駆動はFF。クワトロはもちろん4WDですが、仮に背中からの強烈な”押し”を体感したいならFRの車両を探すしかないでしょう。ただ、このデザインと一体化するドライビングは最高の楽しみと言えるはず。

FotoFlexer_Photo

引用:https://a.tcimg.net/vehicle-images/evox/stills_0640/10579/10579_st0640_046.jpg

FotoFlexer_Photo

引用:http://www.carwriteups.co.uk/wp-content/uploads/2017/01/Audi-TT-rear-1024×680.jpg


スポンサーリンク

BMW 2 Coupe:503万円〜683万円

BMWで最も小さなクーペが2シリーズクーペです。全長4,440mmのボディは全幅が1,775mm。最小回転半径は5.1mと小回りが効き、エンジンは直4の2L(184PS)と直6の3L(340PS)がセレクト可能です。

3LにはMT車も用意。手頃なサイズと速さを求める人にはBMWはうってつけですが、スポーツバージョンではなくあくまでもエントリーモデルに振っているのが特徴。

価格帯といい、スペックといい攻める走りにこだわらなければ十分に楽しめる車と言えます。

FotoFlexer_Photo

引用:https://i1.wp.com/www.euro-car.info/wp-content/uploads/2016/11/P90258102_lowRes_the-new-bmw-2-series.jpg?ssl=1

cq5dam.resized.img.1680.large

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/coupe/2017/at-a-glance.html


スポンサーリンク

MERCEDES BENZ C Coupe:504万円〜708万円

メルセデスCクラスはセダン・ステーションワゴン・クーペの3車種がラインナップされていますが、CLAが誕生したことにより”立ち位置”が上昇。

Cクラスクーペも旧モデルよりもよりスポーティなデザインに移行しており、特にリヤランプが横長のタイプになっているのが特徴的です。

エンジンは”C180 Coupe””C180 Coupe Sports””C300 Coupe Sports”共に直列4気筒1.6L 156PS / 2.0L 245PSでターボチャージャー付き。ただ、AMGモデルはV6、V8エンジンが装備されており、価格も900万円以上に跳ね上がります。

FotoFlexer_Photo

引用:https://d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net/f/16783018/rc/2017/08/23/0c8d2a8afc08dc28ee5668cc1429f8e3644cbb84_xlarge.jpg

FotoFlexer_Photo

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/2479645/003_o.jpg

CHEVROLET CAMARO:516万円〜645万円

日本で見かける数少ないアメリカンブランドのひとつ、シボレー。マッスルカーとして映画のカーチェイスシーンでは欠かせないクルマをデビューさせてきました。

カマロは 全長4,780 mm に全幅がなんと 1,900mm!20インチタイヤがマッチする豪快なクーペです。

エンジンサイズは“LT RS”が直4-2L+ターボチャージャーで、275馬力。と”SS”が 6.2L のV8-NAエンジンで461馬力!この6.2LはOHVですから、エンジンメンテナンスも楽なのは言うまでもありません。

img_camaro_lt_rs

引用:https://www.yanase.co.jp/chevrolet/camaro/

ちなみに……エンジンと車寸比較では

レクサス LC500→5L・477馬力、4,770mm×1,920mm
シボレーカマロSS→6.2L・461馬力、4,780mm×1,900mm

LC500→1,300万円 / カマロSS→645万円

両車ともクルマの価値観は全く違いますが、カマロは実はお得感のあるクーペといえるのではないでしょうか。

FotoFlexer_Photo

引用:http://st.motortrend.com/uploads/sites/5/2016/02/2017-Chevrolet-Camaro-1LE-rear-end-in-motion.jpg

CADILLAC ATS Coupe:580万円~595万円

キャデラックといえば、アメリカを代表するカーブランドであり大統領専用車”ビースト”も有名。

相次いで日本撤退を演じる米国車メーカーですが、キャデラックだけはセダン・クーペ・SUVとラインナップ展開。日本車やドイツ車にないエレガントさ漂うキャデラックATSは、固定ファンを持った人気車です。

全長4,680mm、全幅1,845mm。エンジンは直列4気筒2.0L+ターボチャージャーで272馬力のワングレード。日本では使いやすいサイズに収まっています。

ライバルはBMWの「4シリーズ」、アウディ「A5」、メルセデスの「Cクラスクーペ」で、ブンブン走らせるよりもゆったりとドライビングを楽しむ方にお勧め。

ATSクーペは”プレミアム”“BLUE EDITION””WHITE EDITION”の3タイプからセレクトできます。

FotoFlexer_Photo

引用:https://cars.usnews.com/static/images/Auto/izmo/i3380278/2017_cadillac_ats_coupe_angularfront.jpg

FotoFlexer_Photo

引用:https://staticx.antenna.jp/article_images/305727_1_wide_57e5c503-23ea-424e-8584-0637e75b7274_PeKKxoLuu9FuHE1SPzbFM7cXCuahpN3G.jpg

BMW 4 Coupe:580万円〜854万円

4シリーズは直4−2Lと直6−3Lエンジン+ターボチャージャーを搭載したモデルですが、全長が4,640mm・全幅1,825mmと扱いやすさとグレードが揃っていることから人気車種のひとつとなっています。

2シリーズとの違いはやはりエンジン。特に直列6気筒エンジンを載せるために4シリーズクーペが存在する…と言われるように、車重バランスと剛性バランスが絶妙な次元に来ています。

ただ、一度加速の楽しさを味わうと、それ以下には戻れないのがドライバー心理。そこをうまく心得ているのはさすがBMWということでしょうか…

FotoFlexer_Photo

引用:https://response.jp/imgs/thumb_h2/1150429.jpg

FotoFlexer_Photo

引用:http://o.aolcdn.com/dims-shared/dims3/GLOB/crop/1513×1008+101+210/resize/590×393!/format/jpg/quality/85/http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/5ea31270c38c35b1fcb9a758f680e5aa/205241898/P90256434_highRes_the-new-bmw-4-series.jpg

意外にもドイツのメルセデス・ベンツ、BMWが2台、そしてキャデラックまでが500万円台で買える!ミニバンやSUVに振っていた方も、ここでクーペという選択肢、アリかもしれませんね!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう