輸入車(外車)のクーペの速さを比較!おすすめ人気ランキング【2017年度版】

クーペ_911

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



速いクルマに乗りたい!トップスピードの速さ、レッドゾーンまでの吹き上がりの早さ、あるいはコーナーリングでの速さ…クルマの速さはエンジン性能や安定性、足回りから剛性に至るまで、様々な要因が絡んできます。

価格は度外視して、速いクルマを選ぶ!ここでは、欧米のスポーツクーペをそれぞれ並べて行きます。一度は乗りたいクルマばかりではないでしょうか?


スポンサーリンク

Audi TT RS Coupe:280km/h

989万円

400psの2.5L直列5気筒ターボチャージャー…という珍しいレイアウトのエンジンを引っさげるTT RS。気筒数が奇数であることは、偶数ユニットよりも安定的に駆動力が増す、というのは昔からの”伝説”でもあります。

0-100km/h加速が3.7秒、というのは伊達ではありません。ノーマルTTとは全く違うスポーツマシンになっているのが驚きでしょう。

FotoFlexer_Photo

引用:http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/43dcc76e20ec5a752571b8e6eabda457/203742107/2017+Audi+TT+RS+arrives+with+400+horsepower.jpg

FotoFlexer_Photo

引用:https://www.yanase.co.jp/audi/tt_rs_plus_coupe/img/img_interior01.jpg


スポンサーリンク

BMW M4 Coupe:280km/h

1,157万円〜1,598万円

BMW M4と聞けば、チューニングメーカーであるBMW MOTOR SPORT の仕様であること。速いし、足回りは強化されているし、なにしろ軽い。

インテリアの素材もがらりと変えているだけでなく、その頂点GTSはインテリアまでが完全にスポーツとは…と語りかけてくるような仕様。

FotoFlexer_Photo

引用:http://st.automobilemag.com/uploads/sites/11/2016/07/2016-BMW-M4-competition-package-front-three-quarter.jpg

↓これが、M4のコックピット。リクライニング調整なし、6点式のシートベルトにカーボン製のバケットシートはモノコック構造。軽量化を追求して2座に改良。

2016-BMW-M4-GTS-interior

引用:http://st.motortrend.com/uploads/sites/5/2016/04/2016-BMW-M4-GTS-interior.jpg


スポンサーリンク

BMW 2 Coupe:280km/h

802万円〜827万円

3L直列6気筒、370馬力。シルキーシックスと言われたBMWの6気筒といえば静かに高速域まで圧倒的な吹き上がりがあって、いつのまにか速い…という美点がありました。

ですが、このM2は完全に現代の走り方で、高速域を攻めるもの。トルク厚がある分圧倒的な加速が体全体にかかってくるような走り。やはり来るEV時代に逆行するマシンを残しておこうというエンジニアの意識の表れかもしれません。

FotoFlexer_Photo

引用:https://st.motortrend.com/uploads/sites/5/2017/09/2017-BMW-M2-front-three-quarter-in-motion-01.jpg?interpolation=lanczos-none&fit=around|660:438

FotoFlexer_Photo

引用:https://www.autocar.co.uk/sites/autocar.co.uk/files/styles/gallery_slide/public/bmw-m2-road-test-0272.jpg?itok=Zk29WGJRt.motortrend.com/uploads/sites/5/2017/09/2017-BMW-M2-front-three-quarter-in-motion-01.jpg?interpolation=lanczos-none&fit=around|660:438

Mercedes-AMG C63 S:290km/h

DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)で走るのが、このC63。2017年のDTMはBMW、Audi、AMGの3メーカーの8ワークスチームによるレースで、3チームをサポートするAMGはこのクルマで全てのAMG車両の次世代のベクトルを定めています。

the-mercedes-amg-c63-is-germanys-answer-to-the-muscle-car

引用:http://static5.businessinsider.com/image/58654c8df10a9acc1c8b597b-1190-625/the-mercedes-amg-c63-is-germanys-answer-to-the-muscle-car.jpg

2018-C-C63-AMG-SEDAN-009-MCFO

引用:https://assets.mbusa.com/vcm/MB/DigitalAssets/Vehicles/Models/2018/C-Sedans/All/Features/2018-C-C63-AMG-SEDAN-009-MCFO.jpg

Porsche 718 Cayman S:285km/h

655万円〜901万円

ポルシェ・ケイマンは、2.0Lと2.5Lの水平対抗4気筒エンジン。350PSと365PSとボクスターが進化した形のエントリーモデルを踏襲。

Porsche-718-Cayman-LSD

引用:http://www.tflcar.com/wp-content/uploads/2017/03/Porsche-718-Cayman-LSD.jpg

img_edec27d8aaad31cb2aee28dda46bc4aa246212

引用:http://tk.ismcdn.jp/mwimgs/e/d/960×680/img_edec27d8aaad31cb2aee28dda46bc4aa246212.jpg

↓ミッドシップエンジンとは、こういうもの。ボンネットを開けると空間があるが、走るためのクルマは面白い。

P_0627_4

引用:http://www.carsensor.net/contents/article_images/_22651/P_0627_4.jpg

Mercedes-AMG S65:301km/h

2,470万円~3,246万円

V12気筒の5.5L/6.0Lエンジンに、585PS/630PS…日本ではセンチュリーだけになったV12ですが、それも2018年には新型エンジンの登場で消滅。ランボルギーニとこのAMGのみと言われています。

FotoFlexer_Photo

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/2021321/051_o.jpg

メルセデスベンツといえば、Sクラスにマイバッハのゴージャスぶりが有名。クーペも基本的にSクラスと共通。クルマというよりも豪華クルーザーといった風合いのダッシュボードが素晴らしい。

これであっという間に300km/h……これは走る場所を選ぶことになりそうですね。

mercedes-amg-s65-07

引用:http://images.car.bauercdn.com/pagefiles/77480/mercedes-amg-s65-07.jpg

CHEVROLET CORVETTE ZR1:340km/h

994万円〜1,593万円

日本では現行ZR1の導入は今後…ですが、コルベットはまさにアメリカ最高のスポーツマシンで、ラインナップグレード全てがハイパフォーマンス。

V8-6.2L 466PSのOHVという、非常にわかりやすいエンジンを搭載しているコルベット。アクセルワークで、背中から強烈なGがかかるドライビングは健在です。

環境性能とは真逆ですが、アメリカが生んだスポーツマシンが欧州や日本とはかけ離れたものだということがよくわかる一台。

FotoFlexer_Photo

引用:http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/d45bbeca3a78a6f6120602c602621c89/205859816/2019-Corvette-ZR1-WorldPremier-02.jpg

img_main

引用:https://www.yanase.co.jp/chevrolet/corvette/grand-sport/performance/

JAGUAR  F-TYPE R:317km/h

794万円〜1,787万円

まっさらな直列4気筒エンジンを搭載した、新生ジャガーF。伝統ある英国車ブランドはドイツ、アメリカ、インド、中国と様々な国の元で資本提携され、ジャガーはランドローバーとインドのタタグループ傘下となっています。

アストンマーチンやマクラーレンといったスポーツマシンを生んだ英国ですが、ジャガーは最も販売台数の多い高級クーペを輩出しています。

走りもさることながら、重厚なサウンドのエンジンは2L/3L/5Lと幅広く、今後世界的にヒットする可能性を秘めています。

FotoFlexer_Photo

引用:http://st.motortrend.com/uploads/sites/10/2017/01/2018-Jaguar-F-Type-rear-three-quarter.jpg

FotoFlexer_Photo

引用:https://buyersguide.caranddriver.com/media/assets/submodel/7482.jpg

輸入車でクーペ、それもスピードのある車種を抜粋してみました。意外に”安い”エントリーモデルのあるクーペもあり、大事に乗りたい憧れのクーペも見つかるのではないでしょうか?


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう