新型ハイラックス 値引き術・口コミ・燃費・納車や試乗、車中泊の情報!

トヨタ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



この記事では、新型ハイラックスの口コミ、燃費、納車情報、試乗レビュー、値引き方法などの情報をまとめています。


スポンサーリンク

新型ハイラックスの口コミ評価 評判まとめ

ハイラックス

引用:https://gqjapan.jp/car/news/20170925/toyota-hilux

こちらでは新型ハイラックスの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

とても目立ちますが目立ちすぎるので自宅がわかってしまいます。
大きさはそんなに大きく感じませんが車高は高く感じます。
ゲートがすごく重いので油断すると危ないです。
白以外は傷がつきにくい塗装との噂です。
黒も真っ黒でしたら良いのですが明るいところでは紺色が混ざった黒って感じです。
どの色も特徴があり個性が出ます。
ドアもとっても重いので子供たちは大変な思いをしております。

新型ハイラックスの特徴の1つに「良くも悪くもボディサイズが大きい」ということが挙げられます。

全長はハイエースグランドキャビンに次ぐトヨタ車では2番目の長さで、全幅はアルファード/ヴェルファイア並みです。全幅はともかくとしても、全長を持て余す場面は多いと思いますので、乗る時はある程度の覚悟が必要です。

また、口コミでは「ゲートがすごく重いので油断すると危ない」とありましたが、これは恐らく荷台のテールゲートのことです。

ハイラックス テールゲート

引用:http://web.motormagazine.co.jp/_ct/17116496

初めてテールゲートを開ける方は意外にこのテールゲートが重いことにびっくりすると思います。重さを知っている方にとっては何でもありませんが、子供や力の弱い方が初めて開ける際は注意して見てあげる必要があります。

口コミでは同じくドアの重さにも言及していましたが、新型ハイラックスは快適性よりも堅牢性を売りにしている車なのでドア自体が非常に頑丈に作られています。そのため普通の車に比べてドア自体が重たいです。

2ドア車のドアが4ドア車のドアに比べて重さを感じることがありますが、2ドアのドアは長い分、少し力をかけて押すとあとはドア自体の重さでドアが動くので、閉めることは難しくありません。

しかし新型ハイラックスのように4ドア車の重いドアは、短い分やや力を込めてドアを押す必要があります。この点も子供や力の弱い方にはネックになるでしょう。

車高の高さも乗降性の悪さにつながりますし、お世辞にも「人に優しい車」とはいえません。普通の車以上に「乗せる方への配慮」が必要になります。

やはりトラックです。
良く跳ねますが取り方によってはしっかりした足回り。
スポーツ車に乗っているような感覚ですがストロークがある分
ちょっとうねうねします。
以前のより数値では大回りになりますが
パワステが軽いのでまえより小回りするように感じます

トラックなので仕方ないかもしれませんがリア座席の乗り心地が引っかかりました。
重量が軽いので荷物を150kg程度は増加したほうが多少は抑えれるのかもしれません。

「やはりトラックです」「トラックなので仕方ない」とありましたが、このお2人がおっしゃっているように新型ハイラックスは(あくまでも乗り味の面では)乗用車という感覚よりもトラックだと思って乗った方がいいです。事実新型ハイラックスは1ナンバーの「普通貨物自動車」という扱いになります。

トラックや商用車のライトバンやワゴンを運転したことのある方はわかると思いますが、このタイプの車はある程度の荷物を積んで走ることを前提として作られているため、荷台や荷室が空の状態で走ると(特にリヤが)路面からの突き上げ感がとても大きく、乗り心地が悪化します。

新型ハイラックスにもその傾向があり、荷台が空の状態で走ると後席の乗り心地はあまりよくありません。速度を上げるとガツンガツンという突き上げ感をより強く感じますし、同価格帯のミニバンやSUV並みの乗り心地を期待すると裏切られることになります。

新型ハイラックスの購入を検討する際はこの乗り心地に関するネガティブ要素は絶対に頭に入れておく必要があるでしょう。

最終的には満足ですが新しいと言うことと周りに居ないということだけでいっぱい増えたら普通のバンになってしまいそうです。
乗用車の感覚で買うのはやめた方が良いと思います。
後部席は今までより広いですが、前の席を下げると後ろは子供が限界です。
狭さは例える車がないくらい狭いです。
後ろの席は子供か荷物置き場として使うほうが良いと思います。

こちらは総評的な口コミになりますが、「乗用車の感覚で買うのはやめた方が良い」というのはまさにその通りだと思います。

新型ハイラックスはスキーやスノーボード、ダイビングやキャンプなどのアウトドアスポーツに使うにせよ、農業や林業などの現場で使うにせよ、絶対的な「実用車」であるということです。

実用車が最大限に重視するのはまさに「実用性」であり、実用性のために犠牲になる部分も多々あるわけです。新型ハイラックスについてここまで見てきた例であれば乗り心地などの快適性です。

「実用性が高いから」という理由でその犠牲を受け入れられるかどうかが非常に重要で、もし実用に使わないのであれば単に「快適性の低い車」「使い勝手の悪い車」という評価になってしまいます。つまり「スタイルに惹かれた」などの安易な動機で購入すると後で後悔することになりかねません。

なお新型ハイラックスはダブルキャブになっていますので、乗車定員は5名です。「5人乗れるなら乗用車代わりになるだろう」と思われがちですが、口コミにあるように乗用車に比べると後席は狭いです。

車幅があるので横の余裕は多少ありますが、足元の間隔は狭いです。そして後席に座面は乗用車に比べると多少立ち気味で角度があまりありません。

ハイラックス リヤシート

引用:http://autoc-one.jp/toyota/hilux/report-5000397/photo/0109.html

これは「背筋を伸ばした良い姿勢」を強制されることになりますが、長時間乗っていると背中が痛くなります。


スポンサーリンク

新型ハイラックスの燃費紹介!

ハイラックス

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20170912-20103366-carview/

こちらでは新型ハイラックスの燃費に関するデータをご紹介します。

メーカーが公表している新型ハイラックスの燃費は以下の通りです。

ハイラックス
燃費(JC08モード)11.8km/L

新型ハイラックスに搭載されているエンジンは「2GD-FTV」型、2.4Lの直4クリーンディーゼルターボエンジンになります。

ハイラックス 2GD-FTV

引用:http://toyota.jp/hilux/performance/engine/?padid=ag341_from_hilux_perf_eng

この「GD型」といわれるディーゼルエンジンユニットはそれまでの「KD型」に替わるトヨタの次世代向けグローバルディーゼルエンジンとして2015年に投入されたものです。前世代の2KD型の排気量は2.5Lだったので、わずかにダウンサイジングしていますが、空気吸入量を増大させて高効率な燃焼を実現させ、ひいては高出力化が図られています。

実際に新型ハイラックスに乗っている方の燃費に関する口コミはまだ出揃っていませんが、以下のような口コミがありました。

市街地中心の為現在6.6km/Lほどです。
結構エコに乗っているのですがこれが限界です。

6.6km/Lということはカタログ燃費の11.8km/Lの約6割弱となり、やや乖離していると言わざるをえません。

ただしこの方は「市街地中心」なので、信号の少ない郊外や高速道路での走りが織り交ぜられるともう少し実燃費は向上するかもしれません。

いずれにしても低燃費を売りにしている車ではないので、燃費重視の方は別の車にしておいた方が賢明でしょう。経済性以外のところに価値を見出せる方こそ新型ハイラックスを買うべきだといえます。


スポンサーリンク

新型ハイラックス 納車ブログまとめ!

ハイラックス

引用:https://www.webcartop.jp/2017/09/152445

こちらでは新型ハイラックスの納車に関するブログのデータをまとめています。

2017年12月時点で、新型ハイラックスの納期(納車までにかかる期間)は何と「注文してから6ヶ月以上」となっています。

ハイラックス 納期

引用:http://toyota.jp/hilux/?padid=ag341_from_hilux_navi_top

これはトヨタの年間販売目標が2,000台だったのに対し、発売翌月時点で既に3,000台の受注を突破するという当初予想を上回る売れ行きであるということ、タイからの逆輸入車のため容易に生産台数を増やせないことが理由です。

編集部が独自に都内のディーラーを回って取材した結果も「11月初旬の注文で納車が来年8月」「11月中旬の注文で納車が来年10月」などとなっています。販売現場では6ヶ月どころか9ヶ月から11ヶ月の納期を告げる状況です。

ただしこの間にメーカーが何らかの増産体制を敷けば納期がもう少し短くなる可能性はあると思います。

新型ハイラックスをどうしても短い期間で納車して欲しい!という場合、タイからの並行輸入車を探す、という方法があります。

並行輸入とは一般的にメーカーやブランドとは直接関係のない会社やお店、個人が輸入することを指します。これに対してメーカーやブランドの日本支社や正規輸入代理店などが輸入することを正規輸入といいます。

新型ハイラックスはトヨタがタイから逆輸入しているものが正規輸入、逆輸入専門店などが独自にタイで買い付けて日本に輸入しているものが並行輸入、ということになります。並行輸入は別に違法でも何でもありません。

カーセンサーなどで探すと新型ハイラックスの並行輸入車は何台か出てきます。

ハイラックス 逆輸入

引用:http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU6357312443/index.html?TRCD=200002

こちらは逆輸入SUV専門店が販売している新型ハイラックスです。逆輸入車は左ハンドルであることがほとんどですが、タイは日本と同じく左側通行なので、タイで売られている新型ハイラックスは右ハンドルになります。

並行輸入車を扱っているお店の絶対数は少ないですし、必ずしも新型ハイラックスを扱っているとは限りませんが、1年近い納期を待てないという方は調べてみるとよいでしょう。


スポンサーリンク

新型ハイラックスの試乗レポートまとめ!

ハイラックス

こちらでは新型ハイラックスの試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

新型ハイラックスが発売されたのは2017年10月ですが、いかんせん試乗車を置いているディーラーが圧倒的に少ないということもあって編集部での試乗が実現しませんでした。

いずれ試乗が叶えば試乗した上でのインプレッションをお届けできると思いますが、今回は様々な媒体に掲載されている試乗記をチェックしてみたいと思います。

動力性能はディーゼルエンジンの典型で、低回転域で余裕のある駆動力を発生させる。1500回転前後でも十分な粘りが感じられ、このエンジン特性は悪路をゆっくりと進む時にも扱いやすい。

その代わり最高出力の発生が3400回転だから、高回転域は伸びない。ATをDレンジに入れてフルに加速すると、シフトアップは3800~4000回転で行われた。

加速性能に不満はないが、ガソリンエンジンとは性格が異なる。マツダ車が搭載するスカイアクティブDは、4000回転を超える領域まで軽く吹け上がるから、ハイラックスのディーゼルは古典的な部類に入る。

(オートックワン 渡辺陽一郎氏のレポートより)

カーブを曲がる時は、ボディが大きめに傾く。ハイラックスのホイールベースが長いこともあってピックアップトラックとしては走行安定性に不満はないが、峠道などを走ると旋回軌跡を拡大させやすい。このあたりの運転感覚も古典的だ。

タイヤサイズは17インチ(265/65R17)で、装着されていた銘柄はブリヂストン・デューラーA/T。悪路を視野に入れたSUV用のタイヤで、その特性も操舵感に影響を与えている。

(オートックワン 渡辺陽一郎氏のレポートより)

新型ハイラックスのサスペンションは、前輪がコイルスプリングを使ったダブルウイッシュボーン、後輪はリーフスプリングによる車軸式だ。荷物の積載や悪路走行に適した耐久性の高い足まわりで、乗り心地は上下に揺すられる印象になる。これも慣れないと違和感が生じるが、往年のSUVを知っている人にとっては、リーフスプリング独特の乗り心地が懐かしい。

注意したいのは小回り性能だ。

全長が5mを大幅に上まわり、最小回転半径も6.4mと大回りになる。全幅もワイドだから車庫入れなどでは気を使う。それでもボンネットは相応に見えて、車幅やボディの先端位置は比較的分かりやすい。

(オートックワン 渡辺陽一郎氏のレポートより)

都心の大通りを走り出す。最初は恐る恐るだったが、この大きさにもじきに慣れる。というか、意外や運転しやすい。

まずこの高さがもたらす、視界のよさがありがたい。自分自身を俯瞰(ふかん)で見られる感じがある。ドアミラーも高性能だ。といったようなクルマは、ほかの大型SUVにいくらでもあるはずだが、ハイラックスにはまたちょっと違うイージーさがある。このリラックスオーラのみなもとは何なのだろう。

乗り心地も快適だ。武骨なラダーフレームや板バネまる出しのパートタイム四駆トラックだから、乗用車的な柔らかさやフラット感はない。空荷のひとり乗車だとバネ感は希薄で、乗り心地はグイっと締まっている。でも、それが心地よい。たっぷりした空気量のタイ製ダンロップが鋭い突き上げを伝えることもない。

駐車難民にもならずにすんだ。誘導係として出てきたヨメさんは、クルマを見上げるなり、「無理だよォ」と言ったが、2回切り返したら、入った。ハンドルがよくきれるのがありがたいし、「フェラーリ488GTB」なんかと違って、デカイといっても後ろは“箱”だ。さすが「働くクルマ」である。

(webCGより)

6段ATと組み合わされるエンジンは2.4リッターターボのクリーンディーゼル。「ランドクルーザープラド」用よりひとまわり小さい4気筒ユニットは、乗用車のクリーンディーゼルほど静かではない。アイドリングストップ機構も付いていない。加速中はビーンという独特の音もするが、なにより力持ちである。発進加速でこのクルマの前に出ようと思ったら、その気にならないとむずかしい。

ブレーキもパワフルだ。車重2tを超すSUVだと、停止間際に「オーッと、止まらない!」と思わせるクルマもまれにあるが、これは軽い踏力でよくきく。空荷のトラックなら当然か。しかしこのガタイにして、意のままに軽く加減速がきく。それがストレスのない走りの大きな要因だと思う。

約160km走って、燃費は10.2km/リッター(満タン法)だった。燃料タンクは80リッターだから、航続距離は長い。
(webCGより)

高いアイポイントを除くと、車内の居住まいは大型セダンである。後席は広いだけでなく、座面が高くて、大変見晴らしがいい。現場監督ポジションだ。
荷台のアオリを開けると、アオリそのものが重いのでびっくりした。エンジンフードを開けようとしたが、ロックレバーをリリースしているのに持ち上がらないゾ、と思ったら、力が足りないだけだった。

高さ約60cmのアオリは水平位置までしか開かない。積み下ろしのときはその分、荷台に近づけなくなる。しかも荷台は地上高90cm近い高みにあるため、重さ16kgのMTBを載せるのでもけっこうフーフー言った。荷車としての使い勝手のよさでは、ほかにもっといいクルマがたくさんあるはずだ。

(webCGより)

2つのインプレッションの中から主要な箇所を引用させていただきましたが、荷台が空の状態での乗り味の硬さは共通して指摘されており、これは口コミとも一致します。

ただwebCGの口コミでは「たっぷりした空気量のタイ製ダンロップが鋭い突き上げを伝えることもない」とありますので、我慢できないほどの乗り心地ではない、という見方もできます。コンフォート系のタイヤを履かせることである程度回避はできそうです。

新型ハイラックスのボディサイズの大きさは2つのインプレッションの中では割と好意的に受け入れられています。これはwebCGのインプレッションにあった「箱」ということが大きな理由だと思います。つまり前後左右の見切りがよく、車体感覚が掴みやすいということでしょう。

新型ハイラックスの車中泊アイテム!

ハイラックス

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20171018-20103413-carview/photo/22/#contents

こちらでは新型ハイラックスの車中泊の様子と主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

近年車を宿で寝泊まりしながら旅をする「車中泊」がブームとなっていますが、ピックアップトラックである新型ハイラックスで車中泊をするのは少々無理があります。

フロントシートを倒しても、リヤシートを横に使っても、大人1人が快適に横になれるスペースを取ることが不可能だからです。荷台もシングルキャブのピックアップトラックほど長くないので、荷台に寝ることも不可能です。

新型ハイラックスでの車中泊は諦めた方がよいでしょう。

しかし車中泊ではなくキャンプに出掛ける、となると新型ハイラックスは大きな味方になってくれます。その理由は言うまでもなく荷台の大きさにあります。

ハイラックス 荷台

引用:http://toyota.jp/hilux/interior/?padid=ag341_from_hilux_navi_interior

新型ハイラックスは多くのSUVのラゲッジスペースより大きいので、非常に多くの荷物を積むことができます。ピックアップトラックの荷台は高さをそれほど気にする必要がないのも良いところです。荷崩れさえしなければ車の屋根よりも高くなっても積むことができます。

また荷台はサビや腐食に強い亜鉛メッキ鋼板を採用しているので、海水も含めて水に濡れている荷物を積んでも荷台はサビにくいです。土や泥で汚れた荷物をそのまま積むこともできますし、その後汚れた荷台を水で流して洗えるのも使い勝手がよいと思います。

キャンプ用具や食材、薪や炭などを満載して本格的なキャンプを楽しみたい方にとって新型ハイラックスは素敵な相棒になってくれること請け合いです。

新型ハイラックスの値引き術!

hilux27

引用:https://twitter.com/i/web/status/909333707063828481

新型ハイラックスはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

編集部が独自に調査した2017年12月時点での新型ハイラックスの値引き額の相場は、車両本体価格からの値引きが約10万円、オプション総額からの値引きが約5万円、合計約15万円前後、となっています。

逆輸入車であること、人気車種であることなどの理由で値引き額は絶対的に渋めとなっていますが、現在の人気が落ち着けば値引き額はもう少し拡大していくものと思われます。

なお値引き交渉においては「他社の同系統の車と条件を競合させる」というのが常套手段ですが、新型ハイラックスのようなピックアップトラックは国産車では他にないため、この手を使うことはできません。

輸入車に目を向けても正規輸入されているピックアップトラックはありませんし、並行輸入されているものはディーラーと競合させるのは無理があります。

新型ハイラックスはトヨタ店の取扱車種ですが、トヨタ店は基本的に1つの県に1つしかないので、同一都道府県内でディーラー同士を競合させるのも無理です。県境にお住まいの方であれば両方のトヨタ店を競合させることは可能です(東京トヨタと神奈川トヨタなど)。

他にとるべき手段としては「決算期を狙う」「ボーナス時期を狙う」というものがあります。決算期は少しでも販売台数を上積みしたいというディーラーの思惑が働き、いつもよりも好条件が出やすいです。ボーナス時期はユーザーの購買意欲がいつもより高まるので、ディーラーもそれに合わせて好条件を出す傾向があります。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク