新型フォルクスワーゲン アルテオン 色・価格・スペック・オプション・エコカー減税の情報!

arteon_1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



この記事では、新型フォルクスワーゲン アルテオンの色、価格、スペック、オプション、エコカー減税などの情報をまとめています。


スポンサーリンク

新型フォルクスワーゲン アルテオンの色・カラー紹介!

こちらでは新型フォルクスワーゲン アルテオンの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

新型フォルクスワーゲン アルテオンの色は全部で6色が用意されています。以下に全色を紹介しましょう。

チリレッドメタリック

red

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/arteon.html#vw_m246_m532_jump_id&item=1&gallery=151659092770988547&powerLayer=models/arteon/bodycolor_w0.display

パイライトシルバーメタリック

silver

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/arteon.html#vw_m246_m532_jump_id&item=1&gallery=151659092770988547&powerLayer=models/arteon/bodycolor_k2.display

アトランティックブルーメタリック

blue

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/arteon.html#home&item=1&gallery=151659092770988547&powerLayer=models/arteon/bodycolor_h7.display

ディープブラックパールエフェクト

black

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/arteon.html#home&item=1&gallery=151659092770988547&powerLayer=models/arteon/bodycolor_2t.display

ターメリックイエローメタリック

yellow

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/arteon.html#home&item=1&gallery=151659092770988547&powerLayer=models/arteon/bodycolor_6t.display

オリックスホワイト マザーオブ パールエフェクト

white

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/arteon.html#home&item=1&gallery=151659092770988547&powerLayer=models/arteon/bodycolor_0r.display

なおターメリックイエローメタリックとオリックスホワイト マザーオブ パールエフェクトの2色はオプション扱いで、それぞれ64,800円、129,600円高となります。


スポンサーリンク

新型フォルクスワーゲン アルテオンの価格・値段はいくら?

こちらでは新型フォルクスワーゲン アルテオンの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

新型フォルクスワーゲン アルテオンのメーカー希望小売価格

R-Line 4MOTION:5,490,000円

R-Line 4MOTION Advance:5,990,000円

新型フォルクスワーゲン アルテオンにはグレード、というかヴァージョンが2つ存在しますが、搭載されるエンジンや排気量、最高出力などほとんどのスペックは同じです。駆動方式も4MOTION、つまりフルタイム4WDのみとなっています。

異なるのはタイヤサイズで、R-Line 4MOTIONが245/40 R19、R-Line 4MOTION Advanceが245/35 R20を装備します。

なお車両重量はどちらも1,700kgですが、R-Line 4MOTION Advanceはオプションの電動パノラマスライディングルーフを装備すると20kg増の1,720kgとなります。

その他グレード間の差異ですが、R-Line 4MOTIONがベースグレード的な位置付けとなっており、R-Line 4MOTION Advanceになるとアラウンドビューカメラ「Area View」、駐車支援システム「Park Assist」といった先進装備のほか、スタティックコーナリングライト、ダイナミックライトアシスト、ヘッドライトウォッシャー/オールウェザーライト、ヘッドアップディスプレイ、デジタルメータークラスター「Active Info Display」、パワーシート(運転席/助手席)、シートヒーター(運転席/助手席/後席左右)などの安全装備、快適装備が採用されています。

head

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/arteon.html#vw_m246_m532_jump_id&item=1&gallery=150648796958640909&powerLayer=models/arteon/_headup-display.display

価格差は50万円なので、これらの安全・快適装備に50万円出すか出さないかというところがヴァージョン選びの決め手となるでしょう。

メーカーとしてはR-Line 4MOTION Advanceの方を販売のメインと考えているようで、R-Line 4MOTIONは全て受注生産です(R-Line 4MOTION Advanceでもターメリックイエローメタリックとオリックスホワイト マザーオブ パールエフェクトの2色は受注生産)。


スポンサーリンク

新型フォルクスワーゲン アルテオンのスペック紹介!

こちらでは新型フォルクスワーゲン アルテオンのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

まず最初に新型フォルクスワーゲン アルテオンの主要スペックは以下の通りです。

車種 アルテオン
総排気量 1,984cc
トランスミッション 7速DSG
使用燃料 ハイオク
エンジン形式 DJH 2.0L 直列4気筒ターボ
エンジン最高出力(ネット) 206kW(280PS)/5,600-6,500rpm
エンジン最大トルク(ネット) 350N.m(35.7kgf.m)/1,700-5,600rpm
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,865mm×1,875mm×1,435mm
車両重量 1,700-1,720kg
乗車定員 5
燃料消費率(JC08モード) 13.3km/L

新型フォルクスワーゲン アルテオンの特徴

新型フォルクスワーゲン アルテオンはフォルクスワーゲンから2017年10月に発売されました。フォルクスワーゲンのラインナップの中では最上位となるフラッグシップモデルで、まったくのブランニューモデルです。

カテゴリ的にはDセグメントに属し、国産車ではレクサスISやマークX、輸入車ではメルセデス・ベンツCクラスやBMW3シリーズなどがライバル車種になります。

新型フォルクスワーゲン アルテオンは4ドアセダンに見えると思いますが、実は5ドアセダンです。

5door

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/arteon.html#home&item=2&powerLayer=:content/highlights/m152_highlightcontai_556810472/m158_showroomGalleryTeaser.powerlayer

一見トランクに見える部分はリヤウインドウと一体化されているテールゲートとなっており、クーペと見紛うばかりの流麗なデザインとハッチバックやステーションワゴンのような実用性の高さを両立させています。

arteon101

引用:http://www.webcg.net/articles/gallery/36018

特にデザインはどちらかというと質実剛健的なイメージのあるフォルクスワーゲンらしからぬもので、どこかイタリア車的な佇まいを感じさせます。図らずも新型フォルクスワーゲン アルテオンのカタログには「いつもと違う、フォルクスワーゲン。」と書かれていましたが、正にこれは「言い得て妙」です。

また公式サイトには「フォルクスワーゲンのいいところ、ぜんぶ。」とも書かれていますが、新型フォルクスワーゲン アルテオンには「広い室内空間」「大容量ラゲッジスペース」「高出力エンジンとフルタイム4WD」「最高水準の安全装備」といった要素がギュっと盛り込まれています。

実際問題として全てが最高水準にあるかと言えばそうではありませんが、非常に高いレベルでの共存ができているのは間違いありません。つまり1台の車に様々な要素を求めるわがままな人にはとてもおすすめできる車といえるでしょう。

たとえば「エキサイティングな走りを楽しみたいけど家族4人が乗っても狭さを感じない室内空間は欲しい」、あるいは「一流ホテルの車寄せに乗りつけても気後れしないラグジュアリー感は欲しいけど荷物をたくさん積めるようなミニバン的な使い勝手も捨てがたい」といったような要求に応えてくれるのが新型フォルクスワーゲン アルテオンです。

他にも大きな特徴として「先進的な安全装備の多くが標準装備されている」という点が挙げられます。最近の新車のテレビCMは安全装備をアピールするものが多く「これが装備されていると安心だな」と思うこともあると思いますが、新型フォルクスワーゲン アルテオンではそのような装備のほとんどが標準装備となっています。

これは「安全性はすべてに優先する」というフォルクスワーゲンの理念を具現化したもので、さすがにフラッグシップモデルといえるでしょう。


スポンサーリンク

新型フォルクスワーゲン アルテオン オプションまとめ!

こちらでは新型フォルクスワーゲン アルテオンにはどのようなオプションがあるかなどをご紹介しています。

と言っても、新型フォルクスワーゲン アルテオンのメーカーオプションはR-Line 4MOTION Advanceに装備可能な「電動パノラマスライディングルーフ(UVカット機能付)」しかありません。

cq5dam.web.1280.1280

引用:https://www.volkswagen.co.jp/app/configurator/vw-jp/ja/new-arteon/31516/30100/r-line-4motion-advance/3H74PT-GPAHPAH-GPA6PA6-GPE1PE1-GPH7PH7-GPJRPJR-GPXXPXX-GP2CP2C-GP3AP3A-GP3BP3B-GWLHWLH-GWL6WL6-GW3AW3A-GW3NW3N-GYOWYOW-GZM1ZM1/2018/2/F14%20W0W0/F56%20%20%20%20%20OH/+?page=options

R-Line 4MOTIONにいたってはメーカーオプションが1つも用意されていません。

なお安全装備については両者で若干の差異はありますが、R-Line 4MOTION AdvanceについていてR-Line 4MOTIONについていないもの、たとえば「スタティックコーナリングライト」「ダイナミックコーナリングライト」「ダイナミックライトアシスト」「アラウンドビューカメラ」「駐車支援システム」をオプションでつけることはできません。

逆にR-Line 4MOTIONについていてR-Line 4MOTION Advanceについていないものは「ハイビームアシスト」がありますが、これはより高機能なダイナミックライトアシストがついているためです。

新型フォルクスワーゲン アルテオンには別途ディーラーオプションとしてアクセサリー類は用意されているので、こちらは好みに応じて取りつけることができます。

ニーズが高そうなものをいくつかピックアップすると「フロアマット(プレミアムグリーン)」は75,600円、「フロアマット(チェック)」は64,800円。

WS000001

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/afterservice/acc/lineup/arteon.html

アルミホイールは17インチの「Merano」が152,496円、18インチの「Sebring」が195,696円、などとなっています。

WS000002

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/afterservice/acc/lineup/arteon.html

新型フォルクスワーゲン アルテオンのエコカー減税他自動車税まとめ!

こちらでは新型フォルクスワーゲン アルテオンのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。

新型フォルクスワーゲン アルテオンはエコカー減税の対象ではない

残念ながら新型フォルクスワーゲン アルテオンはエコカー減税の対象ではありません。

エコカー減税とは国が設定している燃費と排気ガスの基準の達成度合いによって自動車取得税、自動車重量税、自動車税が減免される、というものですが、新型フォルクスワーゲン アルテオンはこれらの基準を満たしていないものとみられます。

新型フォルクスワーゲン アルテオンにかかる税金

それでは新型フォルクスワーゲン アルテオンにかかる税金を具体的にみてみましょう。

アルテオン R-Line 4MOTION Advance
自動車取得税 約149,700円
自動車重量税 49,200円
自動車税 39,500円

自動車取得税は購入時のみ、自動車重量税は購入時と車検時、自動車税は購入時と毎年納税する必要があります。

自動車取得税の計算方法は「取得価額の3%」となりますが、取得価額というのはメーカー希望小売価格や購入時に支払う総額ではありません。一般財団法人地方財務協会が発行する「自動車取得税の課税標準基準額及び税額一覧表」に車種ごと、グレードごとに記載された金額です。

なお購入時に納める自動車税は月割りとなるため、購入月によって税額が変わります。上記の金額は満額納めた場合と金額となります。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう