フォレスター新型は2018年にフルモデルチェンジで発売か?

forester2018

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型スバルフォレスターのフルモデルチェンジが2018年夏。

こちらでは新型スバル フォレスターの発売時期などを予想します。

スバル フォレスターは、ついに5代目が2018年3月のニューヨークでのデビュー、夏には北米で発売されますが、日本での発売も今から話題沸騰となっています。

2015年の東京モーターショーで出品された「VIZIV フューチャー コンセプト」から2年余り、新型フォレスターは、4代目の面影をキープしたまま、機能性を高くしたモデルにスケールアップしてきました。早速見ていきましょう!


スポンサーリンク

スバル フォレスター新型、NY モーターショーデビュー!

2018年3月29日、アメリカ ニューヨークで開幕したNY モーターショー。スバルと言えば、3列シートの8人乗りSUV「アセント」を2017年11月にロサンゼルスで発表したばかり。

日本では発売予定のないアセントより、小ぶりで扱いやすいサイズのSUV「フォレスター」。北米モデルですが、ボディスペックが発表されました。

↓新色:ジャスパーグリーンメタリック。躍動感が感じられるグリーン、ボディーカラーは全部で9種類。

1

引用:https://image.e-nenpi.com/article_images/201803/307836/1290627.jpg

ボディスペック(北米モデル)

全長(mm):4,625 (先代よりも+15mm)
全幅(mm):1,815 (先代よりも+20mm)
全高(mm):1,730
ホイールベース(mm):2,670 (先代よりも+30mm)
最小回転半径(m):5.4

4thフォレスターと比較して、注目のグレードとなったのが”フォレスター スポーツ”。エクステリアでは、フロントのセンターグリルがブラック基調となり、同じくホイール(18インチ)もブラック塗装。

そして、注目は”オレンジのポイント”です。ルーフレール、サイド下、ディフューザー(リア下)、フロントにもアンダーガードにオレンジのラインが入ることでグッとスポーティな印象が深まりました。

インテリアでも、センターコンソールでオレンジのラインどりが鮮やかで、ブラックとダークグレーの造形にワクワク感を演出しています。

完全に新型のプラットフォームとは思えないほど”4thとの違いが分かりにくい”、新型フォレスターですが、中身は完全に別物に進化しています。

1

引用:https://carnny.jp/wp-content/uploads/2018/03/subaru-forester-sport_5.jpg

そして、新型フォレスターのプラットフォームですが、現行型インプレッサから導入されている”スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)”を踏襲。世界的にも有名なクラストップレベルの衝突安全性能は言うまでもなく、危険回避性能もアップしています。1

引用:https://udn.webcartop.jp/wp-content/uploads/2018/03/webcartop_22-6-680×453.jpg


スポンサーリンク

エンジンは刷新、直噴化

エンジンスペック(北米モデル)

排気量/仕様:2.5L水平対向4気筒直噴 (新開発”FA25”)
最高出力:182hp/5,800rpm (12馬力アップ)
最大トルク:(旧)174lb-ft(24.0kgm)/4,100rpm →(新) 176lb-ft(24.3kgm)/4,400rpm
燃費(米国)基準:高速走行が14.0km/L(旧型よりも0.4km/Lの向上、車内測定値)

今回のパワートレーンは、2.5L水平対向4気筒”直噴”のFA25エンジン。とうとう直噴化した、ということでパワーアップと排気ガスの環境度が良くなっています。このエンジンは「アセント」と共通です。

最高出力は:(旧)170hp/5,800rpm  →  (新)182hp/5,800rpm  にアップ。
最大トルク:(旧)24.0kgm/4,100rpm → (新)24.3kgm/4,400rpm  に向上しています。

トランスミッションは、「リニアトロニック」CVT。パドルシフト操作で7速マニュアルモードが可能です(グレード選択)。

4輪駆動システム「シンメトリカルAWD」は全車搭載、”マッド””スノー”など、「X-MODE」がさまざまな路面での走破を支えます。コントロール性能が高まった「X-MODE」ですが、センターコンソールでのボタンが使いやすくなり、より的確なドライブが楽しめそうです。

フォレスター スポーツのドライビングシステム「SI-DRIVE」には、「I(インテリジェント)モード」、「S(スポーツ)モード」に加え、「S#(スポーツシャープ)モード」が追加。

S#モードは、加速性能を高め、シフトチェンジがサクサク……というから楽しみですね!

1

引用:https://www.autocar.co.uk/car-news/new-cars/new-subaru-forester-unveiled-new-york

フォレスターと言えば、スバルで一番販売台数が多いクルマ。中でも北米マーケットでは”事故での生還率ナンバーワン”とされ、人気が高いモデルです。

北米では2018年秋に”2019年モデル”として発売開始。そして、日本国内仕様では”トヨタのプラグインハイブリッドシステム”が導入されるのでは?と噂がもちきり。

スバルのSUVフォレスターは、グローバルで見るとスバル車で最も売れているクルマです。今回、初公開された新型フォレスターは、米国仕様となり、北米では2018年秋から販売を開始するとアナウンスされました。

1

引用:https://www.autocar.co.uk/car-news/new-cars/new-subaru-forester-unveiled-new-york


スポンサーリンク

安全装備が進化。顔認証機能で居眠り防止!

安全性能の進化…それは、ドライバーの顔をモニタリングすること。ドライバーの顔つき、目を認証するだけでなく、シート設定やドアミラーなど個々の設定を覚え、メモリー状態に自動でセットするスバル初の技術「ドライバーモニタリングシステム」を採用しています。

iPhone Xの顔認証機能が非常に簡単、便利なのは有名ですが、5thフォレスターの顔認証もイメージは共通です。ドライバーズシート(10way パワーシートのメモリー設定も認識)に誰が乗り込んだのかを判断してくれることで、クルマの安全性は格段に高まっています。

↓新型フォレスターのコックピット。ダッシュボード中央に小さなモニターがあるが、ここにカメラが設置。ドライバーの顔認識機能で設定されているドアミラー角度を自動修正してくれる。

また、”ドライバーの目の動きを監視、わき見運転や居眠りをしていないかどうかをチェックして、注意してくれる!”機能付きだ。

1

引用:https://www.autocar.co.uk/car-news/new-cars/new-subaru-forester-unveiled-new-york

↑インテリアカラーは4色設定。オレンジの縁取りやシートステッチが入る”フォレスター スポーツ”は新型の注目グレード。


スポンサーリンク

ディスプレイが”7インチ”から”8インチ”にアップ

直線基調のインテリアがポイントのフォレスターですが、他社に後れを取っていたインターフェースも一気に最新化。

例えば、エアコンなどの空調設定がより細かくできるようになり、乗員数ごとに空調機能を変えることなども可能になりました。

ディスプレイは7インチ→8インチに大型化。インフォテインメント・ナビゲーションですが、「Apple CarPlay」と「Android Auto」両方に対応するように設定されました。また、Wi-Fi hotspotも備わっています。

リヤゲートはオートオープン、クローズのパワーゲートですが、クルマの施錠も一緒に行えるシステムに変更。より便利な機能になっています。

↓荷室は最大1,300mmの開口幅を確保。サイドの凹凸を最小に抑えているため、荷物の積載性は格段に向上。

1

引用:https://www.autocar.co.uk/car-news/new-cars/new-subaru-forester-unveiled-new-york

2018NYAS_Forester_320_hi

引用:https://s.aolcdn.com/hss/storage/midas/c25d10cebe685be3f35d9151d1262f26/206255557/2018NYAS_Forester_320_hi.jpg

新型フォレスターは、2018年夏(おそらく6月か7月)に日本デビュー予定。当然、各地のスバルディーラーでは情報が入ってきているハズ。興味のある方は、ぜひ新型情報を後追いしていきましょう!!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう