メルセデス・ベンツ Aクラス 試乗レポートまとめ!

Aクラス

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2019年のメルセデス・ベンツ Aクラスは試乗レポートが数多く寄せられています。

こちらでは2019年のメルセデス・ベンツ Aクラスの試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/a-class/

スポンサーリンク

さすがメルセデス

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/40349#image-3

(web CG 2019.3 より)

旧型よりまた少し大きくなった5ドアボディーを見ると、これで走るの!? と思うかもしれないが、十分以上に速い。7段DCTの変速機のマナーも含めて、滑らかで静かで気持ちのいいパワートレインである。知らないで乗ったら、とても1.3リッターのクルマとは思えないはずだ。

足まわりもすばらしい。試乗車(A180スタイル)は18インチホイールを履く「AMGライン」装着車。リアサスペンションはAクラスの標準仕様であるトーションビームだが、リアシートも含めて、乗り心地はしっとり落ち着いている。

MBUXは居眠り運転防止に役立つ

MBUXについて「クルマと話せる」のは、居眠り運転の防止にも役立つ。ロングドライブの帰り道、家族が寝静まった車内で、ハンドルを握るお父さんだけがクルマを話し相手にがんばっている、なんてことがこれからは現実になるのではないか。

スポンサーリンク

乗り心地はいまひとつ

引用:https://response.jp/article/img/2019/02/13/319062/1384863.html?from=tpimg

(web CG 2019.2 より)

試乗会では標準の16インチタイヤ装着車と18インチを履いた「AMGライン」仕様の2台を試したが、実のところどちらも乗り心地はいまひとつ。

高速道路のような滑らかな路面では静かにフラットに走るものの、舗装の継ぎ目が点在する一般道ではサスペンションがスムーズに動かないようで、特に16インチの標準仕様車はなぜかゴトゴト、ゴロンと突き上げとフリクション感が目立ち、建て付けが悪いように感じられた。むしろ18インチのタイヤを履いたAMGライン付きのほうが、あまり粗さが目立たずまだましといった印象だった。

メルセデスの主張では乗り心地などの快適性に配慮したというが、第一印象は期待したほどのものではなかった。

MBUXもまだまだ…

引用:https://autoprove.net/mercedes-benz/a-class/180542/

MBUXを試乗会で2台のクルマを半日ずつ試した印象は、他のシステムと大差ないというものだった。

いきなり乗り込んでかゆいところに手が届くようにコミュニケーションできるかといえばそんなことはない。あまり最初から大きな期待はせずに、慣れていく、育てていくといった姿勢が大切なのだろう。

新しもの好きをガッカリさせてしまうようだが、これを目当てに選ぶほどではない、というのが現状の評価である。

引用:https://blog.mercedes-benz-passion.com/2018/10/neues-aenderungsjahr-18-2-fuer-die-a-klasse-ab-heute-bestellbar/

●同じ”webCG”の記事でも、モータージャーナリストによってここまで評価が変わるクルマも面白い。ぜひ、自分の主観でAクラスの採点をするのが大事ですね!!

スポンサーリンク

足回りは硬い

引用:https://autoprove.net/mercedes-benz/a-class/180542/

(Response 2019.2 より)

メルセデスベンツのエントリーモデルである『Aクラス』。ターゲットとする年齢層は若く、ゆえに求められる走りもシャープでスポーティなものである。そして、痛感させられるのは、そのサスペンションの硬さだ。硬い。特に、後ろ足。

AMGラインは、エンジンなどは変わらないものの、タイヤが16インチから18インチへとサイズアップされている。

となると、もちろん、18インチになると硬さが際立つ。16インチですら硬いと感じたサスペンションが、高速道路のつなぎめを超えたとき、体(の骨?)につたわる振動の硬質さにさらにエッジがきいてくる。

ただ、そこはやはりメルセデス。硬くても車両全体へのぶれはなく、ただ硬い。

スポンサーリンク

1.4L エンジンは滑らか。だが…

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/40513#image-14

(AUTO PROVE 2019.3 より)

走り出すとエンジンは滑らかで、低回転から十分なトルク感がある。外から見ても、乗って走り出しても、これが1.4Lエンジンとは思えない。また7速DCTでの発進、変速も滑らか。

加速時のエンジンレスポンス、変速のレスポンスも先代のAクラスより遥かに向上していて、市街地でも高速でも気持ちよく走ることができる。ただ、パドルシフトでエンジンを引っ張り、4500rpmより上ではエンジンのサウンドがややノイジーになって、室内に響いてくる。だから、このクルマのキャラクターはエンジンの回転を上げたりせず、下の回転で滑らかに走るのがクルマに合っているのだ。

ステアリングのフィーリングも剛性感と滑らかさが感じられ、切れ具合もリニアで安心感がある。

市街地、郊外路を走ってみると、舗装路面の荒れた場所ではフロア面の微振動が気になる。基本的に走行中の室内は静かなのだが、唯一路面からの振動感はちょっと興ざめだ。

ボディ全体は重厚感ではなく軽快感を感じるが、ステアリングの操舵感や加速、変速のフィーリングは、個々の要素ではよくできている。しかし、クルマのコンセプトの一貫性、全体の一体感という点でのまとまりは今後の課題だろう。

自然体の乗り味と安全性で、すばらしい一台

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/40513#image-14

(MotorFun 2019.2 より)

乗り心地はファミリーカーと言えども、路面の凹凸を感じさせない乗り心地ではなく、路面の状況を把握できるよう段差を乗り越えた衝撃は適度に伝えつつ、減衰させるタイプの王道的な乗り味になっている。

ハンドリングについても、いわゆる弱アンダーで安定性の高い挙動を示してくれる。スポーツカーのようにハンドルを“切った分だけ曲がる”ようなセッティングではなく、“切った分より少しだけ曲がらない”弱アンダーは安定性が高く、どんなドライバーが運転しても安心感を感じるだろう。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/40513#image-4

室内に目を移すと、すっきりとモダンなデザインで上質感が増した。注目点はドライバーの目前に幅広く鎮座する横長なタッチスクリーン式のセンターディスプレイだ。目前の速度計やタコメーター等を表示するメーターエリアから途切れることなくつながるディスプレイ左側のエリアで、ナビやオーディオほか各種機能の操作を行える。

これらの操作はディスプレイを直接タッチしてもできるが。センターコンソールに設置されたタッチパッドでも行なうことができる。その画面はクッキリと見やすいし、何しろカッコいい。

そして、ここで強くお伝えしたいのがタッチパッド操作性の良さ。手前のパームレストの存在と大きさと形が良いのだろうが、今まで体験したこの手の装備の中で一番操作がしやすいと感じた。

新型Aクラスとのカーライフは、違和感のない自然体で居られる乗り味と、メルセデスの哲学に守られた安全性が魅力のクルマだ。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/40349#image-7

まとめ

ここでは、モータージャーナリストのインプレッションを抜粋しました。”1.4Lエンジン”の軽快さに好印象な記事が多く、ハンドリングの素直さにも評価は上々です。

また、ここにはありませんが、ステアリングの軽さも取り上げられており、女性ドライバーへの配慮を感じた…という人もいました。

一方で、乗り味の”硬さ”を指摘した人が多かったのも特徴。ベンツに乗り馴れている人の中では硬さを感じない記事もありましたが、多くは”車内は静かなのに荒れた路面では振動を感じる”という文面が多かったのも事実。

また、話題のMBUXの評価も二分。まだまだ発展途上の技術であり、使う人の考え方にもよるため、なかなか難しい部分でしょう。ただ”居眠り防止”に使える…という意見は面白いですね。

あとは、ぜひディーラーで試乗。AMGラインをあれこれ付けて、490万円程度の価格になるのが普通のようです。まずは、試乗車チェックと行きましょう!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク