新型CR-Z 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

CR-Z

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型CR-Zの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは2016年の新型CR-Zの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

CR-Zとはホンダのコンパクトハッチバック「CR-X」の後継車で、古くはホンダ360、Zから続いているコンパクト3ボックス、そしてクーペの流れを汲む《走りの楽しさ》を追求したモデルです。

走りの楽しさ…というと、ターボチャージャーやV6エンジンなどの「高出力」「大スペック」ありき…という風潮が続き、多くの方がカタログスペックで車の走りを判断してしまう時代が続いています。

ですが、この車は1.5Lというグレイスでも採用されているエンジンの原型を使い、モーターとの組み合わせというハイブリッド方式。

ただ、面白さはやはり走りのモードを3段階で変えられること。

あまりにも違うその走りに、驚く方が多いのが最大の魅力でしょう。

スポーツモードはエンジン+モーター加速という優れもの。全てのグレードに採用され、今回の最終モデルではインテリアの違いだけが目立ちます。

ぜひ、素のCR-Zを楽しんでいただきたいと思います。

8

↑プレミアムホワイト・パールⅡは32,400円プラス

引用:http://www.honda.co.jp/CR-Z/final_label/

スポンサーリンク

α・Final label 2,800,000円

世界で日本だけが最後までCR-Zを販売することになった。

それも2016年いっぱいの受注分。すでにアメリカではNSXが日産8台から10台へと大幅な「生産加速」となっている。

そして、軽自動車のN660も大変な人気だ。

なのに、なぜCR-Zはリタイヤしなければならないのか?

ファイナルレーベルを手中にできるユーザーは幸せなはずだ。

img011

引用:http://www.honda.co.jp/CR-Z/final_label/

1

↑画像左下は指先で操作できるパーキングブレーキ

引用:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160609/20160609195543.jpg

●「CR-Z Final label」ロゴ刺繍入り・プライムスムース×ファブリック 専用ブラックコンビシート(前席) ●プライムスムース・ドアアームレスト●専用マット塗装17インチ軽量アルミホイール(17×6.5J)+205/45R17 84W スチールラジアルタイヤ ●「CR-Z Final label」ロゴ入りアルミ製コンソールプレート●ピアノブラック調ステアリングガーニッシュ ●トノカバー ●プレミアムペダル●ナビ装着用スペシャルパッケージ(180°リアワイドカメラ、照明付オーディオリモートコントロールスイッチ、6スピーカー、
デジタルTV用プリントアンテナ〈12セグ/ワンセグ〉、専用ワイヤーハーネス)

■駆動方式:FF
■排気量:1.5L
■トランスミッション:CVT
■燃費:21.6 km/L

↓ファイナルレーベルの標準装備、ピアノブラック調のステアリングガーニッシュ(左)とプライバシーと直射日光から大事な荷物を守るトノカバー(右)

1

引用:http://www.honda.co.jp/CR-Z/final_label/

スポンサーリンク

α・Final label 2トーンカラースタイル 2,870,200円

111

引用:http://www.honda.co.jp/CR-Z/

2トーン仕様は、単純にブラックルーフがあるわけではない。

一台々々丁寧に塗装し直すので、それだけ納車の時間がかかる。

価格以上のお得なレーベルだ。

55

引用:http://www.honda.co.jp/CR-Z/webcatalog/2tone/

■ブラックルーフ■ブラックシャークフィンアンテナ■ブラックテールゲート■ブラックドアミラー■ブラックスムース×ラックススェードコンビシート(前席)《α・Final label はロゴ刺繍入り/専用ブラック》■ブラックドアライニング■本革巻ステアリングホイール(パンチングレザー/シルバーステッチ)

33

21,600円高い、プレミアムイエロー・パールⅡ↑

引用:http://www.honda.co.jp/CR-Z/final_label/

2tone_s21

↑プライムスムースは、ホンダの高級車には必ずある素地。本革よりも柔らかく、汚れも布でひとふきすれば落ちてしまう、優れものである

引用:http://www.honda.co.jp/CR-Z/webcatalog/2tone/

■駆動方式:FF
■排気量:1.5L
■トランスミッション:CVT
■燃費:21.6 km/L

→ 新型CRーZを値引きから更に50万円安く買う方法!

スポンサーリンク

α・Master label 2,850,000円

Master labelの特徴は何か?それは「あんしんパッケージ」が標準装備されていることだ。

渋滞中などで、前のクルマとぶつかりそうになると、回避を支援する「シティブレーキアクティブシステム」を、「前席用i-サイドエアバッグシステム」「サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)」とあわせて「あんしんパッケージ」として設定されている。

これは高齢ドライバーのみならず、予算が遭えばぜひ備えてほしい装備。

また、メーカーオプションとして本革仕様のシートの注文も受け付ける。

3

引用:http://www.honda.co.jp/CR-Z/webcatalog/type

■駆動方式:FF
■排気量:1.5L
■トランスミッション:CVT
■燃費:21.6 km/L

qp_b11

引用:http://www.honda.co.jp/CR-Z/webcatalog/equipment/

■低速域衝突軽減ブレーキは、約5km/h~約30km/hで走行中に前方車両に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図るもの。

■本システムは、車両(二輪車や自転車等を除く)を作動対象としている。

誤発進抑制機能(CVT車のみ)は停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、パワーシステム出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示等で接近を知らせる。

いずれも道路状況、天候状況によっては使用できない場合があり。

スポンサーリンク

α・Master label 2トーンカラースタイル 2,920,200円

Master label 2トーンカラースタイルは、あんしんパッケージと2色塗装の2点を付加した上級グレード。おしゃれと安全の二刀流で決めたい方は必須。

4

引用:http://www.honda.co.jp/CR-Z/webcatalog/type

■駆動方式:FF
■排気量:1.5L
■トランスミッション:CVT
■燃費:21.6 km/L

α 2,700,000円

下位グレードだから…と遠慮することはない。

なぜなら、その足回りやブレーキは全て同じだから。

タイヤだけを変えるだけでそれ相応の走りが楽しめるが、無理に17インチにする必要もないのだ

5

引用:http://www.honda.co.jp/CR-Z/webcatalog/type

■駆動方式:FF
■排気量:1.5L
■トランスミッション:CVT
■燃費:23.0 km/L

↓モードボタンは「ECO」「NORMAL」「SPORT」と「S+」がある。このS+が、いわゆる「ロケット加速」ボタン。

瞬間的にブースト体験ができるのは、F1に参戦し続けるホンダの技術をスピンオフしたものと言える

11

引用:http://www.honda.co.jp/CR-Z/webcatalog/performance/

■排気量:1.5L
■トランスミッション:6MT
■燃費:20.6 km/L

もしかすると、今後はこんなコンパクトスポーツクーペは出てこないかもしれない。

売れない車は生産したくてもしにくい世の中になったのは、やはりメーカーを支える「株主」の動向だ。

ホンダはどのメーカーともタッグを組まずに経営しているが、もしそれが変わることになると、ますます個性的な車の開発すら危うくなる可能性もある。

ホンダが今後も夢のあるコンパクトカーを作ってくれることを、ぜひ希望みたい…

img_30201

引用:http://medias.bloghonda.fr/2015/04/IMG_3020.jpg

anthony-favennec-action-fashion-france-54147df63bb0exlarge-14603159541

引用:http://www.afphoto.fr/koken/storage/cache/images/000/038/Anthony-Favennec-Action-Fashion-France-54147df63bb0e,xlarge.1460315954.jpg

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク