新型CR-Z 値引き術!

CR-Z

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型CR-Zの値引き方法について情報をまとめました。

2016年の新型CR-Zはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。

その方法についてご紹介します。

スポーツカーを作らせれば、世界有数の実力を持つと言われるホンダが、とうとうこのホットマシンを諦める…2016年6月のアナウンスを聞いたファンはどう感じたでしょうか?

「CR-Z、そういえばそんな車もあったな~」と思う方もあれば、「2ドアのスポーツカーがまたなくなるのか」と残念がる方もいらっしゃるでしょう。

逆に言えば、2016年で生産が打ち切られる、ということはエンスージアストの皆さんには、新車として購入できる最後のチャンスが巡ってきた!ということ。

さすれば、大いに値引き額を期待してホンダへ乗り込もうではありませんか!!


スポンサーリンク

CR-Zとはどんな車?

sect021

引用:http//www.honda.co.jp/CR-Z/

1.5L i-VTECエンジン…どこかで聞いたことがあるこのエンジンは、ホンダの本流ともいえるモデル。

例えば、ホンダが投入したグレイス(小型セダン)は1.5L i-VTECエンジンですが、DOHCというオーソドックスな形式を取っています。

これに引き換え、CR-Zはシングルオーバーヘッドカム。

ですが、CR-Zはなんとハイブリッドスポーツカーであることから、DOHCの特徴である高回転域をモーターがアシストする、という今どきのハイブリッドメリットがしっかり「載せられて」います。

2ドアクーペスタイルは、日本車ではもはや稀有な存在。

それでいて、6速MTは短めのシフトノブが実にクイックで、スパンスパン入る!!

これは軽くシンクロできる楽しみがあり、まさに小気味良いシフトチェンジは絶品です。とはいえ、AT専用免許の方にはCVTモデルを用意。

この際、ホンダ最後のホットマシンをゲットしませんか?


スポンサーリンク

280万円はあくまでも定価。ファイナル価格は君を待っている!

11

引用:http//www.honda.ca/Content/honda.ca/a1859608-da1a-47ab-9b6c-687433b85ff6/GenericContent_GC1/MY16_CRZ_exterior_1.jpg

2016年12月で生産中止…となれば、駆け込み需要も見込んでいるとみえて、4つのグレードで市場参戦している本田技研。

2010年デビューからほとんど変わらないモデルと見えたものの、中身は完全に2016年!

もし、「ちょっと腰痛持ちなんですけど…」という方には《レザー調のプライムスムースと、上質で滑らかな肌触りのラックス スェード®を合わせ、黒基調でシックに仕上げたシート》がお勧め。

プライムスムースはまるでCOACHのバッグか!と思わんばかりの肌触りの良さが人気。

それだけじゃない、本物の本革がテカりに弱いのに比べ、夏場の直射日光でも変色なし!

ジュースをうっかりこぼしても、すっとスエードで拭えばサッと汚れが落ちる…非常にいい素材なんです。

これはα・Master Labelで292万円。ここからどれだけ引いてくれるかは、まず相談ですね!

→ 新型CRーZを値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

実は後席もある!マツダロードスターより便利だ!

13

引用:http//mycar-review.com/wp-content/uploads/2016/03/CR-Z.jpg

280万円から290万円というと、マツダ・ロードスターとガチンコ勝負。あるいは86、BRZということになるでしょう。

両方とも15万円から20万円程度が通常運転値引き。

ですから、25万円から始めるのが筋、というものでしょう。23km/Lの燃費は非常に注目度の高いスポーツカーですが、ぜひディーラーには強気で勝負したいものです。

現在は完全に受注生産分の販売でしかなく、試乗車がない。

だからこそ、カタログ買いしかできないのも見逃せないポイント。

スポーツカーは試乗はいらないでしょう!というのは過去レスです。

いまはGT-Rだってしっかり試乗して購入する時代。

ならば、そこをしっかり攻めていきましょう。

もちろん、あなたが絶対にCR-Z狙いだ、としてもです!


スポンサーリンク

リセールバリューはどうなる?意外においしいハイブリッドスポーツカー

12

引用:http//car.kurumagt.com/wp-content/uploads/2015/12/2015crz-001-001.jpg

14

引用:http//fsv-image.autoc-one.jp/images/527855/009_o.jpg

CR-Zがおいしい。その理由は2点。

まずは4人乗車が可能であること。

2人乗りなら「ロードスター」も「ボクスター718」も「軽トラ」も皆同じです。

つまり、お買い物を積載する場所がありません。

その点、4人乗りのCR-Zは使い勝手がよく、おまけにハッチバックですから↓こんな芸当も!!!!(驚くなかれ、ここにある旅行用トランクはなんと縦に積載。

そしてその真下には非常に高価な「リチウムイオン電池が搭載されている!」)

21

引用:http//www.honda.co.jp/CR-Z/webcatalog/interior/

もう一つといえば、やはりハイブリッドであること。

燃費はおいしいのは絶対ですが、この車の原価で高いのはリチウムイオン電池部分。

おそらくですが、280万円の車両本体価格で、100万円はここにある、と見るのが正解でしょう。

燃費だけがおいしい?そうではありません。

加速していけばいくほどおいしい。

走りがおいしい、おまけに燃費もおいしい。

高速道を走れば30km/Lは楽々という数字も。

これなら、リセールバリューが期待できるのは間違いありません。

15

引用:http//images.hgmsites.net/hug/2015-honda-cr-z_100477517_h.jpg

買って損はない。この手の車はどんどん高くなるから、今のうちだ!

16

引用:http//fsv-image.autoc-one.jp/images/1220420/030_o.jpg

17

引用:http//hatarakanaikuruma.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_434/hatarakanaikuruma/CR-Zconcept-39364.jpg?c=a0

ホンダがハイブリッドでNSXを復活させたのは有名ですが、もう一方でクラリティを発売しています。

これは水素電池車、ホンダが本腰を入れる北米向けの燃料電池車。

ところが、一方で日本で一番売れるはずのステップワゴンにはハイブリッドなし。

ところが、です。

日産にはEVノートや次期型マーチなどコンパクトに宣戦中ですが、ホンダは好調の軽におんぶにだっこで売れているのはクロスオーバーだったり、フリードだったり…つまり、本来売りたがっているライトウェイトスポーツカーがなくなってしまうのです!

今しかない、CR-Zの買い時!ディーラーでもカタログしかないわけで、押せ押せでゲットするべき。

25万円引きからスタートです!!!

18

引用:http//images.cdn.autocar.co.uk/sites/autocar.co.uk/files/styles/gallery_slide/public/176111130322271600x1060_0.jpg?itok=-GCrbKKc

19

引用:http//srv2.betterparts.org/images/honda-cr-z-08.jpg

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク