新型SAI エコカー減税他自動車税まとめ!

SAI

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型SAIのエコカー減税情報が公開されています。

こちらでは2016年の新型SAIのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。

スポンサーリンク

エコカー減税とは

国土交通省が定める燃費の基準をクリアしたハイブリッド車やクリーンディーゼル車など、環境に配慮したクルマを購入すれば、購入時にかかる税金と自動車税が免除または軽減される制度です。

要するに、環境にやさしいクルマを購入すれば、税金を免除または減税し、新しい環境性能のいいクルマへの乗り換えを促進するものです。

sai046

引用:http://www.kurumano-sitadori.com

【対象車】

◆電気自動車

◆燃料電池自動車

◆プラグインハイブリッド自動車

◆クリーンディーゼル乗用車

◆天然ガス自動車

◆国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準値をクリアした、環境性能に優れたクルマ

エコカー減税と自動車グリーン税制の2種類をまとめてエコカー減税とよび、国土交通省が定める基準の達成率で軽減額が決まるようになっています。

新型SAIは、エコカー減税の対象車ですので、是非、エコカー減税を利用して、お得に購入しましょう。

スポンサーリンク

クルマに関係する税金とは

クルマを所有するにあたって、わたしたちは以下の税金を納めています。

◆自動車取得税

クルマを購入する際に必要な税金で、クルマの課税標準額の3%が自動車取得税となrます。

課税標準額は「自動車取得税の課税標準基準額及び税額一覧表」に定められる金額となっています。

型式やグレードごとに新車価格から、だいたいの値引き額を引いた金額になります。

◆自動車重量税

クルマ購入時と車検時に支払う税金です。

車両重量によって、その額が決まります。

◆自動車税

毎年、納める税金でゴールデンウィークを過ぎるころに請求がくるのが自動車税です。

クルマの排気量によって、その額が決まります。

これらの税金をクルマの環境性能に応じて、減税されるというのがエコカー減税です。

エコカー減税には下記のような種類があります。

sai041sai042sai043

引用:http://xn--u9jy03t68mw0c.com/toyota-tax-reduction/

■自動車取得税の減税は、平成29年3月31日新車登録・届出まで減税措置が受けられます。

■自動車重量税の減税は、平成29年4月30日新車登録・届出まで減税措置が受けられます。

■自動車税の減税は、平成26・27年度中に新車新規登録した場合、それぞれ当該年度の翌年度分の自動車税を軽減措置を受けることが出来ます。

平成26年4月1日から平成29年4月30日までの間に新車新規登録等時に免税を受けた自動車については、初回継続検査時に納付すべき税額が「免税」となります。

平成24年5月1日から平成26年3月31日までの間に新車新規登録等時に免税を受けた自動車については、初回継続検査時に納付すべき税額が「50%軽減」となります。

新型SAIを購入する際の、自動車税は、月によって違ってきます。

4月が41,200円と一番高く、3月では0円となります。

sai044

引用:http://xn--u9jy03t68mw0c.com/

新型SAIの値引きの方法については、

「新型SAI 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にSAIを購入して下さい。

スポンサーリンク

新型SAIの重量税、取得税、自動車税は

新型SAIは2400ccのハイブリッド車で「G“Aパッケージ”」「G」「S」「S“Cパッケージ”」の4グレードと「特別仕様車G“Viola”」があります。

もちろん、エコカー減税により自動車重量税は免税、自動車取得税も免税、そしてグリーン化特例により新規登録翌年度の自動車税が概ね75%減税となります。

sai045

引用:http://xn--u9jy03t68mw0c.com/toyota-tax

新型SAI、減税額は車体の重量や燃費によって変化します。

実際の減税額は、グレードやメーカオプションなどの装着物によって違ってきますので、詳しくは、販売店に確認してください。

スポンサーリンク

自動車取得税の廃止、「環境性能割」導入

新車購入時にかかる、自動車取得税。

じつは、これは消費税との二重課税だと言われています。

消費税が5%から8%に増税されたときにも、このことは物議をかもしましたが、結局は自動車取得税は自家用車5%から3%へ、軽自動車3%から2%へと引き下げられるにとどまりました。

とはいえ、消費税の増税分が増えていることもあり、車両価格や、維持費を合わせるとドライバーの負担はとても大きなものとなっています。

そんな裏付けもあって、若年層のクルマ離れも加速していると言えるでしょう。

では、消費税が10%になった時、自動車取得税はどうなるのでしょうか。

経済産業省は、消費税10%になるタイミングに合わせて、自動車取得税を平成29年3月に廃止すると発表しました。

ところが、平成29年4月より自動車取得税のかわりに「環境性能割」という税制の導入を予定しているというのです。

これは、環境性能を持たないクルマから、税金を徴収しようというものです。

現行の自動車取得税は6区分でしたが、環境性能割は4区分になります。

sai050

引用:http://www.car-hokengd.com/car-news/kankyouseinou/

環境性能割が施行される平成29年は、新車販売台数の約50%がハイブリッド車などになるため、約半分の購入者が非課税となるといわれていて、現行の自動車取得税にくらべて約200億円の減税となります。

新型SAI 2016年 エコカー減税他自動車税まとめ

新型SAIは、カタログ燃費が22.4km/L(実燃費だと約15km/L)とハイブリッド車のわりには、燃費がよくないといわれていますが、「平成32年度燃費基準+20%」をクリアしているため、エコカー減税の恩恵を目いっぱい受けることができます。

そして新しく採用された「スポーツモード」により、ガソリン車のようなダイナミックな走りを追及しているため、軽いアクセル操作で力強い加速を発揮します。

燃費を重視したい時は「エコドライブモード」で走行し、ガレージ内などでは「EVドライブモード」とシーンに合わせて切り替えることが出来るのです。

3つの走行モードを取り入れたことで、エコカーでありながら、走行性能を自由に選べるようになったというわけです。

さてエコカー減税について、いろいろと述べてきましたが、その背景にあるのはやはり地球温暖化です。

このまま、温暖化が進むと地球規模での災害や自然環境の重大な問題を引き起こすと言われているのです。

深刻な水不足や、伝染病のまん延、今までマラリアなどがなかった国にも、発生する可能性がでてきたといわれています。

また、水不足は食糧不足を引き起こします。

世界各地で穀物の生産性が落ち、食品の価格高騰が起こると考えられています。

エコカー減税、わたしたちのお財布にとっての問題だけでなく、地球の将来を見据える上で、意味深いものなのです。

sai048

引用:http://toyota.jp/sai/?padid=ag001_i_carlineup_search

新型SAIがエコカーといわれているには、もうひとつ理由があります。

じつはSAIのインテリアはその80%がエコプラスチックでできているのです。

原材料のサトウキビを資源とすることによって、CO2の排出を抑え、石油資源の節約につながっているのです。

sai047

引用:http://toyota.jp/sai/?padid=ag001_i_carlineup_search

トヨタはもともと、自動織機を作っていた会社だということをご存知ですか。

自動織機をつくる技術がのちのトヨタカーを産み出し、現在の豊田紡織へと発展したのです。

豊田紡織では、独自の開発で自動車用内装品のすべてを植物化することを目指しています。

sai049

引用:http://www.toyota-boshoku.com/jp/about/development/eco/bioplastic/index.html

トヨタの未来への試みを搭載した新型SAIは、地球にやさしい特別なクルマなのです。

エコカー減税を利用して、お得に購入してみませんか。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク