新型パジェロ 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

パジェロ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2019年の新型パジェロの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは2019年の新型パジェロの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

スポンサーリンク

新型パジェロのグレード別価格紹介

引用:https://www.sankeibiz.jp/business/news/190424/bsc1904241747010-n1.htm

新型パジェロはディーゼル仕様とガソリン仕様とに分かれ、ディーゼル仕様は3つ、ガソリン仕様は2つのグレードで構成されています。

新型パジェロのディーゼル仕様の価格

■SUPER EXCEED

495万1,800円

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/grade/gra_01.html

■EXCEED

428万2,200円

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/grade/gra_02.html

■GR

386万5,320円

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/grade/gra_03.html

新型パジェロのガソリン仕様の価格

■EXCEED

383万9,400円

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/grade/gra_04.html

■GR

339万1,200円

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/grade/gra_05.html

スポンサーリンク

新型パジェロのグレード間装備差の比較

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Autocone_203865/

それでは次に、新型パジェロはグレード間にどのような装備差があるのかを見て行きたいと思います。

新型パジェロにはディーゼル仕様(SUPER EXCEED、EXCEED、GR)とガソリン仕様(EXCEED、GR)がありますが、特別に言及している箇所以外は両方共通です。

エクステリア

■フロントウインドシールド(メッキ)

SUPER EXCEEDにのみ装備されます。

■サイドドアガーニッシュモール(メッキ)

SUPER EXCEEDにのみ装備されます。

■スペアタイヤガーニッシュ(ライセンスプレート一体型)

SUPER EXCEED、EXCEEDはカラード、GRはグレーが装備されます。

■リヤバンパーアンダーカバー

SUPER EXCEED、EXCEEDはシルバー、GRはブラックが装備されます。

■ドアアウターハンドル(バータイプ)、電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター/ウインカー/アプローチランプ付)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/grade/gra_01.html

SUPER EXCEEDはメッキ、EXCEEDとGRはカラードが装備されます

■電動ロングサンルーフ(チルト&スライド・セーフティ機構付)

SUPER EXCEED、EXCEEDはオプション装備が可能ですが、GRはカオプションでも装備不可です

■リヤディフレクター

SUPER EXCEEDでのみ標準装備となり、EXCEEDとGRはオプションでも装備不可です。

インパネまわり

■ステアリングホイール

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/grade/gra_01.html

SUPER EXCEEDは本木目&本革巻き、EXCEEDとGRは本革巻が装備されます

■ステアリングオーディオリモコンスイッチ

SUPER EXCEEDとEXCEEDでは標準装備となり、GRはオプションでも装備不可です。

■アルミペダル(アクセル/ブレーキ)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/utility/utility_01.html

SUPER EXCEEDでは標準装備となり、EXCEEDとGRはオプションでも装備不可です。

■インパネセンターパネル

SUPER EXCEEDは木目調、EXCEEDとGRはブラックが装備されます。

■インパネサイド&ドアトリム&フロアコンソール

SUPER EXCEEDは木目調パネルが、EXCEEDはブラック内装の場合はメタル調パネル、ベージュ内装の場合は木目調パネルが、GRはメタル調パネルが装備されます。

■ドアインナーハンドル(メッキ)

SUPER EXCEED、EXCEEDでは標準装備となり、GRはオプションでも装備不可です。

インテリア

■ACパワーサプライ(AC100V、リヤクォータートリム)、バニティミラーの照明、自動防眩ルームミラー

SUPER EXCEED、EXCEEDでは標準装備となり、GRはオプションでも装備不可です。

■スカッフプレート(アルミ)

SUPER EXCEEDでは標準装備となり、EXCEED、GRはオプションでも装備不可です。

■サングラスポケット

GRでは標準装備となり、SUPER EXCEEDとEXCEEDはオプションでも装備不可です。

シート仕様

■シート生地

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/grade/gra_01.html

本革はSUPER EXCEEDで標準装備、EXCEEDではオプション装備となります。スエードファブリックはEXCEED、GRで標準装備となります。

■パワーシート(運転席)、パワーシート(助手席)

SUPER EXCEEDでは標準装備となり、EXCEEDではオプション装備が可能です。GRはオプションでも装備不可です。

■シートヒーター(フロント)

ガソリン仕様のEXCEEDでのみオプション装備となりますが、それ以外はすべて標準装備となります。

オーディオ&ビジュアル

■7インチWVGAディスプレイ メモリーナビゲーション[MMCS]
[地上デジタルTVチューナー(フルセグ)、CD/DVD、AM/FMラジオ、MP3/WMA 再生対応、ミュージックサーバー、ボイスコマンド機能(音声操作)、リヤビューカメラ]+TVアンテナ+ステアリングオーディオリモコンスイッチ+リンクシステム(BluetoothR通信対応ハンズフリー&オーディオ機能、USBポート×1)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/grade/gra_01.html

SUPER EXCEEDでは「ロックフォードアコースティックデザイン プレミアムサウンドシステム(DTS Neural Surround、12スピーカー)」のものが標準装備されます。

EXCEEDでは「6スピーカー」のものとどちらもオプション装備が可能ですが、GRでは両方オプションでも装備不可です。

■ディスプレイオーディオ(6.1インチ)
[AM/FMラジオ+CD+MP3/WMA/AAC/WAV 再生対応]+リヤビューカメラ+USBポート×1+ステアリングオーディオリモコンスイッチ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/grade/gra_02.html

「ロックフォードアコースティックデザイン プレミアムサウンドシステム(DTS Neural Surround、12スピーカー)」のものがEXCEEDで標準装備されます。

■後席9インチワイド液晶ディスプレイ+音声・映像入力RCA端子

SUPER EXCEED、EXCEEDでオプション装備が可能です。

■オーディオ非装着
(6スピーカー付・オーディオ取付用配線付・取付ブラケット無)
[EXCEEDに本オプションを選択した場合はプレミアムサウンドシステム
(パワーアンプ及び12スピーカーシステム)は非装着]

GRで標準装備となりますが、EXCEEDでオプション装備が可能です。SUPER EXCEEDはオプションでも装備不可です。

安全関連装備

■SRSサイド&カーテンエアバッグ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/safety/

SUPER EXCEEDでは標準装備となりますが、EXCEED、GRでオプション装備が可能です。

機能装備

■ブレーキ

SUPER EXCEEDとEXCEED、GRのディーゼル仕様は「大径ベンチレーテッドディスクブレーキ(フロント4ポッド/リヤ1ポッド)」が標準装備されます。

EXCEED、GRのガソリン仕様は「ベンチレーテッドディスクブレーキ(フロント2ポッド/リヤ1ポッド)」が標準装備されます。

■リヤデフロック

すべてのグレードでオプション装備が可能です。

■セキュリティアラーム(盗難発生警報装置・国土交通省認可品)

GRでは標準装備となり、SUPER EXCEEDとEXCEEDはオプションでも装備不可です。

■プレミアムセキュリティアラーム(盗難発生警報装置・国土交通省認可品)

SUPER EXCEED、EXCEEDでは標準装備となり、GRはオプションでも装備不可です。

■ワイパー

SUPER EXCEED、EXCEEDは「雨滴感応オートワイパー+オートライトコントロール(照度センサー2個)」が標準装備となり、GRは「可変間欠ワイパー(フロント、車速感応タイプ)」が標準装備となります。

■クルーズコントロール

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/utility/utility_01.html

SUPER EXCEED、EXCEEDでは標準装備となり、GRはオプションでも装備不可です。

■タイヤ&アルミホイール

SUPER EXCEEDは「265/60R18タイヤ&アルミホイール」が標準装備となり、EXCEED、GRは「265/65R17タイヤ&アルミホイール」が標準装備となります。

パッケージオプション

新型パジェロにはいくつかのオプションをひとまとめにしたパッケージオプションが4つ用意されています。パッケージオプションはGRでは装備することができません。

すべてのパッケージに「本革シート生地+SRSサイド&カーテンエアバッグ」と「パワーシート(運転席/助手席)+シートヒーター(フロント)」(ガソリン仕様のみ)が含まれていますが(ここまでが「ラグジュアリーオプション」でSUPER EXCEEDで標準装備、EXCEEDでオプション)、それ以外に「ルーフレール(ブラック)」を含んだ「フルパッケージA」、「電動ロングサンルーフ(チルト&スライド・セーフティ機能付)」を含んだ「フルパッケージB」、「ルーフレール(ブラック)+電動ロングサンルーフ(チルト&スライド・セーフティ機構付)」を含んだ「フルパッケージC」の3つがあり、すべてEXCEEDのみオプション装備が可能です。

スポンサーリンク

新型パジェロのおすすめグレードはどれか

最後に新型パジェロのおすすめグレードについて考えてみましょう。

筆者の個人的な結論を先に述べると、おすすめはディーゼル仕様のEXCEEDです。

まずディーゼル仕様か、ガソリン仕様かの選択ですが、ディーゼル仕様の方がおすすめとなります。

その理由はエコカー減税制度にあります。クリーンディーゼルエンジン搭載車は現行のエコカー減税制度において最高の優遇を受けることができ、自動車取得税と自動車重量税は免税、(翌年度の)自動車税は75%軽減されます。

自動車重量税は購入時のみならず初回車検時も免税です。

同一グレードであればディーゼル仕様とガソリン仕様の価格差は約50万円弱となりますが、そのうちの半分程度はエコカー減税の恩恵で回収できてしまいます。

燃料もディーゼル仕様は軽油、ガソリン仕様はレギュラーガソリンですが、両者の価格差は常時20円ほどあります。燃料単価の安いディーゼル仕様の方が燃料代は安く済みます。

また将来的なリセールバリューを考えても、パジェロのような本格的オフローダーは力強い走りのできるディーゼル仕様の方が人気が高く、有利だと思われます。

次にグレード間装備差ですが、最廉価グレードのGRはかなり装備が簡略化されているのでできれば敬遠したいところです。

となるとSUPER EXCEEDかEXCEEDか、ということになりますが、SUPER EXCEEDはやや装備が過剰な気がしますし、もちろんその分価格も高いです。EXCEEDであれば必要なものだけをオプションでつけることも可能なので、自由度が高い上に価格も抑えられます。

以上のような理由からおすすめはディーゼル仕様のEXCEEDです。

スポンサーリンク

新型パジェロの価格とグレードのまとめ

引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/pajero/newmodel-77499/photo/0020.html

ここまで新型パジェロのグレード別価格とグレード間の装備差、おすすめグレードについて紹介しました。

おすすめグレードに挙げたディーゼル仕様のEXCEEDの価格は約428万円ですが、この価格は基本設計が13年前の車であることを考えると「高い」と言わざるを得ません。

価格競争力という点で新型パジェロは不利で、他にもっとお買い得な車はたくさんあると思われます。

「どうしてもパジェロじゃないと嫌だ」という人はしっかりと戦略を立てて値引き交渉に臨むことをおすすめします。

当サイトでは新型パジェロの値引きについて紹介している記事も用意しているので、ぜひ参考にしてください。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク