新型パジェロ 口コミ評価 評判まとめ

パジェロ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2019年の新型パジェロにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは2019年の新型パジェロの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

スポンサーリンク

新型パジェロの外装に関する口コミ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/

まず最初に、新型パジェロの外観についての口コミを紹介します。

落ち着きがあり満足です。トヨタに多いガツガツキラキラし過ぎたフロントは好みではありませんでした。背面タイヤもクロカンの雰囲気があり好みです。夜、高速等で車高の低い車に煽られても気づきにくいですが(笑)、通常は後方が見にくいなどはありません。

オプションでルーフレール・リアデフレクター・スペアタイヤケースを付け、jaosのマッドガードも付けました。

20年位前に憧れていた2代目パジェロに影響を受けたデザインだけあって素晴らしい。昨今、燃費ばかりを追いかけてAピラーが傾きすぎている車が多い中、角ばったデザインは好みが分かれると思いますが私は大好きです。ドアミラー越しから見えるメリハリのあるボディーラインも、非常に素敵です。この手のスタイルは時代の流れで消えていくのかな?と思うと悲しいです。

2代目から乗り続けていますが、あまり変わることなくパジェロらしいですが、悪く言えば変わり映えしないです。

ただ、見切りやすくなりました。

これぞ三菱、これぞパジェロという顔つきは今でも色褪せることはありません。リアのスペアタイヤケースもデザインとマッチしておりお気に入りです。

特に面構えとお尻が、これはどちらかというと3代目を受け継ぐものでありながら、全体的には直線的で、どっしりと迫力があっていい。それらと釣り合うかのように、フロントウィンドやサイドもリアウィンドも寝ているという形状ではなく、立っているので、トラックのようです。

新型パジェロの外観デザインはSUVの中でもどちらかと言えばゴツゴツとした無骨さが漂うもので、ある意味では時代遅れという感じもします。

今から13年も前の2006年に登場しているので致し方ありません。

しかしこの無骨さが新型パジェロのオーナーには非常に高く評価されているようです。

引用:http://www.4x4magazine.co.jp/content/%E3%80%90%E8%A9%A6%E4%B9%97%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%80%91-pajero/

また現行型パジェロは4代目となりますが、初代パジェロのイメージを綿々と受け継がれている点も高評価につながっています。

これはやはりパジェロに憧れ続けてきてようやく買った、という人が多いということでしょう。

引用:https://motorz.jp/race/73290/

パジェロの長い歴史の一端を伺い知ることができます。

スポンサーリンク

新型パジェロの内装に関する口コミ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/styling/

次に新型パジェロの内装に関する口コミです。

必要にして十分な普通の装備って感じです。豪華さや同乗者を驚かせるような装飾はありません。

価格帯の割にはもう少し欲しいです。マイナーチェンジでセンターディスプレイの古臭さを改善してほしかったです。

2列目のドアポケットにもドリンクホルダーがあると便利です。3人座ると飲み物が置けません。

3列目は最初からあまり使う気がないので、簡易ベンチでも良しとします。ネットで調べると一応チャイルドシートも付くみたいです。3列目の出し入れはそんなに大変ではないです、十分可。

インテリアはトヨタ車のがよく作られてると思います。

インテリアパネルやダッシュボード付近の造形、操作類はゴチャゴチャしておらずシンプルが故高級感があります。またメーター表示も三菱の他のメーターとは異なる独自のものです。速度スケールが少々大きいですが笑、非常に視認性がいいです。

正直言いますとカタログの写真よりも、実物の内装は貧祖に見える所がある事に気がつきます。

カタログではステッチが素敵に見えるドアトリムの肘掛も革張り(合皮)?と思うと実は樹脂形成、少ない収納スペース、微妙なカップホルダー、硬い肘掛など。

でもね「だから何?」と思わせてしまう素晴らしいエクステリア!それとこの車の持つ独特な雰囲気が多少のデメリットを相殺してしまうように思えます。総合的に考えても、この値段でこの装備であれば悪くないと思います。

新型も含めると素材の高品質化と改善が課題と思います。プラスチック部分が弱く傷が付きやすい。

新型パジェロの内装については最大の評価でも「必要にして十分」という程度で、質感も使い勝手も良くないという評価が多く聞かれました。

質感については登場から13年云々という話よりも、どちらかと言えば三菱車特有のものかもしれません。

個人的な体験ですが、三菱車の内装の質感についてはあまり良い印象がありません。かつてはスバルの内装もかなり貧相でしたが、スバルが年々レベルアップされてきたのに対して三菱はいつまでたっても・・・という感じがします。

総額400万円以上出す車の内装の質感としては他社の車に比べて明らかに劣りますので、購入を検討する際には若干ネックになるかもしれません。

いくつか不満が出ていたドリンクホルダーですが、新型パジェロのドリンクホルダーは運転席と助手席の間に2つ、3列目シートの左右に1つずつ設置されています。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/utility/utility_03.html

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/utility/utility_03.html

これだと2列目シートに座った人が使うドリンクホルダーがありません。3列目シートより2列目シートの方が使う頻度が高いことを考えると、2列目シートのドリンクホルダーは何とか設置して欲しかったところです。

とは言えドリンクホルダーはカー用品店で社外品がたくさん出ていますので、問題は解消することができます。

スポンサーリンク

新型パジェロの走行性能・乗り心地に関する口コミ

引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/pajero/report-5225/photo/0013.html

最後に新型パジェロの走行性能・乗り心地に関する口コミです。

なお走行性能・乗り心地に関する口コミは新型パジェロの約7割以上を占めると言われているディーゼル仕様のもののみとしました。

3200ccディーゼルターボとして試乗(購入前)はかなり期待していましたが、期待が過剰でした。購入後にいろいろ調べて判明したのですが、欧州排ガス規制、日本の厳しいクリーンディーセル適合及び免税対象に合わせて、ブースト圧、出力特性等を多少抑えていると思われます。

但し、不満があるというレベルではなく、車重を感じさせる事なく街中・高速・追い越し等、2Lセダンと同等の感覚で走れます。私の場合、仕事・レジャー・日常等で毎日走行する為、業務用工具(荷物)を約100キロ積載したままの状態で新車から1年半で約8万キロ走破しましたがエンジン・ミッション・サス他、わずかなへたりも無いのは特筆できると思います。

キビキビ走る車ではないですが、2.3t以上の車を気持ちよく走らせます。7割は2000回転以下で走れます。山道も踏めば良く登ります。

ディーゼル特有の音はもちろんありますが、それもこの車の味の1つと楽しんでます。特にアイドリング時。気になる方は気になると思います。走行中、高速になればなるほど気にならないと思います。

やはりディーゼルはストップアンドゴーより長距離が合いますね。気持ち良いです。

安定感はとてもあります。高速の横風とかも気になりません。
プラドはパジェロより踏み込まないと、やや出だしが遅い印象でした。

とても良いです。自分的にはここが一番意外で 良い意味で期待を裏切られました。
しっかり感としなやかさのバランスが自分的には最高だと思いました。
大型SUVに良く見られがちな不自然な揺れなどは一切感じられません。

このパジェロの目玉であるクリーンディーゼルです。低速域・中速域ではトルクが分厚いためモリモリ進みます。なので街なかや市街地では非常に走りやすいですね。また高速でもグッと踏み込めばキックダウンしてガンガン加速するので追い越しも何ら問題ありません。これが一番意外でした。
まあディーゼルとはいえ3.2Lなんでトルクだけでなくパワーもあります。
あとディーゼルのエンジン音ですが、もちろん無音とまでの静かさはありません。ボンネットを開けてエンジン音を聞くと、いわゆるガラガラ音です。
しかしボンネットを閉じてドアも閉めるとエンジンをかけていてもかなり静かです。ディーゼルだということを意識するのは、追い越し時など一時的にグワッと回転数が上がるときくらいです。

新型パジェロのディーゼル仕様は3.2Lで最高出力190PS、最大トルク45kgfmとなっています。

引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/pajero/report-903112/photo/0011.html

最大トルクは2,000回転から発揮しますので、大排気量ディーゼルターボ車らしい低中速域から溢れるトルクを感じることができます。

これは新型パジェロの走りの最大の特徴で、オーナーからの評価もとても高いです。重たいボディを力強くグイグイと引っ張ってくれます。

街乗りはもちろん、高速道路などでも動力性能に不満を感じる場面はないようです。

引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/pajero/report-5225/photo/0024.html

ディーゼルエンジンは騒音の問題がありますが、乗っていてうるさいという口コミはほとんどありませんでした。ただし車外に出たりボンネットを開けるとガラガラ音がするという口コミは多いです。

駐車場が住宅密集地にある人や、朝早くに出発したり夜遅くに帰宅する機会の多い人はどの程度の音がするかを事前に確認しておいた方が良いと思います。

スポンサーリンク

新型パジェロの口コミ、評価・評判のまとめ

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/5334

以上、新型パジェロの口コミ、評価・評判を紹介しました。

新型パジェロの口コミを見ていると、パジェロに本当に憧れて買っている人が多いという印象です。全体的に作りの古さがあることは否めませんが、それも含めて新型パジェロの魅力として受け止めている人が多いように感じます。

これほど多くの人に愛されたパジェロが37年の歴史を閉じてしまうのは残念ですが、今後何らかの形でパジェロの車名が復活することを祈りたいと思います。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク