新型センチュリー 口コミ評価 評判まとめ

センチュリー

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2019年の新型センチュリーにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは2019年の新型センチュリーの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

引用:https://www.cnet.com/toyota-century/

スポンサーリンク

新型センチュリーに乗ってみた!動画で紹介!

話題の新型センチュリー、その乗り味はどうなのか?まずは試乗インプレッション動画をご紹介しましょう。

ドライバーズカーとしても素晴らしいクルマ!

まずは、試乗インプレッションをご紹介します。

モータージャーリストによる走りの解説と後席の座り心地はいかに?

■全長5.3mの大型車ですが、意外にも乗りやすいという感想が印象的。船のような乗り味なのに揺れない…というのは、ドイツ車やフランス車とは全く違う乗り味だと言えるでしょう。

ディーラーで解説!新型センチュリー

トヨタディーラーでの展示車、試乗車の解説。

政治家・財界人・著名人・企業オーナーなどからしっかりラブコールが入っている模様。

すでに1年分のオーダー済みです。

マイバッハと比較!

面白いのが、輸入車ディーラーの試乗インプレ。

国産車は扱っていないためか、クルマのあちこちを細かく紹介してくれます。

スポンサーリンク

試乗口コミから

引用:http://blog.livedoor.jp/auto2014/archives/1073571507.html

価格com.、モーターファン、クリッカーなどから引用しています。

これは2,000万円するクルマだ

今回は新型センチュリーの後部座席に試乗した。

今乗っているポルシェパナメーラも乗り心地はよいがそれ以上である。

内装の高級感、外装の威圧感。抜群である。

これは2,000万する車だと思った。

↓水研ぎまで行っている特別な塗装のため、照明の光りが完全に映り込んでしまう。カメラマン泣かせのクルマとしても有名な一台。

引用:https://www.cnet.com/roadshow/pictures/2018-toyota-century-pictures/10/

シートがやわらかい!

後席に座った瞬間”やわらかい!”と感激。こんなシートはいままでなかった。

ウールのシートは”年寄りくさい”と思っていたが、実際に座るとこんなきもちのいいシートはなかった。

説明を聞いたところ、コイルスプリングが入っていると言う。

マッサージ機能もあるので、眠くなってしまいそうだ。

後席の左席はとくに広い。

腰掛けると自動で前の助手席がより前にスライドして、オットマンが出てくるのには感激した。

引用:https://car.kurumagt.com/2017-fs.html

ドライバーズシートで運転したくなる

ディーラーで聞くと、このクルマは後席に乗る人のためのクルマだと言う。

でも、実際にハンドルを握ると、視界が良く運転したくなってしまう雰囲気がある。

5Lエンジンということで、ふかしてみたいと思ったが、実際に運転するとあまりの重厚感でゆったり走らせたいという気分になってしまった。

後席に乗ると、やはり後ろの方がいいと思う。

後席と前席の間の天井も区分けがあって、しっかり空間が仕切られている感じがした。

スポンサーリンク

和室を模した室内、天井に注目!

新型センチュリーの注目点は、エクステリアや塗装、ハイブリットエンジンやふかふかのシートだけではありません。なんといっても、その室内空間のさまざまな工夫はジャパニーズそのもの。

ここでは、天井部分に着目してご紹介します。

↓本杢で仕切られた天井部分。左側の無地が前席で、右側が後席。紗綾形(さやがた)崩し柄と呼ばれる伝統的な織り方を採用、織り上げ天井様式となっている。

引用:https://news.goo.ne.jp/article/clicccar/trend/clicccar-20180623-602341.html

↓京都の民家でよく使われている”折り上げ天井様式”。客間に入ると一段と高い天井が開放感を醸し出す。

引用:https://terise-home.kyoto/photo_s/

↓紗綾形(さやがた)崩し柄。文様の中では武家や公家、皇室で好まれた文様。絹の織物に卍や菱形、稲妻などを斜文織り(しゃもんおり=タテ糸が2本もしく3本のヨコ糸の上を通過した後、1本のヨコ糸の下を通過する。これを繰り返すことで光沢が出る)させることを、紗綾形という。

絶えることなく永遠に続くことを意味する文様。

引用:https://www.tanihata.co.jp/monyou/sayagata.htm

スポンサーリンク

室内の印象

フロアマットは厚さ1cm!

車内、それも後席左側に乗り込む。

新型センチュリーは、約1cm厚ものフロアマットを敷いた状態で、スカッフプレートとフロアとの段差がゼロになるよう設計されている。

そのためにサイドシルの高さを前席側と後席側とで変えるという、他の車種ではほぼ前例のない手法を採用。

実測するとステップ地上高自体も33cmと低く、高齢のVIPでも苦労せず乗り込めるだけでなく、着物の人にも乗りやすい。

↓クルマに一歩乗り込む時に足が引っかかる”サイドシル”。サイドシルとフロアマットがほぼ水平だと、乗降しやすい。

引用:https://carmuse.jp/century-fullmodelchange

心地よい空間

室内足元は、サイドシルとフロアとの間に段差がなく、フカッとした座り心地に驚きながら、十分な足元スペースが確保された後席に収まります。

アルファード/ヴェルファイアほどの広大な空間ではありませんが、非常に心地よい空間という印象。

レクサスLSよりも静かだ

同じトヨタが作る最高級サルーン・新型レクサスLSと比べても、しかも新型センチュリーは先代レクサスLS600hLから多くのメカニズムを継承しているにもかかわらず、静粛性が高いです。

タイヤ。20インチではなく、18インチなのがいい

引用:https://clicccar.com/2018/08/27/622615/

18インチタイヤは非常にマッチしている

新型は、動力性能が良くなった。

でも極上な乗り味なのには間違いなく、新型センチュリーが履くブリヂストン・レグノGR001はピカイチ。

路面からの入力を低減する路面からの入力を低減する専用のピンサイプ技術を採用している。

無数の小さな穴がタイヤ表面に見えた。

まとめ

引用:https://toyota.jp/pages/contents/request/webcatalog/century/century_main_201806.pdf

いかがでしたか?新型センチュリーは納期7ヶ月程度、一日3台の生産で完全なハンドメイド生産が続けられています。

世界の高級車である、イギリスのロールスロイスやドイツのマイバッハ(ダイムラー)に比べると、内装には冷蔵庫もなければ、装飾の遊びやライティングも全くありません。

これは、日本国内でしか使われないことを念頭に作られた、センチュリーだからこそでしょう。

トヨタでは、センチュリーのライバル車は”皆無”であると広報しています。

ロールスロイスであっても、マイバッハであっても比べることができない次元のクルマ。

和室をモチーフとして、シンプルで居心地のいい、座るだけで凛とした気分にさせる空間……センチュリーでしか味わえない世界、試乗してみたいですね!!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク