ボルボ 新型V40 試乗レポートまとめ!

V40

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年のボルボ 新型V40は試乗レポートが数多く寄せられています。

こちらでは2016年のボルボ 新型V40の試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

2013年に登場して以来、これまで2.7万台を販売して、ボルボの中でも一番売れている車種V40が、今回マイナーチェンジを行いました。

その特徴は、各部の「XC90」化となっています。

そのような新型ボルボV40の試乗レポートをご紹介します。


スポンサーリンク

新型ボルボV40、試乗レポート

spec_my17_ef21

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40

ここでは様々な試乗レポートを集めてみました。

■ボルボ新型V40[2016年7月マイナーチェンジ] t3_momentum2v40t5r_gallery04

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40

現行型ではおそらく最後のマイナーチェンジとなりそうな今回の改良では、各部の「XC90」化が特に目立っています。

XC90は、T5がモメンタム、その上に位置するのはT6となり「Rデザイン」と「インスクリプション」、T8では「インスクリプション」のみと、パワートレーンとは別に現時点では3タイプとなっています。

それに倣うかのように新型V40では、T3とD4では「キネティック」「モメンタム」「インスクリプション」、そしてT5に「Rデザイン」というラインナップになりました。

インテリアも、シート表面の素材やセンターパネルがグレードごとに異なり、一部は上級に仕立てをオプションで選択できるようになっています。

今回は「T3モメンタム」への試乗となりましたが、シンプルかつプレーンなエクステリアと、チェックのファブリックをメインとした明るいグレーのインテリア「CITY WEAVE(シティ・ウィーブ)」はベストな仕立てで、北欧の両親さえ感じさせるものでした。

この他のアップデートでは、ヘッドランプが北欧神話をモチーフにした「トールハンマー」という横T字型に光るLEDとなり、エンブレムは黒ベースに変更され、グレードを示すマークがか角型となったことが、いずれもXC90と共通の仕立てとなりました。

さらに5つの新色の加わったボディカラーでは、「アマゾンブルー」と呼ばれるソリッドの水色が目を引きました。

アマゾンの愛称で親しまれた120シリーズに設定されていた色に由来するという、一目見て北欧をイメージさせるカラーでした。

日本仕様のV40は、当初はハードなダイナミックシャシーを装着していましたが、2014年にはやや穏やかなツーリングシャシーに切り替わり、乗り心地が向上しました。

同時にT5の2リッターエンジンは直列5気筒から新世代の「Drive-E(ドライブ・イー)」直列4気筒となり、その翌年にはクリーンディーゼルD4の投入に続き、ベースエンジンとしてガソリン仕様1.5リッター4気筒ターボを搭載するT3が加わりました。

T3は152ps/25.5kgmと、自然吸気エンジンで言えば2.5リッター級のパワーを発生するため、どんな場面でも1480kgのボディを不満なく加速させてくれています。

それとともに扱いやすさを特に感じました。

ターボ経験の長いボルボらしく、何時過給が立ち上がったのかわからないくらい自然な力の出し方であることに加え、6速のトランスミッションがアイシン製のトルコンATなので、望む通りの加速をスムーズに提供してくれました。

試乗したタイプはV40の中でも最も穏やかなキャラクターだけあって、乗り心地はまろやかで、しかもファブリックシートは、座った瞬間にほっとするほどの心地よさでした。

V40が市販車世界初採用だった歩行者エアバッグが、今回全車標準装備するなど、ボルボ自慢の安全性もアップしており、それ以上にスペックに現れない豊かさをさまざま部分から感じました。これぞベストV40といえるでしょう。

■ボルボ新型V40「T3 Momentum(モメンタム)主要諸元

・ボディサイズ

全長

4,370mm

全幅

1,800mm

全高

1,440mm

ホイールベース

2,645mm

・乗車定員

5名

・車両重量

1,480kg

・駆動方式

前輪駆動(FF)

・エンジン種類

「Drive-E(ドライブ・イー)」インタークーラー付ターボチャージャー

DOHC直列4気筒16バルブガソリン直噴エンジン

・総排気量

1,497cc

・最高出力

152ps(112kw)/5000rpm

・最大トルク

25.5kgm」(250Nm)/1700~4000rpm

・トランスミッション

ギアトロニック6速AT

・燃料消費率(JC08モード燃費)

16.5km/L

・タイヤサイズ

205/50R17

メーカー希望小売価格(消費税込)

3,840,000円

試乗車には

「PCC(パーソナル・カー・コミュニケーター)キーレスドライブ」

「パーク・アシスト・パイロット」

「パークアシスト・フロント」

のメーカーオプション及びオプションパッケージなどを装着しています。

■ボルボV40試乗

d4_inscription1v40t5r_gallery09

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40

ボルボのCセグメントハッチバックモデル「V40」が大幅改良を受けました。

内外装のデザイン修正、パワートレーン制御、シャシーチューニング、グレード展開を欧州のものに合わせるなど、変更内容は多岐にわたっています。

その改良版のテストドライブリポートです。

試乗車は豪華装備の「インスクリプション」で、パワートレーンは最高出力140kw(190ps)のターボディーゼル「D4」と8速ATの組み合わせとなっています。

オプションとしては、開口面積の大きなグラストップ「パノラマ・ガラスルーフ」が装備されていました。

2012年のデビューから4年が経過し、モデルライフ後半に差し掛かっている「V40」ですが、軽量化が車造りのトレンドとなっている今日において重量課題であることを除けば、古さを感じさせる部分は探すことができませんでした。

今回の改良でフロントフェイスが、北欧神話の雷神が持つトールハンマーをモチーフとした最新のボルボデザインに変更されたのをはじめ、いろいろな部分が細かくリファインされています。

走り出してまず印象的だったのは、キャビンへのエンジンノイズの侵入が一段と少なくなっていることでした。振動も減少していることから、エンジンマウントに何らかの改良が加えられたと推察します。

エンジンと変速機のマッチングもかなり進歩していて、ディーゼルモデルのデビュー当初と比べて発進がより穏やかになっていました。

加速時もシフトアップのトルク変動を減らしてつながり感を高めるチューニングとなっていました。

この変更によって、ドライバビリティと実用燃費は少なからず向上しており、自動車専用道路や一般道でおとなしく走った時には特段の注意を払わなくとも、平均燃費計は25km/Lまで上がっていました。

クルーズ感も抜群で、またワインディングの上りでもコントロール性は非常によく、ネガティブな要素は皆無でした。

今回試乗した「インスクリプション」はレザーシートが標準装備されていましたが、中間グレード「モメンタム」のクロスシートは生地の風合い、色合いとも気品があり、北欧趣味という点ではその中間グレードもねらい目でしょう。

ちなみに先進安全システムは、ベースグレードの「キネティック」から最上位まで格差は全くないそうで、ベースグレードでも十分でしょうが、パワートレーンで力感を求めるならやはりディーゼルがねらい目です。

狙い目のディーゼルをお得に買う、新型ボルボV40の値引きの方法については、

「新型ボルボV40 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に。


スポンサーリンク

新型ボルボV40、マイナーチェンジ実施

img_color

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40

ボルボのラインナップの中で、最も小さなモデルとなるプレミアム・スポーツコンパクト「V40」は、2016年7月、エクステリアデザインを一新し、より洗練されたスタイリングを実現しました。

「ボルボの大型モデルの特長や機能を小型車のパッケージに取り入れる」というコンセプトのもとで、ダイナミックでスタイリッシュ、さらにスポーティにデザインされた「V40」の今回のマイナーチェンジでは、フロントフェイスが一新されました。

新型「XC90」を思い起こさせる新デザインのグリルや北欧神話の雷神が持つという「トールハンマー」を模した横T字型のLEDヘッドライトを全グレードに装備し、よりモダンで洗練された印象となりました。

インテリアでは、「シティ・ウィーブ」という、モダンでカジュアルなテキスタイルシートを新たに採用し、インテリアパネルも3種類のデザインの異なるアルミパネルを新たに採用しました。

安全面では、歩行者やサイクリストまで検知可能な自動ブレーキを含む10種の先進安全機能を全車に標準装備しました。

さらに「歩行者エアバッグ」を全グレードに標準装備とし、ボディカラーには、新色「アマゾンブルー」を含む全15色を用意しました。

グレードの展開は、「DriveーE(ドライブ・イー)」1.5L4気筒直噴ターボガソリンエンジンを搭載する「T3」、「DriveーE」2.0L4気筒直噴ターボディーゼルエンジン搭載の「D4」、「Drive-E」2.0L4気筒直噴ターボガソリンエンジンを搭載した「T5」がラインナップしています。

タイプとしては、「T3」、「D4」にベーシックな「キネティック」、上位グレード「モメンタム」、最上級グレード「インスクリプション」を設定し、「T5」にはスポーツ性能にフォーカスし、R-DESIGN専用パーツを装着した「T5 Rデザイン」が設定されています。

なお、日本仕様には、右ハンドルのみの設定となっています。

t31

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40

T3【ガソリンエンジン】

軽快さと高出力を高い効率のもとで「Drive-E」1.5リッター4気筒直噴ガソリンターボエンジンで、ボルボならではの走りの楽しさが満喫できます。

ギアトロニック付6速ATにはスポーティな走りを堪能できるスポーツモードが搭載されています。

◆最高出力

112kw(152ps)/5,000rpm(ECE)

◆最大トルク

250Nm(25.5kgm)/1,700~4,000rpm(ECE)

◆燃料消費率(JC08モード)

16.5km/L

●車両価格

3,390,000円~

d41

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40

D4【ディーゼルエンジン】

正確なタイミングで燃料噴射ができるように自動調整する革新技術「iーART」を採用した「Drive-E」2.0リッター4気筒直噴ディーゼルターボエンジンで、優れた燃費性能と環境負荷の低減を実現しながら、低回転域から瞬発力のある力強いパフォーマンスを発揮します。

◆最高出力

140kw(190ps)/4,250rpm(ECE)

最大トルク

400Nm(40.8kgm)/1,750~2,500rpm(ECE)

◆燃料消費率(JC08モード)

20.0km/L

●車両価格

3,640,000円~

t51

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40

T5【ガソリンエンジン】

高回転域での優れたレスポンスと伸びやかなフィーリングが特徴の「Drive-E」2.0リッター4気筒直噴ガソリンターボエンジンで、ギアトロニック付8速ATにはパドルシフトが装備されます。

パワフルでかつ思い通りの走りを体感することができます。

◆最高出力

180kw(245ps)/5,500rpm(ECE)

◆最大トルク

350Nm(35.7kgm)/1,500~4,800rpm(ECE)

◆燃料消費率(JC08モード)

15.9km/L

●車両価格

4,550,000円


スポンサーリンク

まとめ

v40t5r_gallery02

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40

今回、マイナーチェンジを行った新型V40は、新型XC90に代表される新世代ボルボへの先駆けとして、走りと環境負荷の軽減を両立しました。

北欧生まれの上質な走りと運転のしやすさで、すでにライバル車を凌駕しています。

1.5L直噴ターボの「T3」、パワフルなクリーンディーゼル「D4」、スポーティさで群を抜く「T5」のラインナップは、選ぶ方にはうれしい悩みです。

あなたはどれを選びますか。

→ 新型ボルボV40を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク