新型マツダロードスター ND 口コミ評価 評判まとめ

ロードスター ND

2016年の新型マツダロードスター NDの口コミ評価・評判がたくさん寄せられています。

こちらでは2016年の新型マツダロードスター NDの口コミ評価・評判に関する情報をテーマ別にまとめさせていただきました。

→ 新型マツダロードスター NDを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?







2016年新型マツダロードスター ND 口コミその① 燃費

→市街地(1~6速)15.4km/L、高速(6速) 26.1km/L、ワインディング(2・3速)13.6km/L、混合(1~6速)15.7km/L、総平均301.4km走行、18.31L消費、平均燃費16.46km/L 乗り方によって、低燃費も思いのままです。

→ファミリーカー向けのエンジンと思われがちですが、ロードスター用に味付けされています。(高回転型など)

そのため燃費は20km/Lまでは行きませんがスポーツカーの燃費として考えたら相当良い方だと思います。

→せっかくのSKYACTIVEなのだから、もう少し燃費も頑張れなかったのかなと思います。

もちろんスポーツカーに燃費云々なんてナンセンスだけれど、なにかしろ「凄い!」って思うものがほしかったです。(もちろん、このご時世で、この車重も凄いのは解っているつもりではあります)

→ 新型マツダロードスター NDのスペック情報!


2016年新型マツダロードスター ND 口コミその② グレード

「S Special Package (MT)」を契約した人

→LSD、リアスタビライザー、トンネルブレースバーが有あるから選びました。

安全装備や内装などには全くこだわりが無くベースグレードで十分なのですが、いろいろ調べると走りに関しては明らかに違いがあるということだったので。

「S」を契約した人

→購入後に自分でモデファイしていく予定のため最初から何もついていない素のグレードSに決めました。とりあえず、タイヤ、ホイール、サスペンション、吸排気から交換していこうと考えています。

「S Special Package (MT)」を契約した人

→どうしても早く納車(納期)してほしくて、一番納車(納期)が早いのがこのグレードで赤が早いとのことでした。

「S Leather Package (MT)」を契約した人
→内装特にシートがファブリックだと擦れやすいのと、何かをこぼしたときに染みになってしまうので常に車は革シートを選択しています。特に他にはMT以外にはこだわりはありませんでした。

「S Special Package」を契約した人

→身長が181cmあるので、MTを選択すると太ももが邪魔で操作できないことからATを選びました。

→ 新型マツダロードスター NDの納車期間は??


2016年新型マツダロードスター ND 口コミその③その他

→納車(納期)後まずはオープンで25kmほど夜の高速を走りました。購入は正解でした。

乾いたエンジン音の良さ、わかり易い6速ミッションの手応え、クラッチのつなぎ易さ、軽快なハンドリング、ブレーキタッチ、荷重移動のわかり易さ、幌の開け閉めの手軽さ、すべてに満足。

→往復500kmの小旅行なども交え、購入当初からの良い印象は変わらずもうすぐ1000kmに達します。

某サーキットストレートで5速175kmでも安定していて、100kmくらいでの素早い車線変更もピタリと収まります。

少し気になるところががあるとすれば、ステアリングのサラサラとした手触り感や太さ、シフトを繰り返していると左肘が少し痛くなるとか…今その擦れに対する策を考えてるところです。

→よく言われているエンジンはRX-7やNCに比べるとやはり非力です。サーキットで最速タイムを出したい方に向きません。

でも街中で常識的な走りをする限りストレスが溜まる事はないですし、1.8NAよりもパワーを感じます。

日本の交通事情から考えると必要十分なエンジンだと感じていますし、ノーマルとしては素晴らしいエンジン音と、気軽に踏める使いやすいパワーで個人的にはエンジンに全く不満は無いです。


新型マツダロードスター NDのおススメ動画


→ 新型マツダロードスター NDの記事をまとめてチェック!

AUTO MOVE 編集部のコメント

燃費は走行シチュエーションにより左右されてしまうものです。

例えば、街中や渋滞中はストップ&ゴーを繰り返すことで悪化しますし、高速道路を一定の早すぎないスピードで走れば良くなります。

それらを平均した実際の生の口コミによる燃費データをみていると、メーカーが発表している公式燃費の正確さに驚かされます。

他のメーカーでは明らかに希望的観測とも思えるような突拍子もないデータを公開するところもある中で、この誠実な姿勢にはメーカーの車作りにかける誇りのようなものを感じました。

また、グレードに関しては、メーカーサイドはS Special Package(MT)を通常グレードとして最も多く販売する予定に感じられます。

これは、装備の程よい充実さや価格・納期などから読み取ることができます。

→ 新型マツダロードスター NDを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?