新型ノート / ノート e-power 口コミ評価 評判まとめ

ノート

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型ノートにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは2016年の新型ノートの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

photo_01-2

引用:http://www.nissan.co.jp/NOTE/TOP2016/IMAGES/PHOTO/photo_01.jpg

スポンサーリンク

ノートの口コミ

ノートには多くの口コミが寄せられていますが、特に2016年11月に発売された「e-power」は販売台数が、日産として30年ぶりに月間1位を取るほどに大人気だけあって、活発な意見が飛び交っています。

とはいえ、もともとノートはガソリン仕様しかない頃から常に販売台数ランキング上位にいた車種なので、ガソリン仕様車でも人気が高くなっています。

まずは「e-power」の口コミから見てみましょう。

スポンサーリンク

ノート e-power 口コミ

トルクが26Kg・mくらいあって、ガソリンエンジン車にすると2.5L車並のトルクになります(リーフと同じモーターを使っているそうです)。

コンパクトカーでこれだけトルクがあるのは単純に凄いと思ったし、実際シートに押しつけられるくらいのGを感じることが出来ました(3人乗車なのに!)。

よくトヨタやホンダのハイブリッド車と同じ感じなんじゃないかと勘違いされている方が多いようですが、全く別物のクルマですね。

ハッキリ言って、トヨタ、ホンダのハイブリッド車よりも完成度が高いと思います。

コンパクトカーでは、飛びぬけた加速性能。つなぎ目の変速ショックもなく、Sモードだと一挙に高速域まで届く。

エンジン回転が高くなり後から速度が上がってくるCVTと比べたら、思わず「すごっ!!」と、驚嘆は必至。

特筆すべきは、ワンペダル走行。エコモード、Sモードでは、アクセルペダルから足を離すと回生ブレーキが利き 最後は停止する。回生ブレーキの利き具合はマニュアル車の二速と同程度か。

特に、信号の多い街中走行や渋滞時は楽。これだけでも、エクステリアやインテリアのマイナスを打ち消すだけの値打ちが十分あると感じられる。

エコモード、Sモード、ノーマルモード、それぞれで距離200km、高速10%、一般道90%、アップダウンのある道路で走ってみた結果、エコ24.5km/L、 S24.3km/L、ノーマル24.1km/Lと誤差の範囲でしかなかった。

さらに、高速道路をSモードで200kmをガンガン走ったら、20.3km/Lだった。

公表数値が34km/Lなので、まあまあ納得できる範囲かな。

参照:http://review.kakaku.com/review/K0000920632/#tab

トヨタのTHSやホンダのIMAとも違う、レンジエクステンダーEVとして、トヨタのアクアを抜いた低燃費で注目が集まっています。

エンジンを駆動には使わず、発電のみに使用し、駆動は全てモーターが行います。

口コミでは、その新しさから、電気自動車とは呼べない、電動自動車だ、ハイブリッドだ、など、どう呼んでよいかですら議論となっています。

また、注目されているのは燃費だけではなく、電気自動車ならではの加速性能にも高評価が集まっています。

一方で、駆動系が大幅に変更になったとはいえ、マイナーチェンジの範囲を超えないので、インテリアはこれまでのノートとほとんど変わっておらず、その分、燃費や走行性能ほどの高評価にはなっていません。

ちなみに、JC08モードで37.2km/Lとなったノート e-power のグレード「S」ですが、これはほとんど数値上の低燃費を出すためのグレードで、エアコンもなければ、後部座席のパワーウィンドウもありません。

スポンサーリンク

ノート  MEDALIST口コミ

引用:https://p.ke-s.cc/images/response/response.jp/imgs/zoom/488446.jpg

次に日産ノート2012年モデル MEDALISTの口コミを見ていきましょう。

満足度の平均は3.88(カテゴリ平均:4.19)で、日産 ノート 2012年モデルの満足度ランキングは116位となっています。

shuwoj07200428

引用:http://nissan-note.click/wp-content/uploads/2016/03/SHUwOj07200428.jpg

<Aさん 男性>

【エクステリア】

ブリリアントホワイトパールは所有欲を満たしてくれる。

当方のものはフォグランプが付いているが、無いとカッコ悪いデザインはいただけない。

【インテリア】

自発光型メーターは視覚的に昂揚させてくれる。

【エンジン性能】

カタログスペックだけ見るとフィットや他のBクラスコンパクトカーに負けているが、実際に乗り比べてみると、むしろトルクフルで非常に痛快な乗り心地である。

【走行性能】

マツダアクセラBLから乗り換えたが、走る曲がる止まるの基本的性能が優れた車であった。

それと比較しても遜色はない出来である。

【乗り心地】

タイヤが悪いのか今ひとつ。

【燃費】

6年乗ったアクセラで10.8km程度だったが、同じ乗り方で現在のところ14km程度である。

【価格】

高年式低走行車でコスパ最強。

【総評】

トヨタホンダマツダなどに比べ宣伝(ステマ)下手なような印象を受けていたが、これほど過小評価されている車はないのではないか。

3気筒SCエンジンはハイブリッドと違った未来を見せてくれる。

引用:http://s4.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160516&t=2&i=1137363937&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXNPEC4F02W

<Bさん 女性>

o064002787e631886fabf561ebb0a8b94e71968e2

引用:http://stat.news.ameba.jp/news_images/20120909/10/fd/a9/j/o064002787e631886fabf561ebb0a8b94e71968e2.jpg

【エクステリア】

・派手すぎず、地味すぎずに好感。ヘッドライトの形は好き嫌いあり。

・コンパクトカーでこれほどのグリルの存在感は最近珍しい。

・タイヤサイズは185/70-14インチ。上級グレードは15インチ標準でも良いような。

・純正エアロパッケージもかっこいい。

【インテリア】

・最大のセールスポイントである後部座席膝元の広さは、子供も大人も文句ナシ。

・エコメーターのかっこよさが、運転する楽しみを増幅させてくれる。

・メダリストに標準装備の「アラウンドビューモニタ」で、駐車は超安心。

・荷室が狭い。後席を倒した時にフラットにならないのも残念。

・収納は少なめ。フタ付きの小物入れがなく、結構困る。

・円型配列のオートエアコンは、操作しにくく、慣れが必要。

・ルームランプ・マップランプが全く同じもので軽くショック。

【エンジン性能】

・1200ccは、様々な用途に過不足なくちょうどいい。

・常時エコモードで走ってしまうため、スーパーチャージャーは宝の持ち腐れかも。

・3気筒だが、エンジン音は、それほどうるさく感じない。

・アイドリングストップのレスポンスが速く、再始動もスムーズ。

・CVTの特性か、エンジンブレーキが効き過ぎる。もっと惰性で走り、燃費を稼ぎたい。

【走行性能】

・カーブもキッチリ決まり、不安はない。

・エコタイヤだが、割とスポーティな走りで好感。

【乗り心地】

・小さな振動も拾い、堅めに跳ねる感じ。

・他のコンパクトカーと比べ群を抜く室内の広さで、窮屈感はない。

【燃費】

・瞬間燃費・平均燃費等を表示できるので、エコな運転の方法が身に付く。

・通常は、15~17km/L。前車のヴィッツよりは1~2割の燃費向上。

・HV車と違い、高速一定走行ができる環境であれば非常にオススメ。

【価格】

・オートエアコンがオプションなど、結局は最高峰のメダリストの選択を迫られる。

・装備を考慮すると、1.2L車のコンパクトカーにしては、割高な感じは否めない。

・コミコミ150万円以下で買えればコストパフォーマンスが高いが、装備は最低限か。

【総評】
これまでどうしてもHVには食指が動かなかったのですが、ガソリンエンジンで燃費を良くする方向に1票です。運転する楽しさと満足感があります、新型ノートには。

エコカー補助金はちょうど終了した時期でしたが、それでも買いたいと思える車に出会えて良かったと思っています。

top

引用:http://history.nissan.co.jp/NOTE/E11/0801/IMAGES/top.jpg

新型ノート / ノート e-powerの値引きの方法については、

「新型ノート / ノート e-power 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にノート / ノート e-powerを購入して下さい。

ノート モデル X 口コミ

次に、日産ノートの中でも人気の高い、「Xグレード」購入者の口コミを見ていきましょう。

ni_s008_f002_m001_1_l

引用:http://www.carsensor.net/CSphoto/cat/NI/S008/NI_S008_F002_M001_1_L.jpg

<Aさん 男性>

【エクステリア】

フロントは旧型よりクールになり男性向けで好印象です。

リアのデザインはなんかパッとしない感じで好きではないです(笑)

【インテリア】

このクラスでは至って普通の質感だと感じます。

マーチといくつかのパーツが共用されてる印象を受け、個人的にはマーチとは差別化して欲しいと感じました。

収納に関しては十分なスペースが確保されていました。

後席の広さにはびっくりするレベルです。

足が組めるほどのスペースがあります。

【エンジン性能】

低速トルクが十分にあり、街中や一般道では十分なエンジン性能です。

しかし、高速道路になるとやはり非力です。

ただただ唸る車に大変身します。

【走行性能】

運転していて楽しくなるような走行性能でなく、至って普通です。

気になったのが、高速道路での車体のブレです。

横風に結構弱い印象を受けました。

また、トラックに追い越されたりするとき等も同様に車体が結構ブレます。

高速走行の安定感は今一つです。

【乗り心地】

どっちかって言うと硬めの乗り心地ですね。

硬めとは言ってもうまく衝撃を抑えてくれる乗り心地で不快感は全く感じません。

室内の遮音性に関してはこのクラスでは普通です。

【燃費】

この車の最大のポイントは燃費の良さだと感じました。

燃料がなかなか減りません!

燃費は22km/lでした。

この燃費はほんとに素晴らしいと思います。

ni_s008_f002_m001_3_l

引用:http://www.carsensor.net/CSphoto/cat/NI/S008/NI_S008_F002_M001_3_L.jpg

< Bさん 男性>

【エクステリア】

デザインはフロントとサイドのシャープさが気に入ってます。

リアは丸っこい感じでもうちょっとエッジを効かせたデザインの方が良いのにというのが感想です。

【インテリア】

前に乗ってたワンボックスもプラスチック感ありありだったので、車格も考えれば、豪華さはもとより期待してませんでした。

ただ、機能性として、純正ナビ(クラリオン製)のオーディオ音量スイッチが小さいのと、ナビの「戻る」タッチボタンの位置が右上隅に行き過ぎてて、操作しづらいですね。

あと、これも細かいことですが、左足フットレストのプラスチックカバーがない!

フットレストの形はしてますが、ボディのカーペット(下地)に直に足を置くのが嫌で、自作しました。

これくらいは、付けてて欲しかったですね。

【エンジン性能】

発進も軽くスッと出ますし、上り坂もストレスなく走ってくれます。

1200ccの排気量を考えれば及第点ですね。

購入時に、一応、スーパーチャージャー付き車にも試乗してみたんですが、メインになる街乗りだけ見れば、Xに軍配が上がります。

スーチャ車はもっさりした感じでした。

【走行性能】

直進安定性は特筆ものですね。

たまに高速にのっても、実に気持ち良くまっすぐ走ります。

また、コーナリングも若干アンダーステア気味ですが、十分許容範囲です。

【乗り心地】

前のワンボックスは、子どもが小さかった時に家族で遠出するのに必要だったのですが、正直、運転してて疲れました。

今度の車は、シートのホールド感や堅さが私にはちょうど良く、前車と同じ距離を走っても疲れ方が全然違います。

【燃費】

3ヶ月弱で1600km余りを走り、平均12.6km/L。

カタログ値が22kmなので??という感じでしたが、9割が市街地でのチョイ乗り、ストップアンドゴーの繰り返しなので、こんなものかな?と思ってます。

【価格】

コストパフォーマンスは高いと思います。

【総評】

トータルで見れば良い買い物をしたと思います。十数年ぶりの新車で、運転を楽しんでます。

768713e81b967c6ccf8e0f787383a235

引用:http://dg24ae6szr1rz.cloudfront.net/photo/original/768713e81b967c6ccf8e0f787383a235.jpg

まとめ

日産ノートの口コミを見てみるよ、好印象を持った方がとても多くいたように感じます。

日産きっての売れ筋のノート。

2016年11月には新型のe-POWERが発売となりました。

日産発の第3のパワートレインには注目が集まっています。

04

引用:http://www.nissan.co.jp/NOTE/TOP2016/IMAGES/e_power/04/04.jpg

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク