新型ノート / ノート e-power 値引き術!

ノート

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型ノートの値引き方法について情報をまとめました。

2016年の新型ノートはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

http://clicccar.com/wp-content/uploads/2013/12/nissan-note_E12-131225-02.jpg

引用:http://clicccar.com/wp-content/uploads/2013/12/nissan-note_E12-131225-02.jpg


スポンサーリンク

日産ノートの値引き動向

Fuhrpark

引用:http://www.kuruma-sitadori.com/img/dealer-discount01.jpg

日産ノートの値引き動向を見てみましょう。

2016年11月2日、新発売の新型ノートe-POWER(ハイブリッド)の値引きは、発売当初車両から10~13万円程度の値引きに引き締められそうです。

また、2017年1月には新型ヴィッツハイブリッドが発売されるので、「ヴィッツの新型ハイブリッドが気になるが、安くなるなら新型ノートe-powerも検討したい」と値引きを行うと効果的なのではないでしょうか。

2016年11月現在のノートの車両本体からの目標値引き額とは別に、ディーラーオプションから20~30%引きは可能です。

フルモデルチェンジ後は値引き額が10万円程度でしたが、やはり2年も経つとかなり値引き額もUPしてきます。

目標値引き額が13万円+オプション25万円からの値引き5万円総値引き18万円は可能と思われます。

以下の値引き交渉術を実践すれば、合格ライン以上、ノートの実例値引き額並みの値引きは可能になります!

2016年のノートの目標値引き額はズバリ23万円です。

先述しましたが、日産ノートには「メダリスト」「ニスモ」「ライダー」「アクシス」という種類があります。

82_dl0000577375

引用:http://www.nissan.co.jp/IMAGES/NOTE/ARCHIVE/LAYOUT/82_dl0000577375.jpg

これらのモデルは価格がかなり違ってきます。

ノートXは139万円~ですが、メダリストは182万円~。エアロスタイルは154万円~、ニスモは195万円~で、値段が高ければ値引き額も大きくなるようです。

メダリストやニスモは本体価格が高いので値引き額も引き出しやすいでしょう。

ただ、マイナーチェンジ後は値引きも下がることがよくあるので、一概には言えません。


スポンサーリンク

日産ノート値引き

rechner mit auto

引用:http://www.kuruma-sitadori.com/img/car-buy-replace-time-tax01.jpg

それでは、ノートを少しでも安く買うための秘訣を見ていきましょう。

ノートを限界まで値引きするためには交渉は必須。

つのポイントを守るだけで大幅値引きが期待できるのでぜひ実践してみてください。

1.ライバルと競合する

ノートのライバルは、フィット・デミオ・ヴィッツ・アクアなど。

アクアはハイブリッド車ですが、コンパクトカーの中で一番売れている車です。

実際に見に行ったり試乗したりして、見積をとってみて反応の良さそうなディーラーや気に入った車を1~2車選んで競合してみましょう。

また経営資本が異なるディーラーでノート同士を対決させるのも効果的です。

ディーラーは基本的に都道府県単位で経営資本が異なります。

ですので、同士討ちはかなり有効。

販売店によって販売戦略も違うので値引き額も大きく違ってきますので、調べてみることをオススメします。

2.値引きはいくらかはっきりさせる

しっかりと「値引きはいくらですか?」と聞くことが大切です。

最初の見積の時にしっかりと聞き、そこがスタートラインです。

引用:http://s4.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160516&t=2&i=1137363937&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXNPEC4F02W

3.値引き交渉をするのではなく、「本気で迷う姿勢」を見せる。

「デミオは○円値引きしてくれるって言われました!」

というよりも、

「デミオは○円値引きしてくれると言われ、ノートよりも安く買えることになるので、デミオに決めようと心が揺らいでしまいました」

というニュアンスを伝えれば

「いやいや!!うちももっと安くします!!」

と値引きが効きます。

ガツガツ安く!という交渉をするのではなく、予算や他社のサービス、時には嫁の意見という武器を使って、「ライバル車のほうが良さそうだと思った」ということを演出するとかなり効果的です。

card1

引用:http://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2015/03/card1.jpg

4.この場で契約する!作戦

何度か日産に足繁く通い、ある程度の値引き額が引き出せたら印鑑を武器に戦います。

「○円になったら今日この場で契約します」と印鑑を机の上に出しましょう。

端数を切ってもらったり、オプションのサービスをしてもらったりと最後の一押しをここでやると効果的です。

あと大事なのが今乗っている車を高く売ることです。

下取り車がある場合は、その下取り車を少しでも高く売る=それだけノートが安く買えると言うことになります。

しかしディーラーの査定のみだと、最初にディーラー規定の査定額を提示されて、後々値引き交渉が煮詰まってきたら、「これ以上の値引きが厳しいので、下取り車の方で調整します」などと言って来ることが多いです。

3万、5万、10万と徐々に査定額をアップして、お得感を強調されてしまいます。

基本的に下取りよりも買取専門業者に買い取ってもらったほうが高く売れます。

10年10万キロを超えた車であっても数万円で売れることもあるので、下取りだけじゃなく買取業者に見積もりをとったほうがいいでしょう。

自分の今乗っている車の正しい市場価値を調べてから交渉に向かうようにしてみてください。

その実践方法については、こちらを参考に!

→ 新型ノート / ノート e-powerを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

お得にノートe-powerが購入できるかもしれませんよ!

negotiation

引用:http://buy-myhome.xyz/wp-content/uploads/2016/05/negotiation.png


スポンサーリンク

日産ノート基本情報

top

引用:http://history.nissan.co.jp/NOTE/E11/0801/IMAGES/top.jpg

日産のBセグメントコンパクトカーであるノート。

2012年9月にフルモデルチェンジを実施し、2代目となりました。

同時に同じセグメントのティーダがそのまま生産終了となったので、両モデルを統合して後を継ぐ形となりました。

トヨタアクア、ホンダフィット、マツダデミオなどがライバルであり、2016年11月2日、日産も待望のハイブリッドシステムをノートに導入しました。

モデルは中盤に差し掛かり、マイナーチェンジで普通のハイブリッドとは違う独自システムの「e-POWER」が追加となりました。

アクアやフィット、デミオがフルハイブリッドやディーゼルエンジンなど、魅力あるパワートレーンを導入しているのに対し、ノートは1.2Lガソリン、1.2L直3+スーパーチャージャー、そしてe-POWERの3種類のパワーユニットをラインナップ。

居住性も高く、馴染みやすいデザインで多くの人に受け入れられやすい特徴をもつのが最大の特徴であるノート。

「メダリスト」「ニスモ」「ライダー」「アクシス」などのモデルが有ります。

82_dl0000583948

引用:http://www2.nissan.co.jp/IMAGES/NOTE/ARCHIVE/LAYOUT/82_dl0000583948.jpg


スポンサーリンク

まとめ

日産ノートはかなり値引き額が大きいです。

フィットは15万円程度ですが、ノートは20万円以上できるので上位モデルにしたり予算を抑えて購入することができそうです。

また、購入時期も考えましょう。

ノートには値引きしやすい時期があります。

それは決算期。

1月~3月はディーラーがセールをするので値引きも大きくなります。

また9月は中間決算があるので狙い目です。

地域や時期によって値引き額は大きく異なります。

時期や値引きのポイントを見計らい、この機会にぜひ大幅値引きで日産ノートをゲットしてみてください。

65_dl0000583739

引用:http://www.nissan.co.jp/IMAGES/NOTE/ARCHIVE/LAYOUT/65_dl0000583739.jpg

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク