新型フォレスター 試乗レポートまとめ!

フォレスター

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型フォレスターは試乗レポートが数多く寄せられています。

こちらでは新型フォレスターの試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

引用:https://clicccar.com/wp-content/uploads/2018/04/001-20180410190414-800×533.jpg


スポンサーリンク

直噴エンジンは加速がいい

《価格com. より》

今回新たに用意された2.5L直噴エンジンですが、想像以上に加速フィーリングがいいです。

出足も滑らかで力強く、エンジンフィーリングもとても気持ちがいいです。スペック以上の加速フィーリングがある気がしますね。

引用:http://www.webcg.net/articles/gallery/38812

操舵性がいい

何と言ってもステアリング操舵性が素晴らしいですね。
スバルグローバルプラットフォームの最大の恩恵じゃないかと思ってます。

走行安定性も非常に高く、乗っていて安心感がとてもあります。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/platform.html

路面の凹凸をしっかりいなす

SGPの恩恵を受け走行安定性向上、操舵性向上、路面の凹凸をしっかりといなす能力向上が試乗でも確認できます。

スッと曲がりますし、路面状況が座面に伝わりません!


スポンサーリンク

剛性と安定性が高まっている

スピード感を感じさせないボディー剛性と安定性。思ったより速度出てたりします。

220mmの最低地上高の高さを感じさせない安定性と直進性。視界もよく非常に運転しやすいです。

2.5NAエンジンは低回転からトルクがあり乗りやすいです。CVTのリニアトロニックも自然でとても滑らかに加速します。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

路面の段差やうねりも微動だにしないボディ。サスがきちんと動いてくれます。柔らかくもなく固くもなく絶妙なサス加減で乗り心地もいいです。

思ったほどロールもしませんでした。


スポンサーリンク

快適な乗り心地、ただ2.5Lエンジンに注文も

《Response より》

走りが滑らかで、心地よい。そのうえ、タイヤが路面をしっかりとらえている様子が伝わり、なおかつ車体上屋(シャシーより上の居住空間)の動きが小さく安定。

走行中の姿勢変化に対し安心が高く、乗員にとって快適な乗り心地である。プレミアムSUVとは自ら語っていないが、上級車の趣を持つ。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

一方、動力性能については物足りなさもあった。

排気量2.5リットルの直噴ガソリンエンジンは、一度回転数が落ちたときに毎分2,500回転あたりでトルクの谷のような応答の鈍さを感じることがあった。

それなりの排気量を確保しているとはいえ、水平対向であるが故のショートストロークエンジンでなければならない苦しい側面ではないだろうか。


スポンサーリンク

ガソリンエンジンの方が、HVよりも楽しめる

《Car Watch より》

ガソリンエンジン

最初にドライブしたガソリンは、ことさら印象に強く残る感じではないものの、十分な動力性能と素直な出力特性により、とても扱いやすいところに好感が持てる。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

これにはエンジンの改良はもちろん、進化したリニアトロニックの恩恵も小さくないはず。

もともと世にあるCVTの中ではよくできているほうだと思っていたが、よりリニア感が増して乗りやすくなっている。

トルコンATとなんら変らない感覚でステップ変速し、回転の上昇が先行する印象も、よほど全開にしない限り、ほとんど気にならない。Iモードでも十分なところ、Sモードを選ぶと瞬発力が増し、より気持ちよく走れる。

また、3,000rpmあたりから上まで回すと出ていたノイズがかなり抑えられていて、クルマ全体の静粛性の向上もあって、とても上質な乗り味に仕上がっている。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

ハイブリッド

注目のハイブリッド「e-BOXER」のシステムも、従来型「XV ハイブリッド」に対してバッテリーがリチウムイオンになったことをはじめいろいろと進化している。

他社の本格的ハイブリッドカーほど、“いかにも”な感じがないのはXVのときと同様で、モーターは黒子に徹している。

エンジンやCVTのフィーリングも大きな不満はない。

引用:http://www.carbuyer.co.uk/subaru-forester-images-2018

ただし、前出のガソリンに比べるとやや線が細く、このコースに何箇所かある勾配がきつめの上り坂では、もう一歩に期待したくなることもなくはなかった。

動力性能としてはガソリンのほうがだいぶ高いといえそうだ。

ガソリン車とハイブリッド車の走りの違いは

ガソリンとハイブリッドでは少なからず違いが見受けられる。

ハイブリッドは車両重量が130kg大きく、それもリアに大きなバッテリーパックを搭載していることに合わせてチューニングされている。

そのためか、同じタイヤながら乗り心地はやや硬めで、リアに重量物があるがゆえか揺りもどしも大きめ。

現状ではガソリンのほうが4輪のグリップ感も高く、ハンドリングもニュートラルで、全体的にいくぶんまとまりがよいように感じた。

ガソリンとハイブリッド、どちらを選ぶべきか?

《マイナビニュース 乗りもの より》

引用:http://image.itmedia.co.jp/l/im/business/articles/1807/09/l_mf_ikeda01.jpg

高速か市街地走行か?普段使いの違いで、セレクトしよう

新プラットフォームの採用により、操舵応答性と操縦安定性を飛躍的に向上させたという新型「フォレスター」。

一般道よりも速いペースで走行してみたが、重心の高いSUVタイプであることを忘れてしまうほど安定方向の挙動に終始してくれた。

やや荒れた路面や段差を越えたときでもミシリとも言わないボディ剛性感は言うまでもないが、オーバースピード気味にコーナーに飛び込んでも、涼しい顔でそのまま曲がっていってしまう感覚は、自分の運転が上手くなったかと錯覚してしまうほど。

ハイブリッドモデルのe-BOXERは、極端に燃費性能に振った他メーカーのハイブリッドモデルとは一線を画しており、どちらかというと中低速域でのレスポンス向上に主眼を置いているようだ。

そのため、市街地走行などちょっとアクセルを踏み足したときに瞬時にモーターのトルクが立ち上がり、気持ちよく加速してくれる。

そのため、高速道路での長距離移動が多い人には2.5リッターモデルを、市街地走行が多い人にはe-BOXERモデルをオススメしたい。

引用:https://diamond.jp/articles/-/173702

X-MODEにはコツが要る

X-MODEに関しては、電子制御により空転した車輪にブレーキをかけて接地しているタイヤにトラクションをかけるタイプのため、タイヤが空転してしまっても一定のアクセル開度を保つ必要がある。

従来の車両であれば、タイヤが空転してもアクセルを開け続けるとその部分だけが掘れてしまって脱出不可能になってしまうため、慣れたドライバーは反射的にアクセルを緩めてしまうが、そうなるとX-MODEの真価を発揮できないので注意が必要だ。

まとめ

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_1.html

2018年7月にデビューとなった、新型フォレスター。完成形とされるエクステリアデザインを踏襲して、中身は別のクルマになった…と言われるほどの変化を見せているようです。

ますますガッシリしたボディ剛性、ステアリングフィールの良さはどの試乗レポートでもありますが、走りはやはり実車を試すのが一番。ぜひディーラーに行ってみましょう!!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク