新型カムリ 値引き術!

カムリ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型カムリの値引き方法について情報をまとめました。

新型カムリはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。

その方法についてご紹介します。


スポンサーリンク

新型カムリの値引き額の相場

引用:https://www.webcartop.jp/2017/09/152544

まず最初に、新型カムリの値引き額の相場を確認しましょう。

引用:http://kakaku.com/kuruma/nebiki/K0000295925/

これは「価格.com」に寄せられた新型カムリの値引き状況です。購入時期は2017年9月~2018年5月となっており、下へ行くほど古い情報になっています。

この情報に限れば車両本体価格からの値引きの最高額が50万円、最低額が0円、オプション価格からの値引きの最高額が20万円、最低額が0円です。中央値を計算するとそれぞれ20万円、10万円となりました。

筆者が独自に調査をした2018年10月現在の新型カムリの値引き額の相場は、車両本体価格からの値引きが約25万円、オプション総額からの値引きが約5万円、合計約30万円前後となっています。

現行型となる10代目カムリが登場したのが2017年7月なので既に1年3カ月が経過していますが、発売当初よりも値引き額は拡大し、近年発売された新車にしては比較的値引き額が大きくなっています。

ただし2018年8月に追加されたWS系グレードは若干値引き額が小さめの傾向があります。これも時間が経てば他のグレードに追いつくものと思われます。


スポンサーリンク

新型カムリはアコードと競合させるべし

引用:https://travel.watch.impress.co.jp/img/trw/docs/1089/521/html/67_o.jpg.html

新車購入の際の値引き交渉では、別メーカーのライバル車種と条件を競わせるという方法が有効です。

つまり「ライバルの〇〇というメーカーは××を△万円引いてくれると言っているが、それよりも良い条件を出してくれるなら買う(かも)」と揺さぶりをかける、という戦略になります。

そして新型カムリのライバル車種は、ずばりホンダのアコードです。

引用:https://www.honda.co.jp/ACCORD/

新型カムリとアコードは「北米を中心とした世界戦略車」「車体が大柄なアッパーミドルセダン」「ハイブリッド」というあらゆる点が共通しています。価格帯も新型カムリが約329万円~約434万円、アコードが385万円~410万円とほぼ被っています。

なお先ほどと同じ「価格.com」でアコードの値引き状況を調べると以下のようになっています。

引用:http://kakaku.com/kuruma/nebiki/K0000524926/

2016年4月から2017年10月までの情報で、車両本体価格からの値引き額の最高が35万円、最低が0円、オプション総額からの値引き額の最高が35万円、最低が0円です。中央値はそれぞれ15万円、5万円となります。

ただし現在の値引き額はもう少し拡大しているようで、筆者が調べたところ2018年10月時点での値引き額の相場は新型カムリに迫るくらいのところまでは来ているようです。つまり車両本体から25万円、オプション総額からの値引きが5万円、合計30万円という感じです。

競合相手としてこれほどの好敵手はいないといえます。

ただし新型カムリが2017年登場で2018年に一部改良を受けているのに対して、アコードは2013年登場で最新のマイナーチェンジが2016年なので、競合させた上で大型値引きを迫りやすいのはアコードでしょう。

「新型カムリは2018年登場モデルなのに〇万円も値引きしてくれているから、より古いアコードはもっと値引きをしてくれないと買えないよ(だからもっと値引きして)」という作戦が取りやすいということです。

引用:http://www.hondacars-tsuyama.co.jp/

アコードは北米や中国ではフルモデルチェンジを受けたにも関わらず、新しいモデルが日本国内に投入される予定はありません。商品力という意味では新型カムリに劣るので、今後は新型カムリを上回る値引きを普通に出すようになるかもしれません。

こうなれば「本当は新型カムリの方が欲しいけど、アコードの方がたくさん値引きしてくれるからアコード買うよ(嫌ならもう少し値引きして)」という手も使えますので、新型カムリを購入する上でアコードと競合させるのはやはり行うべきでしょう。


スポンサーリンク

新型カムリ同士を競合させるというワザもある

引用:https://www.mycar-life.com/article/img/2017/09/23/16649/130603.html

新型カムリをより大きな値引き額で買う方法として「トヨタのディーラー同士を競合させる」というものがあります。

新型カムリを取り扱っているトヨタのディーラーは「ネッツ店」「カローラ店」「トヨペット店」に加えて東京都内の一部では「トヨタ店」でも取り扱いがあります。

そのためネッツ店とカローラ店、カローラ店とトヨタ店の両方で新型カムリの見積もりをもらって競合させる、という手が使えます。

ただしネッツ店同士、カローラ店同士のように、同じ系列店同士を競合させる時は注意しなければいけないことがあります。

それは「運営元の会社が同じ系列店同士は競合させてはダメ」ということです。

例えば神奈川県には「ネッツトヨタ横浜」というディーラーがあり、横浜市内を中心にたくさんの営業所を構えています。このネッツトヨタ横浜の営業所同士を競合させるのはダメです。理由は同じ会社の営業所同士なので値引き額の上限は基本的に同じだからです。おまけに情報は筒抜けです。

同じ会社の営業所同士でも競争はあるわけですが、1人のお客さんを巡って条件争いをするようなことは普通ありません。

引用:https://netz-yokohama.co.jp/shop/kanagawa/

同じ神奈川県には「ネッツトヨタ神奈川」というディーラーもありますが、ネッツトヨタ横浜とネッツトヨタ神奈川は同じネッツ店でありながら運営している法人は全く別です。つまり両社の営業所同士であれば競合させることが可能です。

引用:http://www.homemate-research-car-shop.com/dtl/00000000000000220179/

基本的には「ネッツトヨタ〇〇」や「××トヨペット」の〇〇や××の部分が同じ営業所は競合させない、違っていればOK、と考えておけば大丈夫です。


スポンサーリンク

新型カムリの値引きのまとめ

引用:https://www.autocar.jp/firstdrives/2017/07/22/229842/

以上、新型カムリの値引きについての情報をまとめてみました。

最近はメーカーの方針で値引きをしない車種も増えてきており、ディーラーでの値引き交渉自体が昔ほど無くなってきていると聞きます。

しかし新型カムリは普通に交渉するだけでも簡単に2ケタ代の値引きが出ますので、今の時代にあってどちらかと言うと珍しい車種です。他車との競合も含めてこの手の交渉が得意な人にとっては腕の見せ所といえるでしょう。

これだけ値引きをする、ということは逆に言えば値引きをしないと中々売れないということでもあるので、新型カムリが好きで買うという人にとっては中々複雑なところです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク