新型ヴェルファイア(2018年発売) 色・カラー紹介!人気カラーは?

ヴェルファイア

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ヴェルファイア(2018年発売)の色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型ヴェルファイア(2018年発売)の色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

ボディーカラーとインテリアについても補足。カラーと同時に”質感”が最大のポイントと言えるヴェルファイアですが、これは実際にディーラーで確かめるのが一番です!


スポンサーリンク

エアロボディ:6色

ブラック

スクリーンショット(2018-02-12 22.18.37)

引用:http://toyota.jp/vellfire/grade/?padid=ag341_from_vellfire_navi_grade

↓ボディカラーがブラック…これは人気度ナンバーワン。内装色もブラックとフラクセンが設定(標準はブラック設定、フラクセンは注文装備で追い金なし)。画像は左:ブラック→Executive Lounge右:フラクセン→Hybrid Executive Lounge。プレミアムナッパレザーを使用しています。

スクリーンショット(2018-02-13 14.17.14)

引用:http://toyota.jp/catalog/vellfire_main/book/#target/page_no=19

ダークレッドマイカメタリック

スクリーンショット(2018-02-12 22.20.03)

引用:http://toyota.jp/vellfire/grade/?padid=ag341_from_vellfire_navi_grade

↓Executive Lounge Zに設定されている、ブラック&ホワイトの内装。画像の男性の足元にはパワーオットマンが。140mmもの伸縮が自動で作動する設定。これはダークレッドマイカメタリックのボディカラーにぴったりではないでしょうか?

スクリーンショット(2018-02-13 14.36.57)

引用:http://toyota.jp/catalog/vellfire_main/book/#target/page_no=19

↓コックピットにも注目。メタル感とブラック、ホワイトのトリコロールはミニバンらしくない先鋭的な雰囲気でかっこいい。この内装色だけでExecutive Lounge Zを選んでも後悔しないかも。

スクリーンショット(2018-02-13 14.50.56)

引用:http://toyota.jp/catalog/vellfire_main/book/#target/page_no=19

グラファイトメタリック

スクリーンショット(2018-02-12 22.21.45)

引用:http://toyota.jp/vellfire/grade/?padid=ag341_from_vellfire_navi_grade

ホワイトパールクリスタルシャイン:32,400円

スクリーンショット(2018-02-12 22.23.16)

引用:http://toyota.jp/vellfire/grade/?padid=ag341_from_vellfire_navi_grade

↓ホワイトパールクリスタルシャインのボディーカラーに標準装備されるフラクセン(白系のアイボリー色)の内装(画像はVL)。フラクセンは汚れが目立ちやすい色でもあるので、扱いには注意が必要。

スクリーンショット(2018-02-13 13.53.22)

引用:http://toyota.jp/catalog/vellfire_main/book/#target/page_no=17

スパークリングブラックパールクリスタルシャイン:32,400円

スクリーンショット(2018-02-12 22.25.03)

引用:http://toyota.jp/vellfire/grade/?padid=ag341_from_vellfire_navi_grade

バーニングブラックパールクリスタルシャインガラスフレーク:32,400円

スクリーンショット(2018-02-12 22.26.58)

引用:http://toyota.jp/vellfire/grade/?padid=ag341_from_vellfire_navi_grade


スポンサーリンク

標準ボディ:5色

標準ボディもブラックとフラクセンの内装色がセッティング。

ブラック

スクリーンショット(2018-02-12 22.30.53)

引用:http://toyota.jp/vellfire/grade/?padid=ag341_from_vellfire_navi_grade

スティールブロンドメタリック

スクリーンショット(2018-02-12 22.33.13)

引用:http://toyota.jp/vellfire/grade/?padid=ag341_from_vellfire_navi_grade

グラファイトメタリック

スクリーンショット(2018-02-12 22.34.31)

引用:http://toyota.jp/vellfire/grade/?padid=ag341_from_vellfire_navi_grade

ホワイトパールクリスタルシャイン:32,400円

スクリーンショット(2018-02-12 22.35.41)

引用:http://toyota.jp/vellfire/grade/?padid=ag341_from_vellfire_navi_grade

バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク:32,400円

スクリーンショット(2018-02-12 22.36.53)

引用:http://toyota.jp/vellfire/grade/?padid=ag341_from_vellfire_navi_grade


スポンサーリンク

内外配色一覧(ガソリン車)

ガソリン、ハイブリッドで内装の差別化はなし。シート表皮が本革、プレミアムナッパレザー、合成皮革、ファブリックに分かれています。レザーは傷が付きやすく、色も変わりやすい特徴がありますが風合いは一番でしょう。

合成皮革はテカリ具合が気になるかどうか、がポイント。汚れに強い一面があります。ファブリックはレザーよりも劣るのではなく、クルマ本来の伝統はファブリック。革だと座り心地が気になる、あるいはニオイが好きではない方におすすめです。

スクリーンショット(2018-02-13 13.45.54)

引用:http://toyota.jp/pages/contents/vellfire/002_p_004/pdf/spec/vellfire_color_201712.pdf


スポンサーリンク

内外配色一覧(ハイブリッド車)

スクリーンショット(2018-02-13 13.50.06)

引用:http://toyota.jp/pages/contents/vellfire/002_p_004/pdf/spec/vellfire_color_201712.pdf

⇒ 新型ヴェルファイアを値引きから更に50万円安く買う裏技とは?

アルミホイール

スクエアなデザインを持つミニバンの場合、数少ないデザインがアルミホイール。17インチをどれだけ”大きくはっきりと”見せるか…ここがポイントになっています。

17インチ:スパッタリング塗装(Executive Lounge / Executive Lounge Z)

スパッタリング塗装によるホイール。アルミニウムに直接メッキすることで腐食や劣化が抑えられ、輝きが続きます。通常の銀メッキよりも美しさがはっきりわかる仕上げです。

carlineup_vellfire_grade_common_unit_01

引用:http://toyota.jp/vellfire/grade/elz/?padid=ag341_from_vellfire_grade_hy_elz_detail

17インチ:ハイパークロームメタリック塗装

ハイパークロームメタリック塗装のアルミホイールは、LEXUS LS “EXECUTIVE” / “version L” / “I package”にも標準装備されています。ホイールでは他に切削光輝+ミディアムグレーメタリック塗装(LEXUS車種)といった、陰影のはっきりした鮮やかなものもあります。

carlineup_vellfire_grade_common_unit_02

引用:http://toyota.jp/vellfire/grade/hy_zr/?padid=ag341_from_vellfire_grade_hy_zrg_detail

その他に18インチ、18インチ(切削光輝+ブラック塗装)、16インチが用意されています。

まとめ:新型ヴェルファイアの魅力は、そのボディ。そしてエンジン性能のアップにより剛性を高めたことで増した安定感でしょう。ですが、その用途はドライバーと後席の両者が”どう使うのか”がキーワードです。

ビジネス用か、遊びか、家族での楽しみか…内装色やコックピットの加飾にも入念に気を配って、注文していきましょう。まずは、ディーラーで研究開始です!

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク