新型ヴォクシーハイブリッド 値引き術!

ヴォクシーハイブリッド

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型ヴォクシーハイブリッドの値引きについて情報をまとめました。

2016年の新型ヴォクシーハイブリッドはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。

その方法についてご紹介します。

 筆者は車の値引きが正直上手くありません。単純にもっと値引きをしてもらえるのではという考えになってしまい、多くの場合は上手くいかず泣いてしまう事があります。

こんな筆者のような失敗を踏まないためにも今一度値引き術を振り返って次回からはより賢く車が購入できるようにと思いまとめてみることにしました。

まず最初に大事なのは、ドンドンという欲を出すのではなくて、値引きの額をあらかじめ決めておき、これくらい値引きしてもらえたのだからいいだろうという決めておく事が肝心で事が大切です。

新型ヴォクシーハイブリッド2016年試乗レポートまとめ!新型ヴォクシーハイブリッド 2016年 値引き術!

引用:http://www.toyota.co.jp

→ 新型ヴォクシーハイブリッドを安く買う! 値引きから更に50万円安くなる!?


スポンサーリンク

値引き目標額をあらかじめ決めておく事が大事

2016年3月現在の値引き目標金額が平均20万円となっています、

まずこれが勘違いされる方が多いと思いますが、一番最初に理解をしておく必要があるのはトヨタヴォクシーハイブリッドの車両本体の値引きとオプションの値引きは全く違うということです。

トヨタヴォクシーハイブリッドの場合は車両の値引きが最大20万円程度になりオプションは希望小売価格より3割値引きができたら大成功、合格です。

例えばトヨタヴォクシーハイブリッド車両本体値引きが20万円ほどになります。

オプションを何をつけるかにも寄りますが仮に20万円分のオプションをつけた場合はその3割の6万円合わせて26万円ほどの値引きをする事が出来れば大成功です。

一般に値引きが大きくなるときは大きく分けて4つのシーズンになります。

先ず1月から3月までの企業年度末決算期、6月と7月はボーナス時期を見込んで夏の商戦となります。

そして、8月お盆明けから9月は企業の中間決算期となります。最後に12月のボーナス時期を見込んだ冬の商戦、年末商戦になります。

このなかでやはりダントツで値引きされるのは企業決算の時です。

この時期は様々なキャンペーンを展開しお客様を呼ぼうと企業も努力をするので特別な値引きはよくあります。

ですのでこのシーズンを頭の片隅に入れておき1月から3月の企業決算のときにお目当てのヴォクシーハイブリッドをぜひ購入してください。

→ 新型ヴォクシーハイブリッドで、快適な車中泊を実現!


スポンサーリンク

 トヨタの同士の競合が効果大

 実はトヨタだけに限らず各メーカーは販売網を増やすために同じ会社でも系列の違う会社を作っています。

それを注意深く観察し同社異系列の会社同士を比較して更なる値引きを導きます。

新型ヴォクシーハイブリッド 2016年 値引き術!

引用:http://www.netz-toyota-tokyo.co.jp/shop/tp_kitaikebukuro.html

 値引きの交渉術は各メーカーごとに違ってくることを先ずは覚えておきます。

トヨタヴォクシーハイブリッドはトヨタの車ですのでトヨタの方法での値引き交渉術をおぼえておいて値引きの交渉をします。

ある年代以上の方なら覚えておられるかたもいらっしゃると思いますが、トヨタはその昔(トヨタオート)(トヨタヴィスタ)という同じ会社の中でも販売系統が2つに分かれていて常にトヨタ同志の競い合いがありました。

現在はこの二つのライバル会社が統合されて「ネッツトヨタ」になっていますが、地域によっては経営する法人が全く異なる法人であったり、県が違うとまた経営する法人が異なります。

ですので「ネッツトヨタ」同志の競合が可能です。

トヨタヴォクシーを扱っているのがネッツトヨタの各店舗ですので、ネッツ同士が競合している地域にお住まいなら、複数のネッツトヨタの店舗をリストアップしておきます。

現在は一つのブランド「トヨタネッツ」に統合されていますので、競い合いは昔の話と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

実際はそれは違っています。現在も販売系統や資本が違う販売店がたくさん残っています。

ここで目をつけていただきたいと思いますのは、ディーラーの資本が違うということです。

違うということはそれぞれノルマも別に設定されているので、競い合わせることで顧客の争奪戦が繰り広げられていますので結果として値引き額が大幅に伸びていくのです。

ここで注意しなければいけないのは同じ資本の経営するネッツトヨタ同志の店では競合は出来ないので留意が必要です。

また、トヨタ自動車ではヴォクシーハイブリッドの姉妹車としてノアやエスクァイアもあります。

これらは外観や若干の装備を除けば基本的に同じ車なので、ノアの販売店であるトヨタカローラ店、エスクァイアの販売店であるトヨタトヨペット店との比較競合もとても有効的に活用できます。

→ 新型ヴォクシーハイブリッドの乗り心地、運転性能、燃費を試乗で徹底チェック!


スポンサーリンク

 競合する同系車種を立てて値引きを確実に

 もちろん車を購入する意思があり決めているとは思いますが、交渉を始めてすぐにすでに決めたといえばディーラーも安心して値引きをしなくなります。

ですので同車種を持ち出して、悩んでいる(ふり??)ことをディーラーに告げて値下げを引き出しを要求します。

新型 トヨタ ヴォクシーハイブリッド2016年スペックまとめ!

引用:http://toyota.jp/voxy

 ヴォクシーのライバル車である日産セレナです。

新型ヴォクシーハイブリッド 2016年 値引き術!

引用:http://www2.nissan.co.jp/SERENA/

 

ヴォクシーのライバル車であるホンダステップワゴンです

新型ヴォクシーハイブリッド 2016年 値引き術!

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

 ヴォクシーハイブリッドの新車購入での値引きの場合、同系車種を引き合いに出してヴォクシーハイブリッドにするのか迷っている状況をディーラーに伝えます。

そしてその迷っている状況のなかで交渉を契約する寸前までしたほうが値引きをしやすいです。

ヴォクシーハイブリッドの同系車種でライバル車は日産でいえばセレナ、ホンダでいえばステップワゴンなどがあります。

商談に行く時にはヴォクシーハイブリッドのライバル車である以上の車からリストアップしてどちらにしようか迷っているとディーラーに伝えて商談をします。

→ 低燃費、機能的、使い勝手の良いミニバン、ヴォクシーハイブリッドの口コミ情報


スポンサーリンク

 値引きの交渉開始。いざディーラーとの交渉へ!

いよいよディーラーとの初交渉です。気合いを入れすぎないでリラックスして向かってください。

あくまでも探りをいれて様子を見るだけです。

新型ヴォクシーハイブリッド 2016年 値引き術!

引用:http://toyota.jp/service/dealer

 ディーラーとの初の商談ではあえて具体的な値引き額を出さずに出方を先ず伺います。

その際に例えば「値引き頑張ってやってくれますよね?」など軽く話をしてディーラーの出方をみます。

それに対してディーラーは「即決ならば頑張ります」などの反応が必ずといってありますので、そういった反応は次回の商談に大いに役立ちますので参考に一回目の交渉は終了にします。

ここでのポイントの大事な点は、ディーラーに行った時に必ずヴォクシーハイブリッドの試乗に実際乗ってみることをおすすめします。

そして展示しているヴォクシーハイブリッドを実際に目で見てみることも大切です。

そのときにチェックすることは室内空間やラゲッジスペース実際に運転してみて運転しやすいのかなどの確認をします。

もし不明な点があればディーラーから直接説明をしてもらうようにします。

一人のディーラーとではなくて出来るだけたくさんのディーラーと商談をすることを強くおすすめいたします。

ヴォクシーハイブリッドがたとえ本命であるとしても本命であるかどうかは伏せておきます。

ヴォクシーハイブリッド以外にも迷っている気になっている車種があることを伝えます。

ディーラーから予算をもし聞かれたとしても具体的な金額は言う必要はありません。

同時にもし下取りの車があるのならその場で下取りをしたときの査定を出してもらいます。

初めての商談はそれほど長時間をかける必要が無いですので短時間で十分です。

→ ライバルとも比較してみた、新型ヴォクシーハイブリッドの納車時期

 狙いを定めた車をゲット

前回の来店から2回目の商談がやってきました。2回目の商談にいざ出かけます。

ここでは狙いを定めた車のことを良く調べておき理解をしておく事が大切です。

新型ヴォクシーハイブリッド 2016年 値引き術!

http://toyota.jp/voxy

 2回目の交渉、このときから本格的な値引き交渉が始まるといって過言ではないです。

先ず、ヴォクシーハイブリッド以外の同系車種であるライバル車たとえば日産ならセレナ、ホンダならステップワゴンなどがあります。

あらかじめ各ディーラーごとに出来る範囲で最大の値引き額を出してもらいます。

そしてそれをヴォクシーハイブリッドにぶつけて値引き額を出します。

各ディーラーへの値引き交渉ですが値引きの交渉中に何か一つでも良い条件がでたらそれを他へと当たってみます。

というような条件の当てあい形式で値引きの交渉をやっていきます。

これを書き出すととても恐ろしく難しい内容に見えますが実際はとても単純ですので、ぜひ実行してみます。

ただ2言だけいえばいいのです。それは一言目に「どの車にするか迷っています」そして二言目に「出来るだけ安く購入したいです」あとは値引きが続きます。

また、先ほど述べたネッツ店同士の競い合いはとても有効な方法ですので交渉の終りまで取っておきます。

ここでおさらいをしておきたいと思います。前にも述べましたが、値引きした金額と車の下取り金額ははっきり分けて交渉をします。

オプションの中にディーラーオプションというものがあります。

このディーラーのオプションは2割前後希望小売価格より値引きが可能なことを覚えておきます。

さらにディーラーオプションであるカーナビはディーラーの間でも利益率が高いことを知っていますのでカー用品店や通販で売られている同型種と比較をしながら値引きをすると2割以上の値引きが可能です。

→ 新型ヴォクシーハイブリッドの記事をまとめてチェック!

最後の交渉です。狙った車の値引きを決めましょう

2回目以降の最後のとどめの交渉に行きます。とどめとは言葉が悪いかもしれませんが、値引きをしっかりと思い通りのさせる意味です。

納得のいく値引きをして悔いの残らないようにしていきます。

新型ヴォクシーハイブリッド 2016年 値引き術!

引用:http://toyota.jp/voxy

新型ヴォクシーハイブリッド 2016年 値引き術!

引用:http://toyota.jp/voxy

新型ヴォクシーハイブリッド 2016年 値引き術!

引用:http://toyota.jp/service/dealer

 ヴォクシーハイブリッドに狙いを定めて交渉を続けてきました。最後はネッツ店同士を比較して競いあわせます。

それぞれのネッツ系列店に向かい、話を仕掛けます。

そして一番頑張ってくれそうなディーラーさんが見つかったらハンコを武器に最後の商談が始まっていきます。

一番最初に述べますが、値引きの額をあらかじめ決めて交渉にいきますがその設定金額以上を一度だめでもともとの気持ちで要求していきます。

例えば「総額で○○円にしてくれれば契約をします」や「予算は○○円です。この金額でしてくれるならこの場で他のところに断りの電話を入れます」などです。

無理を言って大丈夫ですので高めに要求してみます。

これで通ればいいのですが、多くの場合はそうはいかないです。

そこでもし相手が妥協案を出してきてもそれで納得などしないで更にもう一押しします。

ここで覚えておくといいのは、この場の交渉で出すのは数万円程度の無料サービスがあります。そのサービスを要求すると値引きが成功しやすいです。

最後に納車の際にガソリンを満タンにしてもらうことや車庫証明費用のカット、端数等もカットなどもぜひ言ってみます。

また、現金一括購入よりもディーラーに手数料収入が入るためにローンを一部でもする事が値引きが出来る金額が大きくなるのでぜひ覚えて活用してみます。

これもディーラーの手数料と成績になるので任意保険の切り替えや新規加入を考えているのならその場で一緒に申し込むと更に値引きが期待できます。

そして全て納得して始めに決めた目標金額に到達できればハンコをおして商談が成約となります。

最後に下取りの車を出される予定があるのならば、下取りではなく一度中古車や取り扱い企業による買取査定も検討することをおすすめします。

下取りと買取を比較して高いほうに引き取ってもらいます。

何も知らずにそのままにしていたら何十万円も損をしているかもしれないですので一度検討してみましょう。

車を購入する際にはしっかりと値引きをすることの大切さをりかいしこの情報が少しでも多くの人の参考になればと願っています。

→ 新型ヴォクシーハイブリッドを安く買う! 値引きから更に50万円安くなる!?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク