新型アウディ Q3 燃費まとめ!

Audi

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型アウディ Q3の燃費情報が公開されています。

こちらでは新型アウディ Q3の燃費に関するデータをご紹介します。

アウディのSUVは「Qシリーズ」と呼ばれています。

その「Qシリーズ」の中で、最もコンパクトな「Q3」は、パワフルな走りとクラストップレベルの低燃費を両立しています。

今回、マイナーチェンジが行われ、スポーティーな外観となりさらにパワーアップしました。

その特徴と改善された燃費はどうでしょうか。

新型アウディ「Q3」の魅力と燃費についてお伝えします。

新型「Q3」をご検討の方、参考にどうぞ。

スポンサーリンク

新型アウディ「Q3」、マイナーチェンジして日本上陸!

1

引用:https://www.yanase.co.jp/

アウディのプレミアムコンパクトSUV「Q3」は、発売当初はチューニングの異なる2種類の2.0L直列4気筒直噴ターボと、アウディの4輪駆動システム「クアトロ」の組み合わせでしたが、その後1.4L直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載する前輪駆動モデルが追加されています。

全長

4,400mm

全幅

1,830mm

全高

1,595mm

という比較的コンパクトなボディに、一目でアウディとわかる都会的なデザインとSUVの持つ機能性、高効率なパ和トレインが見事に融合している人気車種となっています。

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインの変更とパワートレインの改良に力が注がれました。

my17_q3_top_usp_05[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

エクステリアでは、アウディのアイデンティティ「シングルフレームグリル」がよりワイドに、また、斜め上のフレームを幅広いラインで4ヘッドライトに結び付けることで、より力強い印象となりました。

さらに、フルLEDヘッドライトをオプション設定とし、ウインカーが流れるように点滅するリヤLEDコンビネーションライトとともに、昼夜を問わずアウディらしさをアピールしています。

前後バンパーやアルミホイールのデザインを変更することで、よりスポーティーなエクステリアに仕上げられています。

my17_q3_top_gallery_01.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

今回のマイナーチェンジでも基本的なパワートレインのラインナップは変わっていませんが、2種類の2.0TFSIエンジンでパワーアップと燃費の向上が図れました。

従来は「Q3 2.0TFSI クアトロ 170ps」と呼ばれていたモデルは、

最高出力

170ps/4300~6200rpm

最大トルク

28.6kgm/1700~4200rpm

から

最高出力

180ps/4000~6200rpm

最大トルク

32.6kgm/1400~3900rpm

へアップされました。

上級グレードの「Q3 2.0TFSI クアトロ 211ps」モデルは、

最高出力

211ps/5000~6200rpm

最大トルク

30.6kgm/1800~4900rpm

から

最高出力

220ps/4500~6200rpm

最大トルク

35.7kgm/1500~4400rpm

へ向上しています。

その上、JC08モード燃費は、「Q3 2.0TFSI クアトロ 180ps」となった前者が

12.6km/L

から

15.0km/L、

「Q3 2.0TFSI クアトロ 220ps」と呼ばれる後者は

12.6km/L

から

14.9km/L

に改善されました。

my17_q3_top_gallery_06.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:https://www.yanase.co.jp/

そして、販売好調な「Q3」のラインナップの強化する狙いから、今回のマイナーチェンジを機会に、1.4リッター前輪駆動モデルに、2.0リッターモデルと同等のスポーツシートや3本スポークステアリング、エンジンやトランスミッションの走行モードを切り替えることのできる「アウディセレクト」などを装備した「Q3 1.4TFSI Sport」という新グレードが設定されました。

1.4リッター前輪駆動モデルにはデュアルクラッチ式6速Sトロニック、4輪駆動の2.0リッターモデルにはデュアルクラッチ式7速Sトロニックが組み合わされています。

ボディカラーも変更があり、これまでの特徴的な「サモアオレンジメタリック」などが廃止され、「ハイナンブルーメタリック」という新色が設定され、「Q3」の新しいイメージカラーとなっています。

車両価格は次の通りです。

rsq3_pf_pf_top_usp_01[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

■1.4 TFSI S tronic

3,690,000円

■1.4 TFSI Sport S tronic

3,860,000円

■2.0TFSI Quattro 180ps S tronic

4,590,000円

■2.0TFSI Quattro 220ps S tronic

5,390,000円

スポンサーリンク

新型アウディ「Q3」、気になる燃費は?

47f8a977-1ac2-4d3c-bad7-130a742eee17[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

新型アウディ「Q3」のJC08モード燃費は、

前輪駆動モデル「1.4TFSI」

17.4km/L

4輪駆動モデル「2.0TFSI Quattro 180ps」

15.0km/L

同じく4輪駆動モデル「2.0TFSI Quattro 220ps」

14.9km/L

となっています。

皆さんの「燃費記録」ではどうでしょうか。

平均燃費(およそ1000件)

9.87km/L

となっています。

my17_q3_top_usp_06[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

◆クアトロなのでA4FFよりは落ちますとディーラーからいわれていましたが、むしろ少し良くなった感じです。

街乗り

8km/L

高速

11~12km/L

くらいです。

◆このクラスでこんなもんかと思いますが、物足りなく感じます。

10~12km/L

くらいです。

◆昼間信号の多い街中で7km/Lくらい、流せば10km/Lくらい、平均して8km/Lくらいです。

2.0Lターボとしては普通です。

◆効率モードを選択して走ればそこそこいけます。

今回270km走って、平均燃費は13km/Lでしたが、この車重だと街乗り中心には向かいなように思います。

◆1年になりました。

市街地で8km/L、50km位のドライブで13km/Lくらいです

コンパクトクラスのSUVとしては上出来ではないでしょうか。

スポンサーリンク

アウディのSUV「Qシリーズ」、サイズや燃費を比較

アウディのSUVは独自のクアトロ(四輪駆動)システムを確立し、「Qシリーズ」と呼ばれるラージサイズの「Q7」、ミドルサイズの「Q5」、そしてコンパクトサイズの「Q3」がラインナップしています。

そんなアウデイ「Qシリーズ」の新型モデルをご紹介します。

■プレミアムコンパクト新型「Q3」

my17_q3_top_gallery_02.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

・サイズ:全長4400mm×全幅1830mm×全高1595mm

・総排気量:1394cc

・燃費:14.9~17.4km/L

・車両価格:369~539万円

Qシリーズの中で最もコンパクトなQ3は、ライバル車でいうならばベンツ・GLAクラス(全長4430mm×全幅1805mm×全高1505mm)やBMW・XⅠ(全長4455mm×全幅1820mm×1610mm)とほぼ同じサイズです。

高さはフルモデルチェンジを行った新型XⅠに比べると少し低いのですが、GLAクラスに比べるとかなり高さがあります。

全幅はGLAクラスとXⅠに比べると広くなっていますので、横方向のゆとりが感じられます。しかし、SUVの割には長さがない分カーゴスペースが広いとは言えないようです。

そういいながらも、新型「Q3」は魅力にあふれています。

デザインはクーペに近づけつつ、SUVでありながらクールでスポーティーとなっています。

燃費もこれまでに比べて10%程度改善されたうえ、乗り心地もサスペンションの調整によって改善され好評を破棄しています。

「Q3」はFWDモデルの1.4TFSIとそのスポーツモデル、クアトロ(四輪駆動方式)システムを採用する2種類のモデルと合計4種類が用意されています。

いずれも直噴ターボチャージャー付直列4気筒エンジンを搭載し、パワーではやや不足気味と感じる人いるかもしれませんが、日常の範囲でちょっとした遠出にも充分です。

■大きさも高級感も増したQ5

q5_top_gallery_01.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

・サイズ:全長4630mm×全幅1900mm×全高1660mm

・総排気量:1984cc

・燃費:12.5km/L

アウディのSUVの中では大きいタイプのQ5ですが、ベンツならGLKクラス(全長4550mm×全幅1840mm×全高1640mm)、BMWX3(全長4665mm×全幅1880mm×全高1675mm)と同じくらいの大きさとなっています。

高さこそ最も低いものの、全長はGLKクラスとX3の中間となっています。なお、GLKクラスなどと比べると総排気量は圧倒的に少なくなります。

大きくなっている分、Q3と比べると車内の広さは余裕があり、高級感もあります。

走りはやや荒削りと言われますが、ハンドリングの切れはよく、もちろんクアトロシステムを搭載しています。

オフロード性能はあまり高くないものの、雨や雪などの天候の変化にはかなり強みがあります。

さらに、リセールバリューが高いという点で好評です。

Q5のハイブリッドクアトロは燃費の良い車No2にも選ばれています。

スポンサーリンク

まとめ

my17_q3_top_gallery_03_01.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

いかがでしたか。

アウディ新型「Q3」は、一目で「アウディ」とわかるフロントマスクはスポーティーで、アウディらしさを強くアピールしています。

新しいイメージカラー「ハイナンブルーメタリック」を身にまとい、燃費の良さもクラストップレベルになっています。

ぜひ、一度試乗してみてはいかがでしょう。

新型アウディQ3の値引きの方法については、

「新型アウディQ3 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にアウディQ3を購入して下さい。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク