新型フリード 燃費まとめ!

フリード

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型フリードの燃費情報が公開されています。

こちらでは2016年の新型フリードの燃費に関するデータをご紹介します。

→ 2016年9月発売の新型フリード/フリード+の情報はこちら!

”ちょうどいいホンダ”、”ちょうどいい新型フリード”、5ナンバーハイトワゴン/ミニバンとしてクラストップの広い室内空間と運転のしやすさで、好評を博しています。

そんな新型フリードの燃費はどうでしょう。

ライバルとの比較も交えてご紹介します。

→ 新型フリードを値引き+αでさらに50万円安く買おう!


スポンサーリンク

新型フリードのすべて

g_gjp[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/

より運転しやすいサイズ、そしてより室内空間間も快適でゆとりある広さを求めているユーザーをメインターゲットに、フリードは開発されました。

メカは小さく、人のための空間は広くをモットーに、フリードは、”モビリオと”モビリオスパイク”の2車種を統合してその後継モデルとして誕生しました。

乗車できる人数は6人乗り、7人乗りはフリード、荷室を広く取りより遊び心を発揮している5人乗り”フリードスパイク”が用意されています。

cinnamon_img[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/

新型フリードの特徴は

・狭い場所でお子様が明けても安心な両側スライドドアが装備されていて、大きな開口部でしかも床が低いため、お子様やお年寄りでも安心して乗り降りができます。

・「6人乗り」は2列目シートがキャプテンシートとなっており、中央の通路を利用して移動ができるようになっています。

「7人乗り」は2列目がベンチタイプのタンブルシートで、赤ちゃんのおむつ替えや着替えなど赤ちゃんなど小さいお子さんのケアに便利です。大人でもゆったりと座ることができ、両肘をかけてくつろぐことができる造りとなっています。

・3列目シートを跳ね上げれば大きな荷室となり、自転車やチャイルドシートもそのまま積みこむことができます。

。アレルギーのもととなるアレルゲン物質をほぼ抑制するアレルクリーンシートや紫外線を99%カットするUVカットフロントドアガラス、プラズマクラスター技術搭載のフルオートエアコンなど快適装備が満載です。

・コンパクトなサイズで、室内の視界も良好です。しかも、坂道発進をアシストするヒルスタートアシスト機能など安心して運転できるので、運転が楽しくなります。

搭載するエンジンは、ホンダの技術の粋を集めた1.5LiーVTECエンジンでパワフルで燃費性能に優れたガソリン車とIMA(インテグレ―テッド、モーター・アシスト)と1.5LiーVTECエンジンを組み合わせたハイブリッド車が設定されています。

ハイブリッド車は21.6km/L(JC08モード)の低燃費ときびきびとした走りによさが好評を博しています。

004_o[1]

引用:http://autoc-one.jp/honda/freed/

ガソリン車のラインナップは、スタンダードモデル「G」、パワースライドドア(リア左側)などを装備した「G・ジャストセレクション」、エアロスタイルで快適装備が充実した「Gエアロ」の3タイプが設定され、上質なプライムスムースとスウェード調ファイブリックコンビシートや室内LED照明などを追加した特別仕様車「プレミアムエディション」が設定され、クルーズコントロールやリア右側もパワースライドドアなども標準装備されています。

グラフ11
005_o[2]

引用:http://autoc-one.jp/honda/freed/

ハイブリッド車は、スタンダードモデル「HYBRID」と装備充実の「HYBRIDジャストセレクション」の2タイプで、プライムスムースとスウェード調ファブリックコンビシートや室内LED照明を追加した特別仕様車「プレミアムエディション」が設定され、本革巻ステアリングホイールと本革巻セレクトレバーなどが標準装備されました。

グラフ12

ボディカラーは全8色
・ホワイトオーキッド・パール(オプション)

32,400円高

・アラバスタ―シルバー・メタリック(G、G・ジャストセレクションのみ)

・スーパープラチナ・メタリック(HYBRID、HYBRIDジャストセレクション、Gエアロ)のみ

・モダンスティール・メタリック

・プレミアムディープロッソ・パール(オプション)

32,400円高

・プレミアムスパークルブラック・パール(オプション)

32,400円高

・コバルトブルー・パール

・プレミアムブルーオパール・メタリック(HYBRID、HYBRIDジャストセレクションのみ)

→ 6人乗り、7人乗り、選べる新型フリードをグレード別に紹介


スポンサーリンク

新型フリード燃費情報

0005[1]

引用:http://www.carsensor.net/contents/

新型フリードの燃費について、さまざまなかたの情報をご紹介しましょう。

■フリードの燃費についてチェックしよう

08_s[1]

引用:http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/

フリードはハイブリッドやガソリンエンジンのグレードがあり、燃費の評価には難しいところがありますが、どのタイプを選ぶかの参考にしてください。

・ハイブリッドモデルは20km/リットルオーバー

フリードのハイブリッドモデルはいずれも21.6km/Lと20kmを超えており、ミニバンとしては良好な燃費性能を持っています。

エコカー減税も80%となるためコスト面でかなり優遇されます。

ガソリンエンジンモデルと比べて、フリードハイブリッドは20万円程度高くなりますが、燃費コストの軽減やエコカー減税、さらにリセール価値のアップなどがあるため価格差については不利な点はありません。

唯一、数年で乗り換える場合は差額を埋めるほどの燃費コスト軽減効果がないため、ガソリンエンジンを選ぶ価値はあります。

いずれにせよ、フリードに7年以上乗るつもりがあって、燃費性能を重視したいなら、ハイブリッドモデルを選べば問題ないでしょう。

・ガソリンエンジンの燃費もFFなら悪くない

フリードのガソリンエンジン車の燃費性能はおよそ16.0km/Lとなり、このクラスのミニバンの中では平均レベルです。

特段悪いというわけではありません。

ただ、ハイブリッドモデルと比べてしまうとやや見劣りします。

長年乗る場合は、走行距離が長くなるにしたがってコスト増となるため、車体価格が安いからといって選ぶと痛い目に会うかもしれません。

コストとにらめっこしながら検討する必要があります。

・4WDモデルの燃費はかなり厳しい

ガソリンエンジンモデルの場合、4WD車を選ぶことができます。ハイブリッドにはない駆動方式なので一見よさそうに見えます。

雪道や悪路でパワーを発揮する4WDは魅力的ですが、フリードの燃費性能は13.0km/L台になるため、ガソリンエンジンFFから比べると2割、ハイブリッドから比べると4割ダウンになります。

燃費コストの上昇は避けられず、エコカー減税もないためトータルコストはかなりアップしてしまいます。

加えて、車体価格も20万円ほどアップするので、選択する場合はそれなりの覚悟が必要になります。

・フリードの実燃費は

フリードは発売されてからそれなりの期間が過ぎているので、豊富な実燃費データがそろっています。

フリードハイブリッド

多くのデータを集計したところ、15~20km/Lあたりの実燃費が出ています。

カタログ燃費が21.6km/Lなので、カタログ値に近い燃費が出ていると言えます。通常実燃費はカタログ燃費より落ちることが多く、半分近くまで下がる車種もありますが、それを考慮すると燃費性能は優秀だと言えます。

フリード(ガソリンエンジン)

おおむね10~14km/Lというところです。

ハイブリッドと比べるとやや見劣りしますが、カタログ値から大きく下がることはないようです。悪くても10km/Lと程度は出ているので、運転の仕方次第ではカタログ値に近い燃費性能が発揮できそうです。

フリード(ガソリンエンジン・4WD)

こちらは8~12km/Lという結果になりました。思ったほど悪くない印象があります。

ただハイブリッドと比べると半分程度しかないので、コスト的には差が大きいと言えます。

まとめると、フリードはトータルコスト的にはハイブリッドに軍配が上がります。

長期間のるならハイブリッド、数年で乗り換えるなら車体価格の安いガソリンエンジン特にFFを選択する価値はありそうです。4WDは雪道を走ることが多いなどの理由があればぜひ選んでください。

■ホンダ フリードハイブリッドの燃費を検証する

001_o[1]

引用:http://autoc-one.jp/honda/freed/

広さはミニバン。なのにコンパクトなボディ。さらにハイブリッド。

実用性も高いフリードハイブリッドの燃費、実燃費の紹介とその評価、さらにフリードハイブリッドとライバル車との燃費を比較します。

フリードハイブリッドは全車のモビリオがベースになっており、中の広さは通常のミニバン並み。

ミニバン初めての方でも、小回りの利くコンパクトなボディは運転しやすく細道や駐車場でもらくらく。女性のオーナーも多い一台です。

また、「1.5LiーVTEC+IMAシステム」を搭載したことにより、発進から停車まで状況に応じて、【エンジン】【エンジン+モーター】【モーター】と切り替えし、より低燃費化を実現することができました。

・フリードハイブリッドの燃費

ホンダ公式サイト公表によると

【カタログ燃費】

21.6km/L

とのことですが、コンパクトミニバンのハイブリッドとしては高い数値です。

では実燃費はどうでしょう。

【調査した実燃費平均】

約17.09~20.09km/L

なかには、【26.4km/L】や【24.8km/L】などカタログ数値を超えた方もいます。

新型フリードのオーナーの方はほとんどが高評価を上げています。

・フリードハイブリッド ライバル車の燃費

新型フリードハイブリッドのライバルとして挙げられるのが、今回フルモデルチェンジしたトヨタ シエンタや、トヨタのコンパクトミニバンスペイドではないでしょうか。

ライバル車の「燃費」「実燃費」を紹介します。

シエンタハイブリッド

002_o[1]

引用:http://autoc-one.jp/toyota/sienta/

【カタログ燃費】

27.2km/L

【実燃費】

12~20km/L

スペイド

mainImg[1]

引用:http://spade-t.com/

【カタログ燃費】

22.2km/L

【実燃費】

10~17km/L

・フリードハイブリッド燃費まとめ

いかがでしたか。

カタログではライバル車と近い数値でしたが、実燃費はフリードハイブリッドも負けてはいないようです。

実用的に使えてなおかつ低燃費な新型フリードハイブリッド。

ぜひ検討材料に一つにしてみてください。

→ フリーに乗れる高評価、新型フリードの口コミ情報!


スポンサーリンク

ホンダ 新型フリードハイブリッドのクルマレビュー

014_o[1]

引用:http://autoc-one.jp/honda/freed_spike/

ではここで実際に新型フリードのオーナーさんの感想をご紹介しましょう。

Aさん

■ちょうどいい

加速はあまり早くないが、高速など安定した速度で走る分には、文句なし。

Bさん

■いろんな使い方が楽しめる

納車1か月弱、エコ運転を意識すればカタログ燃費が達成できる。

しかし、今真冬なので、暖房を聞かせてのドライブは若干ダウンする感じである。

いろんな用途で使え、長く乗りこなしたいクルマである。

Cさん

■ホンダのハイブリッドシステム

走り方、外気温、道路の状況により燃費は変わります。平均燃費は正直幅がありすぎてわかりません。数字を出すと10km~20kmでその中の平均で15kmくらいでしょうか。

口コミで酷評があるホンダのハイブリッドシステムですが、開発者の考えを十分に理解すれば、納得のシステムだと思われます。

理想の走り方は、40km位までEV走行で、60~70kmでアシストまたはエンジン単独走行をうまく引き出せば、リッター20km近くは出せるでしょう。

ただこれはあくまで理想で、実際はバッテリーの容量を考えると、”常に”は難しいです。

使い手が、エコ運転を心掛ければ、それなりに走ってくれる車であると思います。

Dさん

■ECONスイッチの使用について

皆さんはECONスイッチは常時オンでお使いですか、オフでお使いですか。私は常時オフで乗っています。

オンですと、パワー不足に感じ、レスポンスも悪く感じるため、オフの方がアクセルのフィーリングが自然な感じがします。

それから、ブレーキペダルからアクセルペダルに足を踏みかえて発信する場合のショックは感じませんか。

非ハイブリッド車のCVT車ですと、なんらショックもなく、スムーズな発信ですが、自車は個体の癖なのか、少し「がくっ」と感じるため、少し間をおいてアクセルを踏み込めばショックはありません。

また、ECONをオンにすればショックが無いように感じます、みなさんはいかがでしょうか。

Eさん

■燃費の紹介をします

購入してからの燃費を紹介したいと思います。

最も悪かったのが361km、24.48Lで14.75km/Lでした。もっともよかったのが619km、32.28Lで19.18km/Lでした。今までの平均は、17.36km/L(10,997km、633.33L)でした。

ところで、みなさんはECONスイッチは常時オンでお使いですか。

私は常時オフで乗っています。

Fさん

■フリードハイブリッド高速実燃費

愛知県犬山市から高速道路と下道で長野県松本市まで、家族3人で旅行に行きました。

高速道路はクルーズコントロールで80キロに設定。走行距離565キロ走行で、リッター23キロ行きました。

普段でもリッター16キロ走ります。

乗り方次第で燃費はどうにでもなりますね。

アイドリングストップはかなり有効ではないかと感じます。

→ 内装は上質、出足が「グッと」出る新型フリードの試乗レポート!


スポンサーリンク

まとめ

gallery_big01[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/

いかがでしたか。

走り方、乗り方で燃費かかわると言いますが、新型フリードの燃費はかなり高評価となっています。

とくにフリードハイブリッドは、ライバル車にも引けを取らないすぐれた低燃費となっています。

使い勝手がよく、運転がしやすい、大人数での移動にもうってつけといった、長所は皆さんに高い評価で受け入れられています。

そろそろフルモデルチェンジではといわれていますが、現行の新型フリードは購入検討の一台です。

参考サイト

http://www.honda.co.jp/FREED

http://www.goo-net.com/newcar/HONDA_FREED

http://www.hondaall.com/car/freed/

http://www.freednebiki.biz/

http://carcast.jp/

http://e-nenpi.com/enenpi/raiting/

→ コンパクトなミニバン、新型フリードのスペックと特徴を紹介!

新型フリードのおススメ動画

 

→ 新型フリードを値引き+αでさらに50万円安く買おう!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク