新型フリード 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

フリード

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型フリードの価格・値段がいくらなのか公開されています。

 こちらでは2016年の新型フリードの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

→ 2016年9月発売の新型フリード/フリード+の情報はこちら!

広さはミニバン、サイズはコンパクト。手軽に乗れて自由に使え、毎日乗るのにもベスト。広さ、運転のしやすさを重視して生まれたのがホンダ・フリードなのです。

しかも、燃費が良いのもうれしいことです。

そんな新型フリードのラインナップや価格はどうでしょう。

充実した装備とともにご紹介します。

→ 新型フリードを値引き+αでさらに50万円安く買おう!


スポンサーリンク

新型ホンダ・フリードとは

main2[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/premium/

フリードは傑作車”モビリオ””モビリオスパイク”の2車種を統合した後継モデルとして誕生しました。

今まで6人乗り、7人乗りといえば大型ミニバンしかありませんでした。

女性では、取り回しで抵抗があり日常での使い勝手はよくありません。特に、駐車場からの出し入れや、スーパーなどでの車庫入れが不安で運転しにくいという声が多く挙がっていました。

そこで、毎日のお買い物や駅までの送迎といった日常での使い勝手の良い車として開発されたのが、広さはミニバン、サイズはコンパクトというコンセプトを持って開発されたのがコンパクトミニバンといわれるフリードなのです。

手軽に乗れて、毎日にベストなミニバンとしてフリードは、メカは小さく人のための空間は広くをモットーに、より運転しやすく、より室内空間が快適でゆとりのある広さを求めているユーザー向けとして開発されました。

この車種は、小型サイズのミニバンで、本来の中型以上のミニバンでは少々大きいと感じるユーザーがメインターゲットになっています。

乗車できる人数は3列シートの6人乗り、7人乗りとなっています。

この他に2列シート仕様として「フリードスパイク」があります。

フリードは小回りが利くのでサイズなので、女性でも軽快に縦列駐車は可能となっています。それでいて、7人乗りもあるのでファミリー層にはうってつけでしょう。

→ ハイブリッドモデルはリッター20km超え! 新型フリードの燃費性能!


スポンサーリンク

新型フリードの特徴は

gallery_big01[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/

■乗り降りが楽々

狭う場所でお子様が開けても安心できる両側スライドドアは、開口部が大きくチャイルドシートなどの積み下ろしも楽々です。

しかも、床が低いためお子様やお年寄りにも安心です。

前席のドアは、上の方が大きく開き、傘をさしても乗り降りが楽になっています。

■大勢でもゆったり

【6人乗り】

なかを通ってどの席への移動も可能です。一つのドアからどの席にもいくことができて、2列目キャプテンシートにチャイルドシートを付けても、3列目の移動も楽々です。

一人ずつ快適な座り心地が実現されています。

【7人乗り】

ソファーのような3人掛けとなっています。2列目はベンチシートになっているので、赤ちゃんのおむつ替えや着替えに便利です。

しかも、大人3人がしっかり座れる大型サイズで、200mmのスライド機構がついているので足元にゆとりがあります。

1列目、2列目、3列目の順に座る位置を高くして、視界も広げています。

■しっかり積める

【6人乗り】

3列シートを跳ね上げれば広い室内となり、27インチの自転車も真ん中の通路を利用してそのまま積むことができ、片側だけ跳ね上げればベビーカーも畳むことなくそのまま積むことができます。

【7人乗り】

2列目も跳ね上げることができるので、2列目より後がすべて荷室になります。

床が低く天井が高いので、荷物を持ったまま奥まで移動ができます。2列目シートは、リクライニングレバーの操作で自動的に跳ね上がり操作も簡単です。

■快適装備が充実

お子様をお持ちの方にはうれしいアレルゲン対策シートが備わっていて、さらに、ほこりやにおい、スギ花粉などをほぼ除去するフィルターや室内の脱臭などに効果を発揮するプラズマクラスター技術を搭載したエアコンも装備されています。

また、紫外線を99%カットするフロントドアガラスや、シートには上質な肌触りのプライムスムースが使われています。

■運転が楽々

コンパクトなサイズで縦列駐車や狭い道でも安心です。視界も広く、ヒルスタートアシスト機能付で坂道発進も安心できます。

ECONモードスイッチでメーター照明が緑になるように走れば、燃費のいい運転がが可能となります。

→ エコカー減税はハイブリッドのみ適用となる、新型フリードの税金その他を紹介


スポンサーリンク

タイプ・価格比較

新型フリードには、1.5L iーVTEC搭載のガソリン仕様と1.5L iーVTEC+IMAハイブリッドシステム搭載のハイブリッド仕様の2種類があります。

そのラインナップはガソリン仕様で3タイプ、ハイブリッドでは2タイプが設定されており、さらに装備を充実させた特別仕様「プレミアムエディション」がそれぞれに設定されています。

ハイブリッドモデルは2WD(FF)のみの設定となっています。

ベースとなる「HYBRID」の主要装備はVSA(ABS+TCS+横滑り制御)、ヒルスタートアシスト機能、ディスチャージヘッドライト(HID・ハイ/ローオートレベリング/オートライトコントロール機構付)、エコアシスト(ECONモード、コーチング機能、ティーチング機能)、パワースライドドア(リア左側)プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコン、アレルクリーンシート、スーパーUVカット・フロントガラスなどとなっています。

HYBRIDジャストセレクションは、HYBRIDの装備に加えて、リア両側パワースライドドア、クルーズコントロールなどが追加されます。

HYBRIDプレミアムエディションは、さらにプライムスムース&スウェード調コンビシート、本革巻ステアリングホイール・セレクトレバーなどが付加されています。

また、「HYBRID」は6人乗りのみで、その他タイプは6人乗りと7人乗りが設定されます。6人乗りの2列シートはキャプテンシート、7人乗りはベンチシートとなっています。

ガソリン車は、2WD(FF)と4WDが設定され、FFのトランスミッションはCVT、4WDは5速ATが装備されます。

「タイプG」の主要装備は、VSA(ABS+TCS+横滑り制御)、ヒルスタートアシスト機能、アレルクリーンシート、スーパーUVカット・フロントガラスなどで、「Gジャストセレクション」には、プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコン、ディスチャージヘッドライト(HID)、パワースライドドア(リア左側)などが追加装備されます。

「Gエアロ」タイプでは、ジャストセレクションの装備に加えてプライムスムース&スウェード調コンビシート、本革巻ステアリングホイールなどが追加され、「プレミアムエディション」には、リア両側パワースライドドア、プライムスムース&スウェード調コンビシート、クルーズコントロールなどが追加装備されています。

「タイプG」は6人乗り、その他タイプは6人乗り、7人乗りの設定です。

■フリードハイブリッド・ジャストセレクション

”先進装備充実のおすすめハイブリッドモデル

hybrid_hjp[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/

エンジン 1.5L iーVTEC+IMA

駆動方式 FF

トランスミッション CVT

JC08モード燃費 21.6km/L

価格

【6人乗り】

メーカー希望小売価格(消費税込)

2,360,000円

【7人乗り】

メーカー希望小売価格(消費税込)

2,392,400円

カラーバリエーション

ホワイトオーキッド・パール(オプション)

別途32,400円が必要になります。

スーパープラチナ・メタリック(オプション)

別途32,400円が必要になります。

モダンスティール・メタリック

プレミアムディープロッソ・パール(オプション)

別途32,400円が必要になります。

プレミアムスパークルブラック・パール(オプション)

別途32,400円が必要になります。

コバルトブルー・パール

プレミアムブルーオパール・メタリック(オプション)

別途32,400円が必要になります。

〈特徴〉

フリードハイブリッド・ジャストセレクションは6人乗りと7人乗りから選ぶことができます。

ファミリーや大人数で出かけることの多いユーザー向けの仕様となっています。

リア両側ドアにパワースライドドアが搭載されていて、リモコンや運転席スイッチ、ドアハンドルの操作で自動開閉します。

お子様を抱きかかけているときや荷物の多いときに便利です。

タイプ別装備として、クルーズコントロール、ディスチャージヘッドライト(HID)、プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンディショナーなどが装備されています。

cinnamon_img[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/equipment/

プライムスムース生地とスェード調生地のコンビシートやドアライニング、インパネ加飾をシナモンカラーでコーディネートしたインテリアがオプション「グランパッケージ」で選ぶことができます。(ボディカラーがホワイトオーキッド・パール、プレミアムスパークルブラック・パール、プレミアムディープロッソ・パールの場合)

■フリードハイブリッド

”充実装備がうれしいハイブリッドモデルのスタンダード”

004_o[1]

引用:http://autoc-one.jp/honda/freed/

エンジン 1.5LiーVTEC+IMA

駆動方式 FF

トランスミッション CVT

JC08モード燃費 21.6km/L

【6人乗り】

メーカー希望小売価格(消費税込)

2,210,000円

ボディカラーはフリードハイブリッド・ジャストセレクションと同じになります。

ivtec[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/hybrid-lineup/#hybrid

〈特徴〉

定速での力強さと燃費を重視した専用開発の1.5LiーVTEC+IMAシステムを搭載し、軽快な加速感を実現しています。

リア左側にパワースライドドアが装備され、プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンディショナーが装備されています。

■フリードG・ジャストセレクション

”パワースライドドア(リア左側)など充実装備”

 

g_gjp[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/lineup/#g-just

エンジン 1.5L iーVTEC

駆動方式 FF/4WD

トランスミッション CVT/5速AT

JC08モード燃費

FF 16.0km/L

4WD 13.2km/L

メーカー希望小売価格(消費税込)

【6人乗り】

FF

1,980,000円

4WD

2,185,000円

【7人乗り】

FF

2,012,400円

4WD

2,217,400円

カラーバリエーション

ホワイトオーキッド・パール(オプション)

別途32,400円が必要になります。

アラバスタ―シルバー・メタリック

モダンスティール・メタリック

プレミアムディープロッソ・パール(オプション)

別途32,400円が必要になります。

プレミアムスパークルブラック・パール(オプション)

別途32,400円が費用になります。

コバルトブルー・パール

gran_package[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/equipment/#list

〈特徴〉

リア左側にパワースライドドアを装備しています、リモコンや運転席スイッチ、ドアハンドルの操作で自動開閉します。

お子様を抱きかかえているときや荷物の多いときに便利です。

広々とした室内空間に上品なシナモンカラーの】インテリアが装備されています。

メーカーオプションでプライムスムース&スウェード調の記事を組み合わせた今シートの”グランパッケージ”を選ぶことができます。

■フリードG・エアロ

”洗練のエアロスタイル、シナモンカラーのインテリアも選べます。”

フリード[1]

引用:http://www.新車値引き情報ガイド.net/category/honda/freed/

エンジン 1.5L iーVTEC

駆動方式 FF/4WD

トランスミッション CVT/5速AT

JC08モード燃費

FF 16.0km/L

4WD 13.2km/L

メーカー希望小売価格(消費税込)

【6人乗り】

FF

2,160,000円

4WD

2,332,600円

【7人乗り】

FF

2,192,400円

4WD

2,365,000円

ボディカラーのバリエーションはシルバー系のカラーが変わり、アラバスタ―シルバー・メタリックの代わりに「スーパープラチナ・メタリック」となります。

cinnamon_img[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/equipment/#mainequip

〈特徴〉

シナモンカラーのインテリアが標準装備となっています。

■フリードG

”基本装備のスタンダードモデル”

021_o[1]

引用:http://autoc-one.jp/honda/freed_hybrid/newmodel-883727/

エンジン 1.5L iーVTEC

駆動方式 FF/4WD

トランスミッション CVT/5速AT

JC08モード燃費

FF 16.6km/L

4WD 13.2km/L

メーカー希望小売価格(消費税込)

【6人乗り】

FF

1,746,000円

4WD

1,951,000円

ボディカラーはジャストセレクションと同じ

〈特徴〉

6人乗りのみの設定となっています。

FF車の燃費が他タイプ車よりも向上しています。

コストパフォーマンスに優れ、フリードの定番モデルに仕上がっています。

人気グレードランキング

ガソリンタイプ

1位 Gジャストセレクション7人乗り 40%

2位 Gジャストセレクション6人乗り 38%

3位 Gエアロ6人乗り 8%

フリードハイブリッド

1位 ジャストセレクション7人乗り 50%

2位 ジャストセレクション6人乗り 48%

3位 ハイブリッド6人乗り 3%

グレードランキングでは、ガソリン車、ハイブリッド車とも「ジャストセレクション7人乗り」が1位となっています。

コンパクトなボディながらファミリー層に支持されているのでしょうか。

→ 車中泊にはちょうどいい、新型フリード!


スポンサーリンク

まとめ

freed-hybrid[1]

引用:http://carcast.jp/8272

新型フリードは、コンパクトなボディながら、驚くほど広い室内と運転のしやすさは同じクラスのライバルを寄せ付けないほどの強みとなっています。

圧倒的な使い勝手の良さとハイブリッドに代表されるトップクラスの低燃費で、今一番注目を集める一台となっています。

価格設定はハイクラスですが、充実した装備は優れたコストパフォーマンスを実現しています。

子供にもお年寄りにも、さらに女性にも優しいクルマ、それが新型フリードの最大の特徴です。

一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

参考サイト

http://www.honda.co.jp/FREED

http://www.hondaall.com/car/freed/

→ 新型フリードを値引き+αでさらに50万円安く買おう!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク