新型フリード 試乗レポートまとめ!

フリード

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型フリードは試乗レポートが数多く寄せられています。

こちらでは2016年の新型フリードの試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

→ 2016年9月発売の新型フリード/フリード+の情報はこちら!

コンパクトミニバンとしてベストセラーを続けるホンダ・フリードは、2008年デビュー以来マイナーチェンジを繰り返しながら熟成を続けています。

ミドルサイズやビッグサイズのミニバンでは少々大きすぎるというユーザーには、まさにぴったりサイズといったところでしょう。

そんなホンダ・新型フリードの試乗記をご覧ください。

→ 新型フリードを値引き+αでさらに50万円安く買おう!


スポンサーリンク

新型フリードとは

car_bo[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/

ハイトコンパクトな5ナンバーワゴン、「フリード(FREED)」と「フリードハイブリッド(FREED HYBRID)」。

傑作車「モビリオ」、「モビリオスパイク」を統合しその後継モデルとして、「運転しやすいサイズでなおかつ室内空間にもゆとりのあるコンパクトミニバン」を求めながら、ミドルサイズミニバンでは大きすぎると感じているユーザー層をターゲットに開発されました。

ベースとなるのは3列シート仕様(6人乗り:2列目キャプテンシート、7人乗り:2列目ベンチシート)となっており、独特のフロントデザインと、機能的かつシンプルな、実寸以上にゆとりを感じさせるデザインとなっています。

デビューしたのは2008年5月、プラットフォームはフィットに採用されたものをベースに前輪以降のフロアパンは新規開発となっています。

フィットやモビリオと異なり、燃料タンクは2列目下に設置しているため背の高い荷物を積めるようなシートアレンジは出来ませんが、1列目シー下に空間が生まれ、2列目乗員の足元が広がりこととなりました。

モビリオに対して全長を145mm延長したことに加え、各部寸法の見直しにより室内長は190mm延長され、全幅の10mm拡大と相まって、とくに3列目をはじめ居住性の向上が図られています。

2列目床高さを15mm低くして、Bピラーの位置を適正化することでスライドドアの開口幅を30mm拡大し、2・3列目の乗降性が向上しています。

3列目シートは跳ね上げ式となりかつ軽量化されたいるため格納が容易にできるようになっています。

搭載するエンジンは、1.5L直列4気筒SOHCで、最高出力118ps、最大トルク144Nm(14.7kgm)/4800rpmを発生させ、FF車はトルクコンバータ付CVT((無段変速オートマチック)、4WD車は5速ATを組み合わせています。

oksp02[1]

引用:http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/

2011年10月、5ナンバーサイズのミニバン/ハイトワゴンとしては、初めてのハイブリッド車が追加されました。

優れたパッケージング技術に軽量・コンパクトなIMAシステムを組み合わせることで、居住性や使い勝手の良さはそのままに、クラストップレベルのJC08モード走行燃料消費率21.6km/Lの低燃費を実現しました。

同時に車両挙動安定化制御システム(VSA)やヒルスタートアシスト機能が標準装備されました。

hybrid-j_p_cb[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/

5ナンバーワゴン新型「フリード」、新型「フリードハイブリッド」のラインナップは、「フリード」では、スタンダードモデル「G」、パワースライドドア(リヤ左側)などを装備する「Gジャストセレクション」、エアロスタイルで魅力的な装備が充実した「Gエアロ」の3タイプを設定。

「ハイブリッド」にはスタンダードモデル「HYBRID」とリヤ両側にパワースライドドアなどを装備した「HYBRIDジャストセレクション」の2タイプが設定されています。

すべてのグレードに紫外線を99%カットするスーパーUVカット・フロントガラスとスギ花粉やダニなどのアレルゲン物質をほぼ完全に抑制するアレルクリーンシートを標準装備し、プラズマクラスター技術を備えたフルオートエアコンディショナーをグレード「G」を除いて標準装備されています。

エクステリアはフロントグリルとフロントバンパーガーニッシュのデザインを変更し、リヤコンビネーションランプのブレーキ発光面を赤色に変更されました。

インテリアには、シートとドアライニング、インパネ加飾を明るいシナモンカラーにコーディネイトし、タイプ別に設定されました。

また、上質なプライムスムース&スエード調ファブリックコンビシートや、しつないLED照明などの快適装備を追加した特別仕様車「プレミアムエディション」がガソリン車・ハイブリッド車ともに設定されました。

K0000307788_0008[1]

引用:http://kakaku.com/item/K0000307788/images/page=ka_7/

ここから試乗レポートをご紹介します。

→ いつごろ届く? 新型フリードの納車情報!


スポンサーリンク

フリードハイブリッド試乗、ちょうどいいHV

mainImg[1]

引用:http://freed-h.com/

006_o[1]

引用:http://autoc-one.jp/honda/freed_hybrid/report-930289/

まずは3列シート仕様のフリードハイブリッドから乗りましたが、これがかなりいい印象でした。

最初に見た目でのサイズ的には全長×全幅×全高=4215×1695×1715mmとミニバンとしては破格にコンパクトで使いやすいサイズとなっています。

インテリアでは、こちらはマイナーチェンジ前と変わらないものの、値段の割には質感が高く、明らかにフィットよりは上質です。

ハイブリッド専用のメーター類にしろ、情報表示が多い割にはシンプルで悪くはありません。

そして、一番驚いたのは走りです。

漠然と「フィットに近かったかな・・・」と思っていたら全く違っていてかなり上質になっています。

パワートレインはフィットハイブリッドと同じ直4エンジン+モーターですが、より重量のあるミニバンということで、排気量は1.3リッターから1.5リッターに拡大され、気筒休止システム付きの効率の高い1.5リッター直4を使用しています。

その上、ギアを全体的にローギアードにしているため加速が抜群に良くなっています。

具体的には最初の出足の「グッと」出る部分が全然違っていて、しかもモーターアシストが効いているのでかなり静かなのです。

ちょっとした”高級車”をも感じさせてくれます。

加えてハイブリッド化されたことで車重が80kg増えた分、乗り心地は確実に良くなっていますし、防音材や遮音材も増やしているためどの走行領域でも静かになっています。

ある意味ハイブリッドの良さを、前面に押し出した造りとなっています。

かたや3列目を荷室と割り切った5人乗りの「フリードスパイクハイブリッド」ですが、こちらもグリルやライト類がメッキ&クリアブルータイプになり、リフレッシュされています。

使い勝手は、唯一、ラゲッジ床の反転フロアボードを低く設定した時に、床下にハイブリッドバッテリー等が入ったせいで35ミリ上がっているが、ほとんど気にならないほどです。

実際、26インチの自転車が楽々入るといわれています。

肝心の燃費ですが、フリードハイブリッド、フリードスパイクハイブリッドともにJC08モードで21.6km/L、わずか2区間ですが首都高を往復してメーター燃費を図ってみたところ、時速90km前後のスピードで約20.0km/Lとなりました。

ミニバンとしては破格のスペックを達成しています。これは満足のいくエコ性能といえるでしょう。

車種:フリードハイブリッド

全長×全幅×全高

4215mm×1695mm×1715mm

ホイールベース

2740mm

車両重量

1390kg

駆動方式

FF

エンジン

1.5リッター直4SOHC

最高出力

65kw(88ps)/5400rpm

最大トルク=132Nm(13.5kgm)/4200rpm

モーター出力

10kw(14ps)/1500rpm

モータートルク

78Nm(8.0kgm」)/1000rpm

トランスミッション

CVT

JC084モード燃費

21.6km/L

車両本体価格

229万5000円

→ ポイントは「シエンタとの競合」 新型フリードの賢い値引き術を公開!


スポンサーリンク

ホンダ・フリードハイブリッドジャストセレクション7人乗り

gallery_big01[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/

ホンダ・フリードハイブリッドジャストセレクション7人乗り(FF/CVT)

車両本体価格

263万7300円

ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、ハイブリッドモデルが追加されました。

21.6km/L(JC08モード)の燃費性能を誇る、多人数向けHVの乗り味はどうでしょう。

crsm0000000000[1]

引用:http://carcast.jp/11658

ホンダ・ミニバン初のハイブリッドが「フリード」から登場しました。「フィット」ベースのコンパクトミニバン「フリード」は、ホンダ自身も驚いているようなヒット作となっています。

2008年5月の発売から3年間で27万台もの売り上げを上げています。

ホンダ全体のなかでも、フィットに次ぐセカンドベストセラーとなっています。マイナーチェンジを機に”ちょうどいい”ミニバンにもハイブリッドをのせて商品力アップを図るというわけです。

パワーユニットは1.5リッターのIMAを搭載しています。

4気筒SOHCのエンジン本体は「CR-Z」や「インサイト エクスクルーシブ」の搭載した4バルブではなく、2バルブのユニットとなっています。1.3リッターの「インサイト」や「フィットハイブリッド」のエンジンを今回、1.5リッターに拡大したものとなっています。

エンジン出力は1.3リッターと変わらず、最大トルクが12.3kgmから13.5kgmに向上したのが目立つ違いです。

エンジンをアシストするIMAシステムもこれまで通りで、現行のホンダハイブリッドは1.3リッターでも1.5リッターでも、モーターは同一スペックとなっているのです。

駆動用バッテリーも、形状を含めて同じものが使われていて、高い汎用性を持つのがホンダIMAの特徴といえるでしょう。

freed7[1]

引用:http://carvilogger.com/honda/freed-tigai/

今回試乗したのは7人乗りの「ジャストセレクション」になります。

車重は1400kgで、7人乗りのフリードハイブリッドは1.3リッターハイブリッドのフィットより270kg、フィットシャトルより200kgほど重くなっています。

ホンダ・ハイブリッド随一のヘビー級ははたしてちゃんと走るのだろうか?というのが興味のポイントでしょうが、充分に元気なホンダ車となっています。

1.5リッター化によるトルクアップの効果はてきめんに表れていました。

エンジンは基本的に回りっぱなしで、”電動アシストエンジン”ともいえるホンダIMAは、普通のエンジン車と変わらない自然さを持つのが特徴となっています。

さらに、モーター系統を変えずにエンジン排気量だけを大きくすれば、アシスト感を含めたモーターのプレゼンスは相対的にますます小さくなります。

フリードハイブリッドはまさにそうなっていて、アイドリングストップがなければ何ら普通の車といってもいいでしょう。

ニッケル水素電池は3列目シートの床下におかれています。

体重56kgの人がいつもサードシートに座っているようなものなので、重量バランスもこれまでのフリードとは違うはずですが、特に違和感は感じませんでした。

「オデッセイ」より17cm全高の大きい背高ミニバンなのにカーブでの安定性はこれまで通りです。

ボディが傾いても粘っこく路面をとらえるサスペンションの豊かな”ストローク感は、まるで「ルノー・カングー」を彷彿とさせてくれます。乗り心地の良さは相変わらずです。

駆動用バッテリ―の搭載で、3列目シート下は65mm上がってはいますが、サードシートの足をその分短くしているので、居住性への影響は出ていません。

「トヨタ・ノア/ヴォクシー」と比べてみると、フリードの外寸は38cm短く、14cm低くなっています。

それからすれば3列7席の広さはよくできていると思います。

フリードハイブリッドにも少し乗ってみました。

リアクオーターウインドウをつぶした後席が気になったので、リアシートに座ってみました。その広さには驚きです。

しかも、座席が運転席より一段高くなっています。これは子供が喜びそうです。

もう一つ、フリードシリーズ全体に言える美点は、ダッシュボードが低く見晴らしに優れ、運転がしやすいというとこになります。

低められたダッシュボードは垂直の壁面を持たず、机の表面に」スイッチが並んでいるというレイアウトで、非常に新鮮に感じました。

今回、燃費は測ることはできませんでしたが、JC08モードでは21.6km/Lで、ガソリン車(16.6km/L)の4割増しとなっていますが、30.0km/Lのフィットには大きく水をあけられた感じです。

しかし、フリードは、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と同じ全長ながら、”邪魔にならないミニバン”というのが結論です。

→ フリーに乗れる高評価、新型フリードの口コミ情報!


スポンサーリンク

まとめ

freed-hybrid[1]

新型フリードは、ハイトコンパクトのミニバンとしてその仕上がりの良さで多くのユーザーの支持を得て、フィットに続くベストセラーカーとなっています。

ハイブリッド仕様が追加されたことで、本来の居住性を損なうことなく、パフォーマンスの向上が図られています。

6・7人乗りの「フリード」、5人乗りに特化した「フリードスパイク」とライフスタイルに合わせて選べる利便性には脱帽です。

まさに車名の由来のとおりで、「フリード」は従来の常識や城跡のとらわれることなくどこまでも自由な発想を追い求めた「FREE(自由な)」+「do(行動する)クルマです・

参考サイト

https://ja.wikipedia.org/wiki/

http://www.goo-net.com/catalog/HONDA/FREED/

http://carview.yahoo.co.jp/article/testdeive/

http://www.webcg.net/articles/

→ 新型フリードを値引き+αでさらに50万円安く買おう!

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク