新型フリード 値引き術!

フリード

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型フリードの値引き方法について情報をまとめました。

2016年の新型フリードはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

→ 2016年9月発売の新型フリード/フリード+の情報はこちら!

モデルとしては、すでに8年が経過してそろそろモデルチェンジではという情報もありますが、現行の新型フリードは、他のライバルを大きく引き離し、好調に売り上げを伸ばしています。

コンパクトでしかも6人乗りあるいは7人乗りと、大人数での移動にはぴったりの新型フリードは、今顔買い時です。

その新型フリードの値引き交渉についてご紹介します。

→ 新型フリードを値引き+αでさらに50万円安く買おう!


スポンサーリンク

新型フリードの特徴とは

gallery_big01[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/

ホンダは「モビリオ」、「モビリオスパイク」の後継として、コンパクトなボディサイズに、使いやすいゆとりの室内空間とスタイリッシュなデザインを融合した新しいコンパクトミニバン「フリード」及び先進のハイブリッドシステムで、確かな走行性と低燃費を両立した「フリードハイブリッド」を発売し、ファミリー層や大人数での移動の多いユーザーから、好評を博しています。

「フリード」・「フリードハイブリッド」は、”フリーライフ・クリエイション”をコンセプトに、ホンダ独自の低床・低重心技術を採用し、街中で取り回しの良いコンパクトなボディサイズながら、大人が3列すべてで快適に座れるゆとりの室内空間を実現し、乗る人すべてが快適で使いやすく、日常から休日の様様なシーンで、ライフスタイルに合わせて自在に使いこなせる新しい価値を持つミニバンを目指して開発されました。

img10[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/img11[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/

バリエーションは、3列シートの2列目に、クラス初のキャプテンシートを採用した6人乗り、同じ2列目シートを6:4分割可能なベンチタイプタンブルシートを装備した7人乗りがあります。

また、両側スライドドアや紫外線を99%カットするフロントドアガラス、アレルゲン物質をほぼ完全に抑制するアレルクリーンシート、プラズマクラスター技術搭載のオートエアコンなど、充実した装備となっています。

さらに、タイプ別設定となりますが、シートをはじめインパネ、ドアライニングなどを明るいシナモンカラーでコーディネートしたインテリアが装備されました。

cinnamon_img[1]

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/

搭載するエンジンは1.5L直4SOHCiーVTECエンジンで、ガソリン車はトルクコンバーター付きCVT(FF)と5速AT(4WD)が組み合わされています。

ハイブリッド車は、1.5LiーVTECエンジン+IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)とCVTの組み合わせで、発進から停車まで状況に応じて【エンジン】【エンジン+モーター】【モーター】と切り替えし、トップクラスの低燃費が実現されています。

今回、上質なシートやクルーズコントロール、パワースライドドア(リア両側)など、さらに装備を充実した特別仕様車「プレミアムエディション」が設定されました。

→ 車中泊にはちょうどいい、新型フリード!


スポンサーリンク

タイプ・価格比較

新型フリード・フリードハイブリッドのラインナップです。

ガソリン車

グラフ6

ハイブリッド車

グラフ7

 

1434691488[1]

引用:http://221616.com/car-topics/

crsm0000000000[2]

引用:http://221616.com/car-topics/

まず新型フリードの最近の値引き額情報を紹介します。

グラフ8
約20万円(平均値)約20万円(平均値)地域や時期による差はあるかもしれませんが、新型フリード及び新型フリードハイブリッドの車両価格の値引き額は

オプションはそれぞれ大きな幅があります。交渉次第といったところでしょうか。

それでは値引き交渉の方法などをご紹介します。

→ ハイブリッド車全7色! ガソリン車全6色! 新型フリードの人気カラーを紹介!


スポンサーリンク

ホンダ・フリード、フリードハイブリッド値引き交渉入門編

006_o[1]

引用:http://autoc-one.jp/honda/freed_hybrid/

フリードを安く買いたい方に向けた、フリード値引き交渉入門編です。

値引き交渉が初めての方でも、フリードから合格ラインの値引きを引き出す交渉術をわかりやすく紹介しています。

簡単なのでぜひ実践してみましょう。

下取り車がある場合には、ディーラーの査定以外にも買取店での査定を受けておくことをお奨めします。

買い取り店での相場を把握しておけば、ディーラー査定が適正かどうかの判断ができますし、査定額の上乗せ交渉もやりやすくなります。

フリードを安く買うコツは

フリードを安く買うコツは、シエンタとの競合です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

引用:http://kakaku.com/item/

トヨタのシエンタは販売的には今絶好調なので、シエンタとの競合が分かるとホンダのセールスさんは無視できません。

仮に「シエンタから10万円値引きが出ている」とホンダのセールスさんに伝えれば、新型フリードからさらに値引きをしてくれる確率が高くなります。

シエンタ以外でフリードと値引き競合できる有効な車種は今のところないので、シエンタとフリードの競合でまずは値引きを引き出しましょう。

ディーラー選びは出来るだけ多く

競合させるシエンタのトヨタディーラーと、新型フリードを購入するホンダディーラーをピックアップしましょう。

家の近くのディーラーや勤務先近くのディーラー、実家近くのディーラーでもいいでしょう。

新型フリードから出来るだけ値引きを引き出すなら、出来るだけ多くのディーラーと商談することをお奨めします。

なぜかというと、今フリードを値引きできるディーラーやセールスさんは、タイミングによって異なるからです。

今月のディーラーやセールスさんの売り上げが十分であれば、限界まで値引きをしてまで新型フリードを売る必要がありません。

こうしたディーラーでは、なかなか値引きが増えないでしょう。

もしくは会社として限界まで値引きをしない方針のディーラーもあるかもしれません。

シエンタのトヨタディーラーもそうですが、いま値引きできるディーラーは、今月の目標やノルマ達成が厳しいケースが多いディーラーです。セールスさんの個人ノルマにも同じことが言えるでしょう。

こうした目標台数を達成出来ていない、今月は厳しいディーラーやセールスさんに当たるには、多くのディーラーと商談する必要があります。

ホンダ同士の競合で新型フリードの値引きの上乗せを

シエンタとの競合でフリードから値引きを引き出すことが基本ですが、競合交渉が頭打ちになって、新型フリードの値引きがこれ以上増えなくなることがあります。

これを打開するには、ホンダ同士の競合が効果的です。ホンダA店のフリードの値引き条件をホンダB点に伝えて、さらにフリードから値引きを引き出す方法です。

ホンダ同士の競合は、ある意味シエンタとの競合よりも効くので、シエンタとの競合である程度値引き条件を出してから、ホンダ同士の競合へ移った方が、より多くの値引きを新型フリードから引き出せるでしょう。

ホンダ同士の競合は別法人同士で

ホンダ同士の競合は、経営する法人が別のディーラー同士を競合させるようにしましょう。経営する法人が同じだと競合になりません。

こちらの住所や名前がディーラーに登録されると、同じ法人なので情報を共有され別のディーラーで商談していることが分かってしまいます。

そうなると同じ会社なので、どちらか一方が降りてきたり、それまでの値引き条件がなくなってしまうこともあり得ます。

ホンダ同士を競合させるなら、別法人同士のディーラーを競合させるようにしましょう。

ホンダは同県内の複数の経営の異なるディーラーが存在します。

さらに越境して県が変われば経営する法人も変わるので、A県のホンダディーラーとB県のホンダディーラー同士で競合させることが可能になります。

新型フリードの値引きと下取りは分けて交渉

下取り車があるなら、新車の値引き交渉と同時に下取り額の上乗せも交渉していきます。

その時はフリードの値引き額と下取り金額とは分けて商談を勧めましょう。

値引き金額と下取り金額がこみこみで商談になると、それぞれの金額があやふやになってしまいます。

安くなったと思っても、実際の金額は「どちらも大したことがなかった」ということもあります。

別々で交渉した方が、結果的にトータルで安くなることが多いので、フリードの値引き額と下取り額は分けて商談を進めていきましょう。

契約前の最後の一押し

シエンタの値引き条件を、ピックアップした各ホンダディーラーにぶつけて、新型フリードの値引き条件を出します。

そして、各ホンダディーラーからの値引き条件を、ホンダディーラー同士でぶつけ合って、フリードからさらに値引きを引き出します。

各ホンダディーラーの中から、契約したいホンダ店を絞って、最後の交渉をしましょう。

最後の交渉では、新型フリードを契約しても良い条件をズバリ伝えましょう。

その時に、「少し無理かな」と思う条件を伝えてみます。

あと5万安くなれば契約してみ良いなら、「あと10万円安くなれば、この場で契約します」などとやってみます。

それが無理でも妥協できる条件まで譲歩しながら、目標金額に近づけることが可能です。

値引きがある程度出ていて、金額的にギリギリのようであれば、数万円程度の無料サービスの要求が効果的です。

数万円分のオプションのサービスを要求したり、オプションから数万円分の値引きを迫ってもいいでしょう。

端数カットや希望ナンバーのサービス、ガソリン満タン納車なども最後に伝えると効果的です。

そして、自分の納得できる条件になれば、新型フリードを契約しましょう。

f11[1]

引用:http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/l

下取り車がある場合は

下取り車がある場合は、最後の最後で査定額をさらにアップする可能性があります。

下取り車があれば、出来るだけ高値で取ってもらい、新型フリード、新型フリードハイブリッドの支払額が安くなるように目指します。

ディーラーの査定だけでなく、複数の買取店などで適正な相場を把握して、少しでも高い金額で売るようにしましょう。

近所の買取店で査定してもらってもいいですし、ネットからも手軽に相場を知ることができます。

 

ネットの一括査定なら、数社から一度に査定をしてもらえるので、とても便利です。

近所の買取店やネット査定で出された査定額をもとに、新型フリードのホンダディーラーやライバル車のディーラーで、値引き額に加えて下取り額の交渉もしていくといいでしょう。

いかがですか。

狙いを定めて、まっしぐらに値引き交渉を進めてください。

新たに、新型フリードのオーナーになられた方の感想はどうでしょうか。

→ 内装は上質、出足が「グッと」出る新型フリードの試乗レポート!


スポンサーリンク

新型フリーのオーナーさんの声

■Yさん

フリードハイブリッドジャストセレクション(6人乗り)

運転しやすく、乗り心地はよく、よく走り、とても良い車です。

前車はR56ミニクーパーSでこれも良い車でしたが、変わらず良い車でした。

フリードは安いからではなく、「3列目は欲しいがたまにしか使わない、コンパクトなミニバンを好む人が選ぶ車」という面があるので、もう少し金額を上げても、インテリ・シートに力を入れて欲しかった。

■Sさん

フリードハイブリッドプレミアムエディション(7人乗り)

モデル末期といわれていますが、外観はスタイリッシュで古さを感じず、乗りつぶすつもりでの購入なのでリセールは考えず、装備、割引を含めるととてもお買い得と思います。

内容も充分です。平日一人、休日3人、時々5、6人乗車で、通勤で毎日長距離を走り、運転が苦手な嫁さんがいる我が家にはまさに「最高にちょうどいい」クルマです。

モデルチェンジを見てから買いたいという気持ちもありましたが、おそらく、トラブル続きだった現行フィットハイブリッドのシステムが載ることや空気抵抗ばかりを考えたようなデザインになってしまう気がして、それに対してはほとんど駆動系のリコールがなかったこのフリードの信頼性、我が家の使用方法であれば20km/L走る経済性を思えば、充分に本型も購入の対象になりえると思います。

→ エコカー減税はハイブリッドのみ適用となる、新型フリードの税金その他を紹介

まとめ

1661[1]

引用:http://carcast.jp/1661

まさに「ちょうどいい」ハイトでコンパクトなミニバン新型フリードは、大人数での移動の多い方やファミリー層、女性にはうってつけのクルマです。

少し狭いところでも、混雑したところでも、運転しやすく、取り回しも楽で安心することのできるクルマです。

出来るだけ安く購入するには、粘り強く、よく調べて交渉に当たりましょう。

気持ちよくお気に入りの”マイカー”ライフには、なによりも信頼性です。それには担当のセールマンとのコミュニケーションが一番です。

よくコミュニケーションとって、いい信頼関係を築きましょう。

 

→ 新型フリードを値引き+αでさらに50万円安く買おう!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク