新型アウトランダー/アウトランダーPHEV 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

アウトランダー

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型アウトランダー/アウトランダーPHEVの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは新型アウトランダー/アウトランダーPHEVの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

価格の違いについてもご紹介しています。

price_01

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev/performance/

スポンサーリンク

新型アウトランダー グレード別価格・値段一覧

■ガソリン車


<4WD>

・24G……2,831,760円

・24G Navi Package……3,284,280円

・24G Safty Package……2,962,440円


<2WD>

・20G……2,538,000円

・20G Navi Package……2,990,520円

・20G Safty Package……2,668,680円


■PHEV

・Sエディション……4,789,260円

・Gプレミアムパッケージ……4,681,260円

・G Navi Package……4,324,860円

・G Safty Package……3,973,860円

・M……3,659,472円


price_02

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev/electricity/

ガソリン車とPHEVでは、価格の開きがとても大きいですね。

基本的にプリウスなどでもガソリン車とPHVとでは80万円程の価格差がありますが、アウトランダーの価格差はさらに大きいようです。

■ガソリン車……2,538,000円~3,284,280円

■PHEV……3,659,472円~4,789,260円

100万円以上の差となっています。

ですが、PHEVの可能性は大きく、特にアウトドア派には価格差以上の楽しみがありますね。

また災害時にはガソリン満タンで最大10日分の家庭用の電力が賄えるといいます。

price_03

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev/electricity/

未だに記憶に新しい熊本地震での車上での避難生活の映像。

エコノミー症候群の危険性があるにも関わらず、体育館などの避難所でなく自家用車で過ごす人々。

現代人にとっては窮屈さよりもプライバシーの方が重要であることがよくわかった災害でもありました。

また災害直後は、建物の中にいることも恐怖を感じる一因になるようです。

大型台風や大地震が必ず訪れる日本では電源確保も大きな防災の一つとなります。

price_04

引用:http://www.47news.jp/news/2016/04/post_20160418184027.html

スポンサーリンク

新型アウトランダーPHEV 価格の口コミ

ガソリン車より100万円くらい高いがオプションが、40万円→20万円へ
下取りが買い取り店より40万円アップで、結構お買い得でした

自分のやりたいことが叶っているので買って良かった。

リヤはフルフラットになり快適。
バッテリー満タンで、一晩電気毛布を使用しても、残量が半分以上ありました。

やはり値引きなどで買いやすくなっているようですね。

とある三菱自動車のイベントに行ったことがあるのですが、アウトランダーPHEV一押しでほとんど他のクルマの営業はしていませんでした。

ちなみにそのイベントとは「ペットの無料メタボ診断」という三菱大感謝祭で石焼き芋や、トン汁などが無料でふるまわれていて、偽装問題発覚直後の集客ための苦肉の策といった印象でした。

会場には三菱カーがたくさん展示されていましたが、アウトランダーPHEVが特等席に鎮座していました。

price_05

引用:https://ameblo.jp/kito-kito-jizou/entry-12098361286.html

同程度のガソリン車やハイブリッド車と比べると割高ですが、海外のPHEVや実際の車の内容を考えれば、かなり安いと思います。

(ベース車250万円、電池100万円、PHVシステム100万円と考えても)

この車を高いと感じるのは、電池やPHEVシステムを考慮しないで、単純にガソリン車と比較するからではないでしょうか。

高いですね。ただ私の生活スタイルだと距離を乗るので、20万キロも走ると燃費差額でレヴォーグ1.6GTSより維持費が安くなる計算です。

毎日60km以上走行しないとお得ではないです。

毎日60kmならプリウスやアクセラ1.5XDの方がコスパ最強です。

売却価格も三菱車は厳しいですから。

なるほど、リセールバリューも考慮しての価格となるとまた違った側面がありますね。

それにしてもやはり20万キロも走らないと燃費差額が埋まらないようです。

毎日60kmというのはけっこうな距離で、日本では通勤にクルマを使っている人でも平均が30km以下だといいますから、当然、燃費だけでPHEVを選ぶということは難しくなります。

PHEVに違う価値観ありきでの選択となりそうです。

price_06

引用:https://clicccar.com/2015/08/18/321743/20150805mitsubishiphev_15/

現状、三菱のブランドバリューでは高過ぎると売れませんが、PHEVにACCなどのe-Assist完備でこのプライスは納得せざるを得ないのではないでしょうか?

メーカーが今後の戦略の軸として本気で売って行く決意を表した「特価」だと思います。
このクルマが市場にじわじわ増えて行けば、三菱の自動車メーカーとしてのポジションは間違いなく高まるでしょうからこの作戦で頑張って欲しいと思います。

それから同様のクルマをもっと増やしていただきたい。
世界に「PHEVと言えば三菱!」を記憶させるチャンスだと思います。

price_08

引用:http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160502-OYT8T50167.html

2016年春の大規模燃費偽装事件は本当に残念でした。
せっかくリコール隠し事件から立ち直りかけていたのに・・・

ただ、このクルマがいいクルマであることに変わりはありません。
日産支援の元、ルールを守るという大原則に立ち返ってもう一度出直して欲しいと思います。

三菱ファンの温かいお言葉です。

エクリプスクロスの発売や、ランサーエボリューションの復活発言など三菱はまだまだこれからです。

三菱は日産・ルノー傘下にはいったとはいえ、これからも三菱らしさを発揮していってほしいと願う人は多くいます。

そういった意味では三菱の要となるのがアウトランダーPHEVですね。

price_07

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev/lifestyle/

スポンサーリンク

新型アウトランダーのおススメ動画

スポンサーリンク

価格の違いについて

新型アウトランダーは、全5グレードが販売されており、2,538,000円~3,284,280円の価格帯となっています。

基本的には「G」、「Safety Package」、「Navi Package」の3系統に分かれています。

SRSエアバッグなど基本的な装備が充実したエントリーグレードの「20G」は254万円、「24G」は283万円となっています。

基本的な装備に加え、より安全なドライブをアシストする「e-Assist」を搭載した「20G Safety Package」は267万円で、2.4Lモデルでは296万円になります。

ナビを含むほとんどの装備が標準の最上級モデル、「24G Navi Package」は328万円の価格設定です。

「なお、グレードによって、自動車取得税、重量税、翌年の自動車税などがかわってきます。」

price_09

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev/styling/

PHEVでは3,659,472円~4,789,260円の価格帯となっています。

廉価グレードではステアリングヒーターや本革シート、アラウンドモニター、e-アシストがオプション選択できなくなっていますので、実際に家庭用とするなら397万円のセーフティパッケージ以上という選択になるでしょう。

最上位グレードのSエディションは電動ガラスサンルーフが標準装備となっています。

2017年はじめに追加されたグレードでビルシュタイン製の高性能ショックアブソーバーを採用し、ボディ剛性と操舵安定性を高めました。

またランサーエボリューションのペダル類やアルミホイールを採用しただけあって価格は479万円と高級車価格となりました。

新型アウトランダーの値引きの方法については、

「新型アウトランダー 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にアウトランダーを購入して下さい。

price_10
引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev/styling/

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク