新型ジムニーシエラ 色・価格・スペック・オプション・エコカー減税の情報!

ジムニーシエラ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



この記事では、新型ジムニーシエラの色、価格、スペック、オプション、エコカー減税などの情報をまとめています。


スポンサーリンク

新型ジムニーシエラの色・カラー紹介!

こちらでは新型ジムニーシエラの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

2トーンカラー:43,200円《JCのみ》

クロスビーでは3トーン、2トーンが話題ですが、スクエアボディのシエラにも、2トーンがデビュー。街乗りではとくに目立つはず。

■キネティックイエロー ブラック2トーンルーフ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/detail/

シフォンアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/detail/

■ブリスクブルーメタリック ブラック2トーンルーフ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/detail/

↓雪道でこのシエラが颯爽と現れると、かなりかっこいい。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/styling/

モノトーン《JC・JL 共通》

キネティックイエロー

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/detail/

キネティック(Kinetic)とは……時計好きならセイコーのキネティックを思いだすはず。これは、腕を振って時計を揺らすことで、内蔵された発電機を回す仕組みです。

引用:http://watch-monster.com/articles/Vykev

発電機が回ればバッテリーに充電し、その電気でクオーツを動かすのがキネティック。

発電構造は機械式で、時計を動かすのはクオーツというハイブリッドですが、まさに今回のジムニーシエラの”堅牢な構造と機構”&”先進安全性”の融合にそっくりです。

シフォンアイボリーメタリック

初代ジムニーのイメージカラーのひとつ。新型はかなり明るいアイボリーですが”なつかしい”カラー!ということで、ジムニストの間では盛り上がるかも。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/detail/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/styling/

ブリスクブルーメタリック

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/detail/

ミディアムグレー

人気色のひとつ。とくに、普段使いのユーザーには好まれているようです。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/detail/

■ブルーイッシュブラックパール3

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/detail/

ジャングルグリーン

一番人気!迷彩カラーと呼ばれるジャングルグリーン。アクティブ派では非常に人気があります。山岳関係者にはとくに受注が多そうなカラー。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/detail/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/styling/

シルキーシルバーメタリック

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/detail/

モノトーン ホワイト:21,600円

□ピュアホワイトパール

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/detail/


スポンサーリンク

新型ジムニーシエラの価格・値段はいくら?

こちらでは新型ジムニーシエラの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

JC

○スズキ セーフティ サポートが標準設定されています。

5MT:1,922,400円

4AT :2,019,600円

JL

JLは、スズキ セーフティ サポートが標準未設定。必要な場合は、42,120円の追加で装備可能です。

5MT:1,760,400円(スズキ セーフティ サポートなし)

5MT:1,802,520円(スズキ セーフティ サポートあり)

4AT :1,857,600円(スズキ セーフティ サポートなし)

4AT :1,899,720円(スズキ セーフティ サポートあり)

スズキ セーフティ サポート
・デュアルセンサーブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・ハイビームアシスト
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能(車両進入禁止、はみ出し通行禁止、最高速度)
・オートライトシステム
・ライト自動消灯システム


スポンサーリンク

新型ジムニーシエラのスペック紹介!

こちらでは新型ジムニーシエラのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

ボディスペック

ジムニーとジムニーシエラの違い……室内の広さは両車共通。違いはボディの”外”部分とタイヤサイズ、エンジンなどです。

対ジムニーで
全長+155mm(バンパー部分)
全幅+170mm(フェンダー部分)
※軽ジムニー:1,475mm→シエラ:1,645mm
全高+5mm

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/styling/

全長×全幅×全高(mm):3,550×1,645×1,730
ホイールベース(mm):2,250
室内長×室内幅×室内高(mm):1,795×1,300×1,200
トレッド前(mm):1,395
トレッド後(mm):1,405
最低地上高(mm):210
車両重量(kg):5MT→1,070 / 4AT→1,090
最小回転半径(m):4.9

燃費性能

燃費(km/L):5MT→15.0 / 4AT→13.6
主要燃費向上対策:可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、ロックアップ機構付トルコン(AT車)

※当然のことながら、アイドリングストップ機能は付いていません。

エンジン

■20年ぶりの新型車、シエラ。もちろんエンジンも新開発となっています。1.5Lはスズキの乗用車ではエスクードやSX4 S-CROSSの1.6Lに続く大排気量車(日産OEMのランディは除く)となりました。

型式:K15B型
種類:直列4気筒 DOHC
内径×行程(mm):74.0×84.9
総排気量(cc):1,460
圧縮費:10.0
最高出力(kW[PS]/rpm):75[102]/6,000
最大トルク(Nm[kgm]/rpm):130[13.3]/4,000
燃料タンク容量(L):40
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/performance_eco/

シエラは海外では”ジムニー”として売られるグローバルカー。102馬力に130Nmというトルクも目を引きますが、やはり”整備しやすいエンジン”であることが大事。

乗り手もクルマの構造を勉強するのに最適なエンジン、といえるのではないでしょうか。

↓インドネシア、インド、ミャンマーで売れているエルティガ。7人乗りの小型ミニバンだが、2代目(2018年〜)のエンジンがK15B型。シエラと共通だ。

引用:https://www.autoindustriya.com/auto-industry-news/iims-2018-all-new-suzuki-ertiga-takes-aim-at-the-mobilio-avanza.html

足回り

ステアリング:ボール・ナット式
ブレーキ形式:
・前→ディスク
・後→リーディング・トレーリング
懸架装置:
・前後→3リンクリジッドアクスル式コイルスプリング
スタビライザー形式:前→トーション・バー式
タイヤ:195/80R15 96S

ラダー(ハシゴ)フレームの代名詞、ジムニー。今回はクロスメンバーやXメンバーの追加で、堅牢性が増した!

1トンもの重量を持つジムニーシエラ。そのフレームはラダー式です。

岩場や崖、沢を走った人ならシエラの”腹”をこすってしまったことは一度二度では済まないはず。普通のクルマなら、ちょっとした衝撃でクルマのバランスが狂ってしまうことがありますが、ジムニー&ジムニーシエラならありえません。

とくに、クロスメンバーはあとで取り替えることが可能。さらにクロスメンバーの追加はフレームの剛性を数倍以上に高めることに成功しています。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/performance_eco/

3リンクリジッドアクスル式コイルスプリングは、南米やロシアではとくに注目されている!

下の画像は、ロシア・スズキのジムニーサイトのもの。”小さなタンク”の愛称で呼ばれるジムニーシエラの最も信頼されている部分が、リジッドサスペンションです。

ちなみに”タンク”とは、南米やロシアでは戦車を意味する言葉。戦車は乗ってみるとわかるのですが、どんな場所でも登り降りできる反面、乗り心地は最悪。

昔は南米でタンクと呼ばれた トヨタランドクルーザー でさえ後輪も独立懸架、前輪に至っては高級車御用達のダブルウィッシュボーンサスを採用。ランクルはもはやタンクではありません。

つまり、現在なお世界で”タンク”と呼ばれるのは、もはやジムニーシエラくらいしかない、のです!(乗り心地は改善されています!!)

引用:https://www.bigjimny.com/forum/6-jimny-chat/37920-customized-jimny-for-sale-in-brazil.html

ジムニーの”3リンクリジッド”は、シャーシの左右にあるコイル型スピリングと2本のトレーリングアーム、そしてラテラルロッド1本によって車輪に加わる力を支えています。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/performance_eco/

これを3リンクリジッドサスペンションと呼びます。

前後にかかる力はトレーリングアーム、ラテラルロッドは横にかかる力に対してクルマを支えます。整備もしやすく、どんなジャングルでも入って行けるジムニーシエラ。

厳寒の森林でも活躍できることから、地球上で最も厳しい場所で活躍できるのです。

↓前輪部分のラテラルロッドが見える画像。この構造はタイヤ接地面からのクリアランスを広く取れるメリットとなる。独立懸架式のサスペンションでは”腹を擦る”ロケーションでも、ジムニーには無縁!

引用:https://www.suzuki-motor.ru/auto/jimny/

3アングルからみた、ジムニーシエラの優位性

アプローチアングル、ランプブレークオーバーアングル、デパーチャーアングル……3つの角度は”対地障害角”と言い、オフロード性能の高さを示す基準です。

オフロードカー比較では、トヨタ ランドクルーザープラドの3アングルを見てみましょう。

引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/performance/performance/?padid=ag341_from_prado_perf_performance

続いて、ジムニーシエラの3アングルです。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/performance_eco/

■アプローチアングル比:31° / 36°
■ランプブレークオーバーアングル比:22° / 28°
■デパーチャーアングル比:28° / 50°
と、いずれも シエラ プラド よりもオフロード性能が高いことが分かります。


スポンサーリンク

新型ジムニーシエラ オプションまとめ!

こちらでは新型ジムニーシエラにはどのようなオプションがあるかなどをご紹介しています。

スズキ セーフティ サポート:42,120円

スズキ セーフティ サポート(JLにOp設定、JCは標準設定)

○デュアルセンサーブレーキサポート

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/safety/

○車線逸脱警報機能
○ふらつき警報機能
○ハイビームアシスト
○先行車発進お知らせ機能
○標識認識機能(車両進入禁止、はみ出し通行禁止、最高速度)

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/safety/

○オートライトシステム、
○ライト自動消灯システム

過去のジムニーでは信じられない安全性能の充実ぶり。これは、シティ派のユーザーにも気軽にドライブできるクルマとして、人気が出るはず。

新型ジムニーシエラのエコカー減税他自動車税まとめ!

こちらでは新型ジムニーシエラのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。

新型ジムニーシエラはエコカー減税対象車

エコカーの2要素《低燃費》《排出ガスの環境基準》は、ほとんどの軽自動車が適用。

では、軽自動車ボディにオーバーフェンダー、フロント&リヤオーバーハングを伸ばして、1.5Lエンジン搭載…シエラはエコカー基準ではないのでしょうか?

実は、重量が1トン超えのシエラに対し、同じスモールボディのイグニス(全長3,700mm、シエラは3,550mm)では、車重が880kgと920kg。そして、エンジンは1.2Lのマイルドハイブリッドです。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/styling/

ジムニーシエラは、悪路走破性に優れた完璧なオフロードカー。エコカーではありませんが、自然に立ち向かう走りのためには、必要最低限のパフォーマンスを見せてくれるのは間違いないでしょう!

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/interior/

新型ジムニーシエラは、大評判!納期が1年以上…という話も伝わっています。そのパフォーマンスはやはり試乗してみないとわからないでしょう。

それも、オンロードだけでなくできれば登坂、下り坂、悪路などを積み重ねることができれば、その実力に驚くはず。

プロ御用達のクルマではありますが、ぜひさまざまなユーザーに乗って頂きたいクルマのひとつ、と言えそうですね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク