新型クラウンは2018年発売!?価格や内装を予想!

特集!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



日本を代表する高級セダン、トヨタ クラウン。15代目となるクラウンは2018年夏にデビュー。17年の東京モーターショーではクーペスタイルのCピラーと、斬新なフロントデザインで話題を呼びました。

予想される新型クラウン情報をまとめました。


スポンサーリンク

新型クラウン 2018 価格予想

1

引用:https://icdn-7.motor1.com/images/mgl/PjN4W/s1/toyota-crown-concept.jpg

今回のモデルチェンジは、”アスリート”と”ロイヤル”。現行アスリートは2Lと2.5L、現行ロイヤルは2.5Lでともにガソリンとハイブリッドの2グレード。

クラウンと言えば、マジェスタが 3.5Lで数少ないV6サウンドを聞かせてくれることで有名。ところが、新型は”2Lガソリン直噴ツインスクロールターボ8AR-FTS型エンジンをそのまま採用。

パワーユニットに関しては、”2.5Lハイブリッド”もそのまま、そして”V6 3.5L仕様も存在”します。V6エンジンでは、スープラがBMW製のエンジンを搭載しますが、トヨタ製セダンでV6を残す……これは英断!ということになるでしょう。

マジェスタはなぜ今回のタイミングでFMCなし?実はマジェスタは廃止のようです。3.5L、V6搭載はおそらく新しいクラウングレードが出てくることになりそうです!クラウン好きの方なら、まずはアスリートとロイヤルの直4を試してからこの新グレードを考える…ということになるかもしれませんね!

1

引用:http://carnews.types-cars.com/2017/10/toyota-crown-concept-hails-arrival-of.html

価格は現行型から====

◆クラウン アスリート:396~618万円
◆クラウン アスリート ハイブリッド:439~606万円
◆クラウン ロイヤル:381~545万円
◆クラウン ロイヤル ハイブリッド:439~598万円
◆クラウン マジェスタ ハイブリッド:642~714万円

実は、日本ではあらゆる年齢層で購入されることを念頭に作られる”唯一のトヨタ製セダン”がクラウン。となると、400万円程度から800万円程度の価格設定は変わらないと言えるでしょう。

ただ、今回はTNGAボディを採用し、足回りもかなりしっかりした作り。ニュルブルクリンクでは”クラウンがここまで走るとは!”とトヨタの開発陣が一番驚いていた、ということで、その噂はドイツでも確実に伝わっていると思われます。

トヨタの狙いは”日本にも凄いセダンがある!”ということを知らしめることにあるはず。新型クラウンの本命は”GRクラウン”でしょう。

とくに、今回はGRクラウンが発売される可能性が高まっています。クラウンが唯一の”公用車”、”社用車”、”プライベートセダン”、”スポーツセダン”となるのかもしれません!!

1

引用:http://autoc-one.jp/toyota/crown_athlete/newmodel-5000266/photo/0023.html


スポンサーリンク

新型クラウン 2018 内装は?

クラウンは日本専用車と中国で生産されるクルマに大別できます。ただ、今回の15thクラウンはわざわざドイツに車両を運び、走行テストを繰り返しました。つまり、日本か中国などの東南アジアでしか走らせないクルマですが、走りは欧州車と互角かそれ以上のレベルに仕上げたわけです。

これは、メルセデス・ベンツ、BMWといった強力なセダンライバルを意識した結果。走りでもクラウンのポテンシャルを高めたことは想像できるでしょう。

2017年10月の東京モーターショーでの画像では、現行モデルと比べて、それほどの変化は感じられません。が、マルチタッチパネルディスプレイの上部にセンターパネルがあることに注目です。

1

引用:https://1.bp.blogspot.com/-JhxJ8nD6Q7Y/WfC5YBZoUeI/AAAAAAABMZM/v7ea_It5NjwdeHGL1ayIb9gpnHTdYo_QwCLcBGAs/s1600/toyota-crown-concept-tokyo-livepics-8.jpg

↓現行のクラウン アスリート。ダッシュボード形状が若干違うのが見て取れる。

1

引用:https://toyota.jp/crownathlete/interior/

↓現行のクラウン ロイヤル。木目調のセンターコンソール、ドアトリムなど乗ってみると高級感が伝わってくる様式。

1

引用:https://mycar-review.com/wp-content/uploads/2016/12/crownroyal_inpane.jpg

↓新型クラウンのシート。パーフォレーション仕様で、汗をかいてもストレスを感じないシートになる設定になると思われる。

1

引用:http://carnews.types-cars.com/2017/10/toyota-crown-concept-hails-arrival-of.html

1

引用:https://i1.wp.com/car-japan.info/wp-content/uploads/2017/10/Toyota-Crown-Concept-17-850×567.jpg?ssl=1

↓ステアリングヒーターが備わる、本革巻き仕様。安全性能”Toyota Safety Sense P”のレーンディパーチャーアラートでは、ステアリング操作に制動力が加わり、安全走行を高める。

1

引用:http://autoc-one.jp/toyota/crown_athlete/newmodel-5000266/photo/0044.html

1

引用:http://carnews.types-cars.com/2017/10/toyota-crown-concept-hails-arrival-of.html

1

引用:https://car-research.jp/directimgsymln/2017/10/crown-concept-rearseat.jpg

1

引用:http://autoc-one.jp/toyota/crown_athlete/newmodel-5000266/photo/0058.html


スポンサーリンク

新型クラウン 2018 のサイズは?

1

引用:http://carnews.types-cars.com/2017/10/toyota-crown-concept-hails-arrival-of.html

◆全長:4,910mm
◆全幅:1,800mm
◆全高:1,455mm
◆ホイールベース:2,920mm

新型クラウンは、全長4.9m。全幅はクラウンの伝統”1.8m以下”を死守しています。これは官公庁に納車されることを前提としたサイズであることを示しています。

ホイールベースが2,920mm……従来が2,850mmであったことから、70mmの拡大。これは後部座席の足元空間の広さが広がることを示しています。ミニバンブームで広い室内空間がもてはやされていますから、同感ですね!

1

引用:http://carnews.types-cars.com/2017/10/toyota-crown-concept-hails-arrival-of.html


スポンサーリンク

新型クラウン 2018 にアスリートはある?

1

引用:http://carnews.types-cars.com/2017/10/toyota-crown-concept-hails-arrival-of.html

クラウンオーナーの中でも、アスリートは若々しいイメージの車両。ボディカラーもブルーやピンクなどが発売されました。新型クラウンでも、もちろんアスリートは健在のようです。センターグリルもアスリートが一番似合う形状ですね!

1

引用:http://autoc-one.jp/toyota/crown_athlete/special-5001128/photo/0019.html

新型クラウンは2018年6月発売予定。動力性能やスペックはもうじき発表!セダン好きの方は、ぜひクラウンも候補に入れて、クルマの購入リストを作っておきましょう!!

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク