新型クラリティ PHEV 値引き術・口コミ・燃費・納車や試乗、車中泊の情報!

クラリティ PHEV

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



この記事では、新型クラリティ PHEVの口コミ、燃費、納車情報、試乗レビュー、値引き方法などの情報をまとめています。


スポンサーリンク

新型クラリティ PHEVの口コミ評価 評判まとめ

引用:https://clicccar.com/2018/07/22/611071/

こちらでは新型クラリティ PHEVの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

新型クラリティ PHEVは2018年7月20日に発売されましたが、本稿執筆時点(2018年9月末)では納車をされたオーナーの口コミ評価・評判が出揃いませんでした。

そこで今回は車関係の著名な媒体様に掲載されているレビュー等の中から引用させていただきたいと思います。

スタイリングはFCVと同じかと思ったら、細部が異なっていた。フロントグリルはクロームメッキのモールが一直線になり。リアにもモールが入った。ルーフは黒ではなくなり、フロントフェンダーのエアアウトレットはなく、ホイールのデザインは別物だった。

それ以上に感じたのは、2年前は違和感さえ覚えたスタイリングが受け入れやすくなったことだ。その後国内では「シビック」、米国ではアコードやインサイトが、軒並み同じファストバックスタイルに衣替えしたことが大きい。これが今のホンダのセダンスタイルなのだと納得した。

筆者にとって初のエンジン付きクラリティは、予想以上に静かだった。耳を澄ましていないと始動したかどうか分からない。でも望むだけの加速は十分に得られる。モード数値で100km以上電動走行可能というデータに納得である。これなら普段使いはEVだけでまかなえるだろう。

ECONやスポーツなどのドライブモードも用意されていた。前者は基本電動で、アクセルペダルを踏んでいくとエンジンが始動するタイミングでクリックするような感触が返ってくる。スポーツはレスポンスが鋭くなるだけでなく、メーター照明が青から赤に変わり、パドルで操る4段階の回生ブレーキはマニュアルモードになる。これ以外にバッテリーキープやチャージのモードもある。

記憶の中にあるFCV仕様は、多くのメカニズムをノーズに収めた弊害で前が重く、重心が高い印象があった。それに比べるとPHEVははるかに自然にコーナーをクリアできる。前後重量配分は57:43でFCVと同じだというから、重心の低さが功を奏しているのだろう。

これに合わせてサスペンションも設定し直したようで、ストローク感のある乗り心地と接地感を味わうことができた。身のこなしはさほど鋭くはないけれど、全長4.9mのセダンとして不満はない。シートのサポート性能がもう少し欲しいと思ってしまうほど、“走れる”クラリティに変身していた。(webCGより抜粋)

「FCV」というのはトヨタミライのような燃料電池自動車のことですが、クラリティは2016年3月に「クラリティ FUEL CELL」という燃料電池自動車を先行発売しています。そして2017年8月にアメリカのカリフォルニア州とオレゴン州でPHEVとEV(電気自動車)をリース販売、日本では2018年7月にPHEVが販売開始したわけです。

つまり日本では現在クラリティ FUEL CELLとクラリティPHEVが併売されている状態です。

そしてこの2車種は外観上に若干の違いがあります。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/39124#image-14

ここ左がFUEL CELL、右がPHEVです。主にホイールとグリル、ルーフのデザインなどが異なります。

「ファストバックスタイルが違和感なく受け入れやすくなった」という点は同感で、確かにシビックの登場で免疫はついていたような気がします。新型クラリティ PHEVを最初に見た時に思い出したのは、1999年に発売されたホンダ初のハイブリッド車、初代インサイトです。

引用:https://www.carsensor.net/contents/market/category_1491/_63332.html

ルーフからリヤにかけての急な傾斜は明らかにファストバックではなく初代インサイトはハッチバックですが、空力特性を狙ったリヤホイールスパッツは新型クラリティ PHEVにもその面影が残っていると思います。

ただしこれは単にアイデンティティやノスタルジーの問題から残されているわけではなく、フロントからリヤに空気が抜けるように空力効果を狙ったものです。

引用:https://www.honda.co.jp/CLARITYPHEV/webcatalog/styling/design/

正直なところ新型クラリティ PHEVのエクステリアデザインは好みがかなり分かれるとは思います。

走行性能についてはFUEL CELLとの比較においてのアドバンテージに言及されていますが、概ね高評価がされているようです。

別のレビューも見てみましょう。

それ以前にクラリティには大問題がある。デザインである。これをよしとする感覚がさっぱりわからない。いや、デザインは好みの問題だ。ここは私の感覚がずれていると譲るとして、許せないのは内装である。

ドアポケットは、プラスチックのちゃちさを前面に押し出したセコさ。グローブボックスを開けたときに感じるがっかり感、使い勝手の検証はしたのかと腹立たしさを感じさせるドリンクホルダー。500万円を超えるクルマでよくぞここまでケチれたものだと情けなくなる。

走りはいいのに、内外装のデザインやあしらいとの落胆のギャップに、ふと中学生時代を思い出した。クラスにひとりか二人、すごくアタマがいい秀才がいたけれど、私服姿は超絶ださくて彼氏には絶対したくないと女子が囁きあったものだ。ああ、勉強一筋なんだなあ。しかし、中学生はそれでいい。恋の季節になればかっこよく変身してくれることだろう(期待)。

でも、クルマはそれじゃ、ダメだと思うんだよね。(responseより抜粋)

案の定というか、エクステリアデザインへのダメ出しが見られました。

そしてこのレビューではインテリアの質感へも厳しい意見が寄せられています。

引用:https://www.honda.co.jp/CLARITYPHEV/webcatalog/interior/design/

後ほど紹介しますが筆者も新型クラリティ PHEVには試乗をしたのでインテリアデザインや質感を実際にこの目で確かめています。

インテリアデザインはエクステリアデザインほどの斬新さやときめきはなく、極めて凡庸な印象を持ちました。質感は全体的に悪印象まではないものの、質感はそれほど高いとは思いませんでした。

念のため触れておくと、新型クラリティ PHEVの価格は5,880,600円です。約600万円というお金をこれから出そうかという人を納得させるものか、と問われると、これは厳しいのではないか、というのが個人的な意見です。


スポンサーリンク

新型クラリティ PHEVの燃費紹介!

引用:https://www.honda.co.jp/CLARITYPHEV/

こちらでは新型クラリティ PHEVの燃費に関するデータをご紹介します。

メーカーが公表している新型クラリティ PHEVの燃費は以下のとおりです。

クラリティ PHEV
JC08モード28.0km/L
WLTCモード24.2km/L
市街地モード(WLTC-L)23.0km/L
郊外モード(WLTC-M)24.3km/L
高速道路モード(WLTC-H)25.1km/L

新型クラリティ PHEVの燃費はJC08モードとWLTCモードの両方が公表されています。

JC08モードは日本独自の燃費計測方法ですが、WLTCモードは世界共通のものです。従来燃費は各メーカーが販売する国の基準に合わせて計測をしていましたが、これは手間もコストも掛かるということで決められた国際的な統一基準がWLTCモードです。

WLTCモードはJC08モードに比べるとより実際のユーザーの使用環境を反映した計測方法となっている上、市街地や郊外、高速道路といったステージ別の燃費も計測されます。

2018年10月以降に発売される新車はWLTCモードでの燃費表記が義務付けられています。

さて新型クラリティ PHEVの燃費ですが、決して悪い数字ではないものの登場する車が軒並み低燃費となっている昨今のご時世を考えると必ずしも目立って良いものではありません。

ちなみに多くの人が比較検討するであろうトヨタプリウスPHVの燃費は、JC08モードで37.2km/L(オプションの扁平タイヤ装着の場合は30.8km/L)となります。この手の車を買う人は何よりも燃費を最重視する傾向にあると思いますが、そうなると新型クラリティ PHEVはやや分が悪いと言わざるを得ません。

なお新型クラリティ PHEVの充電電力使用時走行距離はJC08モードで114.6km、WLTCモードで101.0kmです。つまり満充電の状態で電気だけで約100km走れるということになります。一方のプリウスPHVはJC08モードで68.2km(オプションの扁平タイヤ装着の場合は55.2km)なので、この点は新型クラリティ PHEVがリードしています。

電力消費率は新型クラリティ PHEVがJC08モードで7.67km/kWh、WLTCモードで6.76km/kWh、プリウスPHVが10.54(8.65)km/kWhです。これは1kWhの電力でどれだけの距離を走れるか、という指標ですが、プリウスPHVの方がより長い距離を走れることがわかります。


スポンサーリンク

新型クラリティ PHEV 納車ブログまとめ!

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20180821-20104193-carview/photo/13/#contents

こちらでは新型クラリティ PHEVの納車に関するブログのデータをまとめています。

2018年9月末現在、新型クラリティ PHEVの納車までにかかる期間(納期)は約3カ月となっています。

ホンダが発表している新型クラリティ PHEVの国内年間販売目標は1,000台となっており、販売にはあまり力が入れられていない様子が伺えます。

これは恐らく生産体制にも影響を与えられていると思われ、新型クラリティ PHEVは需要を見越して受注前に人気のカラー、人気のオプションを装着したものをあらかじめ生産しておくようなことはないでしょう。つまり真の意味での完全受注生産となる上にある程度まとまった数の受注が入ってから生産を始める、という体制のため納期が長めになっているのかもしれません。

できるだけ短い納期で新型クラリティ PHEVを納車して欲しい!という人は、なるべく早めに注文を入れるようにしましょう。

なお納期を短くするための一般的な方法としては「展示車落ち、試乗車落ちを買う」「登録済未使用車を買う」という選択肢があります。

前者は文字通りディーラーのショールームに展示してあった車両、試乗に使われた車両がその役目を終えた際に売ってもらうことです。通常はディーラー系列の中古車センターに流れることが多いですが、その前にひと声掛けてくれるようにディーラーの営業マンにお願いしておくと、運が良ければゲットできることがあります。

引用:https://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU8716096118/index.html?TRCD=200002

これはディーラーで使われていた試乗車が系列の中古車センターに流れて販売されているものです。

後者は様々な理由でディーラーが「自社買い」して登録をかけた新車を中古車市場で買うことです。こちらはディーラー系列の中古車センターはもちろん、登録済未使用車を専門で扱っているような中古車販売店で買うこともできます。

引用:https://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU8370056982/index.html?TRCD=200002

これは某中古車販売店で売られている登録済未使用車です。

どちらも中古車検索サイトで掲載車両を年式の新しい順、走行距離の少ない順などで並び替えると比較的簡単に見つかりますが、必ずしも自宅の近所の販売店とは限らないこと、自分の望むボディカラーやグレードとは限らないことは頭に入れておく必要があります。


スポンサーリンク

新型クラリティ PHEVの試乗レポートまとめ!

引用:http://dealer.honda.co.jp/hondacars-higashihiroshimanaka/ja/car_demo/3886036101_727701.html

こちらでは新型クラリティ PHEVの試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

今回筆者は某ディーラーで新型クラリティ PHEVの試乗を行うことができましたので、そのレポートをお届けしたいと思います。

エクステリアデザインは先行して販売されているクラリティ FUEL CELLとあまり差がないこと、最近のホンダ車と共通性のあるデザインであることから特にインパクトはありませんでした。ただやはりリヤタイヤカバーは少々目につきました。

空力特性に寄与することはわかりますが、デザイン的にスマートかと聞かれると「?」というところです。個人的にはあまり好感は持てませんでした。

インテリアについては口コミでも触れたように良く言えば奇をてらっていないオーソドックスなデザイン、悪く言えば凡庸でつまらないデザインです。新型クラリティ PHEVのように先進的かつ未来を感じさせてくれるような車は、それを投影するようなワクワク感のあるデザインであって欲しかったように思います。

引用:https://autoc-one.jp/honda/clarity_phev/report-5002587/photo/0065.html

ちなみにインテリアカラーはホワイトアイボリーとブラックが用意されておりチョイスするボディカラーによって変わります。プラチナホワイト・パール、プレミアムディープロッソ・パール、コバルトブルーパールを選ぶとホワイトアイボリー、スーパープラチナ・メタリック、モダンスティール・メタリック、クリスタルブラック・パールを選ぶとブラックになります。

個人的にはブラックの方が引き締まっていて好みですが、空間の広さを感じさせるのはホワイトだと思います。

各部の質感は可もなく不可もなく、という感じですが、約600万円という価格に対して相応かどうかは疑問です。少なくとも筆者が過去に試乗した同価格帯の他の車種に比べるとやや質感は低かったように思います。新型クラリティ PHEVの価値は環境負荷が少なく低燃費であることにあるのはわかりますが、乗っている間中ずっと目に映り手で触れるインテリアの質感はもう少し高くして欲しかったところです。

スイッチ類の使い勝手自体は良いと思います。

走らせてみた感想ですが、都内郊外の幹線道路を10km程度試乗した限りではエンジンがかかることはほぼありませんでした。

新型クラリティ PHEVは走行モードを「ECON」「SPORT」「HV」と切り替えられるようになっており、最初はECONで走行しました。

引用:https://www.honda.co.jp/CLARITYPHEV/webcatalog/performance/driving/

ECONはできるだけモーターのみでの走行をするモードで、エンジンがかかりそうになるとアクセルがクリックされて足裏に合図が伝わるようになっています。つまりクリックされたらアクセルを少し戻す、ということを繰り返せばエンジンがかかることはないわけです。

引用:https://www.honda.co.jp/CLARITYPHEV/webcatalog/performance/ecology/

ECONでの力強い走りは期待していませんでしたが、実際に運転してみると発進時からグイグイと力強い加速と共に速度が伸びて行き、力強さを感じさせるものでした。制限速度プラスアルファ程度まで加速をしてみましたが性能的には十分過ぎるもので、一般道の走行はモーターのみでこなせるはずです。

SPORTはECONに比べるとアクセル操作に対する反応がより敏感になりスポーティーさを感じます。スムーズではあるものの新型クラリティ PHEVの性格を考えるともう少しジェントルに走りたい、と思わせられました。ワインディングなどを走らせる時に使うと面白いかもしれませんが、普段はECONがベターだと思います。

HVはモーターとエンジンの両方を使って走るというよりも、モーターで走りながら適宜エンジンでアシストするという形になります。HVスイッチを長押しすることでエンジンを専ら発電機としてバッテリーの充電用に使う、という使い方もできます。HVモードでも走ってみましたが、エンジンが回り始めたことはまったく気づきませんでした。つまりそれだけ新型クラリティ PHEVの静粛性が高く、エンジンの動きがスムーズだということです。

新型クラリティ PHEVを試乗してみて一番印象に残ったのはコーナリングの楽しさです。

新型クラリティ PHEVはバッテリーなど大きなパーツをシート下部に多数収めているせいか、車両重量の割に重心が低い上、前後の重量配分のバランスの良さを感じます。

引用:https://autoc-one.jp/news/5002459/photo/0162.html

何でもない交差点でも気持ちよくスムーズに曲がることができるため、力強い加速とも相俟って一般道を普通に走るだけでも車を走らせる愉しみを味わうことができました。

新型クラリティ PHEVの車中泊アイテム!

引用:https://www.honda.co.jp/CLARITYPHEV/

こちらでは新型クラリティ PHEVの車中泊の様子と主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

ここ数年、道の駅や高速道路のSA、PAを活用で仮眠をとりながら車で旅をする車中泊がブームとなっていますが、新型クラリティ PHEVで車中泊は可能なのでしょうか。

結論から言うと、これは非常に厳しいと思います。

2列目シートと3列目シートを折りたたんでベッド状にして寝ることができるミニバン系の車以外で車中泊をする場合、通常は「後席シートを畳んでラゲッジスペースとつなげる」もしくは「前席シートのヘッドレストを外した上でシートバックを目一杯倒し、後席シートの座面とつなげる」という形で寝るスペースを確保します。

しかし新型クラリティ PHEVはこのどちらも不可能です。

新型クラリティ PHEVの後席シートを畳むと以下のようになります。

引用:https://www.honda.co.jp/CLARITYPHEV/webcatalog/interior/utility/

フルフラットにならない上、ラゲッジスペースと乗車スペースが完全につながりません。体の小さい人ならラゲッジスペースに足を向ける形で体を横たえることができるかもしれませんが、身動きをとるのも厳しい状態になると思います。

つまり新型クラリティ PHEVで車中泊をしたければ、前席も後席もシートに座った状態で眠るしかありません。前席はシートをリクライニングすれば多少体を横たえることはできますが、完全に横にすることはできません。

数時間程度の仮眠ならできると思いますが、十分な睡眠をとるのは難しいといえます。

新型クラリティ PHEVでの車中泊は避けた方が無難なようです。

新型クラリティ PHEVの値引き術!

引用:https://autoc-one.jp/honda/clarity_fuel_cell/report-5002405/

新型クラリティ PHEVはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

2018年9月末現在、新型クラリティ PHEVの値引き額の相場は車両本体価格からの値引きが約5万円、オプション総額からの値引きが約5万円、総額約10万円前後となっています。

比較的渋めの条件となっていますがこれは登場からまだ間もないということと、新型クラリティ PHEVは大幅値引きをしてでも販売台数を稼ぐような車種ではないらしいということが理由だと思います。

今後多少は値引き幅が広がる可能性は考えられますが、基本的には値引きはあまり出ないと思って商談に臨むべきでしょう。

競合させるとしたらプリウスPHVが考えられますが、プリウスPHVの価格帯は300万円台が中心となっていて最上位グレードでも約422万円と新型クラリティ PHEVに比べると約160万円も安いです。競合対象としてはややずれているといえます。

交渉の余地があるとしたら車両本体価格よりもオプション(アクセサリー)です。価格の高めのオプションからは値引きを狙いつつ、細かな用品サービスを交渉して値引き額の上積みを狙うようにしましょう。

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク