新型RAV4 値引き術・口コミ・燃費・納車や試乗、車中泊の情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



この記事では、新型RAV4の口コミ、燃費、納車情報、試乗レビュー、値引き方法などの情報をまとめています。

スポンサーリンク

新型RAV4の口コミ評価 評判まとめ

引用:https://blogos.com/article/370044/

こちらでは新型RAV4の口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

新型RAV4は2019年4月10日に日本市場での販売が開始されましたが、国内では3年ぶりの復活ということで車好きの間では大きな話題を集めています。

そこでここでは新型RAV4を見た人、早くも契約した人たちの評価や評判を紹介したいと思います。

今日、展示車見に行ってきました。私はGZ packageを3月3日予約、4月28日納車予定です。展示車はガソリンGでした。

スモールランプは思っていたよりも輝度高く、店内でも綺麗に視認できました。車内も質感が高く、満足でした。

ハイブリッドG ホワイトパールで契約しました。
白の車体にフェンダー等の黒い部分がアクセントになりカッコいいと感じます。
C-HR ホワイトパールからの乗り換えなのでカラーリングのイメージはほぼ出来ているつもりです。
実車は契約した店舗でダークブルーをしっかりと、
別の近くの店舗でブラックとシルバーを遠巻きに眺めて来ました。
やはり濃い色は塊感があり迫力がありました。

私はHYBRID G ホワイトにしました。
HYBRID ホワイト 、G ブラック、adventure シアンの実車を見ました。
あくまで私の主観ですが一番似合ってのがadventureシアンです。adventureは派手な色が似合いそう
アティチュードブラック?は墨色?
うーん車が小さく見えました。

昨日、ディーラーから展示車が入ったと連絡がありましたので、見てきました!(内々にですが。笑)

グレードはGのホワイトとブラックの2種類。

当方、アドベンチャー希望でしたが、Gも結構イケてましたね!
特にホワイトパールは後ろのサイドピラー?に黒のラインが1本入っててすごくカッコよかったです。
Gにして、ムーンルーフ付けて擬似ツートンもありだなーと思いました。

内装は、前のインパネ部分の革張りがすごく高級感があり、綺麗に仕上がっておりました。

乗り降りは、大きめなのでしにくいかな?と思いましたが、むしろ大きい分乗り降りがしやすく、ドア自体もそこまで重量を感じず、乗り降りしやすかったです。

新型RAV4を見た人の口コミをチェックしていると、外観のデザインを評価している人が多い印象です。

引用:https://autoc-one.jp/toyota/rav4/newmodel-5001863/photo/0020.html

トヨタの開発責任者の話を聞くと、新型RAV4の外観は「ゴツさ」や「力強さ」「たくましさ」というものを前面に押し出し、昨今多くなっている乗用車然とした都市型SUVとは一線を画した路線で勝負をしていく、という戦略のようです。

スポンサーリンク

新型RAV4の燃費紹介!

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/16295017/

こちらでは新型RAV4の燃費に関するデータをご紹介します。

メーカーが公表している新型RAV4の燃費は以下のとおりです。

ガソリン仕様ハイブリッド仕様
WLTCモード15.2-15.8km/L20.6-21.4km/L
市街地モード(WLTC-L)11.5-11.9km/L18.1-19.4km/L
郊外モード(WLTC-M)15.3-16.1km/L22.4-23.4km/L
高速道路モード(WLTC-H)17.4-18.1km/L20.7-21.1km/L
JC08モード25.0-25.2km/L

WLTCモードとは聞き慣れないかもしれませんが、新たな国際的な統一燃費基準として2018年10月以降に発売される車には表記が義務付けられています。

実際の使用状況をより反映した計測方法となっている上、市街地や郊外、高速道路などシーンに応じた燃費が示されるようになったのが大きな特徴です。

なお新型RAV4のように、一部車両には従来までのJC08モードも併記されています(新型RAV4のガソリン仕様のJC08モードは非公表)。

まずガソリン仕様ですが、搭載されるエンジンは2.0Lの直列4気筒、M20A-FKS型となっています。これはトヨタが「ダイナミックフォースエンジン」と呼んでいる新開発のエンジンで、レクサスUXに初搭載されたものです。トヨタでは初採用となります。

引用:https://toyota.jp/rav4/performance/?padid=from_rav4_navi_performance

排気・冷却・機械さ同時などさまざまなエネルギーロスを少なくして熱効率の向上と高出力を実現させており、ガソリン仕様では世界トップレベルの熱効率40%を達成しています。

引用:https://global.toyota/jp/mobility/tnga/powertrain2018/engine/

最大の特徴はピストン内部の鏡面加工を施して低フリクション化を実現させ、表面にレーザー状の細溝を設けることで耐スカッフ性(引っかき傷に対する強さ)を向上させていることです。これが熱効率や燃費の良さにつながっており、世界初の技術となります。

ハイブリッド仕様に搭載されるのは2.5Lの直列4気筒、A25A-FXS型です。これはカムリやクラウン、レクサスESなどに搭載されています。

なお新型RAV4の燃費に関する口コミは見つけることができませんでしたが、同じエンジンを搭載する車の燃費が多少は参考になるのでは、と思い燃費口コミサイト「e燃費」で調べてみました。

ガソリン仕様はレクサスUXで確認してみたところ、ハイブリッド仕様の燃費の口コミの平均は10.58km/Lでした。

レクサスUXのガソリン仕様(UX200)の燃費はWLTCモードが16.4km/L、市街地は12.8km/L、郊外が16.4km/L、高速道路が18.7km/L、JC08モードが17.2km/Lとなっており、新型RAV4のガソリン仕様と比較すると若干優秀です。

引用:https://autoc-one.jp/lexus/newmodel-5003266/photo/0060.html

カタログ燃費に対する実燃費の達成率をみると最低で54%(対高速道路モード)、最高で80%(市街地モード)となっています。

利用状況により大きく異なりますので参考程度にしてください。

街乗り中心であればおおむね10km/L程度走ると考えておけば良さそうです。

ハイブリッド仕様はカムリの燃費の口コミをチェックしてみましたが、平均は18.24km/Lでした。

カムリの燃費はJC08モードでしか公表されていませんが、こちらは28.4-33.4km/Lとなっていますので、対カタログ燃費の達成率は55-64%です。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/36780#image-9

カムリの燃費も新型RAV4のハイブリッド仕様の燃費より良いので、新型RAV4のハイブリッド仕様の燃費は街乗り中心で15km/L前後になると思われます。

スポンサーリンク

新型RAV4 納車ブログまとめ!

引用:https://kakakumag.com/car/?id=12130

こちらでは新型RAV4の納車に関するブログのデータをまとめています。

本稿は新型RAV4の発売直後に執筆しているため、残念ながら新型RAV4が納車されたという情報はまだ入ってきていません。

予約は3月1日から始まっていましたが、そのディーラーによると3月頃までに予約をした分は4月末に納車が始まる、とのことでした。

これから購入する人の納期ですが、ディーラーに確認したところ「今のところ3カ月程度になると思うが、今後受注が殺到すれば納車がさらに先になる可能性が極めて高い」とのことでした。

他のディーラーでは「事前の予約分で既に7月以降の納車予定」という話しもありました。

引用:https://www.netz-toyama.co.jp/blog/staff/2019/04/11/57378/

新型RAV4に対するネットでの反響を見ている限りでは評判は非常に良いですし、ここ最近はミニバン人気がSUV人気にシフトしている状況を考えると、納車がかなり先になるほどの人気になることが予想されます。

1日も早い納車を望むのであれば、1日も早く契約するのが最善です。

スポンサーリンク

新型RAV4の試乗レポートまとめ!

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20181018-20104385-carview/

こちらでは新型RAV4の試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

繰り返しになりますが本稿の執筆は新型RAV4の発売直後のため、ディーラー等での試乗を行うことができませんでした。

そこで今回は各所に掲載されている新型RAV4の試乗レポートを引用させていただき、紹介したいと思います。

私が試乗したのは、ハイブリッドの4WDと、ガソリンの4WD(ダイナミックトルクベクタリング搭載車)である。

一般のオンロードでの印象は、ハイブリッド車のスムーズな加速が好印象だった。走りはじめから力があって、アクセルペダルを踏み込むと、ぐんぐん速度を上げていく。

CVT(無段変速機)のガソリン車は、いっぽうで、少し高めの回転を維持して走ったときによさを発揮するようだ。1500rpmから上のエンジン回転域では、アクセルペダルへの反応もよい。

さきに触れたように、2車は構造が異なる4WDシステムを搭載している。ダイナミックトルクベクタリングとは、カーブを曲がるときなど(とくに後輪に)かかる力を自動制御し、走行ラインが乱れないようにするのを狙ったものだ。

実際にコーナリング中はアクセルペダルに載せた足の力をゆるめる必要はない。踏み込んでいくとリアの外側のタイヤにトルクがかかるのがわかる。

自動車評論用語でいうところの「オンザレール感覚」、レールの上を走るがごときスムーズな軌跡でカーブを曲がっていけるのだ。制限速度内で走っているかぎり、カーブ手前でブレーキングの必要はない、とまで言い切ってしまえるほどだ。飛ばすのが好きなひとは、ドライブモードセレクターで「スポーツ」を選ぶと、かなり楽しめるだろう。

一方で、小石が敷き詰められているようなダート路面では姿勢の安定性が高い。ダイナミックトルクコントロール4WDはアクセルペダルの踏み込み方に応じて軌跡が変わる(これはこれでいいのだけれど)のに対して、ダイナミックトルクベクタリングAWDは摩擦係数が低い路面でも狙ったとおりのラインをとれる。(引用:https://www.asahi.com/and_M/20190410/1520734/)

新型RAV4で最大の注目ポイントは世界初の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」という機構です。

これは異なる2つの機構から構成されています。

まず1つめは走行状況に応じて、タイヤにかかるトルク配分を前後のみならず左右にも独立して配分する「トルクベクタリング機構」です。

前後左右にトルクを自在に配分するので、一般的には「曲がりにくい」とされる4WDでありながら非常に安定感の高いコーナリング性能を発揮してくれます。

引用:https://toyota.jp/rav4/performance/?padid=from_rav4_navi_performance

2つめは4輪を駆動させる必要がない時はプロペラシャフト前後で動力の伝達を切断して低燃費に貢献する「ディスクネクト機構」の2つです。

引用:https://toyota.jp/rav4/performance/?padid=from_rav4_navi_performance

4WD走行の「コネクト」と2WD走行の「ディスコネクト」を瞬時に切り替えて走行します。

なおこのダイナミックトルクベクタリングAWDを搭載するのは、ガソリン仕様のAdventure、G”Z Package”の2つだけです。

GとXの4WDモデルは「ダイナミックトルクコントロール4WD」となります。

こちらは前後のトルク配分のみで、左右のトルク配分は行いません。

またハイブリッド仕様の4WDは従来までのトヨタのハイブリッド4WD同様に「E-Four」です。

2Lガソリンエンジンは直噴式を採用したこともあって、排気量の割に実用回転域の駆動力は2.2L並みに高い。1,600~2,000rpmの低回転域でもそれなりに余裕があって、4,500rpmを超える高回転域では速度上昇が活発になる。RAV4は、車重が1,600kg前後とやや重いこともあってパワフルとまでは言えないが、車格を思わせないような軽快感がともなう。

また、2Lガソリンエンジンはエンジンが回る感覚が滑らかだ。車重に対する排気量が小さいから、アクセルペダルを深く踏み込むような場面もあるものの、それでも大きなノイズや振動は出ない。

対する2.5Lハイブリッドは、2Lガソリンエンジンに比べて動力性能がかなり高く、3Lガソリンエンジンに匹敵するほどだ。アクセルペダルの踏み込み量に対して、早めに高出力を発揮するような設定によって、パワフルな走りを演出しているような印象を受ける。ハイブリッドのモーターは反応が素早く、アクセルペダルを踏み増すと瞬時に駆動力が高まるというメリットもある。(引用:https://kakakumag.com/car/?id=13667)

ガソリン仕様は2.0L、ハイブリッド仕様は2.5L+モーターとなりますが、単純な動力性能はハイブリッド仕様に分があるようです。

ただしハイブリッド仕様はガソリン仕様に比べて車重が重くなるので(AdventureとHYBRID Gの車重差は60kg)、その分の重さを感じるという試乗レポートも散見されました。

引用:https://autoc-one.jp/toyota/rav4/newmodel-5001863/photo/0099.html

ガソリン仕様はハイブリッド仕様に比べて上まで伸びやかに回るエンジンが魅力だと思います。

感覚的な「運転する愉しさ」はガソリン仕様の方が勝っているかもしれません。

RAV4の内装は上質だ。試乗車は、2LガソリンエンジンのAdventureと2.5LハイブリッドのHYBRID G(駆動方式はどちらも4WD)だったのだが、インパネやシートには本物のステッチ(縫い目)が入る。ソフトパッドも使われており、ステッチが模造のホンダ「CR-V」と比べても質感は高い。

フロントシートはシートサイズに余裕があり、肩まわりのサポート性がいい。背もたれの下側と座面のうしろがしっかりと造り込まれていて、座り心地は快適だ。また、リアシートもなかなか快適だ。シートサイズに余裕があって、頭上と足元空間は十分な広さがある。頭上空間も広く、ゆったりと座ることができる。ただし、リアシートには改善すべき点もある。背もたれは、もう少しボリューム感が欲しい。2段階のリクライニングが可能だが、角度が立ち過ぎか、もしくは寝すぎてしまう。中間を加えて、3段階にしたほうがいいだろう。

リアシートの座面の造りは、ノーマルエンジンとハイブリッドで異なる。ハイブリッドは駆動用電池が後席の下に設置されているので、座面の沈み込みが少し足りないように感じる。特にRAV4は、床と座面の間隔が少し狭いために腰が落ち込んでしまい、膝が持ち上がるような座り方になってしまう。ハイブリッドを購入検討する際には、一度リアシートに座って確認してみてほしい。(引用:https://kakakumag.com/car/?id=13667)

新型RAV4の内装については高評価する声が多いです。

引用:https://autoc-one.jp/toyota/rav4/newmodel-5001863/photo/0030.html

デザインは奇をてらっていないシンプルな構成となっていますが、細かい作りや手に触れる部分の質感は高いそうです。

なおシート素材と内装色ですが、Adventureは専用合成皮革にブラック、もしくはオーキッドブラウンで、共にオレンジステッチが入ります。

引用:https://toyota.jp/pages/contents/request/webcatalog/rav4/rav4_main_201904.pdf

G”Z Package”、G、X、HYBRID G、HYBRID Xはどちらもブラック、もしくはライトグレーの内装色を選べます。

シート素材はG”Z Package”、G、X、HYBRID Gが合成皮革+ライトグレーステッチ(内装色ブラックの場合)、もしくはブラウンステッチ(内装色ライトグレーの場合)、XとHYBRID Xがファブリックとなります。

引用:https://toyota.jp/pages/contents/request/webcatalog/rav4/rav4_main_201904.pdf

新型RAV4の車中泊アイテム!

引用:https://autoc-one.jp/toyota/rav4/newmodel-5001863/photo/0049.html

こちらでは新型RAV4の車中泊の様子と主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

新型RAV4は非常に広大なラゲッジスペースを持っていますが、ラゲッジスペースが広大ということは車中泊をする上で非常に有利です。

引用:https://toyota.jp/rav4/utility/space/?padid=from_rav4_utility_space_rearseat#rearseat

これは新型RAV4のラゲッジスペースのサイズです。

2列目シートを畳んだ状態で奥行きが1,880mmとなっていますので、平均的な身長の男性であれば体を縦にして寝ることが可能です。

横幅は最も狭い部分で1,000mmですが、この縦横サイズから計算すると斜め方向のサイズは2,129mmという数字が出ますので、身長188cm以上の人でもラゲッジスペースを斜め方向に使えば寝ることができそうです。

ただしタイヤハウスの部分が横にせり出しているので、多少窮屈さは感じるかもしれません。

そして最小幅1,000mmだと、大人2人が並んで寝るのはかなりギリギリになるはずです。

男性2人だと窮屈さ、息苦しさを感じると思います。

1人が平均以上の体型だと事実上無理でしょう。

男性1人と女性1人なら何とか可能、女性2人、あるいは大人と子どもであれば多少の余裕を持って可能、だと思われます。

引用:https://autoc-one.jp/toyota/rav4/newmodel-5001863/photo/0046.html

ただし、上の画像を見るとわかるように2列目シートを倒した箇所に多少段差がついており、完全フラットにはなりません。

このままの状態で寝るのは(たとえ寝袋を使っても)多少寝心地の悪さを感じるので、車中泊用のマットを使うことをおすすめします。

引用:http://mm-style.jp/SHOP/17792.html

マットを使えば段差は緩和されますし、寝心地も良くなります。

段差を完全に解消したい場合はマットの下にタオルなどを丸めて入れて調整するのがおすすめです。

新型RAV4の値引き術!

引用:https://netz-yokohama.co.jp/shop/kanazawa/

新型RAV4はどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。

その方法についてご紹介します。

本稿執筆時点(2019年4月)での新型RAV4の値引き額の相場ですが、車両本体価格からの値引きが10万円前後、オプション総額からの値引きが約1割から2割前後となっています。

複数のディーラーで聞いてみましたが、5万円程度の値引きから15万円の値引きを提示するところまでさまざまでした。ただし15万円の値引きを提示したディーラーは筆者の知人の務めるディーラーなのであまり参考にはならないかもしれません。

「値引きはしない」というディーラーはなかったので、発売直後の車にしては割と積極的な値引きを出しているという印象を受けました。

最近の新車購入時における値引き交渉の傾向として、車両本体価格からの値引きよりもオプション総額、それもディーラーオプション(アクセサリー)からの値引きの方が出やすい、ということがあります。

そのため車両本体価格からの値引きが天井に達したと思ったら、ディーラーオプションからの値引き交渉に力を入れるのが得策です。

新型RAV4はモデリスタやTRDからドレスアップパーツが豊富に出ていますので、この辺りは特に狙い目だと思います。

引用:https://toyota.jp/pages/contents/request/webcatalog/rav4/rav4_acc_201904.pdf

ちなみにTRDのエアロパーツセットは21万3,840円です。

個人的におすすめなのがラグジュアリータイプのフロアマット、ワイドタイプのサイドバイザー、ラゲージソフトトレイ(ラゲージ部、リヤシート部)、トノカバーの5点がセットになった「ベーシックセット(タイプC)」です。

引用:https://toyota.jp/pages/contents/request/webcatalog/rav4/rav4_acc_201904.pdf

フロアマット、サイドバイザー、トノカバーは欠かせないアイテムですし、ラゲージソフトトレイもあればあったで便利です。セットで購入すると11万1,240円となります。

これらディーラーオプションからの値引きは1割から2割程度狙えますので、特にあれこれつける人は力を入れて交渉すべきです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク