新型ジャガーI-PACE 値引き術・口コミ・燃費・納車や試乗、車中泊の情報!

I-PACE

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



この記事では、新型ジャガーI-PACEの口コミ、燃費、納車情報、試乗レビュー、値引き方法などの情報をまとめています。

スポンサーリンク

新型ジャガーI-PACEの口コミ評価 評判まとめ

こちらでは新型ジャガーI-PACEの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

口コミより

引用:https://car-moby.jp/media?id=405034&post=405157&num=6

走りはテスラと同じ程度

約40分ほどのドライブで都内を走りました。
乗った感じですが、想像通り400馬力でツインモータのAWDですから遅いわけはありません。

テスラと比較しても同等な感じ。EVは静かでいいですね。
それにレスポンスがすごくいいので操っている感があっていい感じです。

エアサスなら、22インチでも柔らかい乗り味

乗り心地ですが、エアサスなこともあって22インチでも段差を柔らかくこなしますし、まったく問題ないレベルです。

途中、フル加速をしてみましたが、むち打ちになりそうなくらいすごいです。この辺りはテスラと同じような感じですね。

スポーツモードでは疑似音が出る

モードは、ECO、コンフォート、スポーツから選べますが、スポーツモードにすると液晶が赤くなったりとやる気モードになりますね。スポーツモードでは、ドロドロと言った疑似音がなってちょっと面白かったです。
(音は設定で消せるそうです)

不満点は?

不満点としては、価格を除いてトランクルームが意外と狭いここと、回生ブレーキの強さが弱くて、完全停止までできない感じでした。
もう少し味付けを変えられるといいですね。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1177/295/html/011_o.jpg.html

オートパイロットはなし

残念ながら、オートパイロット機能がない

残念な点は、I-Paceにはテスラ車にはあるオートパイロット機能はないこと。

I-Paceの内装はE-Paceと同様なラグジュアリーSUVのクオリティーがあり、満足度は高い。

なぜ I-PACE がデビューしたのか?

↓140年もの歴史を持つ、ランドローバーとジャガーの名車

引用:https://www.jaguarlandrover.com/2016/our-passions

I-PACEの年間販売予定台数は、日本国内向けが300〜400台とわずか。ジャガーとすれば、I-PACEはあくまでも”ジャガーのベクトル訴求”の意味合いがあります。

中国でのEV社会構築、欧州でのディーゼルエンジン規制(NOx排出量の上限を1km当たり80mg)など、とくに欧州メーカーへの逆風は大。

高級セグメントのジャガーランドローバーは、PHVではなくEVをデビューさせることで、生き残りを図っているのです。

スポンサーリンク

新型ジャガーI-PACEの燃費紹介!

こちらでは新型ジャガーI-PACEの燃費に関するデータをご紹介します。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/40666#image-18

EVの場合、ガソリンや軽油を入れて走る燃料車の燃費とは計測方法が変わります。理由は、フル充電(満電)の費用が場所や電力会社でバラバラなことや、夏場や冬場の電力消費量の波がなかなか把握できないことです。

カタログベースでのI-PACEは、次のデータが公開されています。

『満電の航続距離:438km(WLTCモード)』

I-PACE のバッテリーは、満電で90kWh。仮に、1kWh=30円とすると満電では約2,700円の電気料金です。

年間走行距離が10,000km程度の場合、ひと月の距離は833km。ざっと2回満電にするのと同じ…と考えるといいでしょう。

年間10,000km乗るユーザーの場合、ひとつきの電気料金は 2,700円×2=5,400円と考えればいいでしょう。

家庭用充電設備を購入する場合は?

引用:http://www2.panasonic.biz/ls/densetsu/haikan/elseev/hojyokin_navi.html

ジャガーのモータースポーツ参戦で、スポンサーとなっているのがパナソニック。上の画像はパナソニックの家庭用充電器のラインナップです。

充電設備は『充電器』『充電用コンセント』『充電用コンセントスタンド』の3点が必要。そして当然200Vの電源を建物側から確保しなければなりません。

『充電器』の定価は17〜87.5万円。『コンセント』は3,500円から49,800円。『コンセントスタンド』は54,700円から19.8万円で、国からの補助金が上限で約半分が支払われます(個別で上限割合が違います)。

初めてEVを買う場合、充電器があるマンションか自宅で整備するか……よく確認しておきましょう。

引用:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/i-pace/electric-vehicles/index.html

スポンサーリンク

新型ジャガーI-PACE 納車ブログまとめ!

こちらでは新型ジャガーI-PACEの納車に関するブログのデータをまとめています。

引用:https://www.jaguar.co.jp/Images/Jaguar-I-PACE-Brochure-1X5902010000BJPJA01P

引用:https://www.carmagazine.co.uk/car-reviews/jaguar/jaguar-i-pace-2018-review/

2018年に発売されたI-PACEですが、まだまだ納車のアナウンスが届いていません。そこで、ここではイギリスのカーサイトの映像をご紹介します。

日本の試乗インプレッションとは違い、”クルマを使い倒す”という視点で、とくにオフロード走行が楽しい!とレポーターがアナウンスしています。

スポンサーリンク

新型ジャガーI-PACEの試乗レポートまとめ!

こちらでは新型ジャガーI-PACEの試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

欧州の試乗レポートより

ジャガー(&ランドローバー)はドイツのアウディやメルセデスベンツとは比べ物にならないほど小さなメーカー。ですが、巨大メーカーを蹴散らすほどの素晴らしい高級EVを完成させました。

テスラSの購入を考えていたなら、I-PACEは手強い相手でしょう。SUVなのにエアサスペンションのおかげで雲の上のような走りを見せてくれます。

94%がアルミニウム、フロントにはダブルウィッシュボーンサスペンション、そしてリアやインテグラルリンク採用は、XE、XFとF−PACEでも同じ。

50:50の前後重量配分、90kWhのリチウムバッテリーは8年保障、2年か21,000マイルの走行保障もついています。

ハンドルは小径。『D』ボタンを押すことで照明が発光します。気になるのは、頭上で送電線を送られる低い周波数の音がかすかにすること。

初速のスロットルは非常に敏感ですが、過度にアグレッシブではありません。なめらかに走らせることも可能でしょう。

ステアリングフィールは、いままでのガソリン車とはかなり違う感触を味わいます。重すぎず、確実に曲がって行くのですが、多少アバウトな感覚があるのです。

引用:https://www.whatcar.com/jaguar/i-pace/estate/review/n122/space-practicality

国内の試乗レポートより

引用:https://www.carmagazine.co.uk/car-reviews/jaguar/jaguar-i-pace-2018-review/

ワンペダルドライブが可能に

《Car Watch より》

I-PACEではキャビンを前に出して居住空間を広くとった『キャビンフォワード』としてホイールべースを長くとり、乗り心地や安定性に対して大きなメリットがある。

ドライビングポジションも無理のない姿勢で、ペダルやステアリングにも余裕をもって届く。アイポイントはセダンより高いのとボンネットが下がっているので、視界は開けている。

Touch Pro Duoを使ってクルマ側の設定をする。最初はEVながらクリープができるモードとブレーキ回生を強めにしていよいよ街に乗り出す。

EVでクリープができるとトルコンATのように走れるので、坂道などでも油断して後ろに下がったりしないのでありがたい。

ただ、回生ブレーキを強くしていたのでアクセルを離すとグンと減速してピッチングが大きく出てしまい、同乗者にとってはあまり気持ちのいいものではなかった。

アクセルOFFで最大0.2Gの減速Gが出るので結構強い。ブレーキペダルを踏まないでも停止できるワンペダルドライビングが可能だ。

ひとたびアクセルを踏みこむと、あっという間に高速道路の制限速度まで到達する。その爆発力はスーパーカー並みで、カタログによると0-100km/h加速はわずか4.8秒という。

充電だが、現在普及している家庭用の3kWの充電器ではI-PACEのバッテリーが空になると3日ほどもかかってしまうが、次第に普及が予想される6kWだとその半分になるほか、急速充電器を使ったつなぎ充電と目的地で充電する方法を使うと、にわかに現実的な走行距離になる。

引用:https://response.jp/article/2019/04/20/321606.html

スマートセッティングが面白い

《MOTA》より

I-PACEでまず触れたいのは、その独創的なスタイリングだ。

ボンネットが短く、ロングルーフのハッチバックで、しかも背が高く大径タイヤを履くプロポーションは独特。

一応、SUVという括りには入るとは言え、低いルーフラインなどによって機能性重視のSUVとはまた違ったテイストが表現されているなど、個性が際立っている。エンジンが無いぶんキャビンが前進して、フロア下にバッテリーを搭載するから背が高くなる。

面白いのはAIを採り入れたスマート・セッティング。リモートキーとスマートフォンのBluetoothを使ってドライバーを認識し、好みのシート位置、インフォテインメント情報などを自動的に導き出す。

ナビゲーションシステムもEV専用で、目的地までの地形のみならずドライバーの走行履歴や運転スタイルまで考慮した上で、航続距離やバッテリー残量を算出するという。

もちろん充電スポット情報や、それを経由してのルート案内、要充電時の警告といった機能も盛り込まれているから、BEVを安心して使うことに大いに貢献してくれるだろう。

走りで鮮烈なのは、月並みだがやはりその滑らかさ、そして力強さだ。電気モーターはアクセルオンで即座にトルクをもたらし、騒音も振動も極小。しかもギアボックスによる変速も無いから、どこでも、どこまでも思いのままの加速を味わえる。

何より感心させられたのがハンドリング性能である。その走りは、まさにジャガー。操舵に対して小気味良く反応してよく曲がるというだけでなく、すべての挙動の繋がりが滑らかで、とてもコントローラブルなのだ。

クルマの重さを忘れられるわけではないけれど、それがどうしたと言わんばかりのハンドリングカーぶりにには大いに唸らされてしまった。

引用:https://www.whatcar.com/jaguar/i-pace/estate/review/n122/space-practicality

新型ジャガーI-PACEの車中泊アイテム!

こちらでは新型ジャガーI-PACEの車中泊の様子と主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

床下にはバッテリーが敷き詰められている

引用:https://www.carmagazine.co.uk/car-reviews/jaguar/jaguar-i-pace-2018-review/

車中泊で気になるのは、やはり”エアコン”での消費電力。停車時に電力をもっとも消費するのは、冷暖房の使用時です。

I-PACEの場合、リチウムバッテリーが床下にびっしり配置。車体前後にモーターがひとつずつあるAWDのため、ドライブシャフトがない構造なのもEVの有利さでしょう。

車中泊の場合、急速充電器が全国全てに行き渡っているのかどうかが問題。日産リーフのサイトで確認するのがいいでしょう。

車中泊は可能か?セカンドシートを倒してみる

I-PACEはSUV。つまり、湖のほとりや森や山でキャンプをする人にも向いているジャンルのクルマでもあります。

オートキャンプに急速充電器があれば、片道400km以上走って帰還することも可能。

となれば、画像で車中泊できるかどうか確認してみましょう。

バックドアを開ける

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1177/295/html/021_o.jpg.html

バックドアを開けると、フラットな荷室が出現。この下には、エマージェンシー用の電源コードなどを収納できるスペースがあります。

セカンドシートを前に倒す

引用:https://www.carwow.co.uk/jaguar/i-pace

セカンドシートは6:4で前倒し可能。フラットになるとはいえ、かなり角度がついてしまうので、厚みのあるエアマットを敷く必要があります。

ただ敷くだけだと身体が”く”の字になってしまうので、エアマットの下に硬いもので上げ底状態にしましょう。

奥行きは大丈夫か?

I-PACE の全長は”4,695mm”。下の画像で確認すると、セカンドシートを前に倒し、なおかつ前席2席を前にスライドさせれば、2,000mm程度の就寝スペースが確保できそうです。

引用:https://www.jaguar.co.jp/Images/Jaguar-I-PACE-Brochure-1X5902010000BJPJA01P

ここにエアマットを敷けば、車中泊は問題なくできるでしょう!

また、12Vソケットもバックドアを開け、右側壁に取り付けてあります。フロントシートバック(背面)にも、USB充電ソケットが完備。↓

引用:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/1177295.html

高さはどうか?バックドアを開けたところを確認

引用:https://www.carwow.co.uk/jaguar/i-pace

意外にもいろいろ搭載可能な荷室。トノカバーを付けてもまだ空間が残っていますから、ガラスルーフを選んだ人は”星空を見ながら就寝”ということもできるでしょう。

ただ”雨”や”雪”の場合、空が気になって寝られない……というケースもあるかもしれません。その場合は、ノーマルルーフにしておいた方がいいのではないでしょうか?

新型ジャガーI-PACEの値引き術!

新型ジャガーI-PACEはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

新型車、そしてライバル車は”テスラS”か”テスラ モデル3”。ただ、SUVとして買いたい人は、ノーライバルの指名買いということになるでしょう。

値引きはやはり”ディーラー宣伝車”を買うか、下取り車を高く引き取ってもらうこと。

ただ、値引きにもテクニックがありますので、ご紹介しましょう。

参考値引き

同じジャガーモデルで、値引き口コミはどうなっている?価格com.より引用してみます。

●F-PACE の場合 → ”車両本体から55万円引き”

引用:https://kakaku.com/kuruma/nebiki/K0000824824/

F-PACEの値引きでは、車両本体0が多かったなか、55万円が最高でした。値引き額は車両本体の約9%です。

●E-PACE の場合 → ”車両本体から20万円引き”

引用:https://kakaku.com/kuruma/nebiki/K0000983662/

E-PACEは、車両本体とオプション合わせて35万円の値引き情報があります。600万円の車両本体価格を考えると、5%程度の値引き……かなり厳しいですね。

●XEの場合 → ”かなり値引きあり”

引用:https://kakaku.com/kuruma/nebiki/K0000701863/

XEは、セダンでもっとも人気の高いサイズ。値引き額には100万円以上……というものがありますが、完全に”常連買い”の特典でしょう。

となれば…最初はXE狙いでディーラーに行き、それからI-PACEに商談変更という作戦もありでしょう。ディーラーで担当者と相性が良くなれば、値引きも大きくなるはずです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク