新型トヨタ ヴィッツ 色・カラー紹介!人気カラーは?

画像27

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型ヴィッツの色・カラー情報が公開されています。

こちらでは2016年の新型ヴィッツの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

トヨタ・新型ヴィッツは最新のトヨタデザインが取り入れられ、精悍さが強調されたスタイリングに生まれ変わりました。

また、新開発エンジンが採用されたことで、一層経済性に優れたコンパクトカーとして、同じクラスのライバルたちより一歩抜きん出るようになりました。

そんな新型ヴィッツのボディカラーのバリエーションについて紹介したいと思います。

→ 新型ヴィッツ を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


スポンサーリンク

2016年新型ヴィッツ

wcg_0000130858_1_1_l[1]

引用:http://kakaku.com/article/pr/16/01_vitz/

初代ヴィッツは、1000ccクラスの小型乗用車「スターレット」の後継車としてデビューしました。価格の安さをセールスポイントに、マツダ・デミオ、日産・マーチ、ホンダ・ロゴといったコンパクトカーの中で抜群の販売台数を誇っていました。

そんな時代背景の中で、初代ヴィッツはギリシャ人デザイナーによる斬新なデザインや品質、初突安全性能、環境性能の高さなどを売りに、国内外で爆発的なヒットを記録しました。

他車のホンダ・フィットなどとともにコンパクトカーブームにさらに拍車をかけ、日本のコンパクトカー市場を牽引していきました。

そのトヨタヴィッツは、現行3代目のマイナーチェンジを実施し、さらなるコンパクトカーの頂点へと挑戦を始めました。

今回のマイナーチェンジには、大きく3つのポイントが挙げられます。

■フロントデザインに「キーンルック」採用

フロントデザインでは、最近のトヨタデザイン「キーンルック」が導入され、「ネッツエンブレム」を中心にヘッドランプに向かうアッパーグリルモールのV字ラインに、開口を大きく取ったロアグリルを採用し、バンパーデザインをハの字に張り出すことでワイドで踏ん張り感のある力強いフロントビューが表現されました。

リアデザインはコンビネーションランプの形状を変更し、広くなったガーニッシュを強調する造形をすることでワイド感を実現しました。

ホイールのデザインを一新し、グレードごとに異なるデザインとすることで個性を強調されました。

メーターのデザインも変更され、1.3L・2ED車及び1.0L車・1.5L車の「SMART STOPパッケージ」にはTFTマルチインフォメーションディスプレイが採用されました。

■新開発エンジン搭載

1.3L・2WD車では、トヨタ・ハイブリッド車用ガソリンエンジンに用いられているアトキンソンサイクルをはじめ、クールドEGR、VVT-iEなどの新技術の採用により熱効率を高め燃費改善した「1NR-FKE」エンジンが搭載され、アイドリングストップ機構を標準装備したことで、JC08モード燃費25.0km/Lを実現し、「平成32年度燃費基準」をクリアしています。

1.0Lエンジンは圧縮比の向上やフリクションの低減などで燃費改善を図り、1.5Lエンジンでも一部部品を新設計するなどによって、燃費改善が図られています。

また、ボディ剛性を高めるためスポット溶接の増し打ち、床下補強材の大型化、ショックアブソーバーの改良などにより、操縦安定性や乗り心地を両立し、吸・遮音材、制振材の追加することで静粛性の向上が行われました。

■衝突回避支援パーッケージ「Toyota Safety sense C」搭載

これはトヨタのコンパクトカー用の予防安全システムで、レーザーレーダーと単眼カメラの2つのセンサーを用いて、衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、レーンディパチャーアラート、オートマチックハイビームの3つで構成されています。

これらに付帯機能として「先行車発進告知機能」を追加した予防安全装備は全グレードに設定されていて、「F」系グレードのみメーカーオプションで、その他グレードには標準装備されています。

エクステリア、エンジン、予防安全装備などに手を加えられた新型ヴィッツは、グレード及びボディカラーバリエーションを充実させ、さらなる高みへと挑戦し続けています。


スポンサーリンク

2016年新型ヴィッツボデイカラー全17色紹介

コンパクトモデル「ヴィッツ」のマイナーチェンジでは、アトキンソンサイクルを採用した新開発の高熱効率1.3Lエンジン「1NR-FKE」を搭載したFFグレードでは25.0km/Lという省燃費性能が際立っています。

しかし、燃費性能だけがマイナーチェンジのポイントではありません。

トヨタの最新デザイン「キーンルック」を表現した新フロントマスクや、リヤコンビネーションランプの形状変更(空力に貢献するエアロす旅ライジングフィン装備)など外観も変更されています。

そのボディカラーは全17色となっています。

グレードによって選べるカラーが限られますが、カラフルなボディにも注目されます。

なお、ボディカラーの設定は、ベーシックなFグレードで11色(オプション含む)、1.5Lも選べるUグレードも11色、スポーティでMTもあるRSグレードが7色となり、メッキパーツとセットになったシャイニーデコレーション限定カラーも用意されたJewelaグレードは 13色から選ぶことができます。

■ボデイカラー一覧

・スーパーホワイトⅡ

carlineup_vitz_style_3_10_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

対応グレード:F、U、RS

・ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション:32,400円)

carlineup_vitz_style_3_11_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

対応グレード:F(Mパッケージ除く)、U、Jewela

・シルバーメタリック

carlineup_vitz_style_3_12_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

対応グレード:全車

・グレーメタリック

carlineup_vitz_style_3_13_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

対応グレード:F(Mパッケージ除く)、U、RS

・ブラックマイカ

carlineup_vitz_style_3_14_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

対応グレード:F(Mパッケージ除く)、U、Jewela、RS

・スーパーレッドV

carlineup_vitz_style_3_15_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

対応グレード:F(Mパッケージ除く)、U、Jewela、RS

・チェリーパールクリスタルシャイン(メーカーオプション:32,400円)

carlineup_vitz_style_3_16_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

対応グレード:Jewela

・ベージュマイカメタリック

carlineup_vitz_style_3_17_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

対応グレード:F(Mパッケージ除く)、U、Jewela

・オレンジメタリック

carlineup_vitz_style_3_18_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

対応グレード:F(Mパッケージ除く)、U、Jewela、RS

・ルミナスイエロー(メーカーオプション:32,400円)

carlineup_vitz_style_3_19_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

対応グレード:F(Mパッケージ除く)、U、RS

・ブルーメタリック

carlineup_vitz_style_3_20_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

対応グレード:F(Mパッケージ除く)、U、RS

。クールソーダメタリック

carlineup_vitz_style_3_21_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

対応グレード:F、U、Jewela

●Jewelaシャイニーデコレーション限定カラー

・ダークレッドマイカメタリック

carlineup_vitz_style_3_22_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

・ボルドーマイカメタリック

carlineup_vitz_style_3_23_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

・クリームベージュ

carlineup_vitz_style_3_24_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

・ジェイドグリーンメタリック

carlineup_vitz_style_3_26_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

・アイスバーグシルバーマイカメタリック

carlineup_vitz_style_3_25_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

またインテリアカラーは、Fグレードにはブラックとアイボリーが設定、Uグレードはブラックのみ、RSは専用シート表皮を与えられたブラックで、Jewelaはブラックとバーガンディー、クリスプアイボリーが設定されています。

・F:内装色アイボリー

carlineup_vitz_interior_seat_3_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

内装色のアイボリーは設定色(ご注文時にしていば必要です。指定がない場合はブラックになります。)

・U:内装色ブラック

carlineup_vitz_interior_seat_3_06_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

・Jewela:内装色クリスプアイボリー

carlineup_vitz_interior_seat_3_09_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

内装色:クリスプアイボリーはクリームベージュ、アイスバーグシルバーマイカメタリックのボディカラー選択時のみ指定できる設定色(ご注文時に指定が必要。指定がない場合はブラックになります。

・RS:内装色ブラック

carlineup_vitz_interior_seat_3_14_pc[1]

引用:http://toyota.jp/vitz/

いかがですか。多彩なカラーバリエーションでカラー選びには大いに迷いそうです。

つぎは新型ヴィッツのカラーランキングです。

一部設定が変更になっていますが、カラー選びの参考にしてください。

→ 新型ヴィッツ を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


スポンサーリンク

新型ヴィッツボディカラーランキング

1位

ホワイトパールクリスタルシャイン

15%

2位

シルバーメタリック

14%

3位

チェリーパールクリスタルシャイン

11%

4位

ブラックマイカ

9%

5位

ライトブルーマイカメタリック

8%

6位

ダークブラウンマイカメタリック

8%

7位

スーパーホワイトⅡ

6%

7位

グレーメタリック

6%

7位

スーパーレッドV

6%

7位

ブルーマイカメタリック

6%

12位

イエロー

5%

余談ですが、車のボディカラーについての「まめ知識」をご紹介します。

カラー選びの参考にしてください。


スポンサーリンク

クルマのボディカラーまめ知識

img01l[1]

引用:http://kakaku.com/article/pr/16/01_vitz/

クルマ選びの際に色で迷うことはありませんか?「この色が世間的にみても一般的かな」「派手な色が好きだから赤に使用」など、理由は様々だと思います。

実は車のボディカラーに関するちょっとした豆知識があります。

色選びで迷っているときにはぜひとも参考にしてみてはいかがですか?

■生産量が多いクルマの色

1位は白です。2位に黒とシルバーが同率で入ります。

街中でよく見かける色でもあります。車の生産量全体の25%が白色です。

2013年まではシルバーが人気色でしたが、ここ数年で白の人気が急上昇しています。

■手入れがしやすいクルマの色

つまり、汚れが目立ちにくいというので、汚れに近い色でもあります。

その色はグレー系やシルバー系になります。少しの汚れや傷などは目立ちにくいので、年中あまり手入れをしない人にはおススメです。

逆に黒系は、傷がつくととても目立つ傾向にあります。

■紫外線の関係ある色

黒色は太陽光を吸収しやすい色であります。そのため「黒だと車も熱くなるの?」と思いがちです。

クルマ本体は確かに熱くなりますが、室内温度は白色と比べても1度ほどしか変わりません。

ちなみに赤色のクルマは紫外線を吸収しやすく、色の褐色や退化が早まりやすいです。

逆に褐色や退化が遅いのが青色になります。

■下取り査定額が高い色

色によって多少の差額が発生するのも事実です。

実際に、あまり売れる見込みのない色を買い取ろうとは業者もいません。

比較的高値で買い取られるのは、白と黒です。

とはいっても、車種によって人気の色が違うため、一概に絶対に高く買い散られるわけではありません。

購入するクルマの人気色を、前もって把握しておくこともおススメです。

色によってさまざまなメリットやデメリットがあります。自分のカーライフにあった色を選びましょう。

まとめ

YarisBiTone2016_17-400x240[1]

引用:http://car-moby.jp/

新型ヴィッツは、今回のマイナーチェンジによって、スポーティさでスタイリッシュな外観となりました。

そして、多彩なカラーバリエーションによって、どのグレードでも個性を表現しながら「走る楽しみ」を満喫できるようになりました。

いろいろ迷いながらでも、選ぶドキドキ感を楽しむことのできる楽しいクルマです。

参考サイト

http://toyota.jp/vitz/

http://clicccar.com/

http://carrankingoo.com/vitz-color/

新型トヨタ ヴィッツのおススメ動画

→ 新型ヴィッツ を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう