新型ビートル 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ビートルの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは新型ビートルの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

カブトムシという愛称で世界中で親しまれているVW「ビートル」が、「ザ・ビートル」として新しく生まれ変わりました。

よりスタイリッシュでスポーティーな装いの「ザ・ビートル」の魅力と価格情報をお伝えします。

個性を尊重するあなたにはピッタリです。参考にどうぞ。


スポンサーリンク

モデル体系と車両価格

thumb_dressup_06[1]

引用:http://thebeetle.volkswagen.co.jp/

新型「ザ・ビートル」は、1.2LTSI エンジンを搭載する「ベース」「デザイン」、新たに追加された新開発エンジン1.4TSIを搭載する「R-Line」、2.0LTSIエンジンを採用した「2.0R-Line」の4種類が用意されています。

■新型The Beetle Base

thumb_exterior01_01[1]

引用:http://thebeetle.volkswagen.co.jp/

メーカー希望小売価格(消費税込)

2,349,000円

「The Beetle」らしさを身近に感じられるのがこの「Base]です。

専用デザインンのファブリックシートが、ベーシックで飽きのこないインテリアにアクセントを加え、また、シンプルだからこそ、多彩なアクセサリーを選ぶ楽しさ、自分らしい一台に仕上げる楽しみが広がります。

いつでもどこでも、一緒に出掛けたくなる、自然体で付き合えるモデルとなります。

◆1.2LTSI

・総排気量

1,197cc

・最高出力(ネット値)

77kw(105ps)/5,000rpm

・最大トルク(ネット値)

175Nm(17.8kgm)1,500~4,100rpm

・燃料消費率(JC08モード)

17.6km/L

■新型The Beetle Design

thumb_design02_01[1]

引用:http://thebeetle.volkswagen.co.jp/

メーカー希望小売価格(消費税込)

2,699,000円

ボディカラーと同色にペイントされたダッシュパッド、ドアトリム、ステアリングトリムが室内空間を華やかに演出し、インテリアアまで楽しめるのが”Design”です。

また、シートはファブリックシートやレザーシートから、ブラックまたはベージュを選択することができます。

◆1.2LTSI

・総排気量

1,197cc

・最高出力(ネット値)

77kw(105ps)/5,000rpm

・最大トルク(ネット値)

175Nm(17.8kgm)1,500~4,100rpm

・燃料消費率(JC08モード)

17.6km/L

■新型The Beetle R-line

r_main_pc[1]

引用:http://thebeetle.volkswagen.co.jp/

メーカー希望小売価格(消費税込)

2,945,000円

キビキビとした爽快な走りを他の住むことができるモデル”R-Line”は、ブラックに統一されたインテリアでスポーティーな室内空間を演出しています。

”Beetle”ロゴ入りのステアリングホイール、アルミ調ペダルクラスターなど、ドライバーを盛り立てるディテールが、すみずみに配置され、走る楽しさと低燃費を両立する「Blue Motion Technology」採用のエンジンが毎日をスマートに走ります。

◆1.4LTSI

・総排気量

1,394cc

・最高出力(ネット値)

110kw(150ps)/5,000~6,000rpm

・最大トルク(ネット値)

250Nm(25.5kgm)/1,500~3,500rpm

・燃料消費率(JC08モード)

18.3km/L

■新型The Beetle 2.0R-line

r2_main_pc[1]

引用:http://thebeetle.volkswagen.co.jp/

メーカー希望小売価格(消費税込)

3,459,000円

スポーツカーの走りを楽しめる”2.0R-Line”は、211psの圧倒的なターボパワーを発揮し、さらに、エアインテークを備え迫力を増したフロントバンパーをはじめ、優れた空力特性をもたらす大型のリヤスポイラー、スポーティーな印象のホールハウスエクステンションとリヤデフューザー

足元を引き締める18インチアルミホイールや快いサウンドのクロームツインエキゾーストパイプなど、まさにドライバーズ・ビートルならではの個性が際立ちます。

◆2.0LTSI

・総排気量

1,984cc

・最高出力(ネット値)

155kw(211ps)/5,300~6,200rpm

・最大トルク(ネット値)

280Nm(28.6kgm)/1,700~5,200rpm

・燃料消費率(JC08モード)

13.4km/L

新型ビートルの値引きの方法については、

「新型ビートル 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にビートルを購入して下さい。


スポンサーリンク

新型「ザ・ビートル」とは

thumb_exterior01_01[1]

引用:http://thebeetle.volkswagen.co.jp/

曲線と直線が織りなす精微な作り込みによって、モダンでダイナミックなイメージに進化した新型「ザ・ビートル」は、世界中の人々に愛され続ける「初代ビートルスタンダード」を彷彿とさせるモデル「ベース」

1.2L直列4気筒SOHCインタクーラー付ターボ搭載の「デザイン」、2.0LTSIエンジン搭載の「2.0Rライン」に加えて、ブルーモーションテクノロジー搭載の1.4LTSIエンジンを採用した「Rライン」が設定されています。

搭載するTSIエンジンは、必要なだけの燃料を噴射する直噴技術と、効率よく多量の空気を送り込む過給器を組み合わせた「直噴+過給」システムにより、優れた燃焼効率と高出力を両立しています。

組み合わされるトランスミッションは、伝達ロスが少ないと言われる7速「DSG」でJC08モード走行燃費17.6km/L(1.2L車)を実現しています。

bee_hl2_02[1]

引用:http://thebeetle.volkswagen.co.jp/

■1.2LTSI

・搭載モデル

ベース・デザイン

・総排気量

1,197cc

・最高出力

77KW(105ps)/5,000rpm

・最大トルク

75Nm(17.8kgm)/1,500~4,100rpm

■1.4LTSI

・搭載モデル

Rライン

・総排気量

1,394cc

・最高出力

110kw(150ps)/5,000~6,000rpm

・最大トルク

250Nm(25.5kgm)/1,500~3,500rpm

■2.0LTSI

・搭載モデル

2.0R-Line

・総排気量

1,984cc

・最高出力

155kw」(211ps)/5,300~6,200rpm

・最大トルク

280Nm(28.6kgm)/1,700~5,200rpm

bg_content01thumb_design04_01[1]

引用:http://thebeetle.volkswagen.co.jp/

エクステリアデザインでは、前後バンパーのデザインが変更されたことでよりスポーティーかつ精悍さを演出し、インテリアも、よりクールな室内空間を実現したとアピールしています。

とくに、「ザ・ビートル・デザイン」では、ダッシュパッド、ドアトリム、ステアリングトリムがボディ同色とされ、ブラックまたはベージュの専用格子調ファブリックシートやオプションのレザーシートと組み合わせることで、最大32通りのカラーコンビネーションが選べるようになっています。

安全面では、ドライバー疲労検知システム「Fatigue Detection System」を全車に標準装備とし、「ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)」や「リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)」も用意されています。

さらに、フォルクスワーゲンが提供するオンラインサービス「Car-Net」の一つである「App-Connect」を搭載した、フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム「Composition Media」を全車に標準装備したことで、スマートフォンに接続すると「Mirror Link」やアップル社の「CarPlay」、グーグルの「Android Auto」が利用できると言います。

オプション装備の純正ナビゲーションシステムも、従来の「714SDCW」に代わり、機能を大幅に向上させた「716SDCW」が採用されました。

ボディカラーは、2種類の新色「ストーンウォッシュブルーメタリック」と「ボトルグリーンメタリック」、限定車にお用いられていた「サンドストームイエローメタリック」「ハバネロオレンジメタリック」を加えた全8色から選ぶことができます。


スポンサーリンク

まとめ

thumb_dressup_10[1]

引用:http://thebeetle.volkswagen.co.jp/

新型「ザ・ビートル」は、VWに脈々と流れる伝統と最新のテクノロジーを融合させています。

世界中で愛され続ける理由がそこにあります。

これは侮ることのできない一台です。

ぜひ、お試しください。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう