新型シャトル 口コミ評価 評判まとめ

シャトル

新型シャトルにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは新型シャトルの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

ホンダ新型シャトルはただ単なるフィットの後継車両としてのイメージが大きいために大したことは無いであろうと、誰もが最初にそのような印象を受けます。

しかしながら実際はいい意味で期待を裏切ってくれる最高の一台に仕上がっており多くのシャトルファンが誕生しています。

今回は口コミ情報をもとにホンダ新型シャトルの新たな顔をのぞいてみようと思います。

グレードやボディーカラー等は関係なくどの口コミも概ね同様なものでしたので、大きくインテリア部門、エクステリア部門、試乗部門の3つに分けてみて口コミではどのようになっているのか観察をしていこうと思います。







ホンダ新型シャトルインテリアについての評価

ホンダ新型シャトルのインテリアについての評価は以下のようになっています。

引用:http://www.honda.co.jp

引用:http://www.honda.co.jp

引用:http://www.honda.co.jp

引用 :http://response.jp

広くて使いやすい完成度の高い室内空間に満足をしている方が圧倒的に多いようです。

また居住空間を可能な限り広く取っているために、インテリア室内空間は2リットルサイズの車であるスバルレガシィクラス並みの広さを誇っています。

とても1.5リットル5ナンバークラスの一台だとは全く思えないくらい室内が広いというのが一番の高評価となっています。

男性でも足を伸ばして横になって快適に寝られる点が高評価となっています。

室内空間の広さには定評があり車専用の冷蔵庫常備設置をしていたりすることや折りたたみ自転車や自転車を積んで遠くへ出かけてアクティブに遊びつくすことも出来ます。

その際に全く気にならない室内空間です。

荷物下のスペースも大容量ですので車検証などはそのスペースに常に入れることで更に広く室内を使うことができるようです。

フロントにあるグローブボックスには日常によく使うもの、例えばティッシュペーパーなどを片付けることで有効的に利用することができます。

インパネの周りは特によくまとめられていると実感できるようです。

無駄な空間を最小限にしているために実現している室内空間です。

また、大型コンソールボックスも設置されていてその中はとても広く取ってあり、DC電源もそこにあるために冷蔵庫やその他電源が必要なものはそこから取ることができますので、ホンダ新型シャトルに乗ったまま車中泊なども出来るようです。

インパネの中にある右下マルチインフォディスプレイは、出来るだけ常に充電状態を表示させるようにします。

バッテリーの残量目盛りがフル状態でメモリの6それから少なくなっていき2までの間の変化と左下にあるEV Ready ランプの点灯タイミングを見合わせながらアクセル操作をすること、そしてまたEV Readyランプが点灯する直前にエンジンがEVモーターエンジンに切り替わります。

その際にギアが抜けたような感じも最近は分かるようになります。

そうすればハイブリッド車を1モーターで起動させているホンダハイブリッドシステムを利用しているホンダ新型シャトルのエコドライブのコツがだいぶつかめるようになり、より快適なドライブを満喫することができています。

インテリアには残念ながら高級感はあまりないようです。

しかしそれ以上に機能的にドライバーの立場に立って室内空間がレイアウトされており使い勝手は抜群に良いです。

収納はドライバー自身が自由にアレンジをするようにという配慮からあえて少なくしていますが、その少なさが逆に多くの購入者が指摘するホンダ新型シャトルの残念な部分となっています。

ドリンクホルダーは深さが調節できないために、ホンダ新型ヴェゼルのように深さを調節できるようなものであれば本当に良かったのにという声もよく耳にします。

室内の中でドライバーズシートをはじめ全てのシートはとても座り心地がよく、手触りも滑らかなので、少々の不満以上に得る満足感のほうが大きいです。

センターコンソールの大きさも十分ですので、このホンダ新型シャトルのコンセプトにマッチしています。


ホンダ新型シャトルエクステリアに対する評価

ホンダ新型シャトルエクステリアに対する評価は以下のようになっています。

引用:http://minkara.carview.co.jp

引用:http://response.jp

引用:http://www.honda.co.jp

デザインも優れてはいるのですが、後ろサイド側の見通しが若干悪いようで運転の際には注意が必要です。

ホイールカバーもとてもいいアクセントになっているようです。

ホンダ新型シャトルのフロントマスクはコンセプトカーのような仕様になっているとの声を耳にします。

車を購入する際にはデザインであるエクステリアはかなり重要な選んで購入する時のポイントになります。

ミッドナイトブルーを選んだ方の一つの意見として聞かれるのが、パンフレットのように光はしないようですが、きらきら光るラインに多くのドライバーが魅力を感じているようです。

多くのホンダ新型シャトルを購入する時に、それぞれの個性に応じた一台を選んで大切に乗っておられます。

ハイブリッドZタイプの購入を検討されていた方はアルミのルーフレールが少し他のグレードより派手に映ることもあるようです。

より落ち着いた感じの一台を購入検討されているのであればホンダ新型シャトルハイブリッドのXタイプがおすすめのようです。

サイドラインの流れるような美しさを強調するのであれば、出来るだけシンプルにさせたほうが目立たせることができます。

ホンダ新型シャトルを選ぶときに車高を気にする方が多いようです。

理由は街に買い物に出かけたときに立体駐車場を利用することが多いので、その立体駐車場にも収まる車高の一台ということでホンダ新型シャトルが女性の中で人気の一台となっています。

また、フロントフェイスもホンダの中で最も輝いています。

複雑な形ですが見る人の見る角度によって様々な表情を見せてくれます。

リア部分の見た目には少し難点をつける方が多いのですが、リアドアの開口部分がとても大きく開いてラゲージルームへのアクセスが低い位置で出来るのはとても高い評価を得ています。

アルミホイールもブラック塗装との相性がとてもシンプルでそのコントラストがとても魅力的なようです。

ホンダ新型シャトルの中で意外に人気のある車体本体のボディーカラーはミッドナイトブルーカラーです。

普段はとても落ち着きのあるボディーカラーなのですが、光の当たり具合によっては様々な豊かな表情を見せてくれる個性あふれるボディーカラーとなっています。

非常に個性のあふれ出ているホンダらしさが出ているホンダ新型シャトルに多くの人が目と心を奪われています。


ホンダ新型シャトル試乗に対する評価

ホンダ新型シャトル試乗に対する評価は以下のようになっています。

引用:http://autoc-one.jp

引用:http://response.jp

引用:http://autoc-one.jp

試乗をしてみて一番良く感じるのは、燃費が一番良いと感じるのは田舎の一般の道路を時速60キロメートルから時速70キロメートルで走るときにリッターあたり35キロメートルは軽く行きます。

通勤で使う場合もあると思います。普段燃費を調べてみて一番厳しい条件の中である通勤距離が9キロメートル所要時間で30分ほどかかるのですが、それでも平均リッターあたり25キロメートルいくので満足です。

試乗してみて感じたのは狭い道を走るときに5ナンバーのクルマであるホンダ新型シャトルはとても扱いやすく小回りがよく効きます。

また、ワンタッチウィンカーやヒルスタートアシストも付いているのでとても便利です。

ただ、あえて難点を付けるとすれば死角が非常に多いということです。

車線変更をする時には気をつけて運転する必要があります。

試乗していて何度かヒヤッとしてしまいました。

また、ホンダシャトルを駐車する時にも慣れが必要かなと思います。

試乗のときに何度か試してコツをつかむ必要があるようです。

今回試乗の時にお願いして高速道路にて試乗をさせていただきました。

ハイブリッド車は高速道路で燃費が悪いと聞いていたのですが、ホンダ独自のハイブリッドシステムはそのようなことを一切感じさせずに試乗出来ました。

街乗りから高速道路走行まで燃費がいい状態でドライブができたことが好印象です。

高評価なホンダのシャトル、できるだけ安く購入できれば、もっとお得感があり、家族にも喜んでもらえます。

新型シャトルの値引きの方法については、

「新型シャトル 値引き術!」で詳しく解説しています。

参考にしていただき、購入の手助けにしてもらえたらと思います。