新型ワゴンRスティングレー 色・カラー紹介!人気カラーは?

ワゴンRスティングレー

新型ワゴンRスティングレーの色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型ワゴンRスティングレーの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。







新型ワゴンRスティングレーの色・カラー

高原での停車

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

新型スティングレーを購入する時に、真っ先に視界に入るのが色・カラーですよね。

そんなスティングレーには、シックな色、個性的な色、鮮やかな色があるようです。

性格によっても、用途によっても、乗る人によっても変わってくる「色の選択」ですが、どんな色を選びたいか決まっているでしょうか。

ブレイブカーキパール

スティングレー 

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

こちらは、どちらかというと個性的な色として「自己主張」がしっかり出来る色・カラーですね。

最近は、男性だけでなく、あえて女性が選ぶ色としても知られています。

ちょうどCMで闘牛と出てくる新型ワゴンRスティングレーの代表的な色ですよね。カタログでも、この色は主役級なので選択肢に入れる人もいるでしょう。

知人でデザイン関係の人の話では、色を迷った時には「カタログで主役になっている色・カラー」を選ぶと良いそうです。

そういう色・カラーはメーカーが「映える色」としてチェックしているお勧めの色・カラーだそうです。



スチールシルバーメタリック

スティングレー スチールシルバーメタリック 船

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

この色は人気度が安定しているので、いつの時代にも、どんな車種にも、存在感の大きい色・カラーです。

特に若い男性が好きな色だという人もいれば、女性にも人気と聞くことを考えると結局、みんなが好きな車の色・カラーなんですよね。

安定感が欲しい人は、このスチールシルバーメタリックを選ぶと良さそうです。



ムーンライトバイオレットパールメタリック

スティングレー ムーンライトバイオレット

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

ここ数年、人気急上昇なのがこの系統の色です。どことなく静かなのに、洗練されていて存在が高貴な色・カラーです。

かつての歴史では、位の高い人しか身に着けることが出来なかった「紫」を現代にアレンジした新しい色味です。

きれいさとカッコよさをもつ色ですので、通り過ぎると振り返って見たくなる色・カラーでもあります。



ピュアホワイトパール

夜間走行

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

このホワイトパールでは、まさに車の優等生色です。編集スタッフも生まれる前から、選ばれている色ですものね。

清潔感とセンスの良さと、アクセサリーが何でも似合うなど良いことづくめなので選ばれているのでしょう。

女性がこの色に乗っているとなんだかカッコいいと思ってしまうのは編集スタッフだけでしょうか。

真珠のような色は、やはり良いですよね。

ピュアレッド

スティングレー ピュアレッド 船

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

真っ赤なルージュを思わせるようなレッドは、冬にはサンタクロースのようで可愛さも備えています。

女性的な色・カラーに見えますが、アレンジ次第では「男性的なカッコよさ」があふれる色・カラーです。

万が一のことが起こっても、早急に色の修理が出来そうですね。

ブルーイッシュブラックパール3

スティングレー ブル―イッシュブラックパール3 船

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

この色・カラーは、落ち着きます。落ち着くだけでなく、華やかさもある不思議な色がブラックでもあります。

東京の上品なタクシーや有名な人が送迎されているのもホワイトと共に、やはりブラックが多いですね。

出来るだけ、この色を選んだ人は洗車などのお手入れをこまめにしてあげてくださいね。

シックなブラックを着こなすのですから、輝かせてあげたいものです。

好きな色は見つかりましたか?大人の軽自動車は、シンプルな6色で決まりでしたね。

では、次にタイプ別の価格も見ておきましょう。


新型ワゴンRスティングレーの価格・値段

海の駐車場?

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

特に女性に多いのが、色と値段だけなら分かるってパターンですが、いっそのこと機能などは男性に任せて、お金と色だけ決めても良いかもしれないですね。

ハイブリッド T

  • 2WD・CVT ➡ 1,658,880円
  • 4WD・CVT ➡ 1,779,840円

ハイブリッド X

  • 2WD・CVT ➡ 1,448,240円
  • 4WD・CVT ➡ 1,609,200円
レーザーレーダー

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

L

  • 2WD・CVT ➡ 1,293,840円
  • 4WD・CVT ➡ 1,414,800円

L セーフティパッケージ装着車

  • 2WD・CVT ➡ 1,353,240円
  • 4WD・CVT ➡ 1,474,200円
フロントドアガラス

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

価格帯としては、120~170万円といったところなので、軽自動車の中でも比較的購入しやすい金額です。

この機能と安全性で、この価格なら大きな値引きの作り方さえうまくいけば、負担が大きく軽減されることも夢ではないのです。

それに新型ワゴンRスティングレーは、自動車取得税と重量税が免税という優遇措置を受けられるのです。

また、エコカー減税が適用なので、初期費用が大幅に楽になるというわけです。

この期間限定のチャンスを利用することも、1つの知恵ですね。

女性が乗る場合での、色も値段も分かったところで、あとは男性の出番という可能性もありそうですね。


買い取り専門店と男性・女性の役割

インテリア 2人と海

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

軽ワゴンNo.1の低燃費である新型ワゴンRスティングレーですが、大きな値引きで購入したいと思いますよね。これは男性も女性も共通の悩みでしょう。

男性は、自分の愛車を中古車買い取り専門店に持っていき査定をしてもらうことは容易だと思いますが、女性の場合には確かに行きにくい場所ではありますね。

しかし、行かないとディーラーで「安価に処分」という形を取られるのは納得がいかないと思います。

そんなときには、やはり男性を頼りにしてみるというのも必要です。

男性が家族にいない場合には、あらかじめ知人に時間を作ってもらい買い取り専門店を訪れる機会を準備しましょう。

上手く交渉がいき、大きな値引きとして資金が出来た時に、お礼をしてもお得感は残る可能性の方が高いですのでね。

男性と女性の脳の違い

アンブレラホルダー 軽自動車初!!

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

脳みそにも「男性脳」や「女性脳」があるそうです。

脳科学者によると、もともと得意分野が分かれることで、職業にも反映されてきたそうです。

例えば、男性は空間能力に長けているために「迷子になりにくい」と言われています。

確かに、デートなどで知らないところに行っても、安全に連れて帰ってくれたという経験を持つ女性は多いかもしれませんね。

反対に女性は、筋力が少ない代わりに与えられた能力として「言葉」をもらっているそうです。

だから、よく口喧嘩をしても「女性には負ける」という男性も多いのですね。

それぞれの能力を上手に補い合いながら、楽しい車選びをしていってほしいものです。

人間関係も、交通も、思いやりを持って安心できる環境になると良いですね。


まとめ

gnav_img_01

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

では、今日のまとめです。

  • 新型ワゴンRスティングレーは全部で大人の基本色が6色となっている
  • 120~170万円という価格帯なので比較的購入しやすい金額となる
  • 新型ワゴンRスティングレーは自動車取得税と重量税が免税になっている
  • 男性と女性のそれぞれの能力を上手に補い合いながら楽しい車選びをすると大きな値引きも効果が上がる
  • 大きな値引きを作るには「自分の愛車」を中古車買い取り専門店に持っていき査定をしてもらうことから始める

今日は、色・カラーを中心に見ていきました。男性と女性のそれぞれの良さが出てくる契約ですが、仲良く補い合えるようにしたいですね。

新型ワゴンRスティングレーは、間違いない大人の基本色なので、どれを選んでも素敵だと思いました。

カラーも大事ですが、値引き交渉も愛車を購入する上では、大事な要素の一つでしょう。

そこで、是非ともこちらをご覧頂き、お得にあなただけのワゴンRスティングレーを購入してみてはいかがですか?

新型ワゴンRスティングレーの値引きの方法については、

「新型ワゴンRスティングレー 値引き術!」で詳しく解説しています。