新型ワゴンRスティングレー 値引き術!

ワゴンRスティングレー

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ワゴンRスティングレーの値引き方法について情報をまとめました。

新型ワゴンRスティングレーはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

新型ワゴンRスティングレーの値引き方法

海の駐車場?

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

新型ワゴンRスティングレーを購入するときの大きな値引きを作る方法は、いくつもの方法を組み合わせることで効果を高めることが出来ます。その組み合わせる方法をいくつかお伝えしますね。

1.競合車にぶつける場合

今回の新型ワゴンRスティングレーを競合車にぶつけるには、例えばダイハツのハスラー、ホンダのライフなどを競合車としてスズキのディーラーで話します。

競合車とぶつけるとは、ある意味「やきもちを焼かせる」というイメージです。

なので、出来るだけ似たような条件の軽自動車を競合車としてぶつけましょう。

自分の中では決まっていても、迷っているようなつもりで交渉しましょう。

それらの軽自動車と新型ワゴンRスティングレーのどちらを購入しようか迷っていることを前提に「値引きやサービスが良い方を購入したい」と相談を持ち掛けるといった形で相手の出方を見るものです。

スティングレー ブル―イッシュブラックパール3 船

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

2.タイミングをはかる

年に4回あるディーラーが販売事績をあげるために営業を頑張る期間を利用します。

  • 1~3月の年度末決算期
  • 6~7月の夏のボーナス期
  • 8月下旬~9月のボーナス期
  • 12月の冬のボーナス期・年末商戦

このように1年間で、4回の狙い目である時期があります。

これは、販売実績を上げるために、いつもより営業活動が盛んになる時期なのですね。

つまり、この時期には「なんとか購入意思のあるお客さんを獲得したい」とディーラーが思う時期なので、それをうまく利用して、交渉に臨むというものです。

この場合には、タイミングをきちんと理解することと、チャンスを見逃さないことが必要です。

3.心理作戦を実行する

心理作戦の場合には、自分の気持ちを隠すことが大切ですね。

こちらの計算が相手にわかってしまうと、逆手を取られてしまいかねませんので気をつけましょう。

冷静に物事を進めるのが上手い友人などがいたら同席してもらうのも良いでしょう。

先に相手の言い分をじっくり聞いてから、最後に自分の有利な条件を飲ませるといった上級者に向いているような作戦もコツさえつかめば初級者でも可能になります。

スポンサーリンク

交渉で値引きを大きくするときのコツ3つ

アンブレラホルダー 軽自動車初!!

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

先ほど少し出てきましたが、値引きでの交渉は自分からあれこれ話しては失敗に終わってしまいます。

必ず相手の言い分をじっくりと聞いてくださいね。

相手がじっくりと話を聞いてくれると、意外と条件を飲んでくれやすくなったりします。

また、じっくりと聞いた後には、大きな値引きをお願いすることで、錯覚を起こすのです。

大きなお願いですから、もちろん断られることもあるでしょう。

しかし、その時に聞いてもらえるとラッキーだし、聞いてくれなくとも予定通りなので良いのです。

そして大きな値引きのお願いの後には、それより小さな値引きのお願いに切り替えます。

大きな値引きのお願いの後に、小さな値引きのお願いをされると聞いてくれる可能性が高くなります。

なぜなら、自分が有利に交渉を進めるために相手の話を聞くので、相手の心の動きを読み取ることも出来ますからね。

これらは、心理学や交渉のスペシャリストが実際に使っている方法をアレンジしたものですね。

そして、そのすべては自分の値引きの交渉を良くするためなのです。

次では、総合的にコツをお伝えいたします。

1.情報をしっかりと掴む

スマホと繋がる

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

情報が乏しいと、具体的な交渉へと進めることが難しくなってしまいます。

競合車をぶつける形をとるにしても、競合車の価格を知らないと予算として交渉が進めにくくなってしまいます。

また、競合車の長所を知らないと「どうして競合車と新型ワゴンRスティングレーのどちらか迷うのか」といった疑問を持たれてしまいます。

そして、疑問を持たれると「値段の交渉をする気だな」見抜かれてしまいますね。

2.協力者を作るための努力

インテリア 2人と海

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

次に、ディーラーに行くにしても、大きな値引きを作るために「中古車買い取り専門店」へと行くにしても、何度も出向いていくことになります。

すると毎回すべてを自分1人で行うことは時間的にも厳しい場合が出てきますので、協力者がいると良いですね。

協力者がいてくれると交渉をする際に、手続きや目に見えない雑用などが一緒にしてもらえるので、負担が軽くなります。

3.手間を惜しまない

アクセサリー2

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

そして、最後に大切なことは「手間を惜しまない」ということですよね。

せっかく良いところまで交渉が進んでも「あと少し」のところで気を抜いて手間を惜しむと、あと一歩の詰めが出来ない場合があります。

いくら購入しやすい価格だとしても「100万円台」は大きな金額ですからね。

数万円変わるだけで、その後のカーライフが変わることもあります。

スポンサーリンク

新型ワゴンRスティングレーの特徴と魅力

gnav_img_01

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

新型ワゴンRスティングレーの魅力は何といっても、マイルドハイブリッドでの低燃費と力強さを兼ね備えたところです。

低燃費をうたう車種はありますが、マイルドハイブリッドはまだ少ないですよね。

また、現行のワゴンRの中でも唯一のターボモデルである新型ワゴンRスティングレー・ハイブリッドTは特にその魅力がはっきりと分かる軽自動車です。

あとは数あるオプションなど、安全性能が優れているという基本が充実しているという点ですね。

新型ワゴンRスティングレーが誕生するまでの歴史

スティングレー パフォーマンス

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

1993年生まれのワゴンRは、これまで販売実績が№1という軽自動車としては快挙を成し遂げたスズキの代表的な車です。

ワゴンRとして6代目を引き継ぐ新型ワゴンRスティングレーは、マイルドハイブリッドを搭載して、3つの顔を持つといわれています。

安全性と低燃費に、スマホと繋がるコンピューター機能が合体して更に優秀な軽自動車に生まれ変わっていますね。

新型ワゴンRスティングレーは低燃費!

マイルドHYBRID 2

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

先ほど出てきたマイルドハイブリッドですが、ハイブリッドとの違いはいったい何でしょう?

実は、フルハイブリッドの車がモーター走行できるのに対して、マイルドハイブリッドは「発進する時にだけ補助してくれる」働きをします。そのため、低燃費でありながら「力強さ」があるのですね。

CMの闘牛が力強さを表しているというのが良く分かります。

軽自動車では低燃費が良くても、力強さでは物足りなさを感じていた人もこれなら満足できそうです。

エコカー減税とスティングレー

低燃費 №1

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

  • 燃費消費率 ➡ 26.8km/L

上記のように低燃費においても、手抜きをしていない新型ワゴンRスティングレーですが、燃費性能が優れていることから、エコカー減税も適用となっています。

また、軽量化を図っているので車体も770㎏ということで、重量税や自動車取得税も優遇されているのですよね。

大きな値引きを作るだけでなく、こうして税制面でも優遇されると長期的に見ても経済的な車が新型ワゴンRスティングレーなのです。

スポンサーリンク

まとめ

スティングレー ムーンライトバイオレット

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/

では今日のまとめです。

  • 大きな値引きを作る方法は、いくつもの方法を組み合わせることで効果を高める
  • タイミング法、競合車を使用する、心理学といった方法を混合することで自分にとって良い交渉を見つけるのが良い
  • 新型ワゴンRスティングレーの魅力はマイルドハイブリッドでの低燃費と力強さを兼ね備えたところが大きい
  • 安全性と低燃費に、スマホと繋がるIOT技術によって更に優秀な軽自動車に生まれ変わっている
  • 重量税や自動車取得税も優遇されているので長期的に見ても経済的
  • 買い取り専門店を使うのは交渉が上手くいくタイミングで探しておく

今日は、交渉について見ていきました。交渉といっても人によっては、得意・不得意があると思いますので、自分の苦手な分野は家族や友人知人などにお願いするなど、賢く立ち回り計画的な交渉で楽しいカーライフをつかんでくださいね。

賢いお買物、できれば車もできるだけ安く買いたい!それが普通です。

それなら、こちらを覗いてみてはいかがですか?ここでは、値引きから更に安く購入する方法を紹介しております。

是非ご覧になって、お得にあなただけのワゴンRスティングレーを手に入れてみてはいかがですか?

→ 新型ワゴンRスティングレーを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


スポンサーリンク




スポンサーリンク