新型エスクード エコカー減税他自動車税まとめ!

エスクード

新型エスクードのエコカー減税情報が公開されています。

こちらでは新型エスクードのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。







新エスクードとエコカー減税

アトランティス ターコイズ パールメタリック ブラック2トーンルーフ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクードが話題になっている理由を考えてみると、安全性能や走行性能が優れていることに繋がっているクロスオーバーSUVといった要素からもきているようです。

  1. コンパクト ➡ 小形で中身が充実していること。または車の場合に、エンジンの規模が小さいことを指す
  2. クロスオーバー ➡ ジャンルを超えて融合する様子。2つのことが交わっていること
  3. SUV ➡ スポーティーな走りをする多目的の乗用車の総称で定義はない。主にワゴンスタイルの多用途ボディに四輪駆動を持つものが典型的とされる

つまり、1.規模が小さなエンジンを搭載していて、2.オフロードもラフロードも走れるという2つの顔を持ち、3.多目的な四輪駆動車が新型エスクードというわけです。

クロスオーバーの意味

6速AT

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

クロスオーバーというのは、言葉の意味として「ジャンルを超えて融合する様式」となっていました。乗用車としての街乗りや、雪道やぬかるみといった悪路を自由に走行できるといった機能でも2つの顔を持っているのが新型エスクードといえます。

シフトを見て分かるように、新型エスクードは更に、2つの顔を持っているのが特徴です。それは、1.4Lターボエンジン、パワフルだけどスムーズな走りの1.6エンジンの2つですね。

また、新型エスクードは、山などの悪路でも操縦安定性の高い走りをし、街中でもゆとりの走りをしてくれることなど、いろんな意味で2つが融合しているからというのがクロスオーバーなんですね。

このことからも、男性だけでなく女性にも支持されています。家族でキャンプしたり、友人たちとバーベキューや、街へお買い物といったように、使い道も楽しみも多岐にわたっていきますね。

大人が4人乗っても、軽快な走りを見せてくれるし、もちろん子どもが乗っても大丈夫です。1人でも楽しく走れるけど、みんなで走っても楽しい、そんな車が新型エスクードです。



コンパクトSUVの安全性能

セーフティサポートカー①

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクードは、女性のために考えてくれているのではないかと思うほど、女性目線での車作りを感じることも出来ます。座面が高いことで視野が広かったり、最小回転半径が5.2Mと駐車しやすかったりと、小型車を多く作っているスズキならではの優しさですかね。

そのコンパクトなボディは、小回りが魅力です。コンパクトで、取り回しが良いということは、誰がハンドルを握っても、安全な運転がしやすいということですよね。


自動車税金の種類

エンジンと燃費

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクードを購入しようと検討するときに気になるのが税金であるように、手に入れるものがあるときには、手離すものが出てきます。編集部のスタッフも出来るだけ、お金は手放したくないと思っていますが…。きっと、これは誰もが考えていますよね。

新型エスクードの場合には、経済的な維持費に感動をするでしょう。今回は、新型エスクードを購入する時に掛かる税金と、一般的な車の税金についてお話をしていきます。

車の購入は、一般的に「家を建てる」か「保険に入る」ときの次くらいに大きな出費となります。そういう意味からも財産とみなされる車の購入には、税金が掛かってしまうのですね。

また、自動車を購入するときに発生するのは、下記の通りになります。

  1. 自動車取得税 ➡ 自動車を取得(手に入れる)するときの税金
  2. 自動車重量税 ➡ 新車として登録をする日などに発生する税金
  3. 自動車税 ➡ 毎年掛かってくる税金

この3つを中心とした税金が新型エスクードの場合には、発生してきます。では、それらを詳しく見ていきましょう。

室内インテリア

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/



1.自動車取得税

自動車取得税とは、地方税にあたるものです。

  • 自動車取得税 ➡ 地方税としてクルマを購入する時にかかるもの  課税標準額×3%

例としては、課税標準額が100万円の自家用車の場合に、100万円×3%ですので、3万円が自動車取得税となってしまいます。

つまり、新型エスクードの1.4Lターボエンジンを購入すると、車体本体価格を2,586,600円としての計算では、3%を掛けるので、77,598円が自動車取得税ということになります。



2.自動車重量税

自動車重量税は国税にあたるものです。これは初めて新車登録をした日か、納車をする日に掛かる税金で車検を受けるたびに支払うものです。

  • 自動車重量税 ➡ 国税として購入時と車検時にかかるもので、車両重量0.5トンにつき4,100円

つまり新型エスクードの1.4Lターボエンジンを購入すると考えると、車両重量を1,210㎏として計算すると、5,740円となります。

3.自動車税

自動車税も地方税となり、毎年掛かってくるものです。

  • 自動車税 ➡ 毎年4月1日~5月末日 排気量ごとに年額を設定される

例えば、継続所有で排気量が1.5Lまでの自家用車は、34,500円が自動車税となるので、新型エスクードの場合も1.5L未満なので、34,500円が自動車税として掛かってくるのですね。

ちなみに軽自動車の場合には、一定額となっており、地方税として毎年4月1日~5月末までに年額10,800円を納めることになります。

新型エスクードは、エコカー減税の対象車ではありません。しかし、それにも負けない多くの実力と魅力がありますので見ていきますね。


最新技術を搭載した新型エスクード

エスクードトップ画

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクードには、ミリ波レーダーを使ったレーダーブレーキサポートIIを搭載していることをはじめ、たくさんの安全技術を駆使していることも魅力のひとつですよね。

  • ESP(R)[車両走行安定補助システム]
  • 4輪ABS[EBD・ブレーキアシスト付]
  • エマージェンシーストップシグナル
  • ヒルディセントコントロール
  • ヒルホールドコントロール
  • 軽量衝撃吸収ボディーTECT[テクト]
  • 歩行者傷害軽減ボディー
  • 運転席・助手席SRSエアバッグ
  • オートライトシステム&雨滴感知オートワイパー

これらの機能が、新型エスクードには装備されているのですが、それらは「燃費性能にも大きな影響を与える」ので、安全面と経済面での両方で重要な役割を持っているのです。これらを具体的に、1つずつ見ていきますね。

その1.低燃費で経済的

アイドリングストップシステム

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクードは、軽自動車に見られるようなエコカー減税といったような軽減はないのですが、思ったより低燃費なことでも知られています。

エンジンも、ダウンサイジングターボといって現在の主流であるモデルを積んでいます。これは、1.4Lとエンジンサイズは小さいものですが、新しいこの1.4Lターボには、パフォーマンス性を高くするエンジンモデルを搭載しているのです。

通常は、街乗りとして2WDの走りを使って便利な走行を、しかしタイヤがスリップをしたり危険を察知すると自動的に4WDへと切り替わるので、急な雨で天候が急変しても安心して走ることが出来る魅力もあります。

4気筒エンジンでの直噴化技術を採用しているため、高圧ポンプより燃料を高微粒化して無駄のない燃焼を促すことを考えると、結局のところ、低燃費となるわけですね。

その2.力強い走り

4気筒エンジン

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

先ほど少し出てきましたが、エンジンには直列4気筒によって燃焼効果を上げています。これは、直噴、高圧縮比、排気マニホールド一体ヘッド、ウェイストゲートが開いた状態などといった最新の技術を盛り込んでいる注目のK14Cエンジンでもあります。

そのため、いつもは街乗りといった実用的な走行をしていても、オフロードを走行するときには、力強い走行をしてくれる4WDの機能を発揮するのですね。

その3.高い安全技術

アダプティブ クルーズコントロール

長距離運転のドライバーに対して、負担を軽減するアダプティブクルーズコントロールがありますが、他にも安全技術がたくさん積み込まれています。

スズキの最新技術を搭載した新型エスクードは、ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートII」を標準で装備している点も見逃せないですね。

このレーダーブレーキサポートIIは、レーダーで前方の車両を検知して、衝突の回避や衝突したときの被害軽減を図るものです。先進のブレーキサポートシステムですね。また、緊急の度合いによって次の段階を経ていきます。

  1. 前方衝突警報機能
  2. 前方衝突警報ブレーキ機能
  3. 前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
  4. 自動ブレーキ機能

このときに、システムが衝突を回避できないと判断をすると、自動的に強いブレーキをかける4番目の自動ブレーキ機能が働くようになるのです。出来るだけ、4番目の機能に行くまでに回避できるように前方はしっかり見ておくようにしたいですね。

新型エスクードでは、悪路を4WDで走行しているとき、急な斜面に差し掛かると前後の駆動系を直結状態に近づけるロックモードが効くので安定した下り方をすることが出来ます。また、走破力にも配慮しているヒルディセントコントロールが備わったことで安全性能が高まったのです。

  • 軽量衝撃吸収ボディーTECT[テクト]

たくさんの安全性能の中でも、このテクトというのは、衝突してしまった時の衝撃を効率よく吸収して分散をすることにより乗員の体を最小限の被害で食い止めるという重要な役割があります。

テクトは、高張力鋼板を多用しており、コンピューターによる管理で構造解析といった働きをします。これによって、安全性と軽量化を両立しているのですね。

その4.運転しやすい

運転席とパネル

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクードには、快適な運転のために嬉しい便利な機能も充実しています。例えば、次のサポート機能が楽しいドライブを快適にしてくれます。

  • オートライトシステム&雨滴感知オートワイパー

1つは、車外の明るさに応じてライトを点灯したり消灯してくれるオートライトシステムです。自動でしてくれると「うっかりしていた」ということやトンネルが多い高速などでの点灯や消灯の繰り返しを防ぐことが出来ますね。

そして、雨滴感知オートワイパーでは、雨滴を感知して自動的にワイパーのONとOFFを切り替えるので、ハンドリングに集中できて便利な機能です。

  • エマージェンシーストップシグナル

これは、走行中での急ブレーキをかける時に、自動でハザードランプを高速に点灯させてくれるので後続車に急ブレーキや停車を知らせてくれます。

高速では、工事や事故など急にブレーキを踏まなければいけない場面があります。驚いて、ブレーキを踏むだけではなく、後続車に知らせないと大きな事故を起こしてしまいますよね。そんなときには、こうして自動で注意を促してくれると安心です。

  • ヒルホールドコントロール

これは女性に多い坂道発進する時の「ヒヤッとする感じ」に力を貸してくれる存在になりそうですね。ブレーキからアクセルに踏み変える瞬間に、最長で約2秒間ほど車が後退するのを抑えてくれるので、落ち着いて発進をすることが出来るので嬉しくて頼りになる機能ですね。

このように新型エスクードには、最新の欲しい機能や装備がたくさん盛り込まれているのです。

その5.高性能サスペンションとディスクブレーキ

サスペンションとディスクブレーキ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクードには、フロントに「ベンチレーテッドディスクブレーキ」を採用しており、リヤには「ディスクブレーキ」を採用しています。

  • 4輪ABS[EBD・ブレーキアシスト付]

これが採用されることで、急なカーブや下り坂でも安定した制動力を発揮出来るようになりました。新型エスクードは、こういった安全性を含めて高い性能を搭載している車といえますね。

その6.快適性と自由

6速AT

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクードには、さらに走行安定性を発揮する機能があります。それが、ALL GRIPなのですね。ALL GRIP(オールグリップ)とは、次の3つのテクノロジーから成り立っています。

  • 電子制御4WDシステム
  • 4モード走行切替機能
  • 車両運転協調制御システム

こうしたスズキ独自の新しいシステムにより、優れた走破性も発揮することが出来るようになったのです。こうした技術は、すべてのドライバーに走りの楽しさや安心感を与えてくれますよね。


自分の愛車は第2の活躍をする

ECO師匠とかもの親子

引用:http://www.suzuki.co.jp/ 

自分の愛車を「古いから売れない」「良い車じゃないから売れない」といってあきらめている人を見かけることがありますが、どうしてそのように考えてしまうのでしょうか?

これは、本当にもったいないことです。実は、古くたって「その形式の車が欲しかった」とか「その車を探していた」という風に、想像する以上に必要としている人は多くいます。

自分で勝手に「売れない」「値打ちがない」と決めつけないで、一度買い取り専門店に相談をしてみることをお勧めいたします。

もちろん査定だけで手数料が発生するわけではないし、納得がいかなければ、そのときに売るのをやめればいいだけですよね。

買い取り専門店を巡っている人は、現在は入手困難だったり、古い型でもそれを愛していたりという人が多いです。

すると、もし自分の愛車が相手の欲しい車だった場合には、その自分の愛車が「第2の活躍の場を与えられる」ことになるのです。

それって嬉しいことですよね。

新型エスクードのエコカー減税他自動車税まとめ

高原から山へ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

では、今日の自動車税金についてのまとめです。

  • いつもは乗用車2WDとして街乗りが便利で、雪道やぬかるみといった悪路を自由に走行できる4WDに自動で切り替わる2つの顔を持っている
  • 新型エスクードを購入するとかかる税金は、自動車取得税と自動車重量税、自動車税の3つありエコカー減税は対象ではない
  • 燃費性能にも大きな影響を与える走行性の1つとして直噴ターボのK14Cエンジンを搭載している
  • 1.4Lターボエンジンでは、エンジンサイズが小さいが高いパフォーマンス性を持つエンジンモデルとなっているのが注目されている
  • 自分の愛車を買い取り専門店で査定をすることは「第2の活躍の場を与えられる」ことに繋がる

今日は、クルマの税金を中心に新型エスクードの魅力と注目されている理由を見ていきました。街乗りとして便利な2WDの走りも、悪路を走行できる4WDの走りも1台で出来るのが嬉しいですね。

大人が4人乗っても、荷物を載せて走れる実用性が優れている点でも、女性に支持されることが増えてきたようです。最近は、道路標識や交通ルールが守れないドライバーもよく見かけますが、みんながドライブを楽しめるように譲り合いの気持ちで運転をしたいですね。

エスクード の値引きの方法については、

「新型エスクード 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にエスクード を購入して下さい。