新型スイフトスポーツ オプションまとめ!

スイフトスポーツ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型スイフトスポーツのオプションの情報が公開されています。

こちらでは新型スイフトスポーツにはどのようなオプションがあるかなどをご紹介しています。

スイフトスポーツのオプションは、メーカーパッケージと個別のオプションとに分かれています。まずは、パッケージオプションをご紹介します。


スポンサーリンク

パッケージオプションでグレードを選択

img01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/interior/

ベースモデルとパッケージオプションの違いは”安全性能”をプラスするかどうか、という選択。足回りやエンジン、インテリアには違いはありません。

パッケージオプションは2つあり、グレード構成になっています。

■ベースモデル
■+セーフティパッケージモデル
■+セーフティパッケージ + 全方位モニター用カメラパッケージ


スポンサーリンク

セーフティパッケージ:86,400円

メーカーオプションパッケージとして一押しなのが、セーフティパッケージ。2016年度の予防安全性能評価では最高ランクを獲得している機能です。

asv-1

引用:http://sp-suzukicar.jp/car/swiftsport/safety/img/asv.gif

では、その中身を見ていきましょう。含まれる機能は以下の通りです。

セーフティパッケージ

・デュアルセンサーブレーキサポート
・車線逸脱抑制機能
誤発進抑制機能 → AT車専用機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト機能
・SRSカーテンエアバッグ
・フロントシートSRSサイドエアバッグ
・アダプティブクルーズコントロール
・リヤシートベルトフォースリミッター&プリテンショナー(左右2名分)

これが、レーザーレーダーとカメラアイだ

FotoFlexer_Photo

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1037/245/html/48.jpg.html

↑スイフトスポーツの安全装置。上に並んだ丸い部分で、左から《単眼カメラ》《レーザーレーダー受光部》。下にあるのが《レーザーレーダー発光部》。

レーザー光を発光し、反射してきた光を受光する仕組みを使って、前方の対象物との距離や速さを計測します。走りながら対象物にぶつかる可能性のある”車両”や”人”、”バイク”、”自転車”なども補足するのが、レーザーレーダーの役目。

セーフティパッケージでは、デュアルセンサーブレーキサポートのための頭脳として力を発揮します。

img01

↑剛性が増したノーマルスイフト、そこに12カ所ものスポット増し溶接を行うスイフトスポーツ。安全性能と走りは今まで以上だ。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/performance_eco/


スポンサーリンク

デュアルセンサーブレーキサポートの中身とは

近距離、夜間の検知に優れたレーザーレーダー&中・長距離に強く歩行者も認識する単眼カメラによるダブルシステム。その中身をご紹介します。

レーザーレーダー&単眼カメラによる機能

前方衝突警報機能
(自車 約15km/h〜約100km/hで作動 / 対歩行者は約15km/h〜約60km/h)

FotoFlexer_Photo

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/safety/

前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
(自車 約15〜約80km/hで作動 / 対歩行者は約15km/h〜約60km/h)

FotoFlexer_Photo

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/safety/

自動ブレーキ機能
(自車 約5〜約100km/hで作動 / 対歩行者は約5km/h〜約60km/h)

FotoFlexer_Photo

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/safety/

単眼カメラによる機能

車線逸脱警報機能 / ふらつき警報機能(約60km/h〜約100km/hで作動)

約60km/h~約100km/hで走行中、車線の左右区画線を検知します。その後、車線をはみ出すとシステムが判断した場合に、ブザー音とメーター内の表示・表示灯によって警報発動するものです。

img09

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/safety/

先行車発進お知らせ機能

シフトが「D、N、M(6MT車はR以外)」でブレーキ操作をして停車していた場合、先行車が発進すると自車との距離を計測します。

先行車が約5m以上離れても、まだ自車が停車し続けた時に、ブザー音とメーター内の表示で、ドライバーに先行車の発進を知らせます。

車線逸脱抑制機能(約65〜約100km/hで作動)

機能をONに、約65km/h~約100km/hで走行中で作動。単眼カメラで前方の車線を認識し、車線逸脱の可能性が高いとシステムが判断すると、車線内側方向へ車両を戻すように力をステアリングに与えます。

FotoFlexer_Photo

↑だからといって、居眠りしてはいけません!!

引用:http://www.blogcdn.com/jp.autoblog.com/media/2013/08/145159804.jpg

ハイビームアシスト機能(約30km/以上で作動)

ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替える装置。ONの状態で約30km/h以上で走行中、前方に対向車や先行車がいる場合や街路灯の多い場所や明るい場所ではロービームに、対向車や先行車がいなくなると自動でハイビームに戻します。

img12

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/safety/

エアバッグシステム

標準装備されている、運転席・助手席SRSエアバッグ以外に、側面衝突時に頭部衝撃を和らげる SRSカーテンエアバッグ と胸部の圧迫を軽減する フロントシートSRSサイドエアバッグ が設定されています。


スポンサーリンク

高速走行でのクルーズコントロール

高速道で走ることの多い場合、便利なのがクルーズコントロール。セーフティパッケージの場合は、アダプティブクルーズコントロールが標準です。

スイフトスポーツにはミリ波レーダーが装着されており、(↓赤丸内)前方を走る車を追尾しています。

FotoFlexer_Photo

引用:http://ttps://contents.trafficnews.jp/image/000/012/936/171013_swift_04.jpg

アダプティブクルーズコントロール(ACC)

高速走行での車間の詰まりや開きはドライバーのストレスを増大させます。そこで、アダプティブクルーズコントロールで自動加速・自動減速が 約40km/h~約100km/h で設定できます。

ミリ波レーダーによって、あらかじめ車間距離を3段階(短・中・長)に設定し、ステアリングのスイッチで作動が可能となります。

img15

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/comfort/

全方位モニター用カメラパッケージ:144,720円

66

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1037/245/66.jpg

□全方位モニター用カメラパッケージ
・フロントカメラ
・サイドカメラ(左右)
・バックカメラ
・フロント2ツイーター&リヤ2スピーカー
・ステアリングハンズフリースイッチ

全方位モニター用カメラパッケージとは

もうひとつのパッケージ、全方位モニター用カメラパッケージは駐車時のバックや幅寄せに便利な機能。ナビシステムを搭載することが条件です。

img08

↑ディーラーで8インチか7インチにするかを確認しよう。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/comfort/

FotoFlexer_Photo

引用:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/garage.production.assets/materials/news_contents/2017/07/28/19/DSC_6087.jpg

カメラは、フロントグリル・ドアミラー左右・バックドアの計4カ所に設置、上空から見ているような俯瞰画面も画像として見ることが可能です。

マンションなどの駐車場や、付近に子供やお年寄りがいないかどうかも確認でき、便利な機能です。モニターは7インチか8インチが標準形となっています。

img02

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/styling/

 

●新型スイフトスポーツのオプションについてまとめました。クルマの性能や走りの楽しさは、ベース車両でも十分ですが、セーフティパッケージオプションはさらにストレス軽減や安全対策の増した車両となるでしょう。

また、単眼カメラを利用した全方位モニター用カメラパッケージ、自宅や職場などのロケーションで必要な場合は検討してみてはいかがでしょうか?

FotoFlexer_Photo

↑2017年の東京モーターショーで話題、スズキのS。もちろん、スイフトのSでもある。さあ、あなたもSWIFT SPORTの試乗に出かけよう!

引用:https://pbs.twimg.com/media/DNnF-yjV4AIrySz.jpg:small

新型スイフトスポーツの値引きの方法については、

「新型スイフトスポーツ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にスイフトスポーツを購入して下さい。

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク