新型ソリオ 口コミ評価 評判まとめ

スズキ

新型ソリオにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは新型ソリオの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/comfort/







新型ソリオハイブリッドの口コミ

2016年11月29日にソリオはマイナーチェンジし、マイルドハイブリッドに加え、フルハイブリッドモデルが投入されました。

ソリオのハイブリッドモデル、SZとSXについての口コミからご紹介します。

燃費はマイルドハイブリッドモデルのMZとMXの27.8km/Lから、32.0km/Lと、2.2km/L向上しました。

「外観が変わっていないので、フルハイブリッドかマイルドハイブリッドかわからない」

「乗り心地はマイルドハイブリッドとの違いはほとどどわかりません」

「価格は他メーカーに比べれば安い」

「さすがにカタログ燃費まではでないが、25.5km/Lだったので、スズキらしく実燃費に近い」

外観の差別化がないのは残念ですが、もともと評価の高い車だけあって、走りには満足度が高いです。

トヨタ勢からライバル車種が登場していますが、比較してもソリオを選ぶ方もたくさんいるようです。


新型ソリオ、口コミで見るユーザーの声

新型ソリオの情報をつかむべく、今日ディーラーへ行ってきましたが、まだ発売の時期や価格など、何も発表されていないそうです。

価格についても、現行より10万くらい上をいくのではないかとも30万ほどかとも、営業マンが語っていました。

では、ソリオを購入した人の口コミを見ていきましょう。

◆総評はナイスな車

色は明るいシルバーで正解でした。

全長3.7mコンパクトで運転が楽。室内空間はワゴン車並み。

外見は軽自動車を大きくした感じ。

でも軽自動車とは全く違う。

こんな車は他にないと思います。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/comfort/

そう、「こんな車他にない。」というのが多い意見でした。

街乗りで燃費は18km/L~20km/Lと、充分満足いくと、多くのユーザーが語っています。

そして、価格についても、車の性能の割に、とても安いと言われています。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/luggage/

◆インテリア

・かゆいところに手が届きっぱなしです。
特に、助手席下の物入れは、秀逸。

・A4ファイルが余裕で入ります。

・前後席共に、以前のワゴン車より広々。

・頭上空間の広さは本当に驚異的。

・今時センターメーター!?と思いましたが、慣れると何てことはありません。

・スピードメーターの右にあるモニターをハイブリッド表示して、充電やアシストの様子を横目で見ながら運転するのが楽しいです。

・後席のテーブルは家族に喜んでもらっています。

・背が高いのとスライドドアのお陰で、乗り降りもチャイルドシートの取り外しも楽です。

・運転席シート横にあるスマホポケットも使用頻度高いです。

・標準でついている運転席シートヒーターは冬に重宝しました。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/interior/

◆エクステリア

・色は青を選びました。

鮮やかな発色でとてもキレイで、実際のサイズより大きく見えます。

・どの角度から見てもカッコイイ。

・ガラスエリアとボディーエリアが5:8の黄金比です

・華やかさこそありませんが、シルバーは落ち着きがあっていいと思います。

・標準のエアロパーツも似合ってますね。

・背が高いせいかラクティスよりも寸法が小さいハズなのに小さい感じがしません。

◆走行性能

・スムーズで静かな上にパワフル。

・6気筒エンジンかと思うくらい滑らかな加速をします。

・モーターアシストは、ヒュルルルーって言う音に始まり、ウォーンって音で終わります。

・バッテリー容量は少ないですが、モーターのトルクは軽自動車くらいあります。

・1200ccのエンジンですが、1500ccのアクアのエンジンより、出力、トルクで勝ってます。

・コーナーでも意外と頑張ってくれます。

・高性能なエンジンと軽い車体でけっこうスポーティーです。

・マイルドハイブリッドのアシストが入ると、出だしや登り坂でも力強い走りをします。

・高速走行でも力不足を感じることはありません。

・通常走行は静かですね。観光地での狭い道等ストレスありません、小回り効くのも助かりますね。

◆燃費

・街乗り中心で16~18km/Lぐらい、遠出すると余裕で20を超えます。

・冬は23キロ、秋春は26キロです。

・遠出の帰り道はリッター23キロいきましたね。

・主に買い物などの日常走行1000キロ走って18.5キロ。

出展:http://review.kakaku.com/review/70100710180/

新型ソリオの評判はなかなかいいようです。

気に入った車が見つからず、たまたま通りかかったスズキでソリオに試乗し、そのまま購入を即決したという人もいました。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/interior/

口コミから、見られるデメリットをあげるとしたら「センターメーター」です。

これは、かなり評判が悪いようで、残念、との声が。

そして、ナビもかなりの不評です。

全方位がほしいので仕方ないけれど、ナビは地方ではどうにもならないこともあるそうです。

引用:http://suzukiauto-fukui.jp/blog/2015/08/

購入者の満足度も高く、ライバル車種よりも優れている点が多いソリオ。

ぜひお得に購入したいですね。

新型ソリオの値引きの方法については、

「新型ソリオ 値引き術!」で詳しく解説しています。


ソリオに試乗、口コミは本当?

ということで、早速スズキのディーラーへ行ってきました。

出かける前に電話で試乗の予約をしたら、すぐに出来るということで、実際に訪ねていくことにしました。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/styling/

試乗したのはHYBRID MX デュアルカメラブレーキサポート。

外から見るコンパクトさとは違って、室内の広々とした感じが最初のインプレッションです。

引用:http://autoc-one.jp/suzuki/solio/report-689027/photo/

実は、今のっているトヨタマークXジオの車検を3ヶ月後に控えていて、買い替えを考えていたのですが、燃費がいいということで、アクアを候補に挙げていたのです。

アクアは最初の商談から車体価格、40万円の値引きを出してくれていたので、いい条件で買えそうだということもあり、ほぼ気持ちは決まっていたのでしたが、ソリオの車内を見て、ちょっと待てよ、という気持ちになりました。

引用:http://autoc-one.jp/suzuki/solio/report-689027/photo/

口コミのとおり、いたるところに配慮された収納スペース、ウォークスルーで運転席と助手席の間にスペースがあり、バッグなどが置きやすく、とても快適な空間が広がっているのです。

引用:http://suzuki.co.jp/car/bandit/interior

またシートアレンジが簡単で、女性でもラクに操作できます。

後部座席はリア側から、倒すことができ、実によく改良されていました。

後部座席もゆったりとしていて、改めて車は運転手だけが快適であればいいのではないと、アクアの購入を見送ることにしました。

運転席はしっかりと座れるゆとりあるシートでうれしいことに、シートヒーターがついています。

MXクラスでは運転席側だけですが、ひとつ上のMZグレードでは助手席もシートヒーターが標準装備されています。

さて、いよいよエンジンスタートボタンを押して始動させます。

こちらも口コミの通り、とっても静か。

エンジン音もあまり聞こえません。

走行を始めても、音はほとんど気にならないです。

視界も口コミ通り、とても開けていて見通しがいいです。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/interior/

スズキのお店を出て、国道に合流します。

スムーズな加速でまったく問題はありません。

60km/hまで、すぐにスピードが乗ってきました。

今、乗っている車が2400CCですので、加速度や力強さでいえば、比べるものではないのですが、小回りがきいて、実燃費が18~20km/Lだということを考えれば、本当によく出来た車だといえます。

口コミで出てこなかったので、私の主観かもしれませんが、ややフットブレーキに違和感がありました。

遊びが大きいというか、ちょっと意識して踏み込まなくてはならないような感じです。

いずれにせよ、慣れの問題の範疇だとは思います。

約3km程をいろんな感覚を試しながら試乗を終えました。


新型ソリオ 2016年 口コミ評価 評判まとめ

新型ソリオ、口コミとてもいいですね。

他の車の口コミと比べて、あまりマイナスなイメージは伝わってきません。

そして、何よりソリオはすごく売れているのです。

今回はアクアと比べていますが、ソリオのライバル車は、フリードやラクティス、そして一気に4車種が登場したルーミー、タンク、トール、ジャスティになるのでしょうね。

価格帯の同じアクアとソリオでしたが、トヨタ車がたくさんオプションをつけないと、見た目がしょぼくなることにくらべて、ソリオはグレードさえ選べば、そんなに追加するオプションがありません。

結果として車体価格が同じでも、見積もりの金額が大きく変わってくるのがポイントです。

それはソリオの設定がオプションになりそうなものを標準装備としていることが理由です。

これはとてもありがたいことです。

そういった意味では、新型ソリオはだんぜん、買いやすい車だといえるのです。

いかがでしたか、参考になったでしょうか。

新型ソリオ2016年口コミ評価、評判のまとめでした。

新型ソリオの値引きの方法については、

「新型ソリオ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、良い口コミの多いソリオをお得に購入して下さい。