Audi 新型 A3 セダン スペックまとめ!

A3 セダン

2016年のAudi 新型 A3 セダンのスペックが公開されています。

こちらでは2016年のAudi 新型 A3 セダンのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

サムネ1534

→ Audi 新型 A3 セダンを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?







2016年 Audi 新型 A3 セダン スペック

定員
5名

排気量
1394~1798cc

全長×全幅×全高
4465×1795×1405mm

前輪サイズ
205/55R16~225/45R17

後輪サイズ
205/55R16~225/45R17

最高出力
90[122]/5000-6000~132[180]/4500-6200 (kW[PS]/rpm)

最大トルク
200[20.4]/1400-4000~280[28.6]/1350-4500 (N・m[kgf・m]/rpm)

ミッション
6~7速Sトロニック

燃費
14.8~20km/L

価格
346~447万円~

→ Audi 新型 A3 セダンの燃費まとめ!


2016年 Audi 新型 A3 セダン 動画で全貌をチェック!

メーカー公式動画


2016年 Audi 新型 A3 セダンの主な特徴

1,エクステリア

低く、流れるようなルーフライン。クーペの魅力を備えたコンパクトセダン、Audi 新型 A3 セダン。トレッドはワイドに、オーバーハングは短めに設定。プログレッシブなスポーティネスが随所に息づいています。

→ Audi 新型 A3 セダンの価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

2,インテリア

コックピットに身を沈めると、上質なゆとりを体感できます。インテリジェントにレイアウトされ、機能性が向上したインテリア。

オプションのMMIタッチ付きMMIナビゲーションシステムは直感的な操作が可能です。

Audi connectの各種サービスにアクセスすることで機能性が拡大し、より快適な空間を創り出します。

3,quattro

Audi 新型 A3 セダン 1.8 TFSI quattroに搭載されたAudiのフルタイム4WDシステムquattro。

特定の車輪が路面でのグリップを失い空転しそうになると、トルク配分を行う電子制御式多板クラッチを介して、グリップしているアクスルや車輪により大きな駆動力を伝達。

よりトラクションがかかることで加速性能も向上します。

エンジンパワーを余すことなく路面へと伝え、まるで路面に吸いついているかのようなドライブフィールを実現。横方向へのバランスが向上することで、走行安全性も高まりました。

Audiを知る人は、quattroを知る人です。quattroをひとたび経験したドライバーは、quattro以外のシステムを搭載した車を運転したいと思わなくなります。

それはエンジンのパワーを余すことなく路面へと伝えるquattroのシステムに深く納得されるからです。

4,サスペンション

Audi 新型 A3 セダンに搭載されたダイナミックサスペンションにより、ドライビングの際のスポーティな走りと安定性による快適な乗り心地を両立しました。

フロントのマクファーソンストラット式サスペンションのスプリングとダンパーが路面状況の変化に素早く対応。電動パワーステアリングの速度に応じた適切なアシストとともに、自然なハンドリングを実現します。


AUTO MOVE 編集部のコメント

Audi A3は1996年に「小さな高級車」のコンセプトで発売されました。デビュー当時は今のA1がまだなかったためアウディのエントリーモデルとしての登場でした。

そして、今回のA3は第三世代となります。A3セダンは、モデルとしての成り立ちこそA3スポーツバックからの派生モデルになりますが、実はドアハンドル、グリル、ドアミラー、ヘッドライトを除くすべての外装部品がセダン専用にデザインされています。

ワゴンとセダンでリアエンド以外のボディやサイズまで変えてしまうメーカーは他に見たことがありません。

Audiというメーカーのデザインへのこだわりの表れと言えます。ボディサイズをA3スポーツバックと比較すると、全長が140mm延長されたのは当然として、全幅は10mm広がり、そしてなにより全高は意外にも45mmも低くなっています。

セダンになり後部座席のヘッドクリアランスを稼ぐために高くなるなら理解できますが、低くするとはデザインへのこだわりに脱帽です。

→ Audi 新型 A3 セダンを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?