Audi 新型 A1 スポーツバック 口コミ評価 評判まとめ  

A1 スポーツバック

2016年のAudi 新型 A1 スポーツバックの口コミ評価・評判がたくさん寄せられています。

こちらでは2016年のAudi 新型 A1 スポーツバックの口コミ評価・評判に関する情報をテーマ別にまとめさせていただきました。

→ Audi 新型 A1 スポーツバックを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

p1

画像引用: Car View







2015年Audi 新型 A1 スポーツバック 口コミその① 燃費

→高速を流れにまかせて走った区間が23.6km/L、地方の一般道を走った区間が15.6km/L、山道を含む一般道が12.3km/Lという結果で、期待に違わぬ低燃費で大満足です。

→1.4 TFSI Cylinder on Demand Sportで実際に走行してみると、計器盤に備わっている燃費計をみていると、たとえば高速道路で100km/h程度で巡航しているさい、消費燃料が25km/Lと出ているのが、気筒休止すると50km/Lとなる。

→ウルトラとAudiが呼ぶ新型シャーシ構造も燃費を優先して作られており、各部の応力分担を綿密に計算シミレーションした上で、補強材の場所を限定することで最大限に軽量化している。

2015年Audi 新型 A1 スポーツバック 口コミその② グレード

「1.0 TFSI Sport」を契約した人

→コンパクトスポーツとしての走りも考慮しており、1.4 TFSI Cylinder on Demand Sportは確かにパワフルで燃費もよいが、どうしても100kgの重量増はこのクラスでは致命的に重いと感じました。

→ Audi 新型 A1スポーツバック 2016年 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

「1.4 TFSI Cylinder on Demand Sport」を契約した人

→A1とA1 スポーツバックで迷ったのですが、長く乗ることを考えると子供達の成長を考えて少し広めでドアが4枚あるスポーツバックを選択しました。

「1.4 TFSI Cylinder on Demand Sport」を契約した人

→パワフルで低燃費だなんて本当は両方を取るのは不可能なはずなのに両方が得られるなら迷うことはなかったです。

→ Audi 新型 A1スポーツバック 2016年 エコカー減税他自動車税まとめ!

「1.0 TFSI Sport」を契約した人

→お店で見比べた瞬間からSportのかっこよさはわかりました。この内容で16万円アップなら買わない理由はないでしょう。

「1.0 TFSI Sport」を契約した人

今回のマイナーチェンジ後のグレードの中で一番主流になるグレードなんだと思います。

2015年Audi 新型 A1 スポーツバック 口コミその③その他

→新開発の1.0 TFSIは1.4 TFSI Cylinder on Demand Sportよりも100kg軽い。それでいてノーマルサスペンションは落ち着きのある乗り心地を示し、快適性とフラットライドをバランス良く実現している。

→ナビやエアコン、それらを操作するボタンや、ツマミ。他のコンパクトカーに違わず、備わっているモノは普通です。

しかし一点一点のパーツの品質や、組み付けの緻密さ、それらを操作する時の所作がとてつもないレベル。過剰な演出や豪華さに頼らず、プレミアム感を与える良いお手本だと思いました。

→122馬力で、トルクは200ニュートンですから、車重1200キロを考える十分ですが、出だしはもっさりとした感じです。

しかし、踏み込めばSトロニックが次々とギアをつかんでいくので加速力は十分にあります。

特に1500回転で最大トルクが出るそうで(2000cc並)、ETCのレーンを通過直後に再加速して追い越しレーンに乗っかる、というような中間加速が求められるシーンでは、豊かなトルクを感じとれます。

Audi 新型 A1 スポーツバックおすすめ動画

AUTO MOVE 編集部のコメント

A1スポーツバックだけでなくAudi全般に言えることなのですが、インテリアに対する称賛の口コミがとても多いです。

特にわざとらしい過剰演出やクラスを超えた華美というわけではなく、素材や装飾は車格に合わせつつも品質や品のよいデザインですっきりとプレミアム感を与える手法は本当にAudiならで素晴らしいと感じます。

ドイツプレミアムブランドの3社の特徴としてブランド力のメルセデス、走りのBMW、そして第三の選択肢になるためにはと考えたうえでのAudiとしての戦略がインテリアやデザインへのこだわりという形で表れているのだと理解しています。

→ Audi 新型 A1 スポーツバックを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?