新型アウディ Q3 オプションまとめ!

Audi

新型アウディ Q3のオプションの情報が公開されています。

こちらでは新型アウディ Q3にはどのようなオプションがあるかなどをご紹介しています。

アウディのSUVは「Qシリーズ」と呼ばれ、ラージサイズの「Q7」、ミドルサイズの「Q5」、そして最もコンパクトでオールラウンダーの性能を持つ「Q3」がラインナップしています。

都会的なセンスとSUVとしての実用性を兼ねた、人気車種「Q3」の魅力とさらに魅力的なオプションをご紹介します。

ちょうどいいサイズのSUVをお探しの方、必見です。







新型アウディ「Q3」人気のオプション

my17_q3_top_usp_05[1] my17_rsq3_top_gallery_03_l.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

アウディQシリーズの魅力を小さなボディに凝縮した、プレミアムコンパクトSUV「Q3」には、「1.4TFSI」、「1.4TFSIスポーツ」、「2.0TFSI クアトロ 180ps」、「2.0TFSI クアトロ 220ps」と計4種類のモデルがラインナップしています。

ボディスタイルはクーペのようなダイナミックさで、ボディサイドはパワーみなぎるラインで構成され、より三次元的な造形のシングルフレームグリルが、どこでもアウディの存在感を創出しています。

存在感のあるホイールアーチや、ラップアラウンドデザインのテールゲート、ヘッドライトにはバイキセノンが採用され、ポジションランプとリヤコンビネーションランプにはLEDを使用するなどアウディの先進性を象徴しています。

インテリアでは、LEDインテリアライトパッケージ、マルチファンクションスイッチ付本革巻4本スポークステアリングや、10スピーカーのサウンドシステム、「2.0TFSI クアトロ220ps」には7インチのポップアップモニターを備えています。

MMI3G+ナビゲーションシステム(「2.0TFSIクアトロ180ps」にはMMIベーシック」を標準装備とし、広々としたラゲッジルームは、460ℓから1,365ℓまで拡大することが可能となっています。

この他、オプションで、BOSEサラウンドシステムは465w、14スピーカーや全高席をカバーするパノラマサンルーフ、スポーティーな内外装パーツ「S-Lineパッケージなどを設定しています。

また、「1.4TFSI」及び「1.4TFSIスポーツ」では、バイキセノンヘッドライト、アルミニウムルーフレール、リヤサイドエアバッグ、アドバンストキーシステム、17インチアルミホイールが標準装備され、オプションとして、インフォテインメントシステム「MMI3G」やシートにファインナッパレザーを用いた「レザーパッケージ」、各種安全装備をセットにした「アシスタンスパッケージ」、パノラマガラスサンルーフ、オートマチックテールゲートなどが用意されています。

おもなオプションパッケージをご紹介しましょう。

■S-Lineパッケージ

450,000円

zie4zb tkv4i3

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

・バンパー S line

・S lineエクステリアロゴ

・ドアシルトリム S line

・アルミホイール5パラレルスポークデザイン

7J×18/235/50R18

・スポーツサスペンション

・デコラティブパネル マットブラッシュアルミニウム

・スプリントクロス/S lineロゴ

・ヘッドライニング ブラック

・ステアリングホイール3スポークレザーマルチファンクション

・S lineエンブレム

備考:S lineパッケージとレザーパッケージは同時選択できません。

試乗レポートでの”S line”の感想です。

◆試乗車には人気の「S lineパッケージ」が装着されていて、スポーツシートや18インチにインチアップされたアルミホイール、専用のスポーツサスペンションなどにより、よりスポーティーな雰囲気に仕立て上げられていました。

◆試乗車は「S line」ということで、さらに余計な動きが抑えられていて、高速でもフラットな乗り味が楽しむことができます。

しばらく運転しているとSUVであることを忘れてしまうようです。

235/50R18にインチアップされたタイヤとやや硬めのサスペンションが、時折路面からのショックをキャビンに伝えますが、それでも十分合格点となる快適なのり後ことでした。

■アシスタンスパッケージ

my17_q3_top_gallery_06.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

170,000円

・クルーズコントロール

・アウディサイドアシスト アウディアクティブレーンアシスト

・ハイビームアシスト

アウディQ、人気カラー”ミサノレッド”を纏った限定モデル

20102515_201402a[1]

引用:http://www.goo-net.com/

「アウディ Q3 Color Selection-Misano Red」は、「アウディ Q3 1.4TFSI」をベースに、ボディカラーにAudi Q3 S-line Competitionで高い人気を誇ったMisano Redを採用し、さらに、より直感的な操作が可能なユーザーインターフェースを持つMMI 3G+マルチメディアインターフェース(HDDナビゲーションシステム、12セグ対応地デジTV、CD/DVDプレイヤー/ミュージックサーバー機能/FM/AMラジオ、Bliuetooth接続、SDカードリーダー、Audiミュージックインターフェース)をはじめ、高感度リヤビューカメラを装備し、車両後方の映像をMMIディスプレイに表示するAudiパーキングシステムや、ボディ同色のカラードバンパーなど、人気のオプションを標準装備しています。

希望小売価格

4,490,000円

新型アウディQ3の値引きの方法については、

「新型アウディQ3 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にアウディQ3を購入して下さい。

新型アウディ「Q3」、どんなクルマ?

rsq3_pf_pf_top_usp_01[1] my17_q3_top_gallery_01.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

アウディのSUVは「Qシリーズ」と呼ばれています。

ラージサイズの「Q7」、ミドルサイズの「Q5」に続き、プレミアムコンパクト「Q3」と、オールラウンダーなSUVとして、目的に応じたラインナップが用意されています。

2012年に登場したコンパクトSUV「アウディQ3」は、

全長

4,400mm

全幅

1,830mm

全高

1,595mm

の比較的小さなボディに大人4人が楽に乗れるスペースを確保し、ロードクリアランス170mmとすることで、オンロードあるいはオフロードを問わず、快適なドライビングが提供されています。

駆動方式はFWDとフルタイム4WDシステム「クアトロ」の2タイプが用意され、FWDモデルには1.4L直列4気筒直噴ターボエンジンが、4WDモデルにが出力180psまたは220psの2リッター直列4気筒直噴ターボが搭載されています。

トランスミッションにはFWDにはデュアルクラッチ式6速AT(Sトロニック)、4WDには同じくデュアルクラッチ式7速ATが組み合わされています。

今回、モデル初のマイナーチェンジが実施され、エクステリアデザインの変更と4WDモデルのパワーアップが行われました。

f8755eda-d53f-4b85-bdf8-fd6a196360e1[1] q3_top_usp_engine[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

エクステリアでは、フロントマスクの印象が大きく変わり、アウディのアイデンティティであるシングルフレームがよりワイドになり、斜め上のフレームを幅広いラインでヘッドランプに結び付けることで、よりシャープにより力強い印象がもたらされています。

さらに、フルLEDヘッドライトがオプション設定され、ウインカーが流れるように点滅する「ダイナミックターンインディケーター」を採用するリヤLEDコンビネーションライトとともに、、昼夜を問わずアウディらしさを表現しています。

さらに、前後バンパーやアルミホイールのデザインを変更することで、よりスポーティーなエクステリアに仕上げられました。

一方、2リッター直噴ターボエンジン「2.0TFSI」は、従来の170psが180psに、211psが220psにそれぞれパワーアップされ、加えてJC08モード燃費が、前者が12.7km/Lから15.0km/Lへ、後者が12.6km/Lから14.9km/Lに向上しました。ともに、デュアルクラッチ7速Sトロニックと、フルタイム4WDシステム「クアトロ」が組み合わされています。

また、大きな変更はありませんでしたが、1.4LTFSIは、最高出力150ps、最大トルク25.5kgmを発揮し、JC08モード燃費17.4km/Lとクラストップレベルの低燃費が実現しています。

my17_q3_top_gallery_02.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

ラインナップと車両価格は次の通りです。

■1.4TFSI Stronic

3,690,000円

■1.4TFSI Sport Stろにc

3,860,000円

■2.0TFSI Quattro 180ps Stronic

4,590,000円

■2.0TFSI  Quattro 220ps Stronic

5,390,000円

まとめ

1

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

アウディのSUVの中で最もコンパクトな「Q3」は、運転のしやすさで人気車湯となっています。

今回のマイナーチェンジで、フロントマスクがよりシャープに力強さが増しています。

シングルからファミリー層まで広い世代で支持を得ているプレミアムカー「Q3」は、日本の道路にもすっかり溶け込んでいるのではないでしょうか。

おススメに一台です。