プジョー 新型208 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

208

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年のプジョー 新型208の価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは2016年のプジョー 新型208の価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

プジョー208は、かつて日本で大ヒットした206のリバイバルモデルとして注目を集めています。

206が販売されていた当時は1998年から2012年、日本では史上空前のプジョーブームが起こりました。

年間1万台も発売された輸入車、そしてフランス車は過去にも例がありません。

そのため、ディーラーの対応もまちまち、部品の供給などが間に合わない…といったクレームも続出したことから、その後のプジョーの低空飛行期間が続いたのは残念でした。

その後、プジョーはシトロエンとPSAグループとしてトヨタとプラットフォームを共通化したAセグメントを製造販売するなど、グローバルアライアンスを急速に行っているのが目を引いています。

そして、208は、そのスタイリッシュなホットハッチが注目され、日本でも大変人気のある「フランス車」となっているのです。

スポンサーリンク

プジョーが久々に力を入れたホットハッチ。買うなら、廉価版だ!

pj_1416914c9de1

引用:http://miyazaki.peugeot-dealer.jp/cgi-bin/WebObjects/image117ecc8d121.woa/wa/image/pj_1416914c9de

全長は4mを切り、全幅は1,739mm。

5MTに6ATが用意され、エンジンは3気筒直列DOHC。

驚くべきは車重でわずか1,040kg~という軽さは、もうすでに「キタ━(゚∀゚)━!」と舞い上がってしまうボーイズレーサーのほほえみを思い浮かべようというもの。

そうそう、ホットハッチとはまさにプジョーが先鞭を付けたのは言うまでもない。

ドイツにはVWゴルフもポロも、そしてルポも存在していたが、ホットハッチというカテゴリーには当てはまらないのはなぜか?

それは、ホットハッチがラテン車である、というしっかりした定義が成されていたことに理由がある。

video-peugeot-208-restylee-essai-miss-france-20151

引用:http://www.feline208.net/media/upload/2015/05/video-peugeot-208-restylee-essai-miss-france-2015.jpg

日本ではラテン車は、イタリアとフランスの2か国製造を差すが、実際にはスペインのSEATもある。

だが、勘違いしてはいけないのは、ドイツ車のホットハッチは存在しない、ということだ。

まず、ホットハッチとは「安い」車であること。

つまりドアが3枚、排気量は1.2ℓ~1.5ℓ、MTをラインアップしていること、ハイブリッドではないことだ。

こうなると、日本価格で410万円もするアウディS1は該当しないのだ。

スポンサーリンク

なぜ廉価版がお勧めなのか?それはフランスの「猫アシ」にある

peugeot-208-gti-30th-anniversary-edition-2015-11

引用:http://resources.carsguide.com.au/styles/cg_hero_large/s3/peugeot-208-gti-30th-anniversary-edition-2015-(1).jpg

ネコアシとは、言い得て妙だ。

筆者はしばらくルノーを所有していたことがあるが、ルーテシアのシートは非常に大型で、アメリカフォードに匹敵するような厚みが在り、ドイツ車のようは「微動だにしない」ものとは違った。

プジョーのそれも全く同じで、ドライビングでぽんぽんと斜度のきつい峠を超えたり、大きくワインディングしていく際に、ボディーがふわっと持ち上げられているのに、シートから体がずれることは皆無だった。

驚いたのは、サスペンションだ。シートの下にサスがあるのではないか?

と思うほど、ダンパーの減衰が体に感じられる。これは本当にスリリングで、非常に楽しい乗り心地だったのだ。

1

引用:http://web.peugeot.co.jp/208-lineup/images/car_208allure_cielo_pkg_151028.jpg

これだけいえば、廉価版の乗り味は「リジッド」なのか?

むろん、そんなことはない。208はしっかりと四隅にタイヤを置き、ボディーの造りはフランス車とは思えないほどのがっしり感だ。

だが、カーペットをめくれば、軽い材質を豊富に使っているのがよくわかる。

軽いのだ!化学製品で作り上げた中、エンジンはOHCでないのが唯一の驚きな「直列3気筒DOHC」だ!

3気筒がどれほど優れているのか、それもホットハッチに相応しいのか?誰でもわかる通り、奇数気筒は「1,2,3」のリズムで爆発を起こしていく。

このリズム感は決して人間の呼吸に合わせているのではないが、乗用車の原理として一番簡単に効率的な走りを保証する。

それも1,040kgにMT仕様。

カチッと決まるギアシフトこそ、ホットハッチに相応しい。だから、この車を選ぶべきなのだ。

トヨタアクアとほぼ同様の価格で楽しめるなら、これは最高だと思う。

新型プジョー208の値引きの方法については、

「新型プジョー208 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得に購入して下さい。

スポンサーリンク

5ドアモデル

peugeot_208_dashboard1

引用:http://www.peugeot.co.uk/media/showrooms/showroom-peugeot-208-5-door-kppv3/medias/Peugeot_208_dashboard.jpg

●208 Style 5MT……199万円

……リッター19kmという低燃費はただモノではない。

インテリアはトヨタとの提携が功を奏したとも言えるデザイン。

スピードメーター類はコックピット、ステアリング上方に小さく設定。液晶モニターパネル部分をドライバーに近寄せてセッティングされており、コックピットを立体的に見せる手法を取っている。

globalcars_peugeotopeneurope_208_201

引用:https://www.globalcars.com.au/images/Peugeot/2016/208/globalCARS_PeugeotOpenEurope_208_20.jpg

●208 Style …………217万円

……マニュアル派でなければ、このクラスがプジョービギナーに適した車と言える。

160601_208-style-plus1

引用:引用:http://www.peugeot.co.jp/showroom/208/5-doors/p=prices/

……2016年6月に登場したリミテッドモデル。

足回りは共通だが、エクステリアのお洒落度は高い。

160322_208allure1

引用:http://www.peugeot.co.jp/showroom/208/5-doors/p=prices/

gya0121

引用:http://www.peugeot.co.jp/showroom/208/5-doors/p=prices/

●日本向けに花粉フィルター付きのエアコンを搭載。

バックソナーやアクティブシティブレーキといった安全装備もあるため、価格以上のお買い得車と言える。

スポーツシートが気に入って、レーサー気分を味わいたいなら、お勧めの一台。

160322_208allurecp1

引用:http://www.peugeot.co.jp/showroom/208/5-doors/p=prices/

……オープンルーフのイメージを形にしたガラスルーフボディ。

206ではコンバーチブルもヒットしたことを覚えている世代は、このモデルに興味を引くだろう。

車重は1,190kgと軽くはないが、燃費18.2km/Lは大いに健闘している。

スポンサーリンク

3ドアモデル 208GTI

peugeotsport_160401_0031

引用:http://www.autocar.jp/wp-content/uploads/2016/03/PeugeotSport_160401_003.jpg

160322_208_gti1

151028_208_gti_021

引用:http://www.peugeot.co.jp/showroom/208/gti/p=prices/

160322_208_gti_by_ps1

151028_208_gti_by_ps_021

引用:http://www.peugeot.co.jp/showroom/208/gti/p=prices/

1.6ℓエンジン、ターボチャージャーとお決まりのスポーツハッチモデル。

プジョーがスポーツマインドを持ち続けていることを証明するモデル。

→ 新型プジョー208を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク