新型バレーノ 納車ブログまとめ!

スズキ

新型バレーノの納車情報が各ブログで公開されています。

こちらでは新型バレーノの納車に関するブログのデータをまとめています。







バレーノ、納期はどのくらい?

スズキのクルマは、海外で大人気です。

スイフトやイグニスは本当によく売れています。

とくに現地法人のあるインドでは国民の45%近くがスズキ車に乗っているということですから、当然バレーノもひっぱりだこです。

nosya_06

引用:http://saiyo.suzuki.co.jp/graduate/global/

発売から1年もたたずに10万台が売れたということですから、その人気ぶりがうかがえます。

100%インドの工場で製造されているバレーノがわたしたちの手元に届くにはどのくらいかかるのでしょうか。

スズキのディーラーでは「希少車種のため、お時間をいただきます。」との返答ですが実際の情報を調べていきたいと思います。

nosya_01

引用:http://www.prokerala.com/automobile/maruti-suzuki/baleno/photos.html

バレーノの納車待ち台数は4万5,000台を超え、待機期間はグレードにより6~8カ月間となっている。

現在の月産能力は1万2,000台で、過去数カ月で2倍に増やした。

カルシ氏は「生産増強に伴い、提携先の部品会社も生産体制を強化する必要がある。

今年後半に向けて、一層の増産が可能になるだろう」と話した。

と、これは2016年夏前のインドでの話です。

新工場を増設して、増産をはかるということですが、日本でも売れると予測しているとのことです。

nosya_02

出展:http://www.nna.jp/articles/show/1129541

ということで、量産体制に入ったバレーノ。

日本ではだいたい2ヶ月をめどに納車されてきているようです。

インド新工場を前倒しで納車待ちを改善

マルチ・スズキ・インディアではグルガオン工場とマネサール工場がフル稼働していますが、現地でのバレーノの受注が予想を大きく上回り、2017年中頃の完成を予定していたグジャラート新工場での製造を半年前倒しするという勢いです。

グジャラート工場は港にも近いということもあって、すでに第2工場の建設にも着手しているそうです。

nosya_05

引用:http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304461804579349382791056144

スズキといえば軽自動車ですが、来年には日本国内での乗用車の売り上げが6~8%上昇する見込みとしています。

バレーノ、スイフト、イグニスの納車待ちを少しでも短くするという姿勢が大変、謙虚に感じられ、クルマがいいとか悪いとか以前に、スズキの取り組み方に信頼感が高まります。

もちろん、いいクルマづくりにおいてもコスパ面でもバレーノの登場はスズキという企業の信用を大きく築いたといえるでしょう。

nosya_03

引用:http://jp.reuters.com/article/l3n0lt53x-suzuki-maruti-idJPTYEA1N09U20140224

実はグジャラート新工場はマルチ・スズキ・インディアが建設する予定だったのですが、販売に経営資源を集中できるようにと、スズキが100%負担することにしました。

いうなれば、スズキがマルチ・スズキ・インディから委託を受けてクルマを製造するということです。

これにはマルチ・スズキ・インディアの株主が大反対。

「スズキの方が儲けて、マルチ・スズキ・インディアの株主に不公平だ。」とうったえたのです。

事態を収拾したのはクールなマルチ・スズキ・インディア、バルガバ会長の一言。

nosya_07

引用:https://www.kksoukan.com

言い放った一言は

「現行の計画は、マルチ・スズキの株主を含むすべての当事者の利益にかなうことは明白だ。

計画を見直す考えはない。」

まるで鈴木会長のような毅然さです。

nosya_04

引用:http://www.indochannel.jp/member-area/news/corp/nws0023598.html

その結果、株主総会ではほとんどの株主が賛成にまわった、とのことです。

出展:http://jp.reuters.com/article/l3n0lt53x-suzuki-maruti-idJPTYEA1N09U20140224

バレーノ、納車口コミ

グレードはXTのセットアップ車です。

車体価格から7万円引き(下取り車なし)
【オプション】
ドアバイザー、フロアマット、ナンバートリム、リアスピーカー、スタンダードメモリーナビ、セレクトビューカメラ、ETC等
合計258,746円
オプション値引き103,000円。

支払総額
2,015,870円
で、注文をしました。

納期は不明、全く未定だそうです!

「今7月だけど10月までかかるかも・・・納期がわかり次第ご連絡しますので、お待ちください」

でした。

オレンジのXGを購入しましたが、納期は1カ月半くらいでした。

来週末に納車予定ですが、オートクルーズコントロールで早くロングドライブしたいです。

本日、XTを成約してきました。

X T(セットオプション)、色はレイブルーですが、店長さんからは「メーカー在庫はないけれど納期は来月ぐらい になる」といわれました。

7月注文。

私の注文したレイブルーだけは国内に在庫がないらしいです。

(人気だからか売れたのもしれないと言ってましたが、実際に人気なんだかどうなんだか)

国内在庫がないと言われたので 、9月か10月の納車になるのかたずねたら、8月にインドで生産されて8月末頃の納車予定 と言われました。

7月注文。

納車時期は8月上旬とわかりました。

ネットの報道(インドでは8ヶ月待ち)とは違い、

日本向けは別口で生産をしてるんでしょうね!?

(インドで納車待ちしてる人が怒りそうですね)

とにかく8ヶ月待ちとかにならなくて安心しました。

お盆休みは新車で帰省ができそうです♪

ディーラーの方とも何度か話してXTを購入しようと決めて週末にディーラーに行くとノンターボの新グレードが出るとの情報が入ったと言われそのグレードを待つことに。

10月の初めにディーラーから連絡があり注文が可能になったとのことですぐに注文しました。

それから1ヶ月経って昨日、納車日が確定したとの連絡と共に新しいパンフレットを持ってきました。

11月26日納車予定です。

XSは今週発表予定?のグレードなので発表の翌週、注文して2ヶ月以内という異常な早さで納車が決まりました。

当初は3ヶ月ぐらいかかるから年内いけるかどうかと聞いてたのでよかったです。

出展:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000861896/SortID=20395630/#tab

新型バレーノ 納車ブログまとめ

バレーノをつくっているインドでは、納車待ち半年~8ヶ月とのことでしたので、どうなることかと思いましたが、日本ではかなり早く納車となるようで安心しました。

nosya_08

引用:http://www.imgrum.net/media/1200051060622915764_693719253

それにしてもバレーノの納車を待っているインドの人は、日本に先に出荷されておこらないのでしょうか。

少なくても日本人よりは気が長そうですね。

インドではまだまだクルマを所有する人が少なく、インドの自動車シェアトップのスズキは、今後、大きな利益を創出するであろうということで、日本での売り上げが低迷しているとはいえ、株価が上がっているといいます。

nosya_09

引用:http://www.pictaram.com/media/1402667248870964375_1607187257

日本の自動車メーカーの中では異例のことですが、スズキにとってはいいことばかりではないようです。

フォルクスワーゲンとの決裂が決定したため、VWが保有したスズキ株を買い戻さなくてはならないのです。

VWが2300億円ほどで取得した株を買い戻すには5000億円はするという痛手を伴うことになります。

nosya_10

出展:http://toyokeizai.net/articles/-/143613

まだまだ街で見かけることのないバレーノ。

ヨーロッパのにおいがプンプンしています。

1日も早く、バレーノが納車されるといいですね。

納期が長いと、この車でよかったのか、なんて不安に思う時もあるかもしれませんが、しっかり値引いてもらってお得な価格で購入していれば、そんなに不安に思うこともありません。

新型バレーノの値引きの方法については、

「新型バレーノ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にバレーノを購入してください。